イランの代表的な料理20選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

イランは豊かな歴史と文化を持つ国であり、その料理も多様で魅力的です。本記事では、イランの代表的な料理20選を紹介します。定番のケバブやシチューから、伝統的なスープ、さらにはデザートまで幅広く網羅しています。各料理の特徴や背景を詳しく解説し、その味わいや魅力をお伝えします。旅行者や食文化に興味がある方、イラン料理を初めて体験する方にとって、必見のガイドとなることでしょう。イランの美味しい世界へようこそ!

2024年07月04日更新


イランの食文化

イランの食文化は、長い歴史と多様な地域性を反映した豊かな伝統を持っています。主食は米とナン(パン)で、特に米料理は長粒種を使用し、サフランで風味付けされることが多いです。料理の特徴として、ハーブやスパイスを巧みに使用し、甘味と酸味のバランスを取る点が挙げられます。果物や乾燥果実も料理に多く取り入れられ、ザクロやライムなどが使われます。イランの食事では、チャイ(紅茶)とナッツがおもてなしの基本とされ、食事の際にはヨーグルトやサラダが付け合わせとして提供されることが一般的です。イスラム教の影響で豚肉は禁止されていますが、羊肉、牛肉、鶏肉が主に使用されます。

イランのおすすめ料理20選

イラン料理の王道「チェロウ・ケバブ」

イランの食文化は、長い歴史と多様な地域性を反映した豊かな伝統を持っています。主食は米とナン(パン)で、特に米料理は長粒種を使用し、サフランで風味付けされることが多いです。料理の特徴として、ハーブやスパイスを巧みに使用し、甘味と酸味のバランスを取る点が挙げられます。果物や乾燥果実も料理に多く取り入れられ、ザクロやライムなどが使われます。イランの食事では、チャイ(紅茶)とナッツがおもてなしの基本とされ、食事の際にはヨーグルトやサラダが付け合わせとして提供されることが一般的です。イスラム教の影響で豚肉は禁止されていますが、羊肉、牛肉、鶏肉が主に使用されます。

トマトとナスの絶品シチュー「ガイメ・バーディーンジャン」

チェロウ・ケバブはイラン料理の代表格として広く知られています。この料理は、チェロウ(パラパラとした長粒種の炊き上げたご飯)とケバブ(肉の串焼き)を組み合わせたものです。チェロウは特別な炊き方で作られ、イラン人に好まれるおこげができるよう丁寧に調理されます。ケバブの部分は通常、羊ひき肉を使用し、バターライスの上に乗せて提供されます。この組み合わせは、イランの食文化を象徴する料理であり、多くのレストランで提供される定番メニューとなっています。チェロウ・ケバブは、イラン料理の特徴である穏やかな味付けと、肉と米のバランスの取れた組み合わせを楽しむことができる一品です。

豆とハーブが織り成す伝統の味「アーシュ・レシュテ」

ガイメ・バーディーンジャンは、イランの伝統的な料理で、トマトとナスを主役とした絶品シチューです。この料理は、ペルシャ語で「ホレシュテバーデンジュン」とも呼ばれ、ナス、玉ねぎ、牛肉(または他の肉)を主な材料としています
。トマトベースのソースで煮込まれたこのシチューは、イラン料理の特徴である豊かな風味と、野菜と肉のバランスの取れた組み合わせを楽しむことができます。ガイメ・バーディーンジャンは、家庭料理として親しまれており、その簡単な調理法と深い味わいから、イランの食卓で頻繁に登場する人気メニューの一つとなっています。

くるみとザクロソースの芳醇なハーモニー「ファーセンジャン」

ファーセンジャンは、イラン料理の中でも特に洗練された味わいを持つ伝統的な料理です。主な材料は鶏肉またはアヒル肉、くるみ、ザクロ果汁で、これらが絶妙なハーモニーを奏でます。くるみをペースト状にしたソースにザクロ果汁を加えることで、独特の甘酸っぱい風味が生まれ、肉の旨味と見事に調和します。この料理は、イラン料理の特徴である甘味と酸味のバランスを巧みに表現しており、豊かな食文化を象徴する一品となっています。ファーセンジャンは通常、サフラン風味のライスと共に提供され、イランの特別な日や祝祭日によく食べられる料理です。

ハーブと豆の風味豊かなシチュー「コールマ・サブズィ」

コールマ・サブズィは、イラン料理の中でも特に香り豊かなシチューとして知られています。この料理は、パセリ、コリアンダー、ニラなどの新鮮なハーブを豊富に使用し、豆類(通常は赤インゲン豆)と組み合わせて作られます。肉(通常は羊肉や牛肉)を加えることもありますが、ベジタリアン向けのバージョンも一般的です。コールマ・サブズィの特徴は、ハーブの鮮やかな緑色と深い風味にあり、イラン料理の中でも特に健康的で栄養価の高い料理として知られています。このシチューは通常、サフラン風味のライスと一緒に提供され、イランの家庭料理として広く親しまれています。

バーベリーとサフランの華麗なライス料理「ゼレシュク・ポロウ」

ゼレシュク・ポロウは、イラン料理の中でも特に彩り豊かな米料理です。主な材料は長粒米、バーベリー(ゼレシュク)、サフランで、これらが織りなす鮮やかな色彩と豊かな風味が特徴です。サフランで黄色く色付けされた米に、赤い酸味のあるバーベリーを散りばめることで、視覚的にも味覚的にも魅力的な一品となります。この料理は通常、鶏の煮込みと一緒に提供されますが、カレーなど他の料理とも相性が良いとされています。ゼレシュク・ポロウは、イラン料理の特徴である上品な香りと味のバランスを巧みに表現しており、特別な日の料理やおもてなし料理としても人気があります。

ヨーグルトと鶏肉のオーブン焼き「タヒーチン」

タヒーチン(Tahchin)は、イランの伝統的なおもてなし料理で、鶏肉、ヨーグルト、サフランライスを主な材料とする豪華な一品です。この料理の特徴は、鍋やオーブンで調理することで底面に形成される香ばしいおこげ(タディグ)にあります。調理方法は、バスマティライスを使用し、鶏肉とヨーグルト、サフランを層状に重ねて焼き上げます。タヒーチンは、イラン料理の特徴である複雑な味わいと香りのハーモニーを見事に表現しており、チキンとサフランライス、ヨーグルトの絶妙な組み合わせが楽しめます。この料理は、イランの食文化における米料理の重要性と、おもてなしの精神を象徴する代表的な料理の一つとして広く親しまれています。

ひよこ豆と肉の栄養満点スープ「アーブ・グーシュト」

アーブ・グーシュト(آبگوشت)は、イランの伝統的な栄養満点のスープ料理です。「アーブ」が水、「グーシュト」が肉を意味し、ディズィーと呼ばれる特殊な壺で野菜と肉を煮込んで作ります。主な具材には、ひよこ豆、野菜、肉(通常は羊肉や牛肉)が使われ、豊富な栄養価を誇ります。このスープの特徴的な食べ方は、専用の器具で具材をつぶしながら混ぜ、パンをスープに浸して食べることです。イラン人は「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる」と信じており、食事中は一心不乱にかき混ぜる光景が見られます。アーブ・グーシュトは、イランの食文化における栄養価の高い伝統料理として、広く親しまれています。

ハーブライスと魚の贅沢な組み合わせ「サブジ・ポロウ」

サブジ・ポロウは、イランの伝統的な料理で、豊富なハーブを使用したライスと魚を組み合わせた贅沢な一品です。この料理の特徴は、パセリ、ディル、コリアンダーなどの新鮮なハーブを大量に使用し、サフランで香り付けした長粒米と一緒に炊き上げることです。通常、白身魚(主にタラ)を添えて提供され、イランの新年(ノウルーズ)に食べられる特別な料理としても知られています。サブジ・ポロウは、イラン料理の特徴である香り豊かなハーブの使用と、米料理の重要性を象徴する代表的な料理の一つです。この料理は、ハーブの鮮やかな緑色と魚の白身のコントラストが美しく、視覚的にも魅力的な一品となっています。

揚げナスとヨーグルトソースの絶品ディップ「カシュケ・バーディーンジャン」

カシュケ・バーディーンジャンは、イランの人気前菜で、揚げたナスとヨーグルトソースを主な材料とする絶品ディップです。この料理の特徴は、ナスを丁寧に揚げて潰し、玉ねぎ、ニンニク、カシュケ(発酵乳製品)と混ぜ合わせることにあります。仕上げにクルミとドライミントを加えることで、複雑な風味と食感が生まれます。カシュケ・バーディーンジャンは、イラン料理の特徴である野菜とヨーグルトの組み合わせを巧みに表現しており、パンにつけて食べるのが一般的です。この料理は、イランの食文化における前菜の重要性と、素材の風味を活かす調理法を象徴する代表的な一品として広く親しまれています。

羊の頭と足を煮込んだ豪快なスープ「ケレ・パーチェ」

ケレ・パーチェは、イランの伝統的な朝食料理で、羊の頭と足を長時間煮込んで作る栄養価の高いスープです。この料理の名前は、ペルシャ語で「頭」(ケレ)と「足」(パーチェ)を意味します。ケレ・パーチェは、羊の頭と足を水と一緒に煮込み、ニンニク、シナモン、黒コショウなどのスパイスで味付けします。煮込むことで、コラーゲンが豊富なゼラチン質のスープができ、非常に栄養価が高いとされています。イランでは、この料理が体力回復や寒い冬の朝の暖かい食事として親しまれています。ケレ・パーチェは、イラン料理の中でも特に豪快で独特な料理として知られ、イランの食文化における動物の全ての部位を無駄なく使用する伝統を象徴しています。

マリネした鶏肉のグリル「ジョレシュ・アールマスィ」

ジョレシュ・アールマスィは、イラン料理の中でも特に人気のある鶏肉料理です。この料理の特徴は、鶏肉をヨーグルト、サフラン、レモン汁などでマリネし、グリルで焼き上げることにあります。マリネ液に使用されるヨーグルトは、鶏肉を柔らかくし、独特の風味を与えます。通常、この料理はサフランライスと一緒に提供され、イランの食卓を彩る魅力的な一品となっています。ジョレシュ・アールマスィは、イラン料理の特徴であるスパイスとハーブの巧みな使用、そして肉と米の調和を象徴する料理として広く親しまれています。この料理は、家庭料理としても人気があり、特別な日のおもてなし料理としても重宝されています。

石鍋で煮込む肉と豆のシチュー「ディージー」

ディージーは、イランの伝統的な料理で、石鍋を使って肉と豆を煮込んだ栄養価の高いシチューです。この料理は「アーブ・グーシュト」としても知られ、ペルシャ語で「水」(アーブ)と「肉」(グーシュト)を意味します。ディージーという特殊な壺で野菜と肉を長時間煮込んで作られ、主な具材には羊肉や牛肉、ひよこ豆、野菜が使用されます。
ディージーの特徴的な食べ方は、専用の器具で具材をつぶしながら混ぜ、パンをスープに浸して食べることです。イラン人は「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる」と信じており、食事中は一心不乱にかき混ぜる光景が見られます。この独特の食べ方と豊富な栄養価により、ディージーはイランの食文化において重要な位置を占める伝統料理となっています。

レンズ豆とライスの絶妙なハーモニー「アードスィェ・ポロウ」

アードスィェ・ポロウは、イラン料理の中でも栄養価が高く、風味豊かな米料理です。この料理の主な材料は、長粒米とレンズ豆で、通常サフランで香り付けされます。レンズ豆は、イラン料理で頻繁に使用される栄養価の高い食材の一つです。アードスィェ・ポロウの特徴は、レンズ豆とライスの絶妙なバランスにあり、タヒーチンと同様に、鍋底に形成される香ばしいおこげ(タディグ)も人気です。この料理は、イランの日常の食卓に登場するだけでなく、特別な日のおもてなし料理としても親しまれています。アードスィェ・ポロウは、イラン料理の特徴である素材の風味を活かした調理法と、栄養バランスの良さを象徴する代表的な一品として広く愛されています。

干しヨーグルトと野菜の煮込み「ケシュケ・ギルドク」

ケシュケ・ギルドクは、イランの伝統的な料理で、干しヨーグルト(ケシュク)と野菜を主な材料とした栄養価の高い煮込み料理です。この料理の特徴は、乾燥させたヨーグルトを水で戻し、玉ねぎ、ニンニク、ハーブなどの野菜と一緒に煮込むことにあります。ケシュケ・ギルドクは、イラン料理の特徴である発酵食品の使用と、素材の風味を活かした調理法を象徴しています。通常、パンと一緒に食べられ、特に寒い季節に人気のある料理です。この料理は、イランの食文化における保存食の重要性と、栄養バランスの良さを表現しており、家庭料理として広く親しまれています。

薄くて柔らかいイランの伝統パン「ナーネ・ラヴァシュ」

ナーネ・ラヴァシュは、イランの伝統的な薄焼きパンで、その柔らかさと軽さが特徴です。小麦粉、水、塩を主原料とし、薄く伸ばした生地を高温のタンドール(円筒形の粘土窯)で焼き上げます。このパンは非常に薄く、直径が30〜60cmほどにもなります。ラヴァシュは、イランの食卓に欠かせない存在で、様々な料理と一緒に食べられます。特に、ケバブやシチューを包んで食べたり、チーズやハーブと一緒に巻いて食べるのが一般的です。また、タフディーグ(おこげ)を作る際に鍋底に敷くなど、料理の一部としても使用されます。ラヴァシュは、イランの食文化における伝統的なパンの重要性を象徴する代表的な一品として、広く親しまれています。

大麦と野菜の栄養たっぷりスープ「アーシュ・ジョウ」

アーシュ・ジョウは、イランの伝統的な栄養価の高いスープで、大麦と野菜を主な材料としています。「アーシュ」はペルシャ語でスープを意味し、「ジョウ」は大麦を指します。このスープには、大麦の他に、レンズ豆、ひよこ豆、各種野菜、ハーブ(特にコリアンダーやパセリ)が使用されます。アーシュ・ジョウは、イラン料理の特徴である豊富なハーブの使用と、栄養バランスの良さを象徴しています。通常、仕上げにフライドオニオンとミントオイルを加えて風味を増し、冬季や体調を崩したときに好んで食べられる滋養食としても知られています。このスープは、イランの食文化における栄養価の高い伝統料理として、広く親しまれています。

魚とハーブライスの絶品料理「サマク・ポロウ」

ナーネ・ラヴァシュは、イランの伝統的な薄焼きパンで、その柔らかさと軽さが特徴です。小麦粉、水、塩を主原料とし、薄く伸ばした生地を高温のタンドール(円筒形の粘土窯)で焼き上げます。このパンは非常に薄く、直径が30〜60cmほどにもなります。ラヴァシュは、イランの食卓に欠かせない存在で、様々な料理と一緒に食べられます。特に、ケバブやシチューを包んで食べたり、チーズやハーブと一緒に巻いて食べるのが一般的です。また、タフディーグ(おこげ)を作る際に鍋底に敷くなど、料理の一部としても使用されます。ラヴァシュは、イランの食文化における伝統的なパンの重要性を象徴する代表的な一品として、広く親しまれています。

ヨーグルトと野菜の爽やかサラダ「ラブドシュ」

ラブドシュは、イランの伝統的な冷製サラダで、ヨーグルトと新鮮な野菜を組み合わせた爽やかな一品です。主な材料は、濃厚なヨーグルト、きゅうり、ハーブ(主にミントやディル)、くるみで、時にはレーズンも加えられます。この料理は、イラン料理の特徴であるヨーグルトの多用と、新鮮な野菜やハーブの活用を象徴しています。ラブドシュは、夏季に特に人気があり、その冷たさと爽やかな風味が暑さを和らげるとされています。通常、メインディッシュの付け合わせとして提供されますが、単独でスナックとしても楽しまれます。イランの食文化において、ラブドシュは健康的で栄養バランスの良い料理として広く親しまれており、家庭料理からレストランのメニューまで幅広く見られる人気の一品です。

ティバーズィ風の肉団子「クーフテ・テブリーズィ」

クーフテ・テブリーズィは、イラン北西部のタブリーズ地方の伝統的な料理で、巨大な肉団子が特徴的です。この料理は通常のミートボールとは異なり、ソフトボールほどの大きさがあり、その見た目のインパクトから多くの人の印象に残る一品となっています。
 
主な材料は挽肉(通常は羊肉)、タマネギ、香味野菜、そしてお米です。味付けにはクミンやターメリックが使用され、ほんのりカレー風味を感じさせます。クーフテ・テブリーズィの特徴は、その大きさだけでなく、中に詰められた具材にもあります。通常、ドライフルーツやナッツが中に入っており、食べる際の驚きと楽しみを提供します。
 
この料理は、イラン料理の中でも特に独特な存在感を放ち、タブリーズを訪れた際には必ず試すべき郷土料理の一つとして知られています。クーフテ・テブリーズィは、イラン料理の多様性と地域性を象徴する代表的な料理であり、その独特な調理法と味わいは、イランの豊かな食文化を体現しています。

イランの料理を食べてみよう!

イラン料理は、豊かな歴史と多様な文化を反映した独特の味わいと香りで知られています。サフラン、ハーブ、スパイスを巧みに使用し、甘味と酸味のバランスを取る点が特徴的です。主食の米やナン(パン)を中心に、肉、野菜、豆類を組み合わせた栄養バランスの良い料理が多く、果物や乾燥果実も積極的に取り入れられています。イランの食文化は、おもてなしの精神や家族との団欒を大切にする価値観を反映しており、食事を通じて人々のつながりを深める重要な役割を果たしています。イラン料理の魅力は、その豊かな風味と多様性にあり、世界中の食通を魅了し続けています。


キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介