トルコのお菓子・スイーツおすすめ人気12選!お土産や日本で買えるものなども紹介

トルコはその豊かな歴史と文化だけでなく、美味しいお菓子やスイーツでも世界中から愛されています。異国情緒あふれるトルコのお菓子は、お土産としても人気が高く、その独特の風味と見た目の美しさが特徴です。この記事では、トルコのおすすめスイーツ12選を厳選してご紹介します。観光で訪れた際のお土産選びや、日本で手に入るトルコのお菓子もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。トルコの魅力を味覚からも感じ取っていただけること間違いなしです。

2024年06月25日更新


トルコのお菓子・スイーツの特徴は?

トルコのお菓子は、豊富な砂糖、シロップ、ハチミツを使った甘さが特徴的です。しかし、単に甘いだけでなく、ナッツやドライフルーツのトッピングが風味に深みを加えています。バクラヴァやロクム、ヘルヴァなど、多様な種類があり、それぞれが独自の美味しさを持っています。また、見た目の美しさや色彩の豊かさも特筆すべき点で、伝統的な製法により作られています。トルコのスイーツは、イスラム教圏でアルコールが禁じられているため、特に価値が置かれ、文化の一部として発展してきました。

トルコのお菓子・スイーツの魅力は?

トルコのお菓子は、その豊かな風味と美しい見た目で多くの人々を魅了しています。特にバクラヴァは、薄いパイ生地を何層にも重ね、ピスタチオやクルミなどのナッツを詰め込んで焼き上げ、シロップをかけた甘いお菓子で、その独特の食感と濃厚な甘さが特徴です。また、ロクムはデンプンと砂糖にナッツを加えて作られた、求肥のような食感のスイーツで、見た目も鮮やかでお土産に最適です。さらに、トルコのアイス「ドンドゥルマ」は、サーレップという植物の粉を使って作られ、ねっとりとした食感が特徴です。これらのスイーツは、トルコの豊かな食文化と伝統的な製法によって生み出され、その多様性と美味しさで世界中の甘党を魅了しています。

トルコのお菓子・スイーツおすすめ人気12選

トルコならではの伸びるアイスクリーム「ドンドゥルマ」

ドンドゥルマは、トルコの伝統的なアイスクリームで、その独特の伸びる食感が特徴です。ドンドゥルマの秘密は、サーレップというラン科の植物の根から取れる粉と、マスティックという樹脂を使用することにあります。これらの材料が、アイスクリームに粘り気と弾力を与え、他のアイスクリームとは一線を画す食感を生み出します。日本でも「トルコアイス」として知られ、特にパフォーマンスを交えた販売方法が人気です。東京にはドンドゥルマを提供する店舗が複数あり、実際にその独特の食感を楽しむことができます。

ナッツとシロップの極上ハーモニー「バクラヴァ」

バクラヴァは、オスマン帝国で発明された中近東や中央アジアで人気のある甘いペイストリーです。薄いフィロ生地を何層にも重ね、その間に刻んだピスタチオやクルミなどのナッツを挟み、焼き上げた後に濃厚なシロップをかけて仕上げます。地域によってナッツの種類やシロップの量、フィロ生地の厚さなどに違いがあり、特にピスタチオを使ったものが定番です。トルコでは、結婚式やラマダン明けの祝祭日など特別な日に食べられることが多く、非常に甘いため、チャイやコーヒーと一緒に少しずつ楽しむのが一般的です。

甘さ控えめ、口溶けなめらかなお菓子「ロクム」

ロクム(ターキッシュ・ディライト)は、トルコの伝統的な菓子で、砂糖、デンプン、ナッツなどを主な材料としています。18世紀にスルタン・アブドゥル・ハミット1世のために作られたとされ、柔らかく弾力のある食感が特徴です。ローズウォーターやベルガモットオレンジ、レモンなどの多彩なフレーバーがあり、ピスタチオやヘーゼルナッツを加えたものも人気です。表面にはコーンスターチや粉砂糖がまぶされており、見た目もカラフルで美しいです。ロクムの名前は、トルコ語の「ロクマ(ひとくち)」やオスマン語の「Rahat-ül Hulkum(喉を楽にするもの)」に由来し、口の中でとろけるような食感がその名の由来となっています。

サクサク食感がクセになる一品「カダイフ・タトゥルス」

カダイフ・タトゥルスは、トルコ南東部で特に有名な伝統的なスイーツで、オスマン帝国時代から食べられている歴史ある食材「カダイフ」を使用しています。カダイフは、非常に細い麺状の生地で、「天使の髪」とも呼ばれ、そのパリパリとした食感が特徴です。カダイフ・タトゥルスは、溶かしバターとカダイフを混ぜ、ピスタチオやクルミなどを挟んでオーブンで焼き上げた後、シロップをかけて仕上げます。このスイーツは、トルコの家庭でお茶のお供として親しまれており、特にトルコ東南部で人気があります。

熱々チーズとシロップの絶妙コンビネーション「キュネフェ」

キュネフェは、トルコ南部のハタイ県で特に有名な伝統的なスイーツです。極細の麺状生地「カダイフ」を使用し、二層のカダイフの間にチーズを挟んで焼き上げ、甘いシロップをかけて仕上げます。焼き上がったキュネフェは、外側がカリカリとした食感で、中のチーズがとろけるような食感を楽しめるのが特徴です。シロップの甘さとチーズの塩味が絶妙にマッチし、トルコのカフェやレストランで人気のデザートとして提供されています。

オーブンで焼き上げた濃厚ライスプディング「フルン・スュトラッチ」

フルン・スュトラッチは、トルコの伝統的なデザートで、オーブンで焼き上げたライスプディングです。名前の「フルン」はトルコ語でオーブンを意味し、「スュトラッチ」はライスプディングを指します。このデザートは、牛乳、砂糖、お米を煮てからオーブンで焼き上げることで、表面に香ばしい焼き色がつき、独特の風味が生まれます。フルン・スュトラッチは、他のトルコのスイーツと比べて甘さが控えめで、優しい味わいが特徴です。冷やして食べることが多く、ひんやりとした食感が楽しめます。

焦がしカラメルが香るトルコのプリン「カザンディビ」

カザンディビは、トルコの伝統的なデザートで、キャラメリゼされた表面が特徴のミルクプリンです。「カザンディビ」という名前は「鍋の底」を意味し、鍋に薄く広げた砂糖がキャラメル状になるまで焼き上げることから名付けられました。このデザートは、もち粉を使用しており、もちもちとした食感が楽しめます。また、カザンディビには細かくほぐした鶏肉が入っており、独特の風味を持っています。材料はシンプルで、牛乳、砂糖、もち粉、片栗粉などが使われます。カザンディビは、トルコの家庭やレストランで広く親しまれており、そのユニークな食感と風味が多くの人々に愛されています。

多彩な具材が彩る伝統的デザート「アシュレ」

アシュレは、トルコの伝統的なデザートで、特にイスラム教のアシュラの日に食べられることが多いです。アシュレは、さまざまな穀物、豆類、ドライフルーツ、ナッツを煮込んで作られ、その豊かな風味と栄養価の高さが特徴です。一般的な材料には、小麦、米、ひよこ豆、白インゲン豆、ドライアプリコット、レーズン、クルミ、ヘーゼルナッツ、ザクロの種などが含まれます。これらの材料をシロップで甘く煮込み、シナモンやバニラで風味を加えます。アシュレは、冷やして食べることが多く、特に夏の暑い時期にぴったりのデザートです。見た目もカラフルで美しく、トルコの家庭やレストランで広く親しまれています。

ごまの風味が広がる濃厚スイーツ「ハルヴァ」

ハルヴァは、トルコをはじめとする中東や地中海地域で広く親しまれている伝統的なスイーツです。主な材料は、セモリナ粉、砂糖、バター、そしてナッツ類で、これらを煮詰めて作ります。ハルヴァには多くのバリエーションがあり、特にピスタチオやアーモンドを加えたものが人気です。トルコでは、特別な行事や祝い事の際に提供されることが多く、その豊かな風味としっとりとした食感が特徴です。ハルヴァは、家庭でも簡単に作れるため、日常的なおやつとしても親しまれています。

セモリナ粉が作るしっとりとした甘さ「イルミック・ヘルワス」

イルミック・ヘルワスは、トルコの伝統的なデザートで、セモリナ粉を主な材料としています。セモリナ粉をバターで炒め、砂糖と水を加えて煮詰めることで作られます。出来上がったイルミック・ヘルワスは、プチプチとした食感ともちもちとした食感が特徴で、独特の風味を楽しむことができます。トルコでは、家庭で簡単に作れるデザートとして親しまれており、特にお祝い事や特別な日のデザートとして提供されることが多いです。また、冷やして食べることもあり、夏の暑い時期にはひんやりとした食感が楽しめます。

綿菓子のようなふわふわ食感「ピシマーニエ」

ピシマーニエは、トルコの伝統的なスイーツで、糸のように細い繊維状の生地が何重にも巻かれたお菓子です。見た目は綿菓子のようで、ふわふわとした毛糸のような質感が特徴です。ピシマーニエの歴史は古く、最も古い記述は15世紀にまで遡ります。名前の由来はトルコ語で「後悔を食べろ」という意味で、材料を混ぜてから生地を何重にも巻く手間のかかる制作工程から名付けられました。主な材料は小麦粉、バター、砂糖、レモン、塩などで、甘さ控えめのシンプルな味わいが特徴です。ピシマーニエは、特にコジャエリとイズミット地域で有名で、贈り物としても人気があります。

バラの香り漂う軽やかなデザート「ギュラッチ」

ギュラッチは、トルコの伝統的なデザートで、特にラマダンの時期に食べられることが多いです。薄いフィロ生地を牛乳と砂糖のシロップに浸し、層状に重ねて作られます。上にはザクロの種やピスタチオがトッピングされ、見た目も華やかです。ギュラッチの特徴は、その軽やかな食感と優しい甘さで、食後のデザートとしても最適です。トルコの家庭やレストランで広く親しまれており、特にラマダンの断食明けに食べる習慣があります。

トルコのお菓子・スイーツはどこで買える?

トルコのお菓子やスイーツは、専門店やオンラインショップで購入することができます。特にバクラヴァは、トルコ料理の専門店や料理教室で取り扱われており、国内でも徐々に認知度が上がっています。また、トルコの老舗ブランド「ナーディル・ギュル」が日本に上陸し、松屋銀座に店舗を構えています。さらに、通販でも全国から取り寄せが可能で、遠方の方でも手軽に楽しむことができます。

トルコのお菓子・スイーツを通販で購入するときは「送料」や「出荷元」をチェック!

海外のお菓子を通販で購入する際には、商品の価格だけでなく送料にも注意が必要であり、注文を確定する前に送料の有無と金額を確認することが大切です。また、異なる販売店から複数の商品を購入するとそれぞれの出荷元から発送されるため送料が複数回かかることがあるため、同一の出荷元からまとめて購入することで送料を節約できます。
 
さらに、楽天や他の通販サイトでは「2000円以上の注文で送料無料」などのキャンペーンを実施している場合があるため、複数の商品を購入する際にはこのようなキャンペーンを活用し、品揃えの豊富な販売店で一括して購入することをおすすめします。また、海外からの商品には関税や輸入税がかかる場合があり、これらの追加費用が発生するかどうかを購入前に確認しておくことも重要です。さらに、他の購入者のレビューを参考にして商品の質や味、梱包状態などについて事前に知ることで、満足のいく買い物ができるでしょう。

トルコのお菓子・スイーツのお気に入りを見つけよう!

トルコの魅力的なお菓子やスイーツは、訪れる人々にとって特別な体験を提供してくれます。この記事でご紹介した12選を参考に、ぜひトルコの甘い文化に触れてみてください。お土産として持ち帰るのも良し、日本で手軽に楽しむのも良し、トルコのお菓子はきっとあなたの日常に彩りを添えてくれることでしょう。トルコ旅行の思い出や、日々のティータイムに、これらのスイーツを取り入れて、異国の風味を楽しんでください。トルコの美味しさが、皆さんの心に残る素晴らしいひとときとなりますように。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介