ゆるキャン聖地の洪庵キャンプ場を徹底解説!予約方法・料金、周辺情報など実際に行ってレビュー!

洪庵キャンプ場は山梨県・本栖湖の湖畔に広がるキャンパーに大人気のキャンプ場です。本栖湖は、1000円札のモデルにもなっていることで有名です。また本栖湖は本州で一番の透明度を誇る湖で、シーズンになるとSUP(スタンドアップパドルボート)やカヤック・カヌーなどのマリンスポーツも盛んです。そこで今回は、本栖湖にある洪庵キャンプ場を徹底解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

2023年11月02日更新


洪庵キャンプ場とは?

洪庵キャンプ場は、国内有数の透明度を誇る山梨県の本栖湖の北岸にあるキャンプ場で、真正面から富士山を臨むロケーションでキャンプができます。また、アニメ『ゆるキャン△』の1話目に登場したモデル地としても広く知られるようになりました。

絶景を拝める立地条件であることからキャンパーの憧れのキャンプ場にもなっており、土日祝日は予約取れずらいほど大人気のキャンプ場になっています。

テントサイトは全面フリーサイトで、本栖湖の湖畔エリアと林間エリア、さらに湖の対岸には洪庵テント村(第2キャンプ場)があります。洪庵テント村(第2キャンプ場)からは、富士山を拝むことはできませんが、ゆったりとキャンプを楽しみたい人におすすめです。

洪庵キャンプ場の行き方・アクセス情報

車で行く場合

東京方面から:中央自動車道(河口湖IC)から国道139号線で約25分
関西方面から:名神・東名高速(富士IC)から国道139号線で約45分
甲府方面から:中部横断道(増穂IC)から国道52号線、国道300号線で約40分

バスで行く場合

JR身延線波高島・下部温泉駅・甲斐常葉駅からバス利用で浩庵キャンプ場に行くことができます。

電車で行く場合

富士急行線「河口湖駅」から車で約40分
JR東海道新幹線「新富士駅」から車で約60分
JR身延線「甲斐常葉駅」から車で約40分

洪庵キャンプ場の住所とMAP

〒409-3104山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926


洪庵キャンプ場の予約方法は?

洪庵キャンプ場の予約はいつから始まる?

以前までは、事前に予約はできませんでしたが、現在は公式ウェブサイトにて直近60日分までのチェックイン日を予約することができます。

洪庵キャンプ場の予約はどうやってするの?

洪庵キャンプ場の予約方法は、以下の通りです。

公式ウェブサイトから予約する

洪庵キャンプ場の公式ウェブサイトからチェックイン日を選んで予約することができます。予約フォームに必要事項を入力して、予約確定画面に進んでください。その後確認メールが届きますのでそれを承認すれば「予約確定」となります。

電話で予約する

洪庵キャンプ場の予約センターに電話をかけて、宿泊日や人数などを伝えて予約することができます。電話だと不在の時もあるので、公式ウェブサイトから予約する方が良いでしょう。

洪庵キャンプ場の料金は?

洪庵キャンプ場には「テントサイト」と「キャビン」の2種類があります。テントサイトは、本栖湖半北岸に位置し、湖畔に面した最高のロケーションです。富士山も真正面に見られます。共同炊事場、トレイがあります。テントやタープなどのレンタルはないので、もしレンタルが必要な場合は、レンタルショップで事前に調達しておく必要があります。

キャビンは、2022年4月に新しくリニューアルされています。A棟(4人用)×2棟、B棟(6人用)×4棟、C棟(10人用)×2棟の3タイプ8棟で、それぞれにトイレ、キッチン、冷蔵庫、エアコンを完備しており、気軽にアウトドアが楽しめます。B棟にはシャワー、C棟にはお風呂が付いています。キャビン周辺にテントスペースもあるので、グループでキャビン泊とテント泊に分かれて楽しむことが可能です。

洪庵キャンプ場の料金表はこちら

洪庵キャンプ場の場所取り方法は?

せっかく洪庵キャンプ場に行くなら、良いサイトにテントを張りたいですよね。ただ洪庵キャンプ場は人気のキャンプ場のため、すぐに良いサイトが埋まってしまうのも事実。特に湖畔サイトで入り口に近いところから埋まっていってしまいます。

しかし、良い場所を確保する方法はあります。それは予約の際にチェックイン時間を「10:30〜11:00」にしておくことです。洪庵キャンプ場はチェックアウトが10:00になっているので、その時間に一斉にサイトが空きます。そのすぐ後の時間にチェックインの予約を取ることで眺めの良いサイトを撮れる可能性が高くなります。

洪庵キャンプ場の周辺情報

ここからは洪庵キャンプ場を利用する際に役立つ、温泉とスーパー情報をご紹介いたします。

洪庵キャンプ場周辺の温泉情報

洪庵キャンプ場から車で行ける日帰り温泉、お風呂は4つあります。

・山田屋ホテル
・いずみの湯
・富士展望の湯ゆらり
・富士クラシックホテル

1つづつ紹介したいと思います。

山田屋ホテル

山田屋ホテルは精進湖を望む客室と露天風呂が好評のホテルです。お風呂は、展望貸切風呂と大浴場の2つがあります。大浴場にはリンス、石鹸、リンスインシャンプー、ボディソープ、カミソリ、ドライヤーなどのアメニティも揃っています。展望露天風呂も事前に予約をしておけば日帰りでも利用可能で、料金は50分、3000円になります。
施設名 山田屋ホテル
住所 〒401-0336 山梨県南都留郡富士河口湖町精進478
MAP
利用時間 午前10:00〜午後3:00まで
料金 大人 800円 子供 500円
公式HP https://shoujiko.com/index.htm

いずみの湯

西湖の近くにある温泉です。洪庵キャンプ場からは少し距離がありますが、露天風呂もあり雰囲気が良いのが特徴的です。目の前には西湖キャンプ場もあるので、夏のシーズンにはキャンパーで混み合っていることも。
施設名 いずみの湯
住所 〒401-0332 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖987
MAP
利用時間 午前10:00〜午後20:00まで
料金 大人1,000円・小学生500円・幼児400円
レンタル バスタオル210円・フェイスタオル160円
公式HP https://www.hamayouresort.com/spa_top/

富士展望の湯ゆらり

眼前に広がる雄大な富士山を眺めながら入れる山梨県河口湖の日帰り温泉施設です。本栖湖から中央線に向かう道の途中にある道の駅なるさわの中にあります。雄大な富士山を眺める開放感抜群の「パノラマ風呂」など、雪解け水から湧き出でる天然温泉に浸かりながら、体と心で富士山を愉しむことができる湯舟の種類は全16種類。アクセスはいいが、土日祝日は混んでいるので空いている時間を狙っていくのがおすすめ。
施設名 富士展望の湯ゆらり
住所 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
MAP
利用時間 午前10:00〜午後21:00まで
料金 大人1,300円(土日祝は1500円)・子ども(4歳~小学生)650円(土日祝は700円)
レンタル 料金貸バスタオル・フェイスタオルが含まれています
公式HP https://www.fuji-yurari.jp/

富士クラシックホテル

富士クラシックホテルは全客室やレストラン、大浴場から富士山が一望でき、また御夕食は料理長が腕を振るう創作フレンチ、オーベルジュの要素を取り入れたリゾートホテルです。洪庵キャンプ場からも比較的アクセスは良いでしょう。大浴場は、バナジウムをたっぷり含む富士山の伏流水を用いており体の新陳代謝を促進してくれます。
施設名 富士クラシックホテル
住所 山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺1306
MAP
利用時間 6:00~9:00 / 15:00~24:00
料金 1000円
公式HP http://fujiclassic-hotel.jp/index.html

洪庵キャンプ場周辺のスーパー情報

洪庵キャンプ場は、本栖湖に面しているため、スーパーなどでの買い出しは事前に行っておきたいところ。洪庵キャンプ場に一番近いスーパーは、富士宮市内にある「デイズ万野原店」。このあたり一体は、いろいろなスーパーがあるので、富士宮方面から洪庵にアクセスする場合は、事前に買い出しはすましておきたいところ。西湖、精進湖など中央高速から本栖湖にアクセスする場合は、フォレストモール富士河口湖が最寄りのスーパーになります。このスーパーを超えてしまうと道の駅かコンビニしかなくなるので、中央高速方面から来る場合は、フォレストモール富士河口湖で買い出しをすましておきましょう。

実際に洪庵キャンプ場に行ってきた!

ここからは実際に洪庵キャンプ場に行ってきたので、その時の様子をレポートしたいと思います。私たちが訪れたのは、平日の午後でしたが既に湖畔エリアは、満杯でした。洪庵キャンプ場のエリアは主に湖畔エリアと林間サイトに分かれています。湖畔エリアは、目の前が富士山が拝めるポイントで人気ですが、少し斜めになっているのと、風が強い日は直撃するので注意が必要です。また場所を探す際は、車で探すと大変なので、駐車場に一度車を止めてから場所取りをするよう受付の方に言われました。


結局、湖畔サイトでは場所が見つからず、林間サイトに張ることに。林間サイトは、車の乗り入れがNGなので、駐車場に車を止めてから荷物を運びます。
林間サイトからも場所によっては、富士山を拝めます。

こちらは炊事場です。100円で2分のコインシャワーが10室ほど完備で、水道は水のみです。最近では、お湯がでる炊事場完備のキャンプ場もあるので、そこと比較してしまうと少し残念。ちなみに洪庵キャンプ場は、ゴミは全て持ち帰り(残飯も含む)なので、ゴミ捨て場も炭なども捨てる場所はありません。トレイは綺麗でした。

朝になる逆さ富士を拝めることができました。

【総評】ソロにはおすすめだけどファミキャンには….

今回初めて泊まった洪庵キャンプ場。超人気のキャンプ場なので平日ファミキャンでの訪問でしたが、総評としては★★★という感じでした。
確かに、目の前に広がる富士山の絶景は最高でしたが、設備の充実度が乏しく、ファミキャンには少し不向きな印象でした。ソロキャンやベテランキャンパーにはおすすめのキャンプじょうといえるでしょう。

さいごに

洪庵キャンプ場はいかがでしたでしょうか?ゆるキャンの聖地ということもあり、なかなか休日に予約を取ることが難しい大人気のキャンプ場ですが、1度はキャンプしてみたいですよね。平日などは比較的予約が取りやすいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード