カンボジア旅行のベストシーズンはいつ?気候・気温やおすすめの服装などを紹介

カンボジアは美しい遺跡や豊かな自然が魅力の観光地です。しかし、旅行を計画する際には、ベストシーズンを知ることが大切です。本記事では、カンボジア旅行のベストシーズンについて詳しく解説します。季節ごとの気候や気温、そしておすすめの服装も紹介しますので、快適に旅行を楽しむための参考にしてください。アンコールワットやシェムリアップの観光だけでなく、プノンペンの文化も満喫できるよう、最適な時期を選んで充実した旅をお過ごしください。

2024年07月10日更新


カンボジアの気候とベストシーズン

カンボジアの気候は雨季と乾季に大きく分かれます。雨季は5月から10月で、乾季は11月から4月です。乾季の中でも特に12月から2月は気温が25度前後と過ごしやすく、観光に最適な時期とされています。一方、3月から5月は最も暑い季節で、日中の気温が40度に達することもあるため、観光には適していません。ただし、7月末頃は日本との気候差が少なく、帰国後も体調を崩しにくいという利点があります。気候に関わらず、カンボジア旅行では日よけ対策が重要で、帽子やサングラス、羽織りものなどを持参することをおすすめします。

カンボジアの都市別のベストシーズン

カンボジア・シェムリアップの気候とベストシーズン

シェムリアップは、カンボジアの主要な観光地であり、アンコールワット遺跡群で有名です。気候は首都プノンペンとほぼ同じで、年間を通じて暑く湿度が高いです。観光のベストシーズンは11月から1月で、この時期は最高気温が30°C前後と比較的過ごしやすく、雨もほとんど降らないため、遺跡観光に最適です。ただし、日差しは強いので、帽子やサングラスなどの日焼け対策は必須です。2月以降は気温が上昇し、3月から5月は40°Cに達することもある最も暑い時期となります。雨季は6月から10月で、短時間のスコールが頻繁に発生しますが、遺跡の緑が美しく、観光客も少ないため、独特の魅力を楽しむことができます。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26.8 7
2月 28.4 10
3月 30.7 30
4月 31.9 64
5月 31.1 165
6月 30.3 162
7月 29.8 158
8月 29.6 165
9月 29.3 220
10月 28.8 238
11月 27.6 112
12月 26.3 24

カンボジア・プノンペンの気候とベストシーズン

プノンペンの気候は年間を通じて高温多湿で、平均気温は約30℃前後です。観光のベストシーズンは11月から2月の乾季で、この時期は比較的過ごしやすく、ほとんど雨が降りません。3月から5月は最も暑い時期で、最高気温が35℃を超える日も多くなります。雨季は5月から10月ですが、短時間のスコールが主で、観光の妨げにはなりにくいでしょう。どの季節でも強い日差しに注意が必要で、帽子やサングラス、日焼け止めの使用が推奨されます。また、寺院や王宮などの訪問時には、肩や膝を露出しない適切な服装を心がけましょう。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26.6 10
2月 27.8 20
3月 29.8 40
4月 30.9 78
5月 30.8 154
6月 30.4 150
7月 29.9 146
8月 29.7 143
9月 29.5 183
10月 29.2 256
11月 28.1 118
12月 26.7 38

カンボジア・シアヌークビルの気候とベストシーズン

シアヌークビルは、カンボジア南部に位置する人気のビーチリゾート地です。気候は他のカンボジアの都市と同様に熱帯モンスーン気候に属し、年間を通じて高温多湿です。観光のベストシーズンは11月から4月の乾季で、この時期は晴天が続き、海水浴やビーチアクティビティを楽しむのに最適です。特に12月から2月は気温が比較的穏やかで過ごしやすいです。一方、5月から10月の雨季は短時間のスコールが頻繁に発生しますが、ビーチは空いており、ホテルの料金も安くなるため、予算を抑えた旅行を楽しむことができます。どの季節でも強い日差しに注意が必要で、日焼け対策は必須です。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26.9 18
2月 27.8 16
3月 28.5 50
4月 29.2 90
5月 28.8 215
6月 28.2 320
7月 27.8 365
8月 27.8 360
9月 27.6 345
10月 27.5 325
11月 27.2 200
12月 26.7 45

カンボジアの目的別のベストシーズン

カンボジアで観光を楽しむベストシーズン

カンボジアの観光ベストシーズンは、一般的に11月から2月の乾季とされています。この時期は降雨が少なく、気温も比較的穏やかで、アンコールワットなどの遺跡巡りに最適です。特に12月から1月は最高気温が30°C前後と過ごしやすく、観光客も多くなります。ただし、年末年始は混雑するため、早めの予約がおすすめです。一方、雨季(5月から10月)も独特の魅力があり、緑豊かな景色や少ない観光客を楽しめます。観光の際は、季節を問わず強い日差しに備えて帽子やサングラス、日焼け止めを持参しましょう。

カンボジアでショッピングを楽しむベストシーズン

カンボジアでのショッピングは年間を通して楽しめますが、特に11月から2月の乾季がおすすめです。この時期は気温が比較的穏やかで、屋外のマーケットや夜市を快適に散策できます。雨季(5月から10月)は短時間のスコールが頻繁に発生しますが、この時期はホテルや航空券の価格が安くなるため、予算を抑えた旅行を計画できます。また、雨天時には大型ショッピングモールでの買い物を楽しむこともできます。どの季節でも、寺院や王宮訪問時には肩や膝を露出しない適切な服装を心がけましょう。

カンボジアの季節別のおすすめの服装

カンボジアは年間を通じて高温多湿な気候のため、基本的には軽装で過ごすことができます。乾季(11月〜4月)は半袖や短パンなどの涼しい服装が適していますが、夜間は気温が下がるため軽いジャケットや長袖を持参するとよいでしょう。雨季(5月〜10月)は突然のスコールに備えて、折りたたみ傘や雨具を用意することをおすすめします。季節を問わず、強い日差しから身を守るため帽子やサングラス、日焼け止めは必須アイテムです。また、寺院や王宮などの神聖な場所を訪れる際は、肩や膝を露出しない適切な服装を心がけましょう。通気性の良い素材を選び、湿度の高い環境に対応することが重要です。

カンボジア旅行で避けるべき時期

カンボジア旅行で避けるべき時期は主に3月から5月の暑季と、9月から10月の雨季のピークです。3月から5月は最高気温が35°Cを超え、時には40°Cに達することもあり、観光には適していません。一方、9月から10月は雨量が多く、洪水のリスクも高まります。また、年末年始やGW、旧正月は観光客が殺到し混雑するため、避けた方が良いでしょう。ただし、雨季でも短時間のスコールが主で、観光の妨げにはなりにくいため、混雑を避けたい場合は雨季の旅行も検討の余地があります。

カンボジアの年間平均気温と降水量

カンボジアの年間平均気温は約27.7℃で、高温多湿な熱帯モンスーン気候に属しています。首都プノンペンの年間平均最高気温は29.7℃、平均最低気温は24.9℃となっています。降水量については、乾季と雨季で大きく異なり、年間の総降水量は約1,440mmで、東京とほぼ同程度です。雨季(5月下旬〜10月下旬)には短時間の強いスコールが頻繁に発生しますが、1〜2時間程度で収まることが多いです。最も暑い時期は4月〜5月で、平均気温が30℃を超えることがあります。一方、最も涼しい12月でも最低気温は23℃、最高気温は30℃程度と、年間を通じて高温が続きます。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26.5 8
2月 27.8 12
3月 29.7 28
4月 30.9 65
5月 30.9 155
6月 30.2 150
7月 29.8 150
8月 29.6 155
9月 29.3 180
10月 28.7 225
11月 27.6 100
12月 26.4 20

カンボジア旅行が安く行けるお得な時期は?

カンボジア旅行の費用を抑えたい場合、雨季である6月から10月がお得な時期です。この時期は観光のオフシーズンとなるため、航空券やホテルの料金が安くなる傾向にあります。特に6月は日本の祝日もないため、安定して費用が安くなります。航空運賃は、ピーク時期と比較して3万円〜5万円ほど安くなる場合があります。ただし、雨季は短時間のスコールが頻繁に発生するため、屋外での長時間の観光には適していません。一方で、観光客が少ないため混雑を避けられ、緑豊かな景色を楽しめるというメリットもあります。費用を抑えつつカンボジアの魅力を体験したい方は、雨季の旅行を検討してみるとよいでしょう。

カンボジアのベストシーズンに開催されるイベント

カンボジアのベストシーズンである11月から2月には、いくつかの重要なイベントが開催されます。特に注目すべきは、11月下旬から12月上旬にかけて行われるボン・オム・トゥク(水祭り)です。これはカンボジア最大のお祭りで、プノンペンで盛大なボートレースが開催されます。また、12月にはカンボジアの正月にあたるイベントも行われ、観光客にとって文化体験の良い機会となります。これらのフェスティバルは、カンボジアの伝統文化を体験できる絶好の機会であり、ベストシーズンの魅力をさらに高めています。
イベント名 概要
1月 新年 (インターナショナル・ニューイヤー) 世界中で祝われる新年の祝日。カンボジアでも盛大に祝われる。
2月 メーカ・ブーチャ 仏教の重要な行事で、仏陀が弟子たちに説法した日を記念する。
4月 クメール正月 (チョール・チナム・クマエ) カンボジアの伝統的な新年で、3日間にわたり盛大に祝われる。
5月 王誕生日 (ノロドム・シハモニ国王誕生日) 現国王の誕生日を祝う国民の祝日。
6月 栄光の記念日 フランスからの独立を記念する日。
9月 プチュン・バン 祖先の霊を供養する仏教行事で、15日間続く。
11月 水祭り (ボン・オム・トック) メコン川の逆流を祝う祭りで、ボートレースが行われる。
12月 国際人権デー 国際人権を尊重する日として祝われる。

カンボジア旅行の計画するときのポイント

カンボジア旅行を計画する際の重要なポイントは、ベストシーズンの選択と予算管理です。観光に最適な時期は11月から2月の乾季で、この時期は気温が穏やかで雨も少なく、遺跡巡りなどの観光に適しています。一方、費用を抑えたい場合は、6月から10月の雨季がお得です。この時期は航空券やホテルの料金が安くなる傾向にあり、ピーク時期と比べて3万円〜5万円ほど節約できる可能性があります。ただし、突然のスコールに備えて雨具を用意する必要があります。また、年末年始やGWは混雑し料金も高くなるため避けるのが賢明です。予算の目安として、2泊4日の旅行で閑散期は約8万円、繁忙期は約12万円が相場となっています。カンボジアは物価が安いため、現地での食事や交通費を抑えることで、さらに経済的な旅行が可能です。

カンボジアのベストシーズンに旅行に行こう!

カンボジア旅行の計画には、気候と個人の好みを考慮することが重要です。ベストシーズンとされる11月から2月は、快適な気温と少ない降雨で観光に最適ですが、混雑も予想されます。一方、雨季の6月から10月は、短時間のスコールはありますが、緑豊かな景色と割安な料金を楽しめます。どの季節を選んでも、強い日差しへの対策は必須です。カンボジアの豊かな文化と歴史を体験するには、自分に合ったベストシーズンを選び、適切な準備をすることで、思い出に残る旅行となるでしょう。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介