カンボジアの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

カンボジアは、その豊かな歴史と文化だけでなく、多彩な料理でも知られています。この記事では、カンボジアの代表的な料理12選をご紹介します。定番料理から伝統料理、さらにはスイーツまで、カンボジアの魅力を存分に味わえる料理が揃っています。旅行者にとって、カンボジアの料理はその文化を深く理解する一つの方法であり、地元の人々にとっても日常的に愛される味ばかりです。各料理の特徴やおすすめの食べ方、さらにカンボジア旅行中に訪れるべき名店も合わせて紹介しますので、次回のカンボジア旅行の参考にしてください。カンボジアの魅力的な食の世界を一緒に堪能しましょう。

2024年07月02日更新


カンボジアの食文化

カンボジアの食文化は、豊かな自然環境と歴史的影響を反映しています。主食は米で、魚介類や野菜を中心とした一汁一菜のシンプルな食事スタイルが基本です。調味料としてプラホック(発酵魚のペースト)や魚醤が多用され、独特の風味を生み出しています。また、インド、中国、フランスなどの影響を受けつつ、小乗仏教の精神性も食文化に反映されています。カンボジア料理の特徴は、新鮮な食材を活かし、スパイスやハーブを巧みに使用することで、甘味、酸味、塩味、苦味、渋味のバランスを取った多様な味わいを楽しめることです。

カンボジアのおすすめ料理12選

香り豊かな魚のカレー「アモック」

アモックは、カンボジア料理を代表する魚のカレー料理です。主に白身魚、ココナッツミルク、香辛料、トゥック・トレイ(魚醤)を使用し、カンボジア料理のエッセンスが凝縮された一品となっています。調理法は、魚と野菜を炒めた後、ココナッツミルクで煮込み、独特の風味を持つ「クルーン」と呼ばれるスパイスペーストで味付けします。最後に蒸して仕上げる場合もあり、本場ではバナナの葉で包んで調理します。アモックは、とろみのあるスープ、ソースがけの魚料理、マイルドなカレーの中間的な味わいを持ち、白米と相性が良いのが特徴です。

軽やかで風味豊かな米麺スープ「クイティウ」

クイティウは、カンボジアを代表する軽やかな米麺スープ料理です。豚骨をベースにした澄んだスープに、もっちりとした食感の米粉麺を入れて作られます。具材は牛肉、豚肉、鶏肉、エビなど好みで選べ、テーブルには香草、生モヤシ、ライムなどが添えられることが多いです。食べる際は、魚醤、チリソース、唐辛子などの調味料を加えて自分好みの味に調整します。クイティウは朝食や間食として親しまれており、その食べ方はベトナム南部のフォーに似ているとされています。

甘酸っぱい牛肉サラダ「プリアサイッコー」

プリアサイッコーは、ライムでマリネした牛肉とハーブを組み合わせたカンボジアの人気サラダです。この料理は、クメール料理の中でも珍しくさっぱりとした味わいが特徴で、ライムの酸味が牛肉の旨みを引き立てます。通常、パクチーやバジルなどの香草と一緒に提供され、カンボジア人にはお酒のおつまみや前菜として親しまれています。日本人の口にも合うとされ、カンボジア料理の中でも特に人気の一品です。一部のレストランでは、生肉ではなくローストビーフ用の牛肉を使用するなど、調理法にバリエーションがあります。

発酵魚のペーストを使った米麺料理「ノムバンチョック」

ノムバンチョックは、カンボジアの伝統的な米麺料理で、タイのカノムチーンやラオスのカーオプン、ベトナムのブンと類似した製法で作られます。この料理の特徴は、水に漬けた米を石臼で挽いてペースト状にし、発酵させた後、ところてんのように成形した生の米麺を使用することです。スープには淡水魚、ハーブ、ココナツミルクが使われ、独特の風味を生み出しています。また、プラホックと呼ばれる塩味の効いた発酵魚のペーストが調味料として欠かせません。現地では、パクチーやバジル、もやし、きゅうり、キャベツなどの新鮮な野菜やハーブを豊富にトッピングして食べるのが一般的です。

酸味の効いた魚スープ「ソムロームチュー」

ソムロームチューは、カンボジアの代表的な酸味の効いた魚スープ料理です。「ソムロー」はスープを意味し、「ムチュー」は酸っぱいという意味を持ちます。このスープは、白身魚を主な具材とし、冬瓜や蓮の芽などの野菜を加えて作られます。独特の甘酸っぱい味わいが特徴で、日本人の口にも合うとされています。ソムロームチューは、カンボジア料理の中でも人気が高く、野菜を豊富に含むため栄養バランスに優れています。カンボジアの食文化において、このスープは家庭料理としても広く親しまれており、暑い気候の中で食欲を刺激する役割も果たしています。

ハーブとスパイスが効いた鶏肉スープ「チュナンダイ」

チュナンダイは、カンボジアの伝統的な鍋料理で、ハーブとスパイスの豊かな香りが特徴的な鶏肉スープです。牛肉のスープをベースに、鶏肉や野菜、海鮮類、卵などの具材を加えて作られます。レモングラス、こぶみかんの葉、ターメリックなどのスパイスとハーブが使用され、独特の風味を生み出しています。調理法は、具材をゆっくりと煮込むことで、鶏肉は柔らかく、ジューシーに仕上がります。チュナンダイは、カンボジア人に親しまれており、食事の途中でライムや塩、胡椒を加えて味を変えながら楽しむのが一般的です。最後に米麺を入れて食べるのも特徴的な食べ方です。

香ばしい焼きそば「ミーチャー」

ミーチャーは、カンボジアの屋台で人気の香ばしい焼きそば料理です。中華麺を使用し、野菜や肉、海鮮などの具材と一緒に炒めて作られます。調理の際は、高温の鍋で素早く炒めることで、麺に香ばしさが加わります。味付けには、オイスターソースやナンプラー(魚醤)などが使われ、カンボジア特有の風味を生み出しています。ミーチャーは、シンガポールやマレーシアの福建焼きそば(ホッケンミー)に似た料理で、東南アジアの華僑の影響を受けて発展したと考えられています。屋台の定番メニューとして親しまれており、手軽に楽しめるB級グルメとして人気があります。

風味豊かな牛肉の炒め物「ロックラック」

ロックラック(ឡុកឡាក់)は、カンボジアの代表的な料理の一つで、サイコロ状に切った牛肉をマリネしてさっと炒めた風味豊かな料理です。火力の強い中華鍋で素早く調理することで、肉の柔らかさと野菜のシャキシャキ感を引き出します。通常、生の赤たまねぎを添え、レタス、キュウリ、トマトの上に盛り付けられ、ライム果汁と黒コショウを添えて提供されます。オイスターソースで味付けされた牛肉の香ばしさと、新鮮な野菜の組み合わせが特徴的で、カンボジア料理の中でも人気の高いメニューの一つです。

甘辛い豚肉ご飯「バーイサイッチュルーク」

バーイサイッチュルークは、カンボジアの家庭料理で、甘辛い味付けの豚肉を白ご飯の上に乗せたシンプルながら満足感のある一品です。豚肉はにんにく醤油やナンプラーで味付けされ、甘さと塩気が絶妙に調和しています。カンボジアでは、目玉焼きを添えることが一般的で、卵の消費量が高いことが伺えます。この料理は、手軽に作れるため、朝食やランチとしても親しまれています。

シンプルで美味しい魚の焼き物「チャートロクン」

チャートロクンは、カンボジアの伝統的な魚の焼き物で、シンプルながらも風味豊かな料理です。主に淡水魚を使用し、レモングラスやこぶみかんの葉、にんにく、しょうがなどのハーブとスパイスでマリネしてから焼き上げます。調理は炭火焼きが一般的で、魚の皮がパリッと香ばしく、中はふっくらとした食感が楽しめます。現地では、ライム果汁やナンプラーをかけて食べることが多く、これにより魚の旨味が一層引き立ちます。チャートロクンは、家庭料理としても親しまれており、特別な調理器具を必要としないため、家庭でも簡単に再現できるのが魅力です。

もちもちとした炒め麺「ローチャー」

ローチャーは、カンボジアの人気料理で、米粉で作られた短い麺を使用した炒め麺です。日本の焼きうどんに似た食感が特徴で、肉や野菜と一緒に炒め、卵をトッピングして提供されます。スイートチリソースや特製のタレをかけて食べると、さらに美味しさが引き立ちます。屋台料理としても親しまれており、シャキシャキのニラやモヤシがたっぷり入っているのが一般的です。

バナナの葉に包まれた蒸し菓子「オンソム・チェーク」

オンソム・チェークは、カンボジアの伝統的な蒸し菓子で、バナナの葉に包まれたバナナ入りのちまきです。もち米と熟したバナナを使用し、ココナッツミルクや砂糖で甘みを加え、バナナの葉で包んで蒸し上げます。蒸し上がったオンソム・チェークは、バナナの香りともち米のもちもちとした食感が特徴で、カンボジアの家庭や祭りの場で広く親しまれています。バナナの葉で包むことで、独特の風味が加わり、見た目も美しい一品となります。

カンボジアの料理を食べてみよう!

カンボジア料理は、豊かな自然環境と多様な文化の影響を受けた独特の味わいが魅力です。主食のインディカ米は、細長くややパサパサした食感で、味の濃いおかずやスープ、カレーとよく合います。トンレサップ湖で獲れる淡水魚は主要なタンパク源で、魚醤のタック・トライや発酵魚のペーストであるプロホックが多用されます。カンボジア料理は、タイ料理ほど辛くなく、甘酸っぱい味わいが特徴で、日本人の口にも合いやすいです。また、カンボジア産の胡椒やさまざまなスパイス、ハーブが使用され、料理に深い風味を与えています。カンボジアを訪れた際には、ぜひ現地のレストランでこれらの料理を味わってみてください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介