クメール人が残した神秘と伝説に彩られた天空の芸術「アンコールワット」徹底ガイド

12世紀前半に、カンボジア王朝の象徴としてスーリヤヴァルマン2世によって建てられたヒンドゥー教最大の寺院「アンコールワット」。アンコールワットは、密林の大地に広がる壮大な寺院群であり、東南アジア最大の世界文化遺産でもあります。そこで今回は、カンボジアの絶景「アンコールワット」についてご紹介いたします。

2023年08月15日更新


アンコールワットの歴史・起源

アンコールワットはカンボジアに位置する世界最大の宗教的建造物で、12世紀初頭にクメール帝国の王、スリヤヴァルマン2世によって建設されました。元々はヒンドゥー教の神、ヴィシュヌを祀るための寺院として建てられましたが、後に仏教の寺院としても使用されるようになりました。アンコールワットは、その壮大な建築と緻密な彫刻で知られ、クメール文化の頂点を示すものとして世界遺産にも登録されています。この寺院は、クメール帝国の首都アンコールの中心に位置しており、多くの研究者や観光客を魅了しています。アンコールワットの名は、「都市の寺院」という意味で、その名の通り、かつてのクメール帝国の栄華を今に伝える象徴となっています。

アンコールワットの見どころ

アンコールワットの最も魅力的な瞬間は、疑いなく朝日と夕陽に浮かび上がるその姿です。朝、夜明け前の静寂の中で、徐々に東の空が明るくなると、アンコールワットのシルエットがゆっくりと黄金色に染まり、その壮大な姿が神秘的に浮かび上がります。この時間帯は、特に中央の塔や壁画が柔らかな光に照らされ、その美しさが一層際立ちます。一方、夕方には西の空が深いオレンジ色に染まり、アンコールワット全体がその光に包まれます。夕陽の光が寺院の石壁に反射し、一日の終わりを迎える静けさの中で、その歴史と美しさが一体となる瞬間です。これらの時間帯にアンコールワットを訪れることで、その変わりゆく表情とともに、クメール文化の深い魅力を感じることができます。

アンコールワットの季節・ベストシーズン

アンコールワットを訪れるベストシーズンは、乾季の「11月から2月」までです。この期間は雨が少なく、気温も比較的涼しく、観光に最適な条件が整っています。特に12月は、適度な湿度と爽やかな気候で、寺院巡りや日の出・日の入りの鑑賞が快適に楽しめます。一方、雨季の「6月から10月」は雨が多く、一部の道路が通行困難になることもありますが、緑が豊かになり、水面が広がるアンコールワットの風景は雨季ならではの美しさを持っています。また、雨季は観光客が少ないため、静かに寺院を巡ることができるメリットもあります。

アンコールワットの行き方

日本からアンコールワットへの行き方は、まず日本の主要空港からカンボジアのシェムリアップ空港へ直行便や乗り継ぎ便で向かいます。その後、タクシーやトゥクトゥクで約20分でアンコールワットに到着します。入場には市内のチケットセンターで購入した入場券が必要で、カンボジア入国時にはビザの取得が必要ですが、空港でのオンアライバルサービスもあります。事前に必要な書類や手数料を確認しておくとスムーズです。

カンボジアのおすすめ観光スポット3選

最後にアンコールワットがあるカンボジアでおすすめの観光スポットをご紹介いたします。

巨大な城郭都市の遺跡「アンコール・トム」

12世紀後半にジャヤーヴァルマン7世により建築された城砦都市「アンコール・トム」。
アンコール・トムは、アンコール・ワットの北に位置し、王ジャヤヴァルマン7世によって築かれました。中心にはバイヨン寺院が立ち、その特徴的な巨大な石の顔が多数見られます。都市は正方形の城壁に囲まれ、各辺は約3km。四隅には砦があり、外側には堀が掘られて都市を守っていました。内部には寺院や宮殿、テラスが点在し、クメール文化の繁栄を感じさせる遺跡が多数存在します。アンコール遺跡群の中でも規模が大きく、その歴史的価値は非常に高いとされています。

樹木に包み込められた遺跡「タ・プローム」

クメール語で「焚天の古老」を意味する仏教寺院で、ガジュマルの一種である スポアンの大樹が絡みついた神秘的な雰囲気が人気の遺跡「タ・プローム」。
もともとは仏教の寺院として使用されていたこの遺跡は、特に大木の根が建物を取り囲む姿が有名で、自然との共生を感じさせる景観が魅力です。時間の経過とともに、ジャングルに囲まれ、木々の根が石壁を覆いつつあり、その神秘的な雰囲気は多くの観光客を引きつけています。

天空の城ラピュタのモデルになった遺跡「ベンメリア遺跡」

アンコールワットから東で約50km、修復されないまま森の中でひっそりと眠る巨大寺院「ベンメリア遺跡」。ベンメリアは、巨大な石の塔や壁に刻まれた浮き彫りが特徴で、特に「四面仏」の彫刻が有名です。また、遺跡全体が密林に覆われており、木々の根が建物を這い上がる様子は、タ・プロームと似た神秘的な雰囲気を持っています。ベンメリアは、比較的観光客の少ない静かな遺跡として知られ、自然と歴史的建造物が一体となった景観をゆっくりと楽しむことができます。その手付かずの美しさと、森の中にひっそりと佇む遺跡の姿は、訪れる人々を魅了してやみません。

最後に

アンコールワットは、時を超えて私たちに語りかけてくる歴史的遺産です。その壮大な建築と緻密な彫刻は、クメール文化の粋を集めたかのような美しさを持ち、訪れる者の心を深く打ちます。夜明けの柔らかな光の中で静かに目を覚ますアンコールワットの姿や、夕暮れ時の神秘的な雰囲気は、一度見たら忘れられない景色となるでしょう。この古代の遺跡が今もなお、多くの人々に愛され、訪れる理由は、その普遍的な美しさと、深い歴史の中に秘められたメッセージにあるのかもしれません。アンコールワットは、単なる遺跡ではなく、人々の心と歴史が交差する場所。その魅力を自らの目で確かめ、感じる旅を、ぜひ一度は体験してみてください。



       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード