レバノンの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

レバノンは、その豊かな歴史と文化だけでなく、多彩で美味しい料理でも広く知られています。レバノン料理は、新鮮な食材と豊富なスパイスを使い、ヘルシーで風味豊かな一品が揃っています。この記事では、レバノンを訪れた際にぜひ味わってほしい代表的な料理15選を紹介します。定番のメゼ(前菜)から、ジューシーな肉料理、さらには甘いスイーツまで、幅広く取り上げています。これらの料理は、レバノンの風土や文化を深く感じさせるもので、現地の人々の日常生活を垣間見ることができます。レバノンの美食を堪能するためのガイドとして、ぜひ参考にしてください。

2024年07月08日更新


レバノンの食文化

レバノンの食文化は、多様な宗教と歴史的背景が影響を与えています。イスラム教徒とキリスト教徒が共存するこの国では、野菜を中心としたヘルシーな料理が多く、特に女性に人気です。レバノン料理は、地中海沿岸の肥沃な土地で育まれた新鮮な食材を使用し、オリーブオイル、レモン汁、ハーブ類を多用することで知られています。また、レバノン料理は他のアラブ諸国やトルコ料理とも共通点が多く、ファラフェルやフムス、ババガヌーシュなどが代表的です。特にメッゼと呼ばれる前菜の盛り合わせが特徴で、これにより多様な味を一度に楽しむことができます。

レバノンのおすすめ料理15選

クリーミーな焼きナスのディップ「ババガヌーシュ」

ババガヌーシュは、焼きナスをベースにしたクリーミーなディップで、レバノン料理のメッゼの一つとして親しまれています。焼いたナスの皮をむき、ペースト状にしたものに、タヒーニ(ゴマペースト)、ニンニク、レモン汁、オリーブオイル、塩を加えて混ぜ合わせます。これにより、ナスの芳ばしい風味とゴマの濃厚な味わいが絶妙に調和した一品が完成します。ババガヌーシュは、パンや野菜スティックと一緒に食べるのが一般的で、軽い食感と豊かな風味が特徴です。

ひよこ豆とタヒニの絶品ペースト「フンムス」

フンムスは、中東で広く親しまれているひよこ豆とタヒニ(白ごまペースト)を使ったペーストです。ひよこ豆の豊富なタンパク質とタヒニの濃厚なコクが特徴で、栄養価が高く、ヘルシーな一品です。作り方も簡単で、茹でたひよこ豆とタヒニ、レモン汁、にんにく、オリーブオイル、塩をフードプロセッサーで混ぜるだけです。タヒニが手に入らない場合は、日本の練りごまで代用することも可能です。フンムスは、パンや野菜、肉料理のディップとしても使われ、冷蔵で3~4日、冷凍で1ヶ月程度保存が可能です。そのまま食べても美味しく、バリエーション豊かな食べ方が楽しめます。

風味豊かなぶどうの葉の巻物「ワラクイナブ」

ワラクイナブは、レバノンの伝統的な料理で、ぶどうの葉でご飯や野菜、香辛料を包んだ風味豊かな巻物です。レモン汁やミント、ガーリック風味のビネガーで味付けされ、爽やかな酸味が特徴です。この料理はレバノンの正月料理としても親しまれており、日本のおせち料理に相当します。ワラクイナブは、冷たい前菜として提供されることが多く、オリーブオイルやヨーグルトソースを添えて食べると一層美味しくなります。

濃厚でクリーミーなヨーグルト「ラブネ」

ラブネは、レバノン料理の中でも特に人気のある濃厚でクリーミーなヨーグルトです。作り方は非常にシンプルで、プレーンヨーグルトに塩を加え、水切りをするだけで完成します。この過程でヨーグルトの水分が抜け、クリームチーズのような濃厚な味わいと、さっぱりとした酸味が生まれます。ラブネは、パンに塗ったり、オリーブオイルやハーブを添えて前菜として楽しむことが一般的です。冷蔵庫で保存すれば数日間は新鮮な状態で楽しめるため、家庭でも手軽に作れる一品です。

爽やかなパセリとブルグルのサラダ「タッブーレ」

タッブーレは、中東で広く親しまれている爽やかなサラダで、主にパセリとブルグル(挽き割り小麦)を使用します。ブルグルはレモン汁とオリーブオイルで戻し、細かく刻んだパセリ、トマト、ネギを混ぜ合わせます。トマトは水分が多い部分を取り除き、外側だけを使うことでサラダが水っぽくなるのを防ぎます。最後に塩と胡椒で味を調え、レモンの輪切りを飾りとして添えると完成です。ブルグルが手に入りにくい場合は、クスクスで代用することもできます。タッブーレは、レモンの酸味とオリーブオイルのコクが絶妙に調和し、アラブ料理の油っぽさをさっぱりと中和する一品です。

カリッと揚げたひよこ豆のボール「ファラフェル」

ファラフェルは、中東を代表する料理の一つで、ひよこ豆をベースにした揚げボールです。ひよこ豆は一晩水に浸して戻し、ハーブやスパイスと一緒にフードプロセッサーで粗めに砕きます。特にコリアンダーやパセリ、クミンが風味を引き立てます。このペーストを冷蔵庫で休ませた後、直径3~4cmのボール状に丸め、油で揚げます。揚げることで外はカリッと、中はしっとりとした食感が楽しめます。ファラフェルはヴィーガンやベジタリアンに適した料理で、ピタパンに野菜と一緒に挟んで食べることが多いです。

スパイシーなひき肉と小麦の一品「クッバ」

クッバは、ひき肉と小麦を使ったスパイシーなレバノン料理で、特に東地中海地域で人気があります。ブルグル(挽き割り小麦)にひき肉を詰めて揚げたもので、外はカリッと、中はジューシーな食感が特徴です。ひき肉にはコリアンダーやクミンなどのスパイスを加え、風味豊かに仕上げます。クッバは、メッゼの一部として提供されることが多く、ヨーグルトソースやタヒニソースと一緒に食べると一層美味しくなります。

ジューシーな肉の串焼き「ケバブ」

ケバブは、トルコを代表する肉料理で、ジューシーな味わいが特徴です。特に有名なシシケバブとドネルケバブの2種類があります。シシケバブは、トルコ語で「串」を意味し、一口大に切った肉や野菜を鉄串に刺して焼くバーベキューのような料理です。一方、ドネルケバブは「回転」を意味し、専用の縦型回転グリルで薄切り肉を大きなブロック状にまとめて焼き、外側から薄くそぎ落としていただくスタイルです。ケバブには羊肉、牛肉、鶏肉が使われ、イスラム教の戒律により豚肉は使用されません。また、家庭でも簡単に作れるレシピがあり、アウトドアやBBQにもぴったりです。

香ばしいスパイスのミートボール「コフテ」

コフテは、南アジアや中東で広く親しまれているスパイシーなミートボールです。牛肉や羊肉の挽肉に、クミンやパプリカ、コリアンダーなどの香辛料を加えて作られます。挽肉にタマネギや卵を混ぜ込み、よくこねてから丸めて焼いたり蒸したりすることで、弾力のある食感が楽しめます。特にトルコでは、パセリやミントなどのハーブも加えられ、爽やかな風味が特徴です。コフテは、ヨーグルトソースやトマトソースと一緒に提供されることが多く、パンやライスと合わせて食べると一層美味しくなります。

パリッと揚げたミートパイ「サンブーサク」

サンブーサクは、アラブ料理の一つで、挽き肉や白いチーズを詰めた半月形のパイです。生地で包んだ後、縁を指でひねって飾りをつけ、焼くか油で揚げて仕上げます。甘いバリエーションもあり、アーモンド粉やナツメヤシのペーストを詰めたものも存在します。サンブーサクの起源はサーサーン朝ペルシアにあり、アッバース朝では「サンブーサジ」と呼ばれていました。アフガニスタンやイランの「サンボーサ」、インドの「サモーサ」とも関係があり、スペインのエンパナーダの祖先とも考えられています。

レバノン風ミートピザ「スフィーハ」

スフィーハは、レバノンの伝統的な料理で、薄い生地の上にスパイシーなひき肉を載せて焼いたオープンフェイスのミートパイです。トルコのラフマージュンに似ていますが、より小さいサイズが特徴です。ひき肉にはタマネギ、トマト、パセリ、レモン汁、スパイスを混ぜ合わせ、風味豊かに仕上げます。地域によって形状が異なり、バールベック風では4辺を折り返して小さな箱のような形に、トリポリ風では別の形状になります。スフィーハは軽食として人気があり、レバノン料理の多様性を示す一品です。

シロップがたっぷりの甘いパイ「バクラヴァ」

バクラヴァは、トルコを代表する伝統的なスイーツで、何層にも重ねた薄いパイ生地に砕いたナッツを挟み、焼き上げた後に甘いシロップをたっぷりとかけて仕上げます。このシロップには砂糖とレモン汁が使われ、濃厚で強烈な甘みが特徴です。ナッツには主にピスタチオが使用されますが、地域によってはくるみやアーモンドが使われることもあります。バクラヴァは、特別な日やお祝いの席で提供されることが多く、チャイやコーヒーと一緒に少しずつ楽しむのが一般的です。その歴史は古代ローマのプラセンタケーキに遡り、オスマン帝国時代に現在の形に発展したとされています。

リッチなクリーム入りのデザート「カターイフ」

カターイフは、レバノンの伝統的なデザートで、チーズやクリーム、ナッツ類を柔らかい円形の生地で包み、揚げた後に甘いシロップをかけて仕上げます。揚げたてのカターイフは、外はカリッとしながらも中はリッチなクリームやチーズの滑らかな食感が楽しめます。シロップの甘さが全体を引き立て、ナッツの香ばしさと相まって絶妙なバランスを生み出します。特にラマダンの時期に人気があり、食事の締めくくりとして提供されることが多いです。

ゴマとピスタチオの甘いお菓子「ハルヴァ」

ハルヴァは、中東を代表する伝統的な甘いお菓子で、主にゴマのペースト(タヒーナ)と砂糖を使って作られます。ゴマの香ばしい風味と砂糖のしっかりとした甘さが特徴で、口の中で溶けるような食感が楽しめます。トルコ産のハルヴァは特に有名で、白ゴマペーストに砂糖やシロップを加えたものが一般的です。また、ピスタチオを加えたバリエーションもあり、ナッツの香ばしさとゴマの風味が絶妙に調和します。ハルヴァは、コーヒーや紅茶と一緒に楽しむのが一般的で、特別な日やお祝いの席でも提供されることが多いです。

ナッツ入りのデーツクッキー「マアムール」

マアムールは、シリアやレバノンなどの中東地域で人気のある伝統的なデーツクッキーです。セモリナ粉を使用した生地に、デーツやナッツのフィリングを詰め、専用の木型で成形して焼き上げます。特にラマダーン後のお祭りやイースターなどの特別な日に提供されることが多いです。デーツの甘さとナッツの香ばしさが絶妙に調和し、セモリナ粉のザクザクとした食感が特徴です。マアムールは甘さ控えめで、アラブの他のスイーツと比べても食べやすい一品です。

レバノンの料理を食べてみよう!

レバノン料理は、その豊かな歴史と多様な文化の影響を受けた美味しい料理が特徴です。地中海の新鮮な食材を使い、オリーブオイルやレモン汁、ハーブを多用することで、ヘルシーで風味豊かな料理が楽しめます。前菜のメッゼからメインディッシュ、デザートまで、どれも独特の味わいがあります。特に、タッブーレやフンムス、ババガヌーシュなどの定番料理は、家庭でも手軽に作れるため、ぜひ挑戦してみてください。レバノン料理を通じて、その豊かな文化と歴史を感じることができるでしょう。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介