インドのお菓子・スイーツおすすめ人気16選!お土産や日本で買えるものなども紹介

インドは多様な文化とともに、魅力的なスイーツやお菓子の宝庫です。この記事では、インドのお菓子・スイーツのおすすめ人気16選をご紹介します。旅行のお土産にぴったりなアイテムから、日本で購入できるものまで、幅広く取り上げています。香り豊かなスパイスを使った甘いお菓子や伝統的なデザートは、訪れた人々を魅了し続けます。ぜひ、インドの甘い魅力を体験し、自分用や大切な人へのお土産に選んでみてください。

2024年07月01日更新


インドのお菓子・スイーツの特徴は?

インドのお菓子・スイーツの特徴は、主にミルクや乳製品を多用する点にあります。多くのインドスイーツには、ミルクを煮詰めて作る「マライ」や「コンデンスミルク」が使用され、濃厚な甘さとクリーミーな食感が特徴です。また、カルダモンやサフランなどのスパイスが風味付けに使われることが多く、独特のエスニックな香りを楽しむことができます。さらに、インドのスイーツは宗教的な儀式やお祝い事に欠かせない存在であり、神様へのお供え物としても重要な役割を果たしています。

インドのお菓子・スイーツの魅力は?

インドのお菓子・スイーツの魅力は、その多様性と独特の風味にあります。インドでは、ミルクや乳製品を多用したスイーツが多く、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。また、カルダモンやサフランなどのスパイスが使用され、エスニックな香りが楽しめます。さらに、インドのスイーツはその見た目の美しさも魅力の一つで、色鮮やかなジェレビーや装飾が施されたラドゥなど、視覚的にも楽しめるものが多いです。これらのスイーツは、日常のお茶請けとしてだけでなく、お祭りやお祝い事、宗教的な儀式にも欠かせない存在であり、インドの文化と深く結びついています。

インドのお菓子・スイーツおすすめ人気16選

濃厚な甘さ「ハルワ」

ハルワは、インドや中東で広く親しまれている濃厚な甘さが特徴のスイーツです。インドでは、セモリナ粉を使用したスージーハルワや、人参を使ったガジャルハルワが特に人気です。ガジャルハルワは、人参を細かく刻んで砂糖やギー、スパイスで煮込み、ナッツやドライフルーツを加えて作られます。一方、中東のハルワは、練りゴマをベースにしたものが一般的で、スライスするとホロホロと崩れる食感が特徴です。どちらも濃厚な甘さと豊かな風味が楽しめるスイーツで、特に寒い時期に温かくして食べると一層美味しさが引き立ちます。

人参の贅沢スイーツ「ガジャルハルワ」

ガジャルハルワは、インドの伝統的なスイーツで、人参をベースにした贅沢なデザートです。人参を細かく刻み、牛乳、砂糖、ギー(精製バター)と一緒に煮込んで作られます。カルダモンやナッツ、ドライフルーツを加えることで、風味豊かで食感も楽しめる一品に仕上がります。特に寒い季節に温かくして食べると、その優しい甘さが体に染み渡ります。ガジャルハルワは、家庭で手軽に作れるだけでなく、インドのスイーツ店やレストランでも人気のメニューです。

柔らかな一口「グラブ・ジャムン」

グラブ・ジャムンは、インドの伝統的なスイーツで、非常に甘いことで知られています。小麦粉とコヤ(煮詰めた牛乳)を混ぜて球状に成形し、油で揚げた後、ローズウォーターで香り付けしたシロップに浸します。その食感はふわふわで、シロップがたっぷり染み込んでいるため、一口食べると口の中に甘さが広がります。特にカルダモンのスパイシーな香りがエスニックな風味を加え、温めて食べるとさらに美味しさが引き立ちます。グラブ・ジャムンは、結婚式やお祭りなどの特別な行事でよく提供され、インドの文化と深く結びついています。

甘い渦巻き「ジャレビ」

ジャレビは、インドを代表する甘いスナックで、特に北インドで人気があります。小麦粉と水を混ぜた緩い生地を熱した油で円環状に揚げ、さらに砂糖のシロップに漬け込んで作られます。その外側はカリッとし、内側はシロップが染み込んでしっとりとした食感が特徴です。ジャレビは、独立記念日や結婚式などの祝い事でよく振る舞われる他、ストリートフードとしても広く親しまれています。また、インド亜大陸だけでなく、中東や北アフリカでも同様の菓子が見られ、地域によっては「ジェリ」や「ズルビア」と呼ばれています。

ミルクの優しい味わい「バルフィ」

バルフィは、インドの伝統的なミルクベースのスイーツで、その優しい甘さとしっとりとした食感が特徴です。牛乳を煮詰めて作るため、濃厚なミルクの風味が楽しめます。カルダモンやココナッツなどのスパイスやナッツを加えることで、さらに風味豊かに仕上がります。砂糖を控えめにしたバルフィもあり、玄米粉を使ったヘルシーなバージョンも人気です。バルフィは、結婚式やお祭りなどの特別な行事でよく提供され、インドの文化と深く結びついています。

クリーミーなデザート「キール」

キールは、インド亜大陸発祥のクリーミーなライスプディングで、米、乳、砂糖を煮て作られます。カルダモン、レーズン、サフラン、カシューナッツ、ピスタチオ、アーモンドなどのドライフルーツやナッツで風味付けされることが多く、食事中やデザートとして供されます。特にイードなどの祝祭で重要な甘い料理として知られ、インドのムスリム文化に深く根ざしています。キールは、冷たくても温かくても美味しく、家庭でも簡単に作れるため、老若男女に愛されるデザートです。

香ばしさが魅力「ラドゥ」

ラドゥは、インドの伝統的なスイーツで、その香ばしさが特徴です。主にひよこ豆粉やセモリナ粉を使用し、ギー(精製バター)で炒めた後、砂糖やカルダモンで味付けします。炒める過程で生地が香ばしい香りを放ち、これがラドゥの魅力の一つです。形は丸く、一口サイズで食べやすく、結婚式やお祭りなどの特別な行事でよく提供されます。また、ナッツやドライフルーツを加えることで、さらに風味豊かに仕上がります。ラドゥはその見た目の可愛らしさも人気で、贈り物としても喜ばれる一品です。

ベンガルの宝石「サンデシュ」

サンデシュは、ベンガル地方を代表する伝統的なスイーツで、その美しい見た目と豊かな風味から「ベンガルの宝石」とも称されます。主な材料はチャナ豆を粉にしたもので、これを砂糖と共に練り上げ、カルダモンやヨーグルトで風味を加えます。サンデシュは非常にミルキーで甘さが際立ち、ベンガルのお菓子屋さんには必ずと言っていいほど並んでいます。比較的軽く、健康的なデザートとしても知られ、インドのカッテージチーズであるチェンナを使用することが多いです。特にデュルガ・プジョーなどの祭りの際には、主婦たちがシンドゥールの皿を手にしてサンデシュを振る舞う光景が見られます。

豊かな風味「ペサ」

ペサは、インドの伝統的なスイーツで、その豊かな風味が特徴です。ひよこ豆粉をベースにしており、砂糖とギー(精製バター)を加えて炒めることで、香ばしい香りと甘さが引き立ちます。ペサは、特にお祭りや祝い事でよく作られ、家庭でも手軽に作れるスイーツとして親しまれています。炒める過程で生地が焦げやすいため、弱火から中火でじっくりと火を通すことが重要です。また、カルダモンやナッツを加えることで、さらに風味豊かに仕上がります。

カリカリの美味しさ「グジャ」

グジャは、インドの伝統的なスイーツで、そのカリカリとした食感が特徴です。小麦粉をベースにした生地に、ココナッツ、ドライフルーツ、砂糖を詰めて揚げることで、外側はカリッと、中はしっとりとした食感を楽しむことができます。特に、揚げたてのグジャはその香ばしさと甘さが際立ち、インドの祭りや特別な行事でよく提供されます。また、家庭でも簡単に作れるため、日常のおやつとしても人気があります。

食感が楽しい「ブーンディ」

ブーンディは、インドの伝統的なスナックで、そのカリカリとした食感が特徴です。ひよこ豆粉を水で溶いて小さな球状にし、油で揚げて作られます。この揚げたブーンディは、そのまま食べても美味しいですが、ヨーグルトやスパイスと和えてサラダにすることもあります。特に、揚げたてのブーンディはそのクリスピーな食感が際立ち、ビールのおつまみとしても人気です。また、甘いシロップに漬け込んでデザートとして楽しむこともでき、多用途に使えるスナックです。

爽やかさが光る「シュリカンド」

シュリカンドは、インドの伝統的なデザートで、その爽やかな味わいが特徴です。主な材料はヨーグルトで、これを水切りして濃厚なクリーム状にし、砂糖やカルダモンで風味を加えます。また、サフランやピスタチオ、アーモンドなどのナッツをトッピングすることで、さらにリッチな味わいに仕上がります。シュリカンドは特に暑い季節に冷やして食べると、その爽やかさが一層引き立ちます。家庭でも簡単に作れるため、日常のデザートとしても人気があります。

ナッツたっぷり「チッキ」

チッキは、インドの伝統的なお菓子で、ナッツやドライフルーツ、ゴマなどをカラメル状の砂糖で固めて作られます。大きな板状で販売されることが多いですが、一口サイズのパックもあります。そのカリカリとした食感が特徴で、日持ちするため、旅のお供としても重宝されています。特に、ティルチッキはゴマやナッツを使用しており、栄養価が高く、インドの家庭でよく作られるスイーツです。

スパイシーなスナック「ヴァダ」

ヴァダは、インドのスパイシーなスナックで、特に南インドで人気があります。主にウラド豆やレンズ豆を使用し、これをペースト状にしてスパイスと混ぜ合わせ、丸い形に成形して油で揚げます。外側はカリッと、中はふんわりとした食感が特徴です。ヴァダは、朝食やティータイムのスナックとして親しまれ、サンバル(スパイシーな野菜スープ)やココナッツチャツネと一緒に食べることが一般的です。また、ヴァダの種類には、メドゥヴァダやマサラヴァダなどがあり、それぞれ異なる風味と食感を楽しむことができます。

濃厚アイスクリーム「クルフィ」

クルフィは、インドの伝統的なアイスクリームで、その濃厚な味わいが特徴です。エバミルク(無糖の練乳)に砂糖を加え、カルダモンやサフラン、ドライフルーツなどを混ぜて作られます。通常のアイスクリームよりも低温で固めるため、非常に硬く仕上がるのが特徴です。専用の「マトカ」と呼ばれる型に入れて冷やすことが多いですが、家庭でも簡単に作ることができます。市販のバニラアイスにカルダモンやシナモンを加えて再冷凍するだけでも、クルフィ風のアイスクリームを楽しむことができます。

ふわふわ食感「ラスグッラー」

ラスグッラーは、インドのベンガル地方を代表するスイーツで、そのふわふわとした食感が特徴です。主な材料はチャナ(インドのカッテージチーズ)で、これを丸めてシロップで煮込みます。シロップには砂糖とカルダモンが使われ、爽やかな甘さと香りが楽しめます。ラスグッラーは、冷やして食べるとその柔らかさが一層引き立ち、特に暑い季節にぴったりのデザートです。また、結婚式やお祭りなどの特別な行事でもよく提供され、インドの文化と深く結びついています。

インドのお菓子・スイーツはどこで買える?

インドのお菓子・スイーツは、現地の専門店や市場で購入することができます。例えば、デリーやムンバイなどの大都市には、伝統的なスイーツを専門に扱う店舗が多くあります。また、寺院内でもお供え用のスイーツが販売されており、サンカットモーチャンハヌマン寺では信頼できる材料で作られたペダなどが人気です。さらに、インドのスーパーマーケットやオンラインショップでも購入可能で、ハルディラム社やビカラム・チャンドマル社の製品が特におすすめです。お土産としても最適なこれらのスイーツは、日本のインド食材専門店や通販サイトでも手に入れることができます。

インドのお菓子・スイーツを通販で購入するときは「送料」や「出荷元」をチェック!

海外のお菓子を通販で購入する際には、商品の価格だけでなく送料にも注意が必要であり、注文を確定する前に送料の有無と金額を確認することが大切です。また、異なる販売店から複数の商品を購入するとそれぞれの出荷元から発送されるため送料が複数回かかることがあるため、同一の出荷元からまとめて購入することで送料を節約できます。
 
さらに、楽天や他の通販サイトでは「2000円以上の注文で送料無料」などのキャンペーンを実施している場合があるため、複数の商品を購入する際にはこのようなキャンペーンを活用し、品揃えの豊富な販売店で一括して購入することをおすすめします。また、海外からの商品には関税や輸入税がかかる場合があり、これらの追加費用が発生するかどうかを購入前に確認しておくことも重要です。さらに、他の購入者のレビューを参考にして商品の質や味、梱包状態などについて事前に知ることで、満足のいく買い物ができるでしょう。

インドのお菓子・スイーツのお気に入りを見つけよう!

インドのお菓子やスイーツは、その独特な味わいと香りで訪れた人々を魅了します。この記事で紹介した16選は、旅行の思い出として自分用に、または大切な人へのお土産としても最適です。スパイスの効いたスイーツや伝統的なお菓子は、異国の風を感じさせてくれます。ぜひ次回のインド旅行では、これらのお菓子を楽しみながら、甘いひとときを過ごしてみてください。新たな発見があることでしょう。


キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介