インドネシア旅行のお土産おすすめランキング12選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介

インドネシア旅行に行くなら、素敵なお土産を忘れずに持ち帰りたいですよね。インドネシアは美しい自然と独特の文化を持つ国で、その魅力は多彩なお土産に反映されています。本記事では、インドネシア旅行で購入するのにおすすめの12のお土産をランキング形式でご紹介します。定番の人気お菓子や食べ物から、コスメ、雑貨まで幅広く取り上げますので、あなたの旅行計画にぴったりのアイテムが見つかることでしょう。インドネシアのエキゾチックな魅力を持ち帰るためのお土産選びの参考にしてみてください。

2024年06月26日更新


インドネシアのお土産の値段相場

インドネシアのお土産の価格帯は比較的手頃で、多くの商品が日本円で数百円から数千円程度で購入できます。オークファンの調査によると、インドネシア土産の平均価格は約2,109円、お土産全般では約3,359円となっています。人気のインスタント麺は1袋20〜30円程度と非常に安価で、ばらまき土産に適しています。観光スポットのマグネットやミニチュアは100〜500円ほどで、小さな予算でも購入可能です。バリ島の職人による木製カレンダーなどの雑貨や、グァバジュースなどの飲料も、比較的リーズナブルな価格で入手できます。全体的に、インドネシアのお土産は日本と比べて安価で、予算に応じて多様な選択肢があります。

インドネシアのお土産の選び方

インドネシアのお土産を選ぶ際は、現地の特色ある商品を探すことがポイントです。伝統的なバティック生地を使用したエコバッグや、ガムランボールなどのシルバーアクセサリーは、インドネシアらしさを感じられる人気の品です。食品では、ココナッツを使用したお菓子やコーヒー、特にマンデリンコーヒーがおすすめです。また、現地の人気商品や限定品を探すのも良いでしょう。例えば、バリ島限定のエクストラバージンココナッツオイルは、無添加で多用途に使える優れものです。軽量で場所を取らないミニチュアやマグネットも、実用的なお土産として喜ばれます。選ぶ際は、相手の好みや用途、予算を考慮し、インドネシアならではの魅力が詰まった商品を選びましょう。

インドネシアのお土産おすすめ12選

サクサクの食感がたまらない!「テンペチップス」

テンペチップスは、インドネシアの伝統的な食材であるテンペを使用した、サクサクとした食感が特徴的なスナックです。テンペを薄く切り、揚げて作られるこのチップスは、外はカリカリ、中はもちもちの食感が楽しめます。「あさゆうfoods」が提供するテンペチップスは、自然栽培大豆や有機豆を使用し、こめ油で揚げて作られており、健康志向の方にも人気です。現代人に不足しがちなたんぱく質と食物繊維が豊富に含まれているため、栄養価の高いスナックとして注目されています。オリジナル味以外にも、辛味、焼きとうもろこし味、バーベキュー味、海苔味など、様々なフレーバーが楽しめるのも魅力的です。

濃厚な味わいを楽しむ「UBUD RAWの生チョコレート」

UBUD RAWは、バリ島ウブドで生まれた非加熱の生チョコレートブランドです。地元のオーガニックカカオ豆とココナッツを使用し、45度以下の低温乾燥製法で作られています。砂糖や牛乳を使用せず、ビーガンやグルテンフリーに対応した健康志向の商品です。プレーン、レーズン&カシューナッツ、ミント&ゴジベリーの3種類があり、ほろほろとクリーミーな口当たりが特徴です。通常のチョコレートの約4倍の抗酸化物質を含み、アンチエイジング効果も期待できるとされています。ただし、保存料不使用のため賞味期限が短く、要冷蔵なので日本へのお土産には注意が必要です。

至福のひと時を提供「Monggoのチョコレート」

Monggoは、インドネシアのジョグジャカルタ発祥の高級チョコレートブランドです。2005年に正式に設立され、カカオバター100%を使用した高品質なチョコレートを提供しています。ベルギー人男性が「インドネシアにも美味しいチョコを!」という思いで立ち上げたブランドで、インドネシア産カカオを使用した自然派チョコレートとして知られています。Monggoのチョコレートは、ダークチョコレートやプラリネ、カシューナッツ、ジンジャーなど様々なフレーバーが楽しめ、特に「Red Chili」味は後味がピリッとする人気の商品です。バリ島のクタやスミニャック、ウブドのスーパーマーケットで購入でき、タブレット(板チョコ)は300〜400円程度で入手可能です。

エキゾチックなスナック「パイスス」

パイススは、インドネシアのバリ島で人気のエキゾチックなスナックです。このカスタードタルトは、現地の人々に愛されている伝統的なお菓子の一つです。パイススの特徴は、クリーミーなカスタードフィリングとサクサクとした生地の組み合わせにあります。バリ島の豊かな食文化を反映したこのスナックは、観光客にも人気があり、お土産としても適しています。パイススは、バリ島の市場やお土産店で手に入れることができ、現地の味を手軽に楽しめる一品として注目されています。

甘さと香ばしさが絶妙「バッピア」

バッピアは、インドネシアの定番お土産として知られる小さな丸い形のスイーツです。直径約2cm、厚さ1.5cmほどのパイ生地の中に餡が入っており、フルーツジャムなどの甘い餡が特徴です。サクサクとした生地と程よい甘さの餡のバランスが絶妙で、お茶やコーヒーのお供に最適です。ジョクジャカルタ市内のパトック地区には多くの老舗やホームメイド店があり、様々な味のバッピアを楽しむことができます。手軽に食べられるサイズと、日本人の口に合う控えめな甘さから、お土産として人気があります。

栄養満点のおやつ「イーストバリカシューズ」

イーストバリカシューズは、インドネシアのバリ島で人気の栄養価の高いスナックです。オーガニック、添加物なし、コレステロールなしの健康的な商品として知られています。表面にはココアパウダーがたっぷりとまぶされており、カリッとした食感とジューシーな味わいが特徴です。このスナックは美味しいだけでなく、栄養豊富で美容効果も期待できるため、ナッツが苦手な方にも食べてもらいたい一品とされています。日本でも人気が高まっており、体に優しいヘルシーなおやつとして注目を集めています。

体に優しい「スリミングティー」

スリミングティーは、体調を整え、毒素を排出し、より健康的なライフスタイルを目指す人々に人気のハーブティーです。多くの製品が天然成分を使用し、環境に配慮したパッケージングを採用しています。例えば、ジャムウのスリミングティーは、飲むだけで簡単にダイエット効果が期待できるとされています。これらのティーは、スッキリしたい方向けにブレンドされたハーブを使用しており、10包入りや30g入りなどの様々なサイズで販売されています。一部の製品は、ダイエット効果を重視した酵素茶として販売されており、健康志向の消費者から注目を集めています。

自然の甘みを楽しむ「パームシュガー」

パームシュガーは、サトウヤシやニッパヤシなどのヤシの樹液から作られる天然の甘味料です。低GI値で、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。その独特の風味はバニラに似ており、まろやかで深みのある甘さが特徴です。パームシュガーは様々な料理に活用でき、特にタイ料理との相性が良いとされています。カンボジア産のパームシュガーは希少価値が高く、健康志向の方にも人気があります。お土産として選ぶ際は、無添加で天然由来の商品を選ぶと良いでしょう。

ピリ辛の風味がクセになる「サンバルソース」

サンバルソースは、インドネシアの伝統的な調味料で、ピリ辛の風味が特徴的な万能ソースです。唐辛子をベースに、トマトやニンニク、ショウガなどの香味野菜を加えて作られます。このソースは、プリックヘン(タイ産唐辛子)やバイマックルー(こぶみかんの葉)などのスパイスを煮込んだトマトベースで、スッキリとした爽やかな辛味が特徴です。サンバルソースは様々な料理に活用でき、魚介類や肉料理の味付けに最適です。日本人の口にも合うため、エスニック風の料理を手軽に楽しめるお土産として人気があります。

最高級のコーヒー体験「コピルアク」

コピルアクは、インドネシア発祥の世界で最も高価なコーヒーの一つとして知られています。その独特な製法が特徴的で、ジャコウネコが食べたコーヒーチェリーの種子から作られます。ジャコウネコの消化過程で豆が発酵し、独特の風味と香りが生まれます。高品質なコピルアクは野生のジャコウネコから採取され、化学肥料や農薬を使用せずに栽培されたコーヒー豆を使用しています。その希少性から、1杯8,000円ほどの高価格で提供されることもあります。味わいは、まろやかで独特な酸味があり、後味に苦味が残るのが特徴です。コピルアクは特別な日や贈り物に適した、プレミアムなコーヒー体験を提供します。

肌に優しい「ココナッツソープ」

ココナッツソープは、インドネシアの自然の恵みを活かした人気のスキンケア製品です。ココナッツオイルを主原料とし、肌に優しい天然成分で作られています。このソープは保湿効果が高く、乾燥肌や敏感肌の方にも適しています。また、ココナッツの爽やかな香りがリラックス効果をもたらし、バスタイムを楽しむことができます。多くの製品が無添加・オーガニックで作られており、環境に配慮した選択肢としても注目されています。お土産として選ぶ際は、バリ島やジャカルタなどの観光地で手に入れることができ、日本人観光客にも人気があります。

伝統とモダンが融合「バティック」

バティックは、インドネシアの伝統的な染色技法で作られる布で、2009年にユネスコの世界無形文化遺産に認定されました。元々は王族のみが着用できる貴重な品でしたが、現在では一般市民にも広く愛されています。最近のバティックは、伝統的な要素を活かしつつ、現代のファッショントレンドを取り入れた独自のデザインが特徴です。公務員は毎週金曜日にバティックを着用することが義務付けられており、民間企業でもこの慣習を採用しているところが多いです。バティックは、フォーマルな場での着用だけでなく、日常的なファッションアイテムとしても人気が高まっており、インドネシアの文化と現代のデザインが融合した魅力的なお土産として注目されています。

インドネシアのお土産はどこで買える?

インドネシアのお土産は、観光地の市場やショッピングモール、空港の免税店など様々な場所で購入できます。バリ島では、ウブドの伝統市場やクタのビーチサイドショップで地元の手工芸品や食品を見つけることができます。ジョグジャカルタのマリオボロ通りは、バティックや木彫りの工芸品など多様なお土産が揃う人気スポットです。また、ジャカルタのタナアバン市場やスカルノ・ハッタ国際空港の免税店でも、幅広い種類のお土産を入手できます。特に、空港の免税店は最後の買い物チャンスとして重宝されます。オーガニック製品を探すなら、ウブドにあるナディスハーバルのようなオーガニックコスメショップがおすすめです。インドネシアのお土産は比較的安価で、木彫りのキーホルダーなどは10円以下で購入できる場合もあります。

インドネシア旅行に行ったらお土産を買って帰ろう!

インドネシア旅行のお土産おすすめランキング12選、いかがでしたでしょうか?インドネシアの豊かな文化と自然の恵みを感じられるお土産は、旅行の思い出をさらに特別なものにしてくれます。ご紹介したお菓子、食べ物、コスメ、雑貨はどれもインドネシアならではの魅力が詰まったアイテムばかりです。次回のインドネシア旅行の際には、ぜひこれらのお土産を手に取って、大切な人や自分自身への贈り物にしてみてください。素敵なインドネシア旅行の思い出が、これらのお土産と共に永く心に残りますように。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介