トルコ旅行のお土産おすすめランキング15選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介

トルコは、その豊かな歴史と文化、多彩な風景、美しい建築物で訪れる者を魅了します。旅行者にとって、思い出を形にするお土産選びは旅の楽しみの一つです。本記事では、トルコならではの特産品や工芸品、そして人気の高いお土産を紹介します。家族や友人へのプレゼント、自分用の記念品としてぴったりのアイテムを見つけるお手伝いをします。トルコの魅力を感じられるお土産選びのヒントをお楽しみください。

2024年06月18日更新



トルコのお土産の値段相場

トルコのお土産の値段相場は、商品によって幅があります。トルコランプは500〜2,000円程度で手軽に購入できます。 一方、本格的なトルコ絨毯は10万円〜100万円の高額なものもあります。 Yahoo!オークションでは、トルコ土産関連の落札価格の平均は約1,500円です。 スーパーで買えるピスタチオは180gで約270円、フルーツジュースは1本25円程度とリーズナブルです。 全体的に、トルコのお土産は手頃な価格のものが多いので、たくさん買って配るのにもおすすめです。

トルコのお土産おすすめ15選

陶磁器

トルコの陶磁器は、カラフルで繊細なデザインが特徴的です。特に有名なのが「キュタフヤ陶器」で、職人が1点1点手作業で細かい柄を描いています。 マグカップや小皿など様々なアイテムがあり、中でも小皿は食卓に彩りを添えられるのでお土産におすすめです。 日本でも人気の高い伝統的な陶磁器のお土産として喜ばれるでしょう。

トルコランプ・モザイクキャンドル

トルコランプやモザイクキャンドルは、トルコを代表する人気のお土産です。色鮮やかなガラスやビーズを組み合わせて作られたランプは、灯りを灯すと幻想的な雰囲気を演出します。 小ぶりなキャンドルホルダーサイズから大型のフロアランプまで様々なデザインがあり、価格帯は1,500円〜15,000円程度と幅広いです。 トルコ現地の専門店やバザールでは豊富な品揃えの中から好みの一品を選べます。 日本でもトルコランプ作りを体験できる教室やキットもあり、オリジナルのランプ作りにチャレンジするのも面白いでしょう。

ナザールボンジュウ(目玉のお守り)

ナザールボンジュウは、トルコで古くから親しまれている目玉型のお守りです。 青い目玉が特徴的で、邪視(ナザール)から身を守ると信じられています。 家の玄関や店の入り口、車などに飾られているのをよく目にします。 ナザールボンジュウは、羨ましい・妬ましいといった視線によって災いが降りかかると考えられており、その視線を跳ね返す役割を果たすとされています。 ガラス職人の手作業で一つ一つ丁寧に作られており、アクセサリーやインテリア雑貨など様々なアイテムに用いられています。 トルコを代表する人気のお土産の一つで、旅行者にも愛されています。

トルコ茶

トルコは世界一のお茶消費国で、一人当たり年間約3kgものお茶を飲むと言われています。 トルコ人は一日に20〜30杯ものチャイ(トルコ茶)を飲むのが一般的です。 トルコ茶は、トルコ東部の黒海沿岸・リゼ地方で栽培される紅茶が主に使われ、ストレートで砂糖を入れて飲まれることが多いです。
 
トルコ茶は細長いチャイグラスに注がれ、ソーサーとセットで提供されるのが特徴です。 カフェやレストランでは、注文しなくてもチャイが出されることが多いのだとか。 チャイグラスは70〜100ml程度と小ぶりなので、何杯も飲めるサイズ感です。
 
お土産にもトルコ茶関連のアイテムがおすすめです。チャイグラスのセットや、トルコの家庭で使われている二段式のチャイポットなどを見つけてみてください。 トルコ茶の飲みやすさを、ぜひ日本でも味わってみてはいかがでしょうか。

トルココーヒー

トルココーヒーは、トルコ独自の伝統的な淹れ方で作るコーヒーです。深煎りのコーヒー豆を極細挽きにし、砂糖と一緒に小さな鍋で煮出して作ります。 濃厚でコクがあり、苦味の強いのが特徴です。 本場トルコでは、ミルクを入れずに砂糖だけで飲むのが一般的ですが、好みでスパイスを加えることもあります。 トルココーヒーは16世紀にイスタンブールに伝わり、カフェ文化とともに市民の間に広まりました。 現在では「トルココーヒー文化と伝統」がユネスコ無形文化遺産に登録されるほど、トルコの食文化に欠かせない存在となっています。 お土産にもトルココーヒーの粉がおすすめです。

キリムラグ

キリムラグは、トルコの伝統的な平織りの絨毯で、独特の幾何学模様が特徴的です。 天然の羊毛や綿を使用し、熟練した職人が手作業で織り上げています。 キリムラグは薄手で軽量なので、床暖房の上に敷いても熱を逃がさず、部屋を快適に保つことができます。 リビングやダイニングのアクセントラグとして人気が高く、モダンなインテリアにもよく合います。 サイズは玄関マットから大判サイズまで豊富にあり、廊下や窓際のランナーとしても使えます。 お手頃価格のものから高級品まで幅広い価格帯で選べるので、トルコ旅行のお土産にもおすすめです。

トルコ石

トルコ石は、トルコを代表する宝石の一つで、鮮やかな青色が特徴的です。化学的には水酸化銅アルミニウム燐酸塩の鉱物で、化学式はCuAl6(PO4)4(OH)8·4H2Oです。 トルコ石は、乾燥した不毛の地域で、酸性で銅を豊富に含む地下水がリンやアルミニウムを含む鉱物と反応することで生成されます。
色は純粋なものほど鮮やかな青色を呈しますが、鉄などの不純物により緑がかった色合いになることもあります。 トルコ石は多孔質で、モース硬度は5~6程度と比較的柔らかいため、取り扱いには注意が必要です。
 
古くから装飾品や宝飾品に用いられ、エジプトやメソアメリカの遺跡からも出土しています。 12月の誕生石としても知られ、幸運を呼び寄せ、身につける人の運気上昇に貢献するとされています。 トルコ石は「神が宿る石」「勇気と希望の石」などとも呼ばれ、魔除けのお守りとしての意味合いもあります。
 
お土産にもトルコ石を使ったアクセサリーがおすすめです。リング、ペンダント、ピアスなど、様々なデザインのものが手に入ります。 トルコの伝統的なお守り「ナザールボンジュウ」にもトルコ石が用いられることがあり、見つけたら購入してみてはいかがでしょうか。

ロクム

ロクムは、トルコの伝統的なお菓子で、世界最古のお菓子の一つとも言われています。 砂糖、デンプン、ナッツなどで作られており、一口サイズの柔らかくもっちりとした食感が特徴です。 ローズウォーターやベルガモットオレンジ、レモンなど様々なフレーバーがあり、ピスタチオ入りやヘーゼルナッツ入りなども人気です。
 
ロクムは18世紀頃、歯の弱かったスルタン・アブドゥル・ハミット1世のために宮廷菓子職人が考案したと言われています。 英語では「ターキッシュ・ディライト」と呼ばれ、C・S・ルイスの小説『ナルニア国物語』でも登場し、作中で主人公の一人を誘惑するお菓子として描かれました。
 
色とりどりのロクムは、トルコのお菓子屋さんでは定番の商品です。 日本の和菓子のゆべしに似た食感で、紅茶やコーヒーのお供にぴったりです。 トルコ旅行のお土産にもおすすめで、現地のスーパーやバザールでリーズナブルに購入できます。 ロクムを食べれば、トルコの歴史と伝統を感じられることでしょう。

オヤ

オヤは、トルコの伝統的な手芸で、特にレース編みの技法を指します。オヤは、スカーフやショールの縁飾りとして用いられ、花や葉、果物などのモチーフが特徴的です。素材には、シルクやコットンの糸が使われ、細かい手作業で一つ一つ丁寧に編まれます。オヤの技法には、針を使う「イーネオヤ」、かぎ針を使う「トゥーオヤ」、そしてシャトルを使う「メキッキオヤ」などがあります。これらの技法は、地域や職人によって異なるスタイルやデザインが見られます。オヤは、トルコの女性たちの間で代々受け継がれてきた伝統工芸であり、結婚式や特別な行事の際に贈り物としても重宝されています。トルコ旅行のお土産としても人気があり、手作りの温かみを感じられる一品です。

ストール・スカーフ

トルコのストールやスカーフは、伝統的なデザインと高品質な素材で人気があります。特に、シルクやカシミアを使用したものは、肌触りが良く、贈り物としても喜ばれます。トルコのバザールや専門店では、色鮮やかなパターンや手織りの技術が光るアイテムが豊富に揃っています。これらのストールやスカーフは、ファッションアイテムとしてだけでなく、インテリアのアクセントとしても活用できます。価格帯は手頃なものから高級品まで幅広く、旅行者にとっても手軽に購入できるお土産です。

ラヴィ カルシュク ドルグル チコラタ

ラヴィ カルシュク ドルグル チコラタは、トルコのオルドゥで人気の高いキャンディ型のチョコレートです。グラム単位で購入できるため、手軽に楽しめるのが特徴です。4種類のフレーバーがあり、どれも上品な味わいで、チョコレート好きにはたまらない逸品です。一度食べたらやみつきになるほどの美味しさで、現地在住の日本人からも高く評価されています。

ハマム石鹸

ハマム石鹸は、トルコの伝統的な石鹸で、オリーブオイルを主成分とし、天然素材を使用して作られています。肌に優しく、保湿効果が高いことから、乾燥肌や敏感肌の方にも適しています。トルコのハマム(公衆浴場)で使用されることが多く、古くから愛用されています。香りも豊富で、ラベンダーやローズ、ミントなどのエッセンシャルオイルが加えられたものも人気です。お土産としても喜ばれるアイテムで、トルコのバザールや専門店で手軽に購入できます。

ナルギレのキセル

ナルギレのキセルは、トルコの伝統的な喫煙具で、香り豊かな煙草の葉を楽しむために使用されます。ディプティックのナルギレキャンドルは、このキセルの香りを再現しており、煙草の葉とフルーティーな蜂蜜、スパイスのアクセントが特徴です。キャンドルに火を灯すと、儀式的な雰囲気が漂い、リラックスした時間を演出します。価格は約8,900円から9,790円(税込)で、オンラインショップや専門店で購入可能です。

バクラヴァ

バクラヴァは、オスマン帝国時代から伝わるトルコの伝統的な甘い菓子です。薄く何層にも重ねたフィロ生地に、ピスタチオやアーモンドなどのナッツをたっぷり挟んで焼き上げ、最後に甘いバターシロップをかけて仕上げます。地域やお店によって形やシロップの量が異なり、特にピスタチオを使ったバクラヴァが有名です。トルコでは結婚式やラマダン明けの祝祭日など、特別な日に食べるスイーツとして親しまれています。日本でも人気が高まり、専門店やカフェで提供されることが増えています。

香辛料

トルコの香辛料は、料理に豊かな風味と香りを加えるために欠かせない存在です。特に人気のある香辛料には、クミン、カルダモン、ブラックペッパーなどがあり、これらはカレーやシチュー、スープなど様々な料理に使われます。トルコの市場やバザールでは、色とりどりの香辛料が並び、訪れる人々を魅了します。香辛料専門店では、オーダーメイドで調合されたミックススパイスも販売されており、料理の幅を広げることができます。また、香辛料を使った製品として、香り高いごまラー油やスパイスフレークなども人気です。トルコ旅行のお土産としても、香辛料は手軽で喜ばれるアイテムです。

トルコ旅行に行ったらお土産を買って帰ろう!

トルコ旅行の魅力は観光だけに留まりません。美しい景色や歴史的建造物、文化的な体験に加えて、ユニークなお土産選びも楽しみの一つです。トルコのバザールには、色鮮やかな絨毯や陶器、伝統的なコーヒーセット、美味しいお菓子などが並んでいます。手作りの工芸品や特産品は、旅行の思い出を形にする素敵なアイテムです。トルコ旅行に行ったら、ぜひお土産を買って帰りましょう!それは旅の素晴らしい記憶を蘇らせ、友人や家族にも喜ばれることでしょう。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
セドナの魅力とおすすめ観光スポット10選!実際に子連れで行って紹介
南ドイツであなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット!ロマンチック街道や中世の街並みなども

おすすめ記事

大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
マレーシア旅行のお土産おすすめランキング9選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介
イギリスのお菓子・スイーツおすすめ人気12選!お土産や日本で買えるものなども紹介
スラムダンクの踏切の場所は?江ノ電・鎌倉高校前の踏切を紹介

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介

キーワード