カナダ・バンクーバーのおすすめ観光スポット10選!豊かな自然が美しい街を満喫

美しい自然と完成された都市のハーモニーが楽しめるカナダの都市「バンクーバー」。2016年にはアメリカの旅行雑誌『コンデ・ナスト・トラベル』で世界で最も魅力的な都市トップ10にも選ばれており、春は色とりどりの花が咲き乱れ、夏は大自然を堪能できるアクティビティの数々、秋は意外にも紅葉を街で楽しめ、冬はバンクーバー近郊の雪山で冬のアクティビティを楽しめます。そこで今回は、カナダのバンクーバーのおすすめ観光スポットをご紹介いたします。

2024年05月13日更新



カナダ・バンクーバーの魅力

バンクーバーは、その多文化的な魅力と壮大な自然の美しさで知られるカナダの都市です。市内すぐのスタンレーパークでは、ハイキングやサイクリングを楽しむことができ、ウィスラーのような世界クラスのスキーリゾートへのアクセスも抜群です。グルメシーンでは、地元のシーフードや多国籍の料理が楽しめ、ブリティッシュコロンビア大学などの教育機関も充実しています。芸術と文化が繁栄しており、数多くの美術館、ギャラリー、劇場があります。また、環境に対する意識が高く、サステナブルな都市計画で国際的にも評価されています。公共交通機関が発達しており、市内外への移動が便利です。年間を通じて多様な国際フェスティバルやイベントが開催され、常に活気に満ちています。このような多様な魅力がバンクーバーを世界中からの観光客にとって魅力的な目的地にしています。

カナダ・バンクーバーのベストシーズン

バンクーバーのベストシーズンは、目的に応じて異なりますが、多くの人にとっては夏の間、特に6月から8月が最も訪れやすい時期です。この時期は天候が安定し、気温も快適で、市内や自然の中でのアクティビティを存分に楽しむことができます。公園でのピクニック、ビーチでの日光浴、ハイキングやサイクリングなどのアウトドア活動に最適です。また、この時期には多くのフェスティバルやイベントが開催され、市の活気が最高潮に達します。ただし、観光客が多くなるため、宿泊施設の予約は早めに行うことをお勧めします。

カナダ・バンクーバーの気温

バンクーバーの気温は、穏やかな海洋性気候の影響を受けており、一年を通して比較的温暖です。冬季(12月から2月)は最低気温が平均で0度から5度程度、最高気温は5度から10度程度で、雪が降ることはあまりありませんが、雨が多く見られます。春(3月から5月)と秋(9月から11月)は、気温が10度から15度程度で、比較的穏やかです。夏季(6月から8月)は、最も気温が高く、平均して最高気温は20度から25度程度になりますが、30度を超える日も稀にあります。この気候は、屋外でのアクティビティや観光に適しており、バンクーバーの自然を楽しむのに最適な条件を提供します。

カナダ・バンクーバーのおすすめめ観光スポット10選

海辺の象徴的なランドマーク「カナダプレイス」

カナダのバンクーバーに位置するカナダプレイスは、1986年のバンクーバー万博時にカナダ政府館として建てられた歴史ある複合施設です。特徴的な白い帆のような建築は、バラード入江の風景と調和し、その美しさは訪れる人々を魅了します。また、施設内には、カナダの大自然をバーチャル体験できるフライ・オーバー・カナダがあり、観光客には必見のアトラクションです。

歴史と現代が融合する街角「ガスタウン」

バンクーバーで最も歴史的な地区の一つであるガスタウンは、19世紀の雰囲気を色濃く残す魅力的な観光スポットです。この地区は、石畳のウォーター・ストリートを中心に、レンガ造りの古い建物が立ち並び、訪れる人々を昔へと誘います。特に有名なのは、15分ごとに汽笛を鳴らす蒸気時計で、1977年に作られたこの時計は、ガスタウンのシンボルとしても知られています。

スポーツとエンターテインメントの聖地「BCプレイス」

バンクーバーのダウンタウンに位置するBCプレイスは、スポーツとエンターテインメントの中心地です。このドーム型の屋内競技場は、バンクーバーオリンピックの開会式と閉会式の舞台としても有名で、ナショナル・ホッケーリーグのバンクーバー・カナックスやカナディアンフットボールリーグのBCライオンズの本拠地としても知られています。年間を通じてコンサート、見本市、サーカス、モーターショーなど多彩なイベントが開催され、訪れる人々を魅了しています。

アートとグルメの宝庫「グランビルアイランド」

バンクーバーの心地よい魅力が詰まった「グランビルアイランド」は、ショッピング、グルメ、アートを楽しめる人気スポットです。特にパブリックマーケットは、地元の肉、魚介、オーガニック野菜やフルーツがひしめく活気ある場所で、地元民の日常と触れ合えます。ここでは、カナダ特産のメープルシロップ専門店など、ユニークなお土産も豊富に取り揃えており、訪れた人々には忘れがたい体験を提供します。ダウンタウンからのアクセスも良好で、バスやフェリーで簡単に行くことができます。

科学の不思議を体験「サイエンスワールド」

バンクーバーで科学の魅力を存分に楽しむなら、サイエンスワールドがおすすめです。この施設は元々1986年のエキスポのパビリオンとして使用されており、その特徴的なドーム状の屋根は地元民から「ゴルフボール」とも称されています。サイエンスワールドでは、生物学、物理学、音楽など、多岐にわたる教育的かつ楽しい参加型展示が行われています。特にオムニマックスシアターでは、3Dレーザーショーや自然科学、化学をテーマにした映画が迫力ある映像と音で上映され、訪れる家族連れには特に人気のスポットです。

壮大な景観のアーチウェイ「ライオンズゲートブリッジ」

バンクーバーの象徴的なランドマークであるライオンズゲートブリッジは、街のダイナミックな景色を形作る重要な一部です。1938年に開通したこの吊り橋は、ダウンタウンとノースバンクーバーを結び、その壮大な姿はスタンレー・パークからも望むことができます。橋の名称は、バンクーバー北部の山々「ザ・ライオンズ」にちなんで名付けられました。歩行者も橋を渡ることができ、バラード入り江の素晴らしい景観を楽しむことができます。

自然の中の都市型オアシス「スタンレーパーク」

バンクーバーの心臓部にある「スタンレーパーク」は、壮大な自然と多彩なアトラクションが魅力の広大な公園です。日比谷公園の25倍にも及ぶ約400万平方メートルの敷地は、カナダの国定史跡としても指定されています。公園内には水族館、トーテムポールパーク、バラ園などの見どころがあり、レンタサイクルを使って散策するのがおすすめです。バンクーバーのダウンタウンから容易にアクセスできるため、都会の喧騒から逃れて自然の中でリラックスするには最適な場所です。

スリル満点の空中散歩「キャピラノ吊り橋」

バンクーバーの息をのむような自然美を堪能できる「キャピラノ吊り橋」は、毎年80万人以上が訪れる人気スポットです。1889年に建設されたこの吊り橋は、140mの長さと地上70mの高さを誇り、渓谷の上を歩くスリルは格別です。橋の揺れを体感しながら、冒険心をくすぐる体験ができます。また、周辺ではツリートップ・アドベンチャーやクリフウォークなどのアクティビティが楽しめ、11月から1月にかけての「キャニオン・ライツ」ライトアップイベントは、幻想的な森の夜を演出します。

冬の楽園、夏の避暑地「ウィスラー」

カナダのウィスラーは、世界屈指のスキーリゾート地として知られています。北米最大級のスキー場であるウィスラーは、ウィスラー・マウンテンとブラッコム・マウンテンの二つの山にまたがり、200以上の多様なコースが設けられています。特に有名なのは、世界最長のゴンドラ「PEAK 2 PEAK Gondola」で、これを利用することで11分間の空中旅行が楽しめ、息をのむような山々の景色を堪能できます。

壮大な自然の中の冒険「バンクーバー島」

バンクーバー島は、壮大な自然と現代都市の魅力が融合するカナダ西海岸の宝石です。州都ビクトリアをはじめ、パークスビルやポートハーディなど、各地に独自の魅力を持つ町が点在しています。ビクトリアでは、ロイヤルBC博物館やクレイグダロック城などの文化施設が訪れる価値があります。自然愛好者には、パシフィックリム国立公園保護区やウエストコーストトレイルがおすすめで、ハイキングやビーチでのリラックスが楽しめます。


カナダ・バンクーバーに行ってみよう!

バンクーバーの魅力は、その多様性と自然の美しさにあります。歴史ある建造物から最先端のアート、豊かな自然環境まで、この都市はあらゆる面で訪れる人々を魅了します。次回の旅行先としてバンクーバーを選ぶことで、確実に心に残る体験ができるでしょう。多くの観光スポットがあなたを待っていますので、是非この機会にバンクーバーを訪れてみてください。




       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード