常夏の楽園ハワイ・オアフ島であなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット!

ハワイのオアフ島には多くの魅力的な観光スポットが点在しています。ワイキキビーチやカイルアビーチはその中でも特に人気のあるビーチエリアで、青く澄んだ海と白い砂浜が観光客を魅了しています。また、映画のロケ地としても知られるクアロアランチは手つかずの大自然を楽しむことができる場所。マカプウ岬やヌウアヌ・パリ展望台は、オアフ島の自然や歴史を感じることができるスポットとして訪れる価値があります。これらの観光地は、ハワイの歴史や文化、そして絶景を満喫するのに最適な場所として、多くの旅行者に愛されています。オアフ島を訪れた際には、これらのスポットを巡ることでハワイの魅力を十分に感じ取ることができるでしょう。

2023年10月04日更新



ハワイ・オアフ島の魅力

ハワイ・オアフ島は、夢のようなビーチ、豊かな歴史、独特の文化で訪れる者を魅了します。ワイキキビーチのきらめく砂浜や、ダイヤモンドヘッドの雄大な景色は、オアフ島の象徴的な風景として知られています。また、マカプウ岬やヌウアヌ・パリ展望台からの壮大なパノラマは、心を癒してくれます。島内には、伝統的なハワイ文化を感じることができる場所や、歴史的なスポットが点在。ロコの暮らしや、アロハスピリットに触れることで、ハワイの真髄を体感できます。ショッピング、グルメ、アクティビティも豊富で、都会的な魅力と自然の美しさが融合したオアフ島は、一度は訪れたい世界の楽園と言えるでしょう。

ハワイ・オアフ島のベストシーズン

ハワイ・オアフ島は一年を通して温暖な気候に恵まれており、訪れる時期によって異なる魅力が楽しめます。特にベストシーズンとしておすすめなのは、乾季にあたる冬の期間で、11月から4月まで。この時期は、比較的気温が低く、過ごしやすい日が多くなります。特に1月から3月にかけては、オアフ島東部のマカプウなどでハワイクジラが見られるチャンスも。一方、夏の5月から10月は湿度が高くなるものの、海水浴やサーフィンには最適なシーズンです。ただし、夏には観光客が増えるため、混雑を避けたい方は冬を選ぶと良いでしょう。また、秋の9月と10月はハリケーンの影響を受ける可能性もあるため、旅行計画の際には気象情報を確認することをおすすめします。どの時期もそれぞれの魅力があるオアフ島、自分の好みや予定に合わせてベストな時期を選ぶことが大切です。

ハワイ・オアフ島旅行の価格相場

ハワイ・オアフ島への旅行の価格相場は、旅行期間、出発地、宿泊するホテルのクラス、旅行の内容などによって大きく変わります。日本からの直行便での往復航空券は、オフシーズンであれば6万円から10万円、ピークシーズンでは10万円以上となることもあります。ワイキキの中級ホテルの宿泊料は、1泊1室あたり1万円から3万円が相場。高級リゾートホテルでは、5万円以上の場合も。また、食事は1日あたり、ファストフードやカジュアルダイニングで3,000円から5,000円、高級レストランでは1食あたり10,000円以上が目安です。アクティビティや観光ツアーも考慮に入れると、1人あたりの1週間の旅行予算は、最低でも20万円から30万円程度が目安となります。ただし、早期割引やパッケージツアーを利用することで、価格を抑えることも可能です。予算や希望に応じて、事前の計画と比較検討が欠かせません。

オアフ島のおすすめ観光スポット10選

ダイヤモンドヘッド

オアフ島の代表的な観光スポットとして知られている「ダイヤモンドヘッド」。ダイヤモンドヘッドは、素晴らしいハイキングトレイルとして知られ、山頂からのワイキキの眺望は絶景です。このダイヤモンドヘッドは30万年前に噴火した死火山で、外輪山の最高点は標高232mです。名前の由来は2つあり、一つはハワイ語名「レアヒ」が火の女神の妹、ヒイアカの言葉から来ていると言われています。もう一つのエピソードは、18世紀のイギリス人が火口壁の方解石をダイヤモンドと誤解して名付けたというものです。

タンタラスの丘

オアフ島・ホノルル北部に位置する「タンタラスの丘」は、絶景スポットとして知られています。コオラウ山脈の山裾にあり、ダイヤモンドヘッドやワイキキのビル群、広がる海を一望できる場所として親しまれています。正式には「プウ ウアラカア州立公園」という名前で、ウアラカアトレイルのスタート地点ともなっています。濃い緑の木々に囲まれた場所からは、ダウンタウンやパンチボウルの展望台も見ることができ、特に夕方に訪れると、美しいサンセットを目の当たりにすることができます。

カネオヘ サンド・バー

オアフ島の東部、カネオヘ湾の沖に位置する「カネオヘ サンド・バー」は、約1万2000年前にバリアリーフが形成され、湾内に流れ込む砂が蓄積されてきた結果、今のサンドバーが形成されました。その美しさは、深い海の青と浅瀬の色合いが絶妙にコントラストをなし、「天国の海」と称されるほどの美しい光景を織りなしています。全米最大の珊瑚礁とハワイ州唯一のサンドバーを有しており、世界中の研究機関からその重要性が認められており、そのため、ハワイ州は訪問者の数やルールに制限を設けて、この貴重な場所を守っています。

ハナウマ湾

ハワイ・オアフ島東部に位置する「ハナウマ湾」は、ワイキキから約10kmの距離にあり、ラニカイビーチとともに観光客に非常に人気のあるスポットです。ターコイズブルーの透明な海には美しい珊瑚礁が広がり、2004年と2016年には全米ベストビーチランキングで1位に輝いています。この湾には多彩な熱帯魚やサンゴ、さらにはウミガメなどの海洋生物が生息しており、シュノーケリングやダイビングの楽園として知られています。ハナウマ湾は自然保護区として指定されているため、様々な規則があり、個人での入場チケットの予約は困難です。しかし、ツアーを利用すれば、チケットが事前に用意され、さらには日本語対応とワイキキのホテルからの送迎が利用できるため、安心して訪問できます。

アラモアナビーチパーク

オアフ島・ホノルルに位置する「アラモアナビーチパーク」は、地元民からも愛される広々とした公園です。白い砂浜が続くビーチは波が穏やかで、家族連れにも適しています。公園の一部にはマジックアイランドという半島があり、美しいサンセットのスポットとして知られています。このビーチはホノルルの中心部にあり、アラモアナセンターから徒歩圏内。浚渫されたビーチの沖合いのリーフが波を穏やかにしており、水遊びからサーフィン、SUP、ビーチヨガなどさまざまなアクティビティが楽しめます。

ワイキキビーチ

ワイキキビーチは、オアフ島の中心部、ワイキキに位置し、約3kmにわたり広がる美しいビーチです。ダイヤモンドヘッドの見える背景とともに、多くのホテルやコンドミニアムが立ち並び、観光客や地元の人々が訪れる人気スポットとなっています。ビーチは8つのエリアに分かれており、サーフィンのレッスンや様々なアクティビティが楽しめるのが魅力。また、200年前はタロイモ畑であったこの地は、20世紀初頭にリゾート開発が進む中で人工的に作られ、白い砂はカリフォルニアやオアフ島北部から運ばれたと言われています。現在では、ワイキキのシンボルとして多くの人々に愛されています。

カイルア・ビーチ

カイルアビーチは、ホノルルの北東部に位置する美しいビーチで、ワイキキからバスで約50分の距離にあります。このビーチはカイルア地区にあり、ハレイワのノースショアと並ぶ、ショッピングや街歩きが楽しめるエリアに位置しているため、ワイキキからの日帰り旅行にも最適です。ビーチの正式名称は「カイルア・ビーチパーク」と称され、ホノルル市郡によって管理されています。その約3kmにわたる白い砂浜と透明な青い海は、隣接するラニカイビーチと共に、ハワイ訪問者にとって見逃せないスポットとなっています。

クアロアランチ

クアロアランチはオアフ島にある壮大な観光地で、その広さは約4,000エーカー(東京ドーム約450個分)にも及びます。山々や広大な草原、プライベートビーチを有するこの地域は、ハリウッド映画やテレビ番組、コマーシャルの撮影地としても利用されています。また、オアフ島の代表的なパワースポットとしても知られており、緑溢れる景観の中でスピリチュアルな雰囲気を感じることができます。クアロアランチでは、映画の撮影地ツアーや乗馬、UTVラプターをはじめ、ジャングル探検やジップライン、さらにプライベートビーチでの体験など、多彩なアクティビティを楽しむことができます。

マカプウ

マカプウ岬は、オアフ島の東端に位置し、ホノルルから約16~19マイルの場所にあります。このエリアには、シーライフパークでイルカとの触れ合いが楽しめるだけでなく、多くの観光客が集まらない静かなマカプウビーチも存在しています。特にマカプウビーチは、ボディーボーダーやボディーサーファーに大変人気があります。さらに、1909年に建てられた歴史あるマカプウポイント灯台もこの地域に立つ名所となっています。マカプウ・ポイント・ライトハウス・トレイルは、片道約30分のハイキングが楽しめるルートで、特に冬季には、途中の展望台からクジラの姿を眺めることが可能です。

ヌウアヌ・パリ展望台

ヌウアヌ・パリ展望台は、ダウンタウンの北東8㎞、ワイキキからオアフ島東海岸に向かう途中に位置しています。この場所は1795年にカメハメハ大王がハワイ全島の統一のために行われた決戦の舞台としても知られており、ハワイ語の「パリ」が「崖」を意味する通り、高さ90mのこの地からは、壮大なコオラウ山脈やウィンドワードの緑深い風景が一望できます。また、ヌウアヌ・パリはオアフ島の東海岸を望む絶景ポイントであり、カネオヘやカイルアの美しい風景も楽しめます。

オアフ島に行ってみよう!

オアフ島の魅力は、美しい自然の風景だけではありません。歴史や文化が息づく地で、訪れる者の心を引き寄せる不思議な魅力を持っています。ワイキキの賑やかなビーチから、マカプウ岬の静寂、そしてヌウアヌ・パリ展望台の歴史的な背景まで、一つ一つのスポットが語る物語は深い。この島を訪れた際には、ただ観光するだけでなく、その地の歴史や文化、人々の生活に触れ、真のハワイを感じてみてください。そして、その魅力を持ち帰り、日常の中での小さな癒しとして、また次回の旅へのモチベーションとして、大切にしてみてはいかがでしょうか。オアフ島は、一度訪れたら忘れられない、永遠の楽園と言えるでしょう。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード