韓国であなたが訪れるべきおすすめの観光スポット10選

日本から一番近い旅行先で、アジアの中でも人気の高い観光地「韓国」。刺激的な都会の魅力と伝統文化が融合する「ソウル」や自然豊かな「済州島」、歴史に思いを馳せる「慶州」など、都市ごとに異なる面白さがありるのが魅力です。そこで今回は、そんな韓国にあるおすすめの観光スポットをご紹介します。

2023年05月10日更新



韓国でおすすめの観光スポット10選

甘川文化村(カムチョンムナマウル)

韓国第二の都市釜山。そんな釜山駅から30分ほどで行ける人気の観光地が韓国のマチュピチュと呼ばれている「甘川文化村(カムチョンムナマウル)」。イタリアのチンクエテッレのようなポップでカラフルな家々が斜面に連なっており、この素晴らしい街並みに惚れ込んだアーティストやクリエイターたちがアートギャラリーを作り始め、現在のようなアート溢れる街になったそうです。海外からの観光客だけでなく、地元の若者たちにとっても流行のスポットとなっています。

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)

済州島東側にそびえる巨大な王冠のような形をした火山「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」。海底噴火によって生まれた山で、標高は182m。山頂からは済州の絶景を楽しむことができます。周囲は絶壁になっていますが、西北側はなだらかな斜面となって本島とつながり、トレッキングすることも可能です。日の出の名所としても有名で、元旦には日本と同じように多くの人が山頂に集まって荘厳な日の出を楽しむそうです。

ロッテワールドタワー

高さ555メートル、123階建ての超高層タワーで韓国で一番高い建物「ロッテワールドタワー」。2017年にオープンした新名所で、世界で第5位、アジアで第3位の高さを誇り、韓国では最も高い建物として有名です。117階から123階には展望台「ソウルスカイ」や「スカイカフェ」があり、今までにない展望とグルメが楽しめる場所として人気を集めています。最上階の展望台からは360度のソウル市内のパノラマが鑑賞でき、天気の良い日には仁川沖まで見渡すことができます。

盤浦大橋(パンポデギョ)

ソウルを東西に流れる漢江(ハンガン)にかかる21の橋のひとつでレインボーの噴水ショーで有名な「盤浦大橋(パンポデギョ)」。漢江公園の中でも人気の高いスポットで、一番の見所である「月光レインボー噴水(タルピッムジゲプンス)」は、世界最長橋の噴水としてギネスブックにも登録されています。音楽とともに始まる約20分間の噴水ショーは、昼も夜も違った魅力を見せてくれます
。特に夜間稼動では「レインボー」の名前のとおり、暗闇の中で七色の電光と水しぶきが共演する、華麗な舞台が繰り広げられます。

海東龍宮寺(へドンヨングンサ)

釜山市内から30分ほどの場所にあり、海岸沿いの崖に建つ絶景のお寺「海東龍宮寺(へドンヨングンサ)」。多くの参拝客が訪れる韓国の三大観音聖地の一つでもあり、龍宮寺に向かう108段の階段を下りることで煩悩を取り去ると言われるとともに、誰もが心から祈ることで必ず一つの願いが叶えられると伝えられています。また、ここは、美しい日の出が見られる場所としても有名です。

Nソウルタワー

ソウルのランドマークタワー南山(ナムサン)の頂上にそびえ立つ1969年に建てられた237mの塔「Nソウルタワー」。2005年に、「先端と自然の調和」というコンセプトのもと150億ウォンが投入された大々的なリニューアルを経て、「南山ソウルタワー」から「Nソウルタワー」と名前を変えて生まれ変わりました。高さは236mですが、243mの南山の上に位置するため海抜479mの展望台からソウルを一望できるのが最大の魅力です。


景福宮(キョンボックン)

朝鮮王朝の王宮として建造され、五つの壮大な宮殿から成る、最大規模の最も迫力ある建築物「景福宮(キョンボックン)」。ソウルが首都になったそのときから、600年以上の月日が経った今まで、ソウル市民の生活を見守り続けてきた王宮で、ソウルの宮殿の中で最も壮大で上品な王室文化の精髄を見ることができます。ソウル随一の観光地だけあり、多くの人が訪れますが、敷地自体が広いので混雑することはありません。敷地内には国立民俗博物館もあり、興味のある方はさらに韓国の伝統的な生活文化について知ることができます。


全州韓屋村

韓国全羅北道中部の市である全州市にあり約700軒の韓国式の伝統家屋が保存されている地域「全州韓屋村(チョンジュハノ ッマウル)」。日本でいう、京都のような場所で韓国の伝統建築様式・韓屋(ハノッ)の家々が数多く残っており、中には築1000年以上の歴史をもつ古宅などもあります。観光の際は、韓国の伝統衣装・韓服(ハンボッ・チマチョゴリ)をレンタルして、古い町並みを背景に写真を撮りながら散策する観光客を多く見ることができます。


広安大橋

都心の海、眩しい海辺と地平線の果てに掛かる釜山を代表するロマンチックな夜景スポット「広安大橋(クァンアンテギョ)」。広安大橋(クァンアンテギョ)は市内中心部方面と海雲台(へウンデ)までを結ぶ全長7,420メートル、うち900メートルが吊橋の海上2階建ての大橋です。約8年の歳月をかけて作られ2003年に開通し、バイパス道路として釜山市民には欠かせない自動車専用橋となっています。広安ビーチから望む夜のライトアップの美しさから「ダイヤモンドブリッジ」とも称されています。

松島国際都市

60階を越える超高層ビルが立ち並び「韓国のドバイ」とも呼ばれて地域「「松島国際都市(ソンドクッチェトシ)」。世界で5番目に長い仁川大橋を渡れば、わずか15分で仁川国際空港に着く立地の良さを活かし、外国企業が拠点を置けるよう経済自由地区に指定されています。


       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード