スペインのマドリードのおすすめ観光人気スポット12選!定番から穴場まで紹介

マドリードは、スペインの首都として歴史と文化が豊かな都市です。美しい建築、芸術的な宝物、活気に満ちた市場など、観光スポットが多岐にわたります。本記事では、マドリードを訪れる際にぜひ立ち寄りたい人気スポットを12か所厳選してご紹介します。定番の観光名所から地元民に愛される穴場まで、マドリードの魅力を存分に楽しめる場所ばかりです。歴史と現代が融合するこの素晴らしい都市を、この記事を通じて存分に楽しんでください。旅の計画に役立つ情報を盛り込みましたので、マドリード観光の参考にしていただければ幸いです。それでは、マドリードの魅力あふれるスポットを一緒に巡りましょう。

2024年07月11日更新


スペインのマドリードにはおすすめの観光スポットがたくさん!

マドリードには世界的に有名な観光スポットが数多く存在します。プラド美術館では、ヨーロッパの巨匠たちの作品を鑑賞でき、美術愛好家には必見の場所です。マドリード王宮は、豪華な装飾が施されたヨーロッパ最大の宮殿として知られています。また、スペイン広場には『ドン・キホーテ』の主人公と従者の像があり、人気の撮影スポットとなっています。さらに、マヨール広場やサン・ミゲル市場では地元の雰囲気を楽しみながら、スペイン料理を堪能することができます。これらの観光スポットは、マドリードの芸術、歴史、文化を深く体験できる場所として、世界中から訪れる観光客を魅了し続けています。

マドリードで絶対に行きたいおすすめ観光スポット12選

必見の芸術の宝庫「プラド美術館」

プラド美術館は、マドリードが誇る世界三大美術館の一つで、スペイン絵画の巨匠たちの傑作を堪能できる芸術の宝庫です。約8000点の美術品を所蔵し、ベラスケス、ゴヤ、ルーベンスなどの名画が展示されています。特に見逃せない作品として、ベラスケスの「ラス・メニーナス」やヒエロニムス・ボスの「歓楽の園」が挙げられます。プラド美術館は、スペイン絵画だけでなくフランドルやイタリアの絵画も多数所蔵しており、その歴史的価値と多様性から世界で最も重要な絵画コレクションの一つとされています。人気が高いため、事前にチケットを購入することをお勧めします。

壮麗なる歴史の象徴「マドリード王宮」

マドリード王宮は、スペインの歴史と芸術の粋を集めた壮麗な建造物です。18世紀にフェリペ5世の命により建設され、3000室以上の部屋を有するヨーロッパ最大級の宮殿として知られています。現在は国王の公式宮殿として機能しながら、一般公開もされており、豪華な装飾や貴重な芸術品を間近で見学することができます。内部には、ベラスケスやゴヤなどの巨匠たちの作品が飾られ、「王座の間」や「アラバルダロスの間」など、歴史的に重要な部屋が保存されています。また、世界で唯一の完全なストラディヴァリウスの弦楽四重奏や、13世紀以降の兵器類を収める王立武具博物館など、貴重なコレクションも見どころの一つです。マドリード王宮は、スペインの豊かな文化遺産と王室の歴史を体感できる、マドリード観光の中心的存在となっています。

現代アートの聖地「国立ソフィア王妃芸術センター」

国立ソフィア王妃芸術センターは、マドリードの中心に位置する世界有数の現代アート美術館です。1986年に開館し、すぐにプラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館と並ぶマドリード3大美術館の一つとなりました。18世紀の病院を改修して1992年に正式オープンし、ピカソ、ダリ、ミロなど20世紀のスペイン現代美術の代表的な画家の作品を所蔵しています。特に、ピカソの代表作「ゲルニカ」は必見の作品です。2005年には大規模な拡張工事が完了し、展示スペースが60%増加しました。近現代アートの愛好家にとって、この美術館は豊富なコレクションと革新的な建築デザインで、マドリード観光の重要なスポットとなっています。

マドリードの中心地「プエルタ デル ソル」

プエルタ・デル・ソルは、マドリードの中心に位置する象徴的な広場で、常に市民や観光客でにぎわっています。「太陽の門」を意味するこの広場は、スペインの国道の起点となる「0キロ元標」が設置され、国の中心としても知られています。広場の中央にはカルロス3世の騎馬像が立ち、東側にはマドリードの紋章である「クマとイチゴノキの像」があり、人気の撮影スポットとなっています。また、旧郵便局の時計台は、毎年大晦日に新年を祝う伝統的な行事の舞台となり、多くの人々が集まります。プエルタ・デル・ソルは、マドリードの主要な観光地や商業地区への起点としても機能し、地下鉄やセルカニアスの駅もあり、交通の要所となっています。

荘厳なゴシック建築「アルムデナ大聖堂」

アルムデナ大聖堂は、マドリードの守護聖人である聖母に敬意を表して19世紀末に建設が始まった荘厳な建造物です。1883年に着工されたこの大聖堂は、当初ゴシック様式で計画されましたが、内戦による中断や設計変更を経て、1993年にようやくヨハネ・パウロ2世によって聖別されました。内部はゴシック様式を保ちつつ、外観は古典主義様式を採用しており、独創的な建築として知られています。大聖堂の地下には、スペイン最大規模とされる地下礼拝堂があり、400本以上の柱や美しいステンドグラス、ビザンティン風のモザイクなど、様々な芸術様式が融合した装飾が施されています。アルムデナ大聖堂は、その歴史的背景と建築様式の独自性から、マドリードを訪れる観光客にとって見逃せない魅力的なスポットとなっています。

ヨーロッパ美術の宝庫「ティッセン ボルネミッサ美術館」

ティッセン・ボルネミッサ美術館は、マドリードの「黄金の美術館トライアングル」の一角を占める世界有数の美術館です。13世紀から20世紀までのヨーロッパ絵画を中心に、約1,000点の作品を所蔵しています。この美術館は、元々ティッセン・ボルネミッサ家の個人コレクションを基に1992年に開館しました。デューラー、ラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンス、レンブラント、モネ、ゴッホ、ピカソなど、西洋美術史を代表する画家たちの作品を一堂に見ることができます。プラド美術館やソフィア王妃芸術センターと合わせて訪れることで、マドリードの豊かな芸術文化を幅広く体験することができ、美術愛好家にとって必見のスポットとなっています。

都会のオアシス「レティーロ公園」

レティーロ公園(Parque de El Retiro)は、マドリードの中心部に位置する広大な緑地で、都会の喧騒から逃れられる市民の憩いの場として親しまれています。約125ヘクタールの敷地内には、美しい庭園や人工湖、彫刻、記念碑など様々な見どころがあり、マドリードの重要なランドマークの一つとなっています。公園内では、ランニングやサイクリングを楽しむ人々や、家族連れの姿が多く見られ、都市生活の中で自然を満喫できる貴重な空間となっています。特に注目すべき場所として、クリスタルパレス(Palacio de Cristal)があり、19世紀の建築美と周囲の緑が調和した美しい景観を楽しむことができます。レティーロ公園は、その広さと多様な魅力により、マドリードという大都市にいることを忘れさせてくれる、まさに都会のオアシスと言えるでしょう。

歴史と文化の交差点「マヨール広場」

マヨール広場は、マドリードの中心部に位置する歴史的な広場で、スペインの首都の象徴的な観光スポットの一つです。17世紀にフェリペ3世の命により建設が始まり、1620年に完成しました。129m×94mの長方形の形をした広場は、237箇所のバルコニーを持つ3階建ての建築物に囲まれており、中央にはフェリペ3世の騎馬像が設置されています。かつては闘牛や祭り、演劇の上演、さらには異端審問や死刑執行の場としても使用された多目的な空間でした。現在は、アーケード内に昔ながらの商店やバル、レストランが軒を連ね、観光客や地元の人々で賑わう文化の中心地となっています。広場を囲む建物の中でも、フレスコ画で装飾されたカサ・デ・ラ・パナデリーアは特に目を引く存在で、マドリードの歴史と芸術を体現する象徴的な建造物となっています。

サッカーファン必見「サンティアゴ ベルナベウ スタジアム」

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムは、サッカーの世界で伝説的な会場として知られ、サッカーファンにとって必見の観光スポットです。1947年に開場し、現在は80,000人以上の観客を収容可能な巨大スタジアムとなっています。レアル・マドリードの本拠地であり、クラブの輝かしい歴史を体感できる場所です。スタジアムツアーでは、ミュージアムでチャンピオンズリーグの14のトロフィーを含む貴重な展示品を見学したり、スタジアムのパノラマビューを楽しんだりすることができます。また、現在進行中の大規模改修プロジェクトにより、22世紀に向けた最新のスタジアムへと生まれ変わろうとしています。サッカーファンだけでなく、スポーツ愛好家にとっても、この象徴的なスタジアムへの訪問は忘れられない経験となるでしょう。

伝統と現代の融合「サルスエラ劇場」

サルスエラ劇場は、マドリードの文化的シーンにおいて重要な位置を占める歴史ある劇場です。1856年に新設されたこの劇場は、スペイン独特の音楽劇であるサルスエラの上演で知られています。サルスエラは、オペラとミュージカルの中間的な形式で、スペインの伝統的な音楽と劇が融合した芸術形態です。劇場の内部は豪華な装飾が施され、観客を魅了する美しい空間となっています。サルスエラ劇場は単なる観光スポットではなく、スペインの文化と歴史を深く理解するための貴重な場所であり、マドリードを訪れる際には是非とも足を運びたい場所の一つです。

美食のパラダイス「サンミゲル市場」

サンミゲル市場は、マドリードの中心部に位置する美食の宝庫です。1916年に建てられたこの市場は、2009年に大規模な改装を経て、現代的なグルメマーケットとして生まれ変わりました。鉄とガラスで構成された美しい建物内には、30以上の食品スタンドが軒を連ね、スペイン各地の伝統的な料理や新鮮な食材を提供しています。訪れる人々は、イベリコハム、チーズ、シーフード、タパス、ワインなど、スペイン料理の精髄を味わうことができます。市場内は常に活気に満ち、地元の人々や観光客が集まり、マドリードの食文化を体験できる人気スポットとなっています。マヨール広場から徒歩圏内にあり、マドリード観光の合間に立ち寄るのに最適な場所です。

歴史的な玄関口「アトーチャ駅」

アトーチャ駅は、マドリードの主要な交通ハブであり、歴史と近代性が融合した象徴的な建造物です。1851年に開業したこの駅は、スペインで最も古い鉄道駅の一つとして知られています。19世紀の鉄骨とガラスのアーチ型屋根が特徴的な旧駅舎は、現在、熱帯植物園として生まれ変わり、4,000平方メートルの広さに約7,000本もの植物が植えられています。この独特な空間は、旅行者や地元の人々にとって人気のスポットとなっており、都会の喧騒から一時的に逃れることができます。アトーチャ駅は、高速列車AVEの発着駅としても機能し、スペイン各地への玄関口として重要な役割を果たしています。また、1992年のマドリッド列車爆破事件の犠牲者を追悼するモニュメントも設置されており、歴史的な意義も持つ場所となっています。

マドリード観光で食べたいおすすめグルメ

ボカディージョ・デ・カラマレス

マドリード観光で外せないグルメの一つが「ボカディージョ・デ・カラマレス」です。これは、カリッと揚げたイカリングをバゲットに挟んだサンドイッチで、マドリードの伝統的な軽食として親しまれています。特にマヨール広場周辺の老舗バルで提供されるボカディージョ・デ・カラマレスは、観光客にも人気があります。新鮮なイカの食感と、パンのサクサク感が絶妙に調和し、ビールやワインと一緒に楽しむのがおすすめです。このシンプルながら美味しい料理は、マドリードの食文化を体験する上で欠かせない一品となっています。

パエリア

マドリード観光で外せないグルメの一つに「パエリア」があります。元々はバレンシア地方の郷土料理ですが、マドリードでも人気の料理として広く親しまれています。パエリアは、サフランで黄色く色付けされたご飯に、シーフードや肉、野菜などを加えて大きな平鍋で調理される料理です。マドリードでは、伝統的なシーフードパエリアから、チョリソやウサギ肉を使った内陸風のパエリアまで、様々なバリエーションを楽しむことができます。特に、レティーロ公園近くのレストランや、ラ・ラティーナ地区の伝統的なタベルナでは、本格的なパエリアを味わえます。パエリアは通常2人前から注文可能で、友人や家族と分け合って食べるのが一般的です。マドリードの食文化を体験する上で、このスペインを代表する料理を味わうことは、観光の思い出をより豊かにしてくれるでしょう。

チュロス

マドリード観光で欠かせないグルメの一つが「チュロス」です。チュロスは、揚げた生地を砂糖をまぶした棒状のペストリーで、特に朝食やおやつとして人気があります。マドリードでは、サン・ヒネス(San Ginés)という1894年創業の老舗カフェが有名で、24時間営業で観光客にも愛されています。チュロスは通常、濃厚なホットチョコレートに浸して食べるのが伝統的な楽しみ方です。プエルタ・デル・ソル周辺やマヨール広場近くのカフェでも美味しいチュロスを味わえます。この甘くて温かいスナックは、マドリードの食文化を体験する上で欠かせない一品であり、街歩きの合間のエネルギー補給にも最適です。

マドリード観光に必要な日数は?

マドリード観光には、主要な観光スポットを巡るには最低でも2〜3日が必要です。しかし、より深くマドリードの魅力を堪能するには、4〜5日程度の滞在がおすすめです。
 
2〜3日の滞在では、プラド美術館、マドリード王宮、プエルタ・デル・ソル、レティーロ公園などの主要スポットを訪れることができます。また、サン・ミゲル市場でスペイン料理を楽しんだり、マヨール広場でタパスを味わったりする時間も確保できるでしょう。
 
4〜5日滞在すれば、ソフィア王妃芸術センターやティッセン・ボルネミッサ美術館など、より多くの美術館を訪れる余裕ができます。また、アルムデナ大聖堂やサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムなど、興味に応じて観光スポットを追加することも可能です。
 
さらに、マドリード近郊の世界遺産の街、トレドへの日帰り旅行を組み込むこともできます。これにより、スペインの歴史と文化をより深く体験することができるでしょう。
ただし、個人の興味や旅行のペースによって必要な日数は変わってきます。美術館巡りをじっくり楽しみたい方や、現地の雰囲気をゆっくり味わいたい方は、さらに長い滞在を検討するとよいでしょう。

マドリード観光のベストシーズンは?

マドリード観光のベストシーズンは春(3月下旬から5月)と秋(9月から11月)です。この時期は気温が穏やかで、観光に最適な気候条件となります。春には、レティーロ公園の花々が咲き誇り、街全体が活気に満ちています。秋は、夏の暑さが和らぎ、文化イベントも多く開催されるため、観光客にとって魅力的な季節となります。
 
一方、夏(6月から8月)はマドリードの気温が非常に高くなり、40度を超えることもあります。この時期は多くの地元住民が避暑地に向かうため、一部のレストランや店舗が閉まっていることがあります。冬(12月から2月)は比較的穏やかですが、時折寒波が訪れることがあります。
 
また、マドリードの主要な祝祭日や文化イベントの時期を狙って訪れるのも良いでしょう。例えば、5月15日のサン・イシドロ祭や10月の秋祭りなどは、マドリードの文化を体験する絶好の機会となります。ただし、これらの時期は観光客が増加するため、宿泊施設の予約を早めに行うことをお勧めします。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 5.3 33
2月 7.3 32
3月 10.6 26
4月 12.5 41
5月 16.2 45
6月 21.1 22
7月 24.5 8
8月 24.5 7
9月 20.5 17
10月 14.9 46
11月 9.4 56
12月 6.1 51

マドリード観光におすすめのモデルコース

マドリード観光を最大限に楽しむためのおすすめモデルコースをご紹介します。1日目は、プエルタ・デル・ソルからスタートし、マヨール広場を散策した後、プラド美術館で芸術鑑賞を楽しみます。午後はレティーロ公園で休憩を取り、夕方にはマドリード王宮を訪れます。2日目は、ソフィア王妃芸術センターで現代アートを堪能し、その後サン・ミゲル市場でスペイン料理を味わいます。午後はアルムデナ大聖堂を見学し、夜はフラメンコショーで締めくくります。3日目は、ティッセン・ボルネミッサ美術館を訪れ、その後ラス・レトラス地区を散策します。このコースでは、マドリードの主要な観光スポットを効率よく巡ることができ、芸術、歴史、文化、そしてグルメを存分に楽しむことができます。

1日目のモデルコース

時間 アクティビティ 詳細
08:00 – 09:00 朝食 地元のカフェでトルティージャとカフェ・コン・レチェを楽しむ
09:00 – 10:00 プエルタ・デル・ソル散策 マドリードの中心地で観光スポット巡り
10:00 – 11:00 マヨール広場散策 歴史的な広場でのんびり過ごす
11:00 – 13:00 プラド美術館訪問 スペインの名画を鑑賞
13:00 – 14:00 昼食 地元のレストランでタパスを楽しむ
14:00 – 15:30 レティーロ公園で休憩 広大な公園でリラックスし、ボートに乗る
15:30 – 17:00 マドリード王宮訪問 壮麗な王宮を見学
17:00 – 18:00 ショッピング グランビア通りでショッピングを楽しむ
18:00 – 19:30 夕食 地元のタベルナでパエリアを堪能
19:30 – 21:00 夜の街を散策 ライトアップされた市内を散策し、カフェで一息

2日目のモデルコース

時間 アクティビティ 詳細
08:00 – 09:00 朝食 地元のベーカリーでパンとコーヒーを楽しむ
09:00 – 11:00 ソフィア王妃芸術センター訪問 ピカソやダリの作品を含む現代アートを堪能
11:00 – 12:00 サン・ミゲル市場でランチ 新鮮なシーフードやスペイン料理を味わう
12:00 – 13:00 アルムデナ大聖堂見学 荘厳な教会を見学
13:00 – 14:00 昼食 地元のレストランでスペインの伝統料理を楽しむ
14:00 – 16:00 ティッセン・ボルネミッサ美術館訪問 多彩な美術コレクションを鑑賞
16:00 – 17:00 ラス・レトラス地区散策 文化と歴史が息づく地区を探索
17:00 – 18:00 自由時間・ショッピング 地元のショップやカフェを巡る
18:00 – 19:30 夕食 レストランでムール・フリットを堪能
19:30 – 21:00 フラメンコショー鑑賞 情熱的なフラメンコを楽しむ

3日目のモデルコース

時間 アクティビティ 詳細
08:00 – 09:00 朝食 ホテルのビュッフェで朝食を楽しむ
09:00 – 10:00 ティッセン・ボルネミッサ美術館訪問 多彩な美術コレクションを鑑賞
10:00 – 11:00 ラス・レトラス地区散策 文化と歴史が息づく地区を探索
11:00 – 12:00 デボー記念寺院訪問 古代エジプトの寺院を見学
12:00 – 13:00 昼食 地元のレストランでスペイン料理を堪能
13:00 – 14:00 スペイン広場訪問 広場でリラックスし、ドン・キホーテ像を見学
14:00 – 15:00 グランビア通りでショッピング 有名ブランドや地元のショップで買い物
15:00 – 16:00 チョコレテリア・サン・ヒネス 有名なホットチョコレートとチュロスを楽しむ
16:00 – 17:00 ソローリャ美術館訪問 スペインの画家ホアキン・ソローリャの作品を鑑賞
17:00 – 18:00 リラックスタイム カフェで一息つきながら、旅の思い出を振り返る
18:00 – 19:30 夕食 地元のレストランで最後の晩餐を楽しむ
19:30 – 21:00 夜の散策 ライトアップされた街並みを楽しむ

スペインのマドリードの人気観光スポットを満喫しよう

マドリードは、芸術、歴史、文化、そしてグルメが融合した魅力的な都市です。世界的に有名な美術館や歴史的建造物、活気あふれる広場や公園、そして伝統的な料理や現代的なグルメスポットまで、多彩な魅力に溢れています。プラド美術館やマドリード王宮といった定番の観光地から、地元の人々に愛されるレティーロ公園やサン・ミゲル市場まで、マドリードには様々な顔があります。また、フラメンコショーやサッカー観戦など、スペインの文化を体験できる機会も豊富です。マドリードを訪れる際は、事前に計画を立てつつも、街の雰囲気に身を任せて散策するのも良いでしょう。思いがけない発見や出会いが、あなたの旅をより豊かなものにしてくれるかもしれません。マドリードは、何度訪れても新しい魅力を発見できる都市であり、スペインの首都としての誇りと活力を感じられる場所です。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介