ミャンマーの代表的な料理16選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

ミャンマーは、豊かな自然と独自の文化が融合した魅力的な国です。その食文化も例外ではなく、バラエティ豊かな料理が揃っています。この記事では、ミャンマーを訪れた際にぜひ味わってほしい代表的な料理を16選ご紹介します。定番の家庭料理から伝統的な郷土料理、さらに甘いスイーツまで、ミャンマーの多彩な味覚を網羅しました。旅行中に現地の食文化を体験することで、より深くミャンマーの魅力を感じることができます。これから紹介する料理を参考に、ミャンマーの美味しい冒険に出かけてみましょう!

2024年07月09日更新


ミャンマーの食文化

ミャンマーの食文化は、多様な民族性と地理的特性を反映した豊かな伝統を持っています。主食は米で、インディカ米が一般的に食されています。料理の特徴として、油を多く使用することが挙げられ、これは現地の暑い気候による防腐の目的があるとされています。調味料には魚醤や「ガピ」と呼ばれる魚・エビの発酵ペーストが多用され、トウガラシも頻繁に使われます。代表的な料理には、ナマズのスープにライスヌードルを入れた「モヒンガー」や、発酵させたお茶の葉を使った「ラペットゥ」などがあります。また、ミャンマーの食文化の一部として、練乳入りの甘いミルクティーを提供する街中のティーショップも欠かせない存在となっています。

ミャンマーのおすすめ料理16選

ミャンマーの定番チキンカレー「チェッターアールヒン」

ミャンマーの代表的なカレー料理の一つに「チェッターヒン」(鶏肉のカレー)があります。このカレーは、ピーナッツオイルを使用し、水をほとんど使わないのが特徴です。シンプルな材料と調理法で作られ、油が浮いた濃厚な味わいが特徴的です。チェッターヒンは家庭料理としても人気があり、地域や調理者によって味付けや仕上がりに違いがあります。例えば、マンダレーでは油をしっかり使い、水分の少ない濃厚なカレーに仕上げる傾向があります。また、インドやネパールの影響を受けた「チェッターマサラヒン」というバリエーションもあり、スパイスの使い方や付け合わせが異なります。チェッターヒンは通常、ご飯やパラタ(インド風薄焼きパン)と一緒に食べられ、ミャンマーの食文化を代表する料理の一つとなっています。

甘辛いミャンマー風煮込み「モンピャータレッ」

モンピャータレッは、ミャンマーの伝統的な煮込み料理の一つで、豚肉や鶏肉を使った甘辛い味わいが特徴です。この料理は、肉を小さく切り、タマネギ、ニンニク、生姜などの香味野菜と共に、魚醤やナンプラーなどの調味料で煮込んで作ります。仕上げに砂糖やパームシュガーを加えることで、独特の甘辛い味わいが生まれます。モンピャータレッは、ミャンマーの家庭料理として親しまれており、地域や家庭によって味付けや具材に違いがあります。この料理は通常、ご飯と一緒に食べられ、ミャンマーの多様な食文化を反映した一品として知られています。

本格的なビルマカレー「ヒン」

ビルマカレー「ヒン」は、ミャンマーを代表する料理の一つで、豚肉、鶏肉、羊肉、魚、エビなど様々な具材を使用して作られます。「ヒン」とはビルマ語でカレーを意味し、玉ねぎやにんにく、トマトなどを油で炒めてから肉や魚介類を加えて煮込むのが特徴です。日本人の口に合う味付けで、辛い香辛料はあまり使用せず、食べやすい味わいとなっています。代表的な「ヒン」には、鶏肉を使用した「チェッターヒン」や、ヤギ肉を使った「サッターヒン」があり、それぞれ独特のコクと風味を楽しむことができます。

ミャンマー風サラダ「トウッ」

xr:d:DAFrwutjrg8:3,j:3776668251763012908,t:23081703


ミャンマー料理において、サラダ風の和え物は「アトウッ」または「トウッ」と呼ばれ、重要な副菜の一つです。これらの料理は、様々な野菜や豆腐、麺などを使用し、ピーナッツやゴマ油で和えて作られます。代表的な「トウッ」には、ミントを使用した「プッシーナンットウッ」があり、砕いたピーナッツとオイルで和えられています。「トウッ」は、主菜のカレー風煮込み「ヒン」と共に提供されることが多く、ミャンマーの日常的な食事に欠かせない存在となっています。これらのサラダは、新鮮な食材と独特の調味料を組み合わせることで、ミャンマー料理の多様性と豊かな味わいを表現しています。

酸味が効いた漬物「アチョ」

ミャンマー料理の中で、「アチョ」は酸味が特徴的な漬物として知られています。この漬物は、様々な野菜や果物を酢や塩で漬け込んで作られ、ミャンマーの食卓に欠かせない存在です。アチョは、主に青マンゴーやニンニク、タマリンドなどを使用し、独特の酸味と塩味のバランスが特徴です。日本の漬物と同様に、アチョはメインディッシュの付け合わせとして、あるいは単独で食べられることもあります。ミャンマーの暑い気候に適した、さっぱりとした味わいが人気の理由となっています。

魚のスープヌードル「モヒンガー」

モヒンガーは、ミャンマーの国民食として広く愛されている魚のスープヌードル料理です。米粉から作られたそうめんのような細麺に、魚をベースにした複雑な味わいのスープをかけて食べます。伝統的には淡水魚(特にナマズ)を使用しますが、サバなどで代用することもあります。スープには魚の他に、ひよこ豆、バナナの茎、レモングラス、チリパウダー、ナンプラー、にんにく、生姜などが加えられ、深みのある味わいを生み出します。モヒンガーは朝食としてよく食べられますが、夕食や休日の家族の食事としても楽しまれています。トッピングとしてゆで卵やガーリッククリスプ、ライムなどを添えて、好みに応じてカスタマイズして食べるのが一般的です。

濃厚なココナッツカレー麺「オンノウ・カオスエ」

オンノウ・カオスエは、ミャンマーの朝の定番麺料理として知られ、モヒンガーと並ぶ人気メニューです。この料理の特徴は、ココナッツミルクをベースにした濃厚でとろみのあるスープと、小麦の麺の組み合わせにあります。スープのまろやかな風味が特徴的で、朝食として好まれています。ただし、ココナッツミルクを使用しているため傷みやすく、多くの店舗では朝のみの提供となっています。オンノウ・カオスエは、ミャンマーの多様な食文化を反映した料理の一つであり、その独特の味わいは現地の人々だけでなく、訪れる観光客にも人気があります。

シンプルでヘルシーな米麺「シャン・カオスエ」

シャン・カオスエは、ミャンマーのシャン州を代表する人気の麺料理です。米の麺に鶏ひき肉のソースと砕いたピーナッツをかけて食べる、シンプルでヘルシーな一品です。日本人の味覚に合うとされ、ミートソースを作る要領で簡単に調理できます。トッピングにはネギやトマトなどの野菜も加えられ、栄養バランスの良い料理となっています。シャン・カオスエは、ミャンマーの多様な食文化を反映しつつ、外国人にも親しみやすい味わいで、ミャンマー料理の魅力を伝える代表的な料理の一つとなっています。

ピリ辛炒め麺「カウスエジョー」

カウスエジョーは、ミャンマーで人気の焼きそば風の麺料理です。「カウスエ」は麺、「ジョー」は炒めるという意味を持ち、中華料理の影響を受けた一品です。小麦麺を使用し、鶏肉や豚肉などの具材と共に炒められ、ピリ辛の味付けが特徴です。日本の焼きそばよりもあっさりとした味わいで、ライムを絞って酸味を加えると更に美味しくなります。カウスエジョーは、ミャンマーの食堂でよく見かけるポピュラーなメニューであり、朝食の軽食としても親しまれています。この料理は、ミャンマーの多様な麺料理文化の一端を示すとともに、中華料理の影響を受けた現地の食文化の融合を表しています。

伝統の混ぜ麺「マンダレー・ミーシャイ」

マンダレー・ミーシャイは、ミャンマー第二の都市マンダレーを代表する伝統的な混ぜ麺料理です。この料理は、細い米麺を使用し、鶏肉や豚肉のひき肉、ニンニクオイル、ピーナッツ、青ネギなどを混ぜ合わせて作られます。マンダレー・ミーシャイの特徴は、その独特の食感と風味にあり、地元の人々に愛されている郷土料理の一つです。マンダレーは、北部および中部ミャンマーの取引及び通信の中心地であり、この料理もその地域の食文化を反映しています。マンダレー・ミーシャイは、シンプルながらも奥深い味わいを持ち、ミャンマーの多様な麺料理の中でも特別な位置を占めています。

ミャンマー風炒飯「タミンジョー」

マンダレー・ミーシャイは、ミャンマー第二の都市マンダレーを代表する伝統的な汁なし混ぜ麺料理です。細い米麺に香辛料を効かせたピリ辛のタレを絡め、鶏肉や豚肉のひき肉、ニンニクオイル、ピーナッツ、青ネギなどを加えて食べます。この料理の特徴は、もちもちとした食感の米麺と、豆醤や魚介エキスを使った独特の風味にあります。マンダレー・ミーシャイは地元の人々に愛される郷土料理であり、マンダレーの食文化を象徴する一品として知られています。

豆腐のピリ辛炒め「サッターヒン」

サッターヒンは、ミャンマーの家庭料理として親しまれている豆腐のピリ辛炒め料理です。豆腐を主役とし、唐辛子やニンニク、生姜などの香辛料を効かせて炒めることで、刺激的な味わいを生み出します。この料理は、ベジタリアン向けのオプションとしても人気があり、ミャンマー料理の多様性を示す一例となっています。サッターヒンの特徴は、豆腐の柔らかな食感と、ピリッとした辛さのバランスにあります。通常、ご飯と一緒に食べられ、ミャンマーの日常的な食事の一部として欠かせない存在となっています。この料理は、ミャンマーの食文化における植物性タンパク質の重要性を反映しており、豆腐を使った創意工夫の一つとして評価されています。

濃厚な豆のカレー「ペーボウッヒン」

ペーボウッヒンは、ミャンマーの伝統的な豆カレー料理で、濃厚な味わいが特徴です。主に白インゲン豆や黒豆を使用し、ピーナッツオイルで炒めたタマネギ、ニンニク、生姜などの香味野菜と共に煮込んで作ります。豆板醤を加えることで、ピリッとした辛味が加わり、より深みのある味わいになります。この料理は、ミャンマーの家庭料理として親しまれており、ご飯やパラタと一緒に食べられることが多いです。ペーボウッヒンは、ベジタリアン向けの料理としても人気があり、ミャンマー料理の多様性を示す一例となっています。豆の種類や調理法によって味わいが変わるため、地域や家庭によって独自のレシピが存在します。

発酵茶葉のサラダ「ラペットゥ」

ラペットゥは、ミャンマーの伝統的な発酵茶葉のサラダで、独特の風味と食感が特徴的な料理です。発酵させた茶葉を主材料とし、ニンニク、唐辛子、ゴマ、ピーナッツなどを加えて作られます。通常、トマトやキャベツなどの野菜と一緒に食べられ、レモン汁をかけて酸味を加えるのが一般的です。ラペットゥは、ミャンマーの食文化において重要な位置を占めており、お祝いの席や来客時のもてなし料理としても用いられます。日本では、高田馬場や大塚などのミャンマー料理店で味わうことができ、その独特の味わいは多くの人々を魅了しています。

伝統的なスイーツ「モン・リンマヤー」


モン・リンマヤーは、ミャンマーの伝統的なスイーツの一つで、もちもちとした食感と甘さが特徴的です。この菓子は、米粉と砂糖を主原料とし、ココナッツミルクを加えて蒸して作られます。通常、小さな円形や菱形に成形され、表面にはゴマがまぶされることが多いです。モン・リンマヤーは、ミャンマーの祭りや特別な行事で提供される人気のデザートであり、日常的なおやつとしても親しまれています。その独特の食感と控えめな甘さは、ミャンマーの伝統的な味覚を反映しており、地元の人々だけでなく、観光客にも人気があります。

カラフルなデザート「パウシー」

パウシーは、ミャンマーの伝統的なデザートの一つで、その鮮やかな色彩と独特の食感が特徴です。このデザートは、米粉や小麦粉を主原料とし、ココナッツミルクや砂糖を加えて作られます。パウシーの特徴的な点は、赤、緑、黄色などの鮮やかな色を使用していることで、これらの色は天然の食材から抽出されます。例えば、緑色にはパンダンの葉、赤色にはビートルートなどが使われます。パウシーは通常、蒸して作られ、もちもちとした食感が楽しめます。このデザートは、ミャンマーの祭りや特別な行事で提供されることが多く、その色鮮やかな見た目と甘い味わいは、ミャンマーの食文化の多様性を象徴しています。パウシーは、地元の人々に愛されるだけでなく、観光客にとってもミャンマーの伝統的な味を体験できる人気のスイーツとなっています。

ミャンマーの料理を食べてみよう!

ミャンマー料理は、多様な民族性と地理的特性を反映した豊かな食文化を持ち、独特の味わいと食材の組み合わせが特徴です。カレーや麺類、サラダ、スイーツなど、様々なジャンルの料理が存在し、それぞれが独自の魅力を持っています。モヒンガーやラペットゥなどの定番料理から、地域特有の料理まで、ミャンマーの食文化は奥深く、探求する価値があります。ミャンマー料理は、その独特の風味と多様性により、訪れる人々の味覚を刺激し、新たな食体験を提供しています。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介