モンゴルの代表的な料理13選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

モンゴルはその雄大な自然と遊牧文化の中で、独自の食文化を育んできました。この記事では、モンゴルの代表的な料理を13種類厳選してご紹介します。定番の伝統料理から、地元の人々に愛されるスイーツまで、バラエティ豊かなモンゴル料理の魅力をお伝えします。それぞれの料理の特徴や魅力を詳しく解説し、モンゴルの食文化への理解を深めるお手伝いをします。モンゴル旅行を計画中の方や、モンゴルの味を楽しみたい方にとって、参考になる情報が満載です。さあ、モンゴルの豊かな食の世界へと足を踏み入れてみましょう。

2024年07月03日更新


モンゴルの食文化

モンゴルの食文化は、遊牧生活と厳しい気候に適応して発展してきました。伝統的に「赤い食べ物」(オラーン・イデー)と呼ばれる肉料理と、「白い食べ物」(ツァガーン・イデー)と呼ばれる乳製品に大別されます。肉料理は主に冬季に、乳製品は夏季に食される季節サイクルがあります。羊肉を中心とした肉料理は、茹でる、煮る、蒸すなどの調理法が主流で、香辛料をほとんど使わないのが特徴です。また、保存性の高い干し肉や発酵乳製品も重要な食材となっています。モンゴルの食事は、生きるためのエネルギー源としての役割が重視され、シンプルながら栄養価の高い料理が多く見られます。

モンゴルのおすすめ料理13選

ボリューム満点、野菜と肉の炒め麺「ツォイワン」

ツォイワンは、モンゴルの代表的な麺料理で、ボリューム満点の一品です。主な材料は、長さ5~7センチほどの平らな麺で、通常は各家庭で小麦粉から手打ちします。この麺に、肉(主に羊肉や牛肉)と野菜を加えて炒め合わせます。調理方法は、麺と具材をスープの中で煮込むのが一般的です。ツォイワンは、モンゴルの厳しい気候と遊牧生活に適した、栄養価が高く満足感のある料理として親しまれています。シンプルな味付けながら、麺と具材の組み合わせが絶妙で、モンゴルの食文化を象徴する料理の一つと言えるでしょう。

ジューシーで香ばしいモンゴルの肉まん「ポーズ」

ポーズは、モンゴルの代表的な蒸し料理で、小麦粉の生地で挽肉と野菜を包んだ肉まんのような料理です。シウマイほどの大きさで、セイロで蒸して調理されます。主に羊肉や牛肉が使用され、旧正月(ツァガーンサル)のお祝いには欠かせない伝統的な料理となっています。ポーズの特徴は、ジューシーな肉の旨味と香ばしい生地の組み合わせにあり、モンゴルの食文化における「赤い食べ物」の代表格と言えます。シンプルな味付けながら、素材の味を活かした奥深い味わいが楽しめる一品です。

カリッと香ばしい揚げ餃子「ホーショール」

ホーショールは、モンゴルの伝統的な揚げ餃子で、ロシアのピロシキや中国の肉まんとは異なる独特の料理です。薄く伸ばした小麦粉の生地に、合挽き肉やニンニク、玉ねぎなどの具材を包み、半月形に成形して揚げます。生地は粉と水だけのシンプルな材料で作られ、具材もシンプルですが、揚げることでパリッパリの皮とジューシーな中身のコントラストが楽しめます。ホーショールはモンゴルのホテルの朝食やカフェでも提供される人気料理で、伝統的な味わいと手軽さから、現地の日常食としても広く親しまれています。

栄養満点の伝統スープ「ゴリルタイシュル」

ゴリルタイシュルは、モンゴルの伝統的な栄養満点のスープです。主な具材として、羊肉や牛肉、大根などの野菜が使われ、豊富な栄養素を含んでいます。このスープは、モンゴルの厳しい気候に適した、体を温める効果があり、一杯で十分な栄養を摂取できる特徴があります。調理方法は、肉と野菜をじっくりと煮込み、時にはラードや麦粒を加えることもあります。ゴリルタイシュルは、モンゴルの家庭料理として日常的に楽しまれており、その素朴な味わいと栄養価の高さから、モンゴル人の健康的な食生活を支える重要な料理の一つとなっています。

豪快な石焼き肉料理「ホルホグ」

ホルホグは、モンゴルの伝統的な石焼き肉料理で、屋外での調理や特別な行事で人気があります。主に羊肉を使用し、野菜、塩、香辛料と共に大きな缶や鍋に入れ、熱した石と交互に重ねて蒸し焼きにします。この調理法により、肉は柔らかく、野菜の旨味が凝縮され、石から伝わる熱で独特の風味が生まれます。日本では、羊肉の代わりに牛肉を使用するアレンジも見られます。ホルホグは、シンプルな味付けながら素材の味を存分に楽しめる、モンゴルの食文化を象徴する豪快な料理です。

バターの香り豊かな揚げパイ「ボタータイホーラガ」

ボタータイホーラガは、モンゴルの伝統的な揚げパイ料理です。主にお米、肉(通常は羊肉や牛肉)、野菜を使用し、チャーハンのような見た目をしています。調理方法は、炒めた肉と野菜を炊いたお米に混ぜ合わせるのが一般的です。バターの豊かな香りと、カリッとした食感が特徴的で、モンゴルの家庭料理として親しまれています。ボタータイホーラガは、モンゴルの遊牧文化と農耕文化の融合を象徴する料理の一つと言えるでしょう。シンプルな材料ながら、栄養価が高く、モンゴルの厳しい気候に適した満足感のある一品です。

素朴で風味豊かな揚げパン「ボールツォグ」

ボールツォグは、モンゴルの伝統的な小さな揚げパンで、素朴な味わいが特徴です。通常、羊脂で揚げられ、独特の香りづけがされています。この手軽なおやつは、砂糖や蜂蜜をつけたり、モンゴルバターのウルムを添えたりして楽しまれます。中央アジアの揚げパンと比べると、ボールツォグは原材料がシンプルで、パン自体に砂糖や牛乳、バターを練り込むことは少ないです。モンゴルのカフェやレストランでは、一個330円程度で提供されることもあり、観光客にも人気のある軽食です。

心温まるミルクティー「スー」

スーは、モンゴルの伝統的な温かいミルクティーで、寒冷な気候に適した心温まる飲み物です。通常、牛乳や羊乳を使用し、紅茶と塩を加えて作られます。スーの特徴は、塩味がほんのりと効いていることで、これがモンゴルの遊牧民の味覚に合っています。調理方法は、ミルクを直接鍋で温め、そこに紅茶と塩を加えるのが一般的です。スーは、モンゴルの家庭や遊牧民のゲルで日常的に飲まれており、来客をもてなす際にも欠かせない飲み物となっています。栄養価が高く、体を温める効果があるため、モンゴルの厳しい気候下で重宝されています。

濃厚でクリーミーな伝統ヨーグルト「ウルム」

ウルムは、モンゴルの遊牧民が愛する伝統的な乳製品で、濃厚でクリーミーなバタークリーム状のヨーグルトです。牛乳を鍋で温め、小麦粉を加えて一晩置くことで、乳脂肪が上層に集まり、甘く上等なクリームの味わいが生まれます。ウルムは、そのまま食べるほか、バターの原料としても利用されます。また、ウルムは「白い食べ物」として、モンゴルの食文化において清純な心を象徴する重要な位置を占めています。その濃厚な風味と栄養価の高さから、モンゴルの家庭では日常的に楽しまれています。

自然の恵みを感じる発酵乳飲料「タラク」

タラクは、モンゴルの伝統的な発酵乳飲料で、遊牧民の生活に欠かせない一品です。主に牛乳や馬乳を発酵させて作られ、酸味と独特の風味が特徴です。タラクは、腸内環境を整える効果があり、健康維持に寄与します。モンゴルの家庭では、日常的に飲まれており、特に夏季に多く消費されます。発酵過程で生成される乳酸菌が豊富で、消化を助ける効果も期待できます。シンプルな製法ながら、自然の恵みを感じることができるタラクは、モンゴルの食文化において重要な位置を占めています。

モンゴルの風味豊かな伝統チーズ「ビャスラク」

ビャスラクは、モンゴルの伝統的なチーズで、遊牧民の生活に欠かせない乳製品です。主に牛乳や羊乳を使用し、発酵させて作られます。ビャスラクは、独特の風味と酸味が特徴で、栄養価が高く、保存性にも優れています。そのまま食べるほか、料理の材料としても利用されることが多く、モンゴルの家庭では日常的に楽しまれています。ビャスラクは、モンゴルの厳しい気候と遊牧生活に適応した食文化の一部であり、長期間保存が可能なため、遊牧民の貴重な栄養源となっています。

爽やかな酸味の発酵乳ドリンク「アイラグ」

アイラグは、モンゴルの伝統的な発酵乳飲料で、馬乳を主な原料としています。アイラグの製造には、まず搾った馬乳を冷やし、スターターを加えて発酵容器に注ぎます。木の棒で数千回から数万回撹拌することで、乳酸菌と酵母の共生作用により発酵が進み、アルコールが生成されます。発酵温度は4~14℃と低く、風通しの良い場所で管理されます。アイラグは白く濁った液体で、かすかな発泡と酸味が特徴です。アルコール度数は1~2%と低く、栄養価の高い飲料としてモンゴルの人々に親しまれています。

独特な風味が楽しめるモンゴルの蒸留酒「アルヒ」

アルヒは、モンゴルの伝統的な蒸留酒で、独特な風味が特徴です。アルヒには主に2種類あり、家畜の乳を発酵させて作る「シミーン・アルヒ」と、穀物を原料とする「ツァガーン・アルヒ」があります。シミーン・アルヒは、ヤギや羊、牛の乳を発酵させた酸乳を蒸留して作られ、ほんのりと乳臭い風味が特徴です。一方、ツァガーン・アルヒは、ソビエト連邦から輸入されたウォッカに対抗してモンゴル国内で製造されるようになったもので、アルコール度数が高く、都市部で広く消費されています。アルヒは、モンゴルの食文化において重要な位置を占めており、特に企業ベースでの製造が進んだことで、観光客にも楽しむ機会が増えています。

モンゴルの料理を食べてみよう!

モンゴル料理は、遊牧民の伝統と厳しい気候に根ざした独特の味わいを持ち、羊肉や乳製品を中心とした素朴で栄養価の高い料理が特徴です。これまで紹介した13の料理や飲み物は、モンゴルの食文化の多様性と豊かさを象徴しています。現地を訪れる際には、ぜひこれらの料理を試してみてください。モンゴルの食文化を通じて、その歴史や生活様式に触れることができるでしょう。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介