タイの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介

タイは、美しいビーチや寺院、美味しい料理で知られる人気の観光地です。多くの日本人旅行者にとって、タイの魅力の一つが「物価の安さ」ではないでしょうか。しかし、近年の経済発展により、タイの物価は上昇傾向にあります。果たして、タイは今でも「安い国」と言えるのでしょうか?この記事では、タイの現在の物価事情を徹底的に解説します。食事、宿泊、交通、買い物など、様々な面から実際の物価を紹介し、日本との比較を行います。また、バンコクと地方都市の違いや、観光客向けの価格と現地価格の差についても触れていきます。 さらに、タイ滞在中にお金を賢く使うための実践的な節約術もお伝えします。旅行者はもちろん、長期滞在や移住を考えている方にも役立つ情報が満載です。それでは、タイの物価事情に迫っていきましょう。

2024年06月28日更新


タイの物価は高い?安い?その理由は?

タイの物価は一般的に日本より安いとされていますが、近年の状況変化により、その差は縮小しつつあります。タイの物価の安さは、低い人件費や生活コストに起因していますが、最低賃金の引き上げや世界的なインフレの影響で上昇傾向にあります。特に、バンコクやプーケットなどの観光地では物価が高くなっており、場所によっては日本と変わらない価格設定の店舗も見られます。一方で、地方都市や一般的なタイ人向けの店舗では依然として安価な商品やサービスが提供されています。また、円安の影響により日本人にとってはより高く感じられる傾向にあり、2022年2月時点で1タイバーツが3.52円と、2000年の2.69円から大きく上昇しています。このように、タイの物価は場所や商品によって大きな差があり、一概に「安い」とは言えなくなってきていることが特徴です。

タイの物価は都市によっても異なる

タイの物価は都市によって大きく異なります。バンコクやプーケットなどの主要都市や観光地では、物価が高い傾向にあります。一方、チェンマイやコンケンなどの地方都市では、物価が比較的安く抑えられています。例えば、バンコク中心部の高級コンドミニアムの家賃は月9万円程度からと高額ですが、バンコク郊外では月2万円台の物件も多数あります。食費に関しても、バンコクの日本食レストランでは1食1,200円程度かかるのに対し、地方都市の屋台やフードコートではタイ料理が240円程度で食べられます。このように、タイ国内でも都市によって物価に大きな開きがあるため、滞在地の選択が生活コストに大きく影響します。

タイの物価は日本より高い?商品の価格で比較

日本とタイの物価比較表

項目 商品 タイ 日本
日用品 ペットボトルの水 ฿10 ¥100
シャンプー(1リットル) ฿150 ¥600
洗剤 ฿120 ¥400
トイレットペーパー ฿100 ¥500
ティッシュペーパー(一箱) ฿30 ¥200
生鮮食品 パン ฿50 ¥300
卵(12個) ฿70 ¥200
牛乳(1リットル) ฿40 ¥180
肉(1kg) ฿250 ¥1000
スターバックス ホットコーヒー(グランデ) ฿120 ¥400
フラぺチーノ(グランデ) ฿180 ¥590
キャラメルマキアート(グランデ) ฿150 ¥520
カフェラテ(グランデ) ฿140 ¥450
マクドナルド ハンバーガー ฿35 ¥130
コーラ ฿25 ¥100
ビッグマック ฿130 ¥390
チキンマックナゲット5ピース ฿60 ¥200
マックフライポテト ฿50 ¥150

日本とタイの日用品の価格比較

タイの日用品価格は、多くの場合日本より安価ですが、品目によって差があります。例えば、500mlのペットボトル水は日本の約100円に対し、タイでは約28円(8バーツ)と大幅に安くなっています。一方、ティッシュペーパーや歯磨き粉などは日本とあまり変わらない価格で、日本製品は逆に割高になることがあります。例えば、納豆1パックは日本で約30円ですが、タイでは約105円(30バーツ)します。タイ原産の果物は非常に安く、スイカ1個が約263円(75バーツ)で購入できます。ただし、イチゴや梨などタイで育てられない果物は高めの価格設定となっています。全体的に、タイ産の日用品は日本の3分の1から半額程度で購入できることが多いですが、輸入品は日本より高くなる傾向があります。

日本とタイの生鮮食品の価格比較

タイの生鮮食品価格は、日本と比べると全般的に安い傾向にあります。例えば、パクチー(コリアンダー)100gは約95円、空芯菜100gは約63円、赤タマネギ200gは約132円程度で販売されています。
 
しかし、2024年1月のタイの消費者物価指数(CPI)は、生鮮食品の価格下落が続いていることが示されています。これは供給拡大による影響とみられ、政府のエネルギー価格引き下げ政策も物価全体を押し下げる要因となっています。
 
ただし、振れ幅の大きい生鮮食品とエネルギーを除くコア・インフレ率は、前年同月比0.52%の上昇で、前月から横ばいとなっており、生鮮食品以外の物価は安定しているとは言えない状況です。
 
タイの1世帯あたりの平均食費は月約3万915円で、家計支出の中で最も大きな割合を占めています。都市部と地方では食品価格に差があるものの、総じて日本より安価に生鮮食品を購入できるのがタイの特徴と言えるでしょう。

日本とマクドナルドの生鮮食品の価格比較

タイのマクドナルドの価格は、日本と比べるとやや高めです。例えば、チーズバーガーは92バーツ(約368円)、アイスコーヒーは65バーツ(約260円)、マックフルーリーは49バーツ(約196円)となっています。一方、日本のビッグマックの価格は450円(約3.17ドル)で、タイの419バーツ(約2.95ドル)よりも安くなっています。
 
この価格差は、「ビッグマック指数」にも表れています。ビッグマック指数とは、各国のビッグマックの価格を比較することで、適正な為替レートを算出しようとする指標です。2023年のランキングでは、日本は43.24%安い水準にあるのに対し、タイはランク外となっています。
 
ただし、タイのマクドナルドにはガパオライスやパイナップルパイなどのタイ限定メニューがあり、日本にはないユニークな商品が楽しめるのが特徴です。また、タイの物価全体が日本より安いことを考慮すると、マクドナルドの価格差はそれほど大きくないとも言えます。日本とタイでは、マクドナルドの位置づけや価格設定戦略に違いがあるのかもしれません。

日本とタイのスターバックスの価格比較

タイのスターバックスの価格は、日本とほぼ同等か、やや高めの設定となっています。例えば、トールサイズのカフェラテは、タイのバンコクで約3.76ドル(約451円)ですが、日本では約3.46ドル(約415円)で提供されています。スターバックス指数の2019年版では、タイは37位、日本は41位にランクインしており、タイの方が物価が高い結果となっています。
 
ただし、タイの一般的な物価水準は日本より安いため、スターバックスは現地では高級な位置づけとなっています。バンコクの高級ショッピングモールには必ずスターバックスの店舗があり、富裕層のステータスシンボル的な存在となっている一方で、一般のタイ人にとっては気軽に利用できる価格帯ではありません。
 
日本とタイのスターバックス価格が同等なのは、ブランドイメージの維持と現地の所得水準に合わせた価格設定がなされているためと考えられます。日本では比較的リーズナブルな価格帯に設定されているスターバックスですが、タイでは贅沢品としての位置づけが定着しているようです。

日本とタイのランチの価格比較

タイのランチ価格は、日本と比べると全般的に安い傾向にあります。屋台やフードコートでタイ料理を食べる場合、1食あたり60バーツ(約240円)程度で済みます。一方、日本の平均的なランチ価格は500円~1,000円程度なので、タイの方が半額以下で食事ができると言えるでしょう。
ただし、タイでも日本食レストランを利用する場合は、1食100~300バーツ(400~1,200円)かかります。これは日本の定食屋やチェーン店の価格とほぼ同等です。日本食材の多くを輸入に頼っているため、現地の料理より割高になるのです。
 
また、タイの物価は都市部と地方で差があり、バンコクなどの主要都市では地方都市の2倍近い価格設定のお店もあります。観光地化が進んだ地域は特に物価が高くなる傾向にあり、庶民的な食堂でも日本と変わらない値段になることがあります。
 
総じて、タイ料理なら日本の半額以下、日本食なら同等程度の価格と覚えておくと良いでしょう。地域による差はありますが、ランチに関してはタイの方が安く済ませられるのは間違いありません。食事代を節約したい人にとって、タイは魅力的な国と言えます。

タイでショッピングを楽しむ方法・節約術は?

タイでショッピングを楽しむには、いくつかの方法や節約術があります。まず、ローカルマーケットを利用することで、安価で新鮮な食材や日用品を手に入れることができます。バンコクのチャトゥチャックウィークエンドマーケットは、衣類や雑貨、土産物などが安く買えると人気です。
また、ショッピングモールでは、セールの時期を狙うのがおすすめです。6月から8月にかけてはグランドセールが開催され、多くのブランドが最大80%オフになります。オンラインショッピングサイトLazadaやShopeeでも、定期的にセールが行われ、お得に購入できる機会が多いです。
ただし、偽ブランド品や粗悪品に注意が必要です。特に観光地の露店では、偽物が多く出回っているため、信頼できる店舗で購入するようにしましょう。
 
節約のポイントとしては、現地の人が利用するお店を選ぶことが挙げられます。ローカル向けのスーパーやマーケットは、観光客向けの店舗より価格が安いです。水や飲料を自動販売機で買うより、スーパーでまとめ買いした方が断然お得です。
総じて、タイでショッピングを楽しむには、ローカル店の利用、セール時期の活用、まとめ買いなどの節約術を意識することが大切です。物価の安いタイだからこそ、賢く買い物をすれば、より多くの商品を手に入れられるでしょう。

タイの物価は日本より安い!賢く節約してタイ旅行を満喫しよう

タイの物価は、全体的に見れば依然として日本より安いと言えるでしょう。しかし、バンコクなどの都市部では上昇傾向にあり、観光地やハイエンドな場所では予想以上に出費がかさむこともあります。
重要なのは、事前に物価事情を把握し、自分の予算と滞在目的に合わせて計画を立てることです。この記事で紹介した節約術を活用すれば、より効率的にお金を使いながら、タイの魅力を存分に楽しむことができるでしょう。
ストリートフードを楽しんだり、ローカルの市場で買い物をしたり、公共交通機関を利用したりすることで、大幅に費用を抑えられます。一方で、特別な体験や高級リゾートでの滞在など、贅沢をしたい時にもタイは魅力的な選択肢となります。
タイの多様な側面を楽しみ、素晴らしい思い出を作ることができますように。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介