オーストリアの代表的な料理13選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

オーストリアは、美しい風景と豊かな文化を持つ国であり、その食文化も魅力の一つです。本記事では、オーストリアの代表的な料理13選を紹介します。定番料理や伝統料理、そしてスイーツまで、オーストリアの食の魅力を余すところなくお届けします。新鮮な食材と独特の調理法で作られるこれらの料理は、シンプルでありながら深い味わいが特徴です。オーストリアを訪れる際には、ぜひこれらの料理を試して、現地の風味と文化を存分に味わってください。食の旅が素晴らしい体験となるでしょう。

2024年06月26日更新


オーストリアの食文化

オーストリアの食文化は、多様な歴史的背景と地域の影響を受けて発展してきました。ハプスブルク帝国時代には、ハンガリー、チェコ、イタリア、バルカン半島などの食文化が融合し、独自の料理が生まれました。オーストリアの食事は一般的に朝食と夕食が軽めで、昼食がしっかりとした内容になります。ウィーンのカフェ文化も重要で、伝統的なカフェが多く、日常生活の一部となっています。また、オーストリア料理は洗練された調理法が特徴で、スープ、前菜、主菜、付け合わせ、サラダ、デザートの順に供されることが多いです。各地には独自の郷土料理があり、例えばザルツブルク州では淡水魚料理が豊富です。

オーストリアのおすすめ料理13選

サクサクの衣が絶品「ウィンナーシュニッツェル」

ウィンナーシュニッツェルは、薄く叩いた仔牛のもも肉に小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつけ、揚げ焼きにするオーストリアの名物料理です。衣はサクサクで、肉はジューシーに仕上がります。調理の際には、肉を均等に薄くすることが重要で、これにより大きく広がったシュニッツェルが完成します。レモンやクランベリージャムを添えて食べるのが一般的で、さっぱりとした味わいが特徴です。また、豚肉や鶏肉を使ったバリエーションもあり、日本では豚肉を使うことが多いです。

濃厚なチョコレートケーキ「ザッハートルテ」

ザッハートルテは、オーストリア・ウィーン発祥の濃厚なチョコレートケーキで、1832年にフランツ・ザッハーによって考案されました。このケーキは、チョコレート味のバターケーキ生地にアプリコットジャムを塗り、さらにチョコレートフォンダンでコーティングするのが特徴です。ザッハートルテは「チョコレートケーキの王様」とも称され、その濃厚な味わいが多くの人々に愛されています。ホテル・ザッハーとデメルの間で商標権を巡る争いがありましたが、現在では両者ともにザッハートルテを提供しています。

柔らかく茹でた牛肉料理「ターフェルシュピッツ」

ターフェルシュピッツは、オーストリアの伝統的な牛肉料理で、特にウィーンで人気があります。牛の尻と太ももの間の部位を使用し、ブイヨンで長時間煮込むことで柔らかく仕上げます。調理には人参、玉ねぎ、セロリ、パースニップ、長ねぎなどの野菜や、ローリエ、粒コショウなどの香辛料が使われます。完成したターフェルシュピッツは、アプフェルクレン(すりおろしたリンゴとホースラディッシュのソース)やシュニットラウヒソース(チャイブ入りのサワークリーム)を添えて提供されることが多いです。また、ほうれん草のソースや炒めたじゃがいもなどの付け合わせも一般的です。この料理は、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の好物としても知られており、ウィーン市民の間でも広く親しまれています。

香り豊かなリンゴのデザート「アップルシュトゥルーデル」

アップルシュトゥルーデルは、オーストリアを代表するデザートで、特に秋から冬にかけてのリンゴの季節に人気があります。薄く伸ばした生地に、薄切りにしたリンゴ、レーズン、シナモン、砂糖、パン粉を詰めて巻き、オーブンで焼き上げます。リンゴの自然な甘さとシナモンの香りが絶妙に調和し、外はサクサク、中はしっとりとした食感が楽しめます。焼き上がりに粉糖を振りかけることで、見た目も美しく仕上がります。アップルシュトゥルーデルは、家庭でも簡単に作れるデザートとして親しまれており、特に温かい状態でバニラアイスクリームやホイップクリームを添えて提供されることが多いです。

スパイシーなシチュー「グラーシュ」

グラーシュは、オーストリアで非常に人気のあるスパイシーなシチューで、特にウィーンでは多くの人々に愛されています。元々はハンガリーのグヤーシュから派生した料理で、オーストリアでは豚肉、牛肉、鶏肉、ラム肉など様々な肉を使用して作られます。主な材料には、豚肩ロース、玉ねぎ、にんにく、赤パプリカ、トマトペースト、クミンパウダー、マジョラム、パプリカパウダー、ローリエ、ビーフブイヨン、コーンスターチ、塩が含まれます。調理の際には、玉ねぎを炒めてからパプリカを加え、豚肉を炒めてトマトペーストとスパイスを加え、ビーフブイヨンで煮込みます。煮込んだ後、煮汁をピューレ状にし、コーンスターチでとろみをつけて仕上げます。グラーシュは、アイヤーノッケルンやクヌーデルなどのパスタやじゃがいも団子を添えて提供されることが一般的で、サワークリームやパセリを添えることもあります。

滑らかなカスタードクリームのパイ「クレムシュニッテ」

クレムシュニッテは、中央ヨーロッパで広く親しまれているデザートで、パイ生地に滑らかなカスタードクリームを挟んだシンプルながらも美味しいケーキです。特にクロアチアやスロベニアで人気があり、地域ごとに異なるバリエーションが存在します。例えば、クロアチアのサモボルでは、カスタードと少量のホイップクリームをパイ生地で挟み、粉砂糖を振りかけた「サモボルスケ・クレムシュニテ」が有名です。また、スロベニアのブレッド湖周辺では「ブレッドケーキ」として知られ、チョコレートアイシングが施されることもあります。クレムシュニッテは、冷凍パイシートを使って家庭でも簡単に作ることができ、特別な材料を必要としないため、多くの人々に愛されています。

甘い裂きパンケーキ「カイザーシュマーレン」

カイザーシュマーレンは、オーストリアと南ドイツで人気のある伝統的なデザートで、ふわふわとしたパンケーキを引き裂いて作られます。名前の由来は「皇帝の愚行」や「皇帝の戯れ」とされ、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んだことから名付けられました。基本的な材料は小麦粉、卵、砂糖、塩、牛乳で、ラム酒に浸けたレーズンを加えることが一般的です。調理法は、卵白をメレンゲ状に泡立ててから他の材料と混ぜ、バターを溶かしたフライパンで焼き、固まりかけたら引き裂いて小片にします。仕上げに粉砂糖を振りかけ、アップルソースやプラムソースとともに提供されます。

ジューシーなグリルソーセージ「ブルスト」

ブルストは、ドイツの伝統的なグリルソーセージで、そのジューシーさと歯ごたえが特徴です。豚の腕部分を使用し、粗挽きにした肉をケーシングに詰めて作られます。特にグリルで焼くと、パキっとした音とともに肉汁が口いっぱいに広がり、しっかりとした肉の風味が楽しめます。また、マジョラムやパセリなどのハーブが加えられることが多く、これが肉の味を引き立てます。ブルストは、フライドポテトやサラダと一緒に提供されることが一般的で、ビールのお供としても最適です。

旬のアスパラガス料理「シュパーゲル」

シュパーゲルは、ドイツの春を象徴する白アスパラガスで、その旬は4月から6月にかけてです。栽培方法により白く育てられ、収穫時には砂地から顔を出したばかりの状態で摘み取られます。新鮮なシュパーゲルは、先端がしっかりと閉じており、切り口が乾燥していないものが良いとされています。調理法は多岐にわたり、茹でてオランデーズソースをかけるのが定番で、ジャガイモや生ハムを添えて楽しむことが一般的です。また、シュパーゲルのリゾットやスープ、さらには和風のきんぴらとしても美味しくいただけます。その独特の風味と食感は、一度食べたら忘れられない美味しさです。

レバーのダンプリングスープ「レバークネーデルスープ」

レバークネーデルスープは、オーストリアの伝統的なスープ料理で、特にバイエルン地方でも親しまれています。主な材料は牛レバー、玉ねぎ、パン粉、卵、パセリなどで、これらを混ぜ合わせてダンプリングを作ります。ダンプリングは、コンソメスープや野菜スープで煮込むことで、レバーの風味がスープ全体に広がります。レバーの臭みを抑えるために、ハーブやスパイスを加えることが一般的です。このスープは、栄養価が高く、特に寒い季節に体を温める一品として人気があります。

ナッツとジャムのパイ「リンツァートルテ」

リンツァートルテは、オーストリアの伝統的な焼き菓子で、ナッツとスパイスをたっぷり使った生地に赤すぐりやラズベリーのジャムを挟んで焼き上げるのが特徴です。生地には、アーモンドやヘーゼルナッツの粉末、シナモン、ナツメグなどが練り込まれ、香ばしい風味が楽しめます。表面には格子模様が施され、見た目も美しい丸いケーキです。リンツァートルテは、しっとりとした食感と甘酸っぱいジャムのバランスが絶妙で、オーストリアの家庭やカフェで広く親しまれています。

白いソーセージ「ヴァイスブルスト」

ヴァイスブルストは、ドイツ・バイエルン地方発祥の白いソーセージで、主に豚肉と牛肉を使用し、豚脂肪や七面鳥肉、豚皮、玉ねぎ、パセリ、香辛料などが加えられています。その特徴は、コラーゲンを含む材料を練り合わせたふわっと柔らかな食感と、発色剤を使用しない無塩漬けの製法にあります。調理法としては、冷蔵庫で解凍した後、沸騰したお湯に入れて火を止め、8~10分温めるのが一般的です。ドイツでは、スイートマスタードを添えて食べるのが定番で、皮をむいて食べることが多いですが、皮ごと食べることも可能です。

アプリコットを包んだダンプリング「マルヒトシュ」

マルヒトシュは、オーストリアの伝統的なデザートで、アプリコットを包んだダンプリングです。主な材料は小麦粉、バター、卵、砂糖、塩、牛乳で、これらを混ぜ合わせて生地を作ります。生地でアプリコットを包み、沸騰したお湯で茹でることで、ふんわりとした食感に仕上がります。茹で上がったダンプリングは、パン粉とバターで炒めたトッピングをまぶし、粉砂糖を振りかけて提供されます。マルヒトシュは、アプリコットの甘酸っぱさと生地の柔らかさが絶妙に調和し、特に夏の季節に人気があります。

オーストリアの料理を食べてみよう!

この記事では、オーストリアの代表的な料理13選を紹介しました。これらの料理は、オーストリアの豊かな自然と文化が育んだ、美味しさと伝統が詰まった一品ばかりです。旅行や食文化を楽しむために、ぜひ現地でこれらの料理を試してみてください。オーストリアの食文化に触れることで、より深くその国の魅力を感じることができるでしょう。美味しい料理と共に、素晴らしい旅の思い出を作っていただけることを願っています。オーストリアでの食の冒険が、あなたにとって忘れられない経験となりますように。


キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介