ドイツ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説

ドイツ旅行は、美しい風景や歴史的な街並み、美食を楽しむことができる魅力的な旅先です。しかし、旅行費用については事前にしっかりと計画を立てることが大切です。本記事では、2泊3日や3泊5日など宿泊日数ごとの予算を具体的に解説し、旅行をより一層楽しむためのコスト管理のポイントを紹介します。また、費用を抑えたい方のために、ドイツ旅行の安い時期やお得な情報も併せてお届けします。さあ、ドイツの魅力を最大限に感じるための旅の準備を始めましょう。

2024年06月25日更新


ドイツ旅行のベストシーズンは?いつが安い?

ドイツ旅行のベストシーズンは5月から9月で、この時期は気候が穏やかで観光に適しています。 一方、航空券やホテル代が安くなるのは10月から12月前半のオフシーズンで、日本の長期休暇を避けると特に安価となります。 ただし、2月からは学生旅行で混雑し、寒さも厳しくなるため外を歩くのには向きません。

ドイツ旅行費用の目安は2泊3日で約16万円、5泊7日で約25万円

ドイツ旅行費用の一覧表。2泊3日~5泊7日まで一覧でチェック

項目 2泊3日 3泊5日 4泊6日 5泊7日
往復航空券代 ¥90,000 ¥90,000 ¥90,000 ¥90,000
宿泊代 ¥40,000 ¥60,000 ¥80,000 ¥100,000
食費代 ¥15,000 ¥25,000 ¥35,000 ¥45,000
Wi-Fi・通信費 ¥4,000 ¥6,000 ¥8,000 ¥10,000
お土産代 ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000
合計 ¥159,000 ¥191,000 ¥223,000 ¥255,000

ドイツ旅行費用の内訳と各費用の目安

ドイツ旅行の航空券代

ドイツ行きの航空券は、直行便を利用すると往復で約9万円から、乗継便を利用すると約8万円程度となります。 最も安い時期は1月で、直行便で約9万円、乗継便で約8万円から購入可能です。 一方、ベストシーズンの7月から9月は直行便で16万円から18万円、乗継便でも9万円前後と高くなります。 早期予約すればセール運賃やPEX運賃(早期割引)を利用できるため、航空券代は安くなります。

ドイツ旅行の宿泊費

ドイツの主要都市でホテルに宿泊する場合、1泊1室あたりの宿泊費は、スタンダードホテルが約15,000円、スーペリアホテルが約30,000円、デラックスホテルが40,000円以上が目安となります。人気観光地や中心部に近いほど宿泊費は高くなる傾向にあり、イベント開催時期やピーク時には混雑し、宿泊費が割高になることが多いです。オフシーズンは宿泊費を抑えられますが、天候が悪くなるデメリットもあります。

ドイツ旅行の食費

ドイツ旅行の食費の目安は、1日あたり8,000円程度が相場となります。 朝食は10ユーロ(約1,600円)程度で、パン、コーヒー、卵料理などが一般的です。 昼食は10ユーロ(約1,600円)程度で、ハンバーガーやサンドイッチ、サラダなどが人気です。 夕食は20ユーロ(約3,200円)程度で、ソーセージや肉料理、ビールなどのドイツ料理が主流です。 外食費は日本より高めで、サービス料10%とお水代も別途必要となります。 スーパーで食材を購入したり、朝食を宿泊施設で済ませるなどすれば食費を抑えられます。

ドイツ旅行の交通費

ドイツ国内の交通費は、利用する交通機関によって大きく異なります。主な交通機関と目安の料金は以下の通りです。
 
・鉄道(長距離列車): ベルリン-ミュンヘン間で約60ユーロ(約9,600円)
・市内電車・地下鉄: 1日券で約7ユーロ(約1,100円)
・タクシー: 初乗り料金約3.5ユーロ(約560円)、1km走行約2ユーロ(約320円)
・レンタカー: 1日約50ユーロ(約8,000円)から
 
長距離列車は早期予約すれば割安になりますが、市内交通は1日券を利用するのがお得です。 タクシーは高額なので、できるだけ公共交通機関を利用するのがおすすめです。 レンタカーは都市間の移動に便利ですが、ガソリン代や有料道路料金がかかります。

ドイツ旅行のお土産費用

ドイツのお土産は、チョコレートやグミ、ビールなどが人気です。チョコレートは5ユーロ(約815円)から、グミは1ユーロ(約160円)からと手頃な価格です。 お城の形をしたキーホルダーやおもちゃ、クリスマス時期ならオーナメントなども定番です。 必要な人数や種類によりますが、おみやげ代は1万円程度を見ておくとよいでしょう。

ドイツ旅行のWi-Fi・通信費用

ドイツ旅行中のWi-Fi・通信費用は、主に以下の3つの方法で対応できます。
 
・海外用ポケットWi-Fiレンタル: 1日あたり700円(不課税)から950円(不課税)程度が相場です。 無制限プランもあり、複数人で共有できるのが利点ですが、バッテリー残量に注意が必要です。
・現地SIMカード購入: 1GBで約1,200円(不課税)のプリペイドSIMが人気です。 通信速度は制限されますが、スマートフォンに直接挿せて便利です。
・eSIM(電子SIM)利用: クラウドSIMを搭載したポケットWi-Fiを購入すれば、SIMレンタルの手続き不要で100カ国以上で使えます。 初期費用がかかりますが、長期的に安価です。
 
フリーWi-Fiスポットもありますが、セキュリティ面での懸念があり、ポケットWi-Fiレンタルが安全で便利な選択肢となります。

ドイツ旅行の海外保険費用

ドイツ旅行の海外旅行保険料は、補償内容や加入期間によって異なりますが、おおよその目安は以下の通りです。
 
・個人プラン(10歳~64歳): 1週間で2,600円~2,800円程度
・ファミリープラン: 1週間で6,000円~6,700円程度
 
主な補償内容は、治療費用が最大1億円、携行品損害が30万円~50万円、航空機遅延費用が1万円~10万円となっています。 補償金額を上げたり、危険行為補償を付加すると保険料は高くなります。
保険会社によって補償内容や料金が異なるため、出発前に複数社で比較検討することをおすすめします。 現地で病気やケガをした際の高額な治療費用を補償してくれるため、海外旅行保険に加入しておくことが賢明です。

ドイツ旅行の観光・アクティビティ費用

ドイツには数多くの観光スポットがあり、旅行中にはさまざまな入場料やアクティビティ代がかかります。ドイツ旅行の観光・アクティビティ費用の目安は、1日あたり4,000円程度です。
主要な観光地の入場料は以下の通りです。
 
・ケルン大聖堂: 6ユーロ(約980円)
・ハイデルベルク城: 7ユーロ(約1,140円)
・ノイシュバンシュタイン城: 17.5ユーロ(約2,850円)
・ベルリンの壁遺跡ツアー: 15ユーロ(約2,450円)
・ミュンヘンのニンフェンブルク宮殿: 15ユーロ(約2,450円)
また、クルーズやツアーなどのアクティビティ代は以下の通りとなります。
・ライン川クルーズ: 24.5ユーロ(約4,000円)から
・シュナーカレー博物館: 9ユーロ(約1,470円)
・エルベ川夕日クルーズ: 20ユーロ(約3,260円)
 
このように、お城の入場料は1,000円前後、ツアーやクルーズは2,000円から5,000円程度が相場です。 観光スポットの数や内容によって費用は変動しますが、事前に予算を立てておくと良いでしょう。

ドイツの物価とキャッシュレス状況は?現金はどれくらい必要?

ドイツの物価は全体としてヨーロッパの中では高めですが、キャッシュレス決済の普及率は低い部類に入ります。ドイツ人は長年の習慣から現金払いを好む傾向にあり、現金を安全だと感じています。 そのため、ドイツ旅行では現金を適量準備しておく必要があります。
 
ただし、最近はベルリンなど一部の大都市を中心にキャッシュレス決済の利用が徐々に広がっています。 主要な観光地やレストラン、ホテルではクレジットカードが使えるところも増えてきました。 しかし地方に行けば行くほど、現金しか使えない店舗も多くなります。
 
そのため、ドイツ旅行では安全を考えて過度に現金を持ち歩かず、適量の現金とクレジットカードやトラベラーズチェックを併用するのが賢明でしょう。 特に治安の良くない場所ではスリ被害にも注意が必要です。 キャッシュレス決済が浸透するまでは、現金とカードの併用が無難と言えます。

ドイツツアー費用の目安は?格安で行くならパッケージツアーがお得

ドイツ旅行の費用を抑えたい場合、パッケージツアーを利用するのがお得です。パッケージツアーの費用は、航空券とホテルが含まれており、1人あたり15万円から26万円程度が相場となります。 例えば、家族4人で5泊7日のツアーを利用すると、1人あたり15万円の格安プランから、ハイグレードホテルを利用すれば26万円程度となります。 個人手配よりも安価で、手間も省けるのがメリットです。 一方、自由度が低いのがデメリットですが、ドイツ初心者には手軽で安心なプランと言えます。

旅行費用を賢く節約してドイツ旅行に行こう!

ドイツ旅行の費用や予算について理解していただけたでしょうか?計画的な費用管理をすることで、旅先での不安を減らし、よりリラックスしてドイツの魅力を堪能できます。安い時期を狙って賢く旅を楽しむ方法や、宿泊日数ごとの予算設定のポイントを活用して、素敵なドイツ旅行を実現してください。素晴らしい景色や美味しい料理、歴史と文化に触れる旅は、一生の思い出になることでしょう。次回の旅行計画にぜひお役立てください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介