ドイツ・ロマンチック街道であなたが訪れる中世の街・古城7選!

南ドイツのヴュルツブルクからフュッセンへ縦断する人気の観光街道「ロマンチック街道」。東京から大阪の距離に匹敵する約350kmの街道上に、中世の面影を残す街並みやアルプスの大自然の中に佇む古城や教会が点在しています。そこで、今回はそんなロマンチック街道沿いにある美しいスポットをご紹介いたします。

2023年06月08日更新



ロマンチック街道とは?

ロマンチック街道(ロマンチックがいどう)は、ドイツに存在する観光ルートの一つで、特にロマンティックな景観や中世の街並みが広がる道路を指します。この街道は、バイエルン州のヴュルツブルク(Würzburg)からバイエルン州とバーデン=ヴュルテンベルク州の州境にあるフッツェンフェルト(Füssen)までを結ぶ約350キロメートルのルートで、古城、修道院、美しい田園風景、川や湖、森林などの自然美が楽しめます。

ロマンチック街道は1950年代に設立され、それ以来、多くの観光客に人気を集めています。このルートには、ローテンブルク・オプ・デア・タウバ(Rothenburg ob der Tauber)、アウクスブルク(Augsburg)、ネウシュヴァンシュタイン城(Neuschwanstein Castle)など、魅力的な観光地が点在しています。特にローテンブルク・オプ・デア・タウバは、中世の面影を色濃く残す美しい町並みが広がり、訪れる人々を魅了します。

ロマンチック街道の魅力は、その歴史的な建築物や風景の美しさに加えて、ドイツのロマン主義文化と結び付いています。この街道は、詩人や芸術家によって讃えられた風景が広がり、ロマンティックな雰囲気を楽しむことができます。

ロマンチック街道を旅する際には、古城や美術館の見学、地元の伝統料理の試食、散策やサイクリングなど、様々なアクティビティを楽しむことができます。この街道は、ドイツの豊かな歴史と文化を体験する絶好の機会となっています。

ロマンチック街道への行き方・アクセス方法は?

ロマンチック街道への行き方はいくつかありますが、一般的には以下の方法が利用されます。

飛行機でのアクセス:もし海外からの旅行であれば、まずフランクフルト空港に到着します。フランクフルト空港からは、レンタカーや公共交通機関を利用して、ロマンチック街道の起点であるヴュルツブルクへ向かいます。

鉄道でのアクセス:もしドイツ国内からの旅行であれば、鉄道を利用するのが便利です。フランクフルトやミュンヘンなどの主要都市から、ロマンチック街道沿いの駅に到着することができます。駅に到着した後は、レンタカーやバス、現地の交通機関を利用して、街道を巡ることができます。

レンタカーでのアクセス:自家用車やレンタカーを利用して、直接ロマンチック街道のルートにアクセスすることもできます。道路は整備されており、街道沿いには駐車場も用意されています。

また、ロマンチック街道はヴュルツブルクからフッツェンフェルトまで約350キロメートルにわたる長い道路ですので、旅行の計画を立てる際には所要時間や宿泊施設の予約も考慮する必要があります。

さらに、ロマンチック街道では観光地や名所が点在しているため、自分でルートを決めるだけでなく、ガイドブックや観光案内所で情報を収集し、興味のある場所を訪れることをおすすめします。

ロマンチック街道で訪れることができる美しい街・古城9選

ヴュルツブルク

ロマンチック街道の起点としても有名な美しい街「ヴュルツブルク」。ヴュルツブルクは、マイン川の両岸に絵のような美しい街並みが広がっており、活気と魅力に溢れています。8世紀にレジデンツが置かれたことで発展しました。毎年春から夏にかけてモーツァルト音楽祭も開催され多くの人が魅了されます。現在は大学の都市としても有名で、歴史と文化が今も息づく魅力的な街です。

ローテンブルク

ドイツ南部、バイエルン州北西部の都市「ローテンブルク」。ロマンチック街道の最終点で中世の宝石箱と称されるこの街は、中世の街並みがほぼ完璧に残り、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような景観が広がっています。

城壁に囲まれたこの街は、ここだけ中世の世界にタイムスリップをしたかのようにかわいらしく、絵本を切り抜いたようなきれいな街並みが続きます。石畳の道を歩いて散策すると「中世の宝石箱」と称されるのが納得できる雰囲気が漂っています。

ディンケルスピュール

ローテンブルクからはロマンティック街道バスを使って約1時間10分、円形の城壁と多数の門塔に守られた中世都市「ディンケルスピュール」。ディンケルスピュールは、外敵の侵入に備え、15世紀までに築かれた城壁が残る城塞都市で、三十年戦争や第二次世界大戦など幾多の戦いを経ながらもほとんど戦災を受けなかったために、今も中世そのままの美しい景観が保存されています。

ネルトリンゲン

南ドイツのロマンチック街道の中間地に位置している街「ネルトリンゲン」。1500年前に隕石が落下し、そこにできたクレーターが盆地となって形成され、その中に街が作られています。中世の街並みがそのまま残っており、美しい街並みは、まるで童話の世界のようです。ちなみに、ネルトリンゲンは世界で大人気の漫画「進撃の巨人」のモデルになった街としても知られています。進撃の巨人以外にも、アニメの舞台になったり、映画のロケ地になったりと、世界中から注目されている街の一つです。

アウグスブルク

ロマンティック街道最大にして最古の都市「アウグスブルク」。バイエルン州で3番目に大きいアウクスブルクは、ローマ皇帝アウグストゥスに由来する名の通りローマ人によって建設されたローマ帝国都市です。歴史あるアウクスブルクには、美しい噴水や教会、きらびやかな大広間をもつ市庁舎など、華やかな建物がたくさんあります。バロック様式からロココ様式、そして19世紀末のユーゲント・シュティールまで、バリエーション豊かな歴史的建造物の数々が観光に訪れる人を飽きさせません。

ヴィース教会

ドイツバイエルン州南部、ヴィースにあるキリスト教教会「ヴィースの巡礼教会」。このヴィースの巡礼教会はロマンティック街道沿いの草原にぽつんと佇む白亜の教会で、「鞭打たれるキリスト」の木像を、マリアという農婦がもらい受け祈りを捧げたところ、1738年6月14日、キリストの像が涙を流したという伝説が残されています。
1歩中に入るとスタッコと呼ばれる化粧しっくいで装飾され、教会内部の至る所に天使や聖人、キリストのモチーフが描かれています。素晴らしく細やかな装飾は圧巻の一言に尽きるでしょう。

フュッセン

中世の雰囲気が色濃く残るロマンチック街道終着の街「フュッセン」。郊外には「ノイシュバンシュタイン城」など二つの有名なお城が聳え、風光明媚な森や湖の豊かな自然に囲まれ、活気ある町並みが広がっています。フュッセン駅とレヒ川の間に広がるのがフュッセンの旧市街、風情ある石畳の通り沿いにカラフルな建物が建ち並び、中世の雰囲気が漂う可愛らしい町並みが広がっています。

ホーエンシュヴァンガウ城

ドイツのバイエルン州最南西部の街フュッセン近郊の、ホーエンシュヴァンガウの丘の上にある古城「ホーエンシュヴァンガウ城」。フュッセン駅よりバスで訪れることができます。19世紀にバイエルン国王マクシミリアン2世により改築され、外観はクリーム色でどこか可愛らしいですが、城内はゴシック様式の装飾品や調度品に彩られ豪華絢爛な景色が広がっています。オリエンタルな雰囲気の「東洋の間」、ワーグナーが演奏したピアノが残る「ホーエンシュタウフェンの間」などは必見です。

ノイシュバンシュタイン城

ドイツ南部のバイエルン州にある雄大な自然の中に佇む美しい白亜の古城「ノイシュヴァンシュタイン城」。このお城は、言わずと知れたディズニーランドのシンデレラ城のモデルとして世界中から観光客が訪れる人気スポットとなっています。

1868年第4代バイエルン国王であるルードヴィッヒ2世が23歳のときに、フランスのヴェルサイユ宮殿を見て、ドイツにも同じように「夢の城」を築くことを決意し作られたそうで、豪華な内装で彩られた王座の間、オペラ「パルジファル」の内容が描かれた壁画のある歌人の間など贅をつくした内装が見どころです。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード