フランスのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介

フランスといえば、美食の国として世界中で知られていますが、その魅力は料理だけでなく、スイーツにもあります。フランスのお菓子は、その美しい見た目と豊かな味わいで、多くの人々を魅了してやみません。本記事では、そんなフランスのお菓子・スイーツの中から、おすすめの人気20選をご紹介します。お土産としても喜ばれるものから、日本でも手に入るものまで、幅広くピックアップしました。ぜひ、フランスの甘い魅力を感じてみてください。

2024年06月25日更新



フランスのお菓子・スイーツの特徴は?

フランスのお菓子・スイーツの特徴は、その美しい見た目と繊細な味わいにあります。フランス菓子は、他国との交流や歴史的な背景を通じて発展してきました。例えば、16世紀にカトリーヌ・ド・メディシスがイタリアからフランスに嫁いだ際、彼女はパティシエを連れてきて、ビスキュイやマカロンなどの技術を伝えました。また、フランス革命後、失業したパティシエたちが街中にお菓子店を開いたことで、一般の人々にもお菓子が広まりました。こうした歴史的背景が、フランス菓子の多様性と独自性を生み出しています。

フランスのお菓子・スイーツの魅力は?

フランスのお菓子・スイーツの魅力は、その上質な材料と繊細な手作業にあります。フランスのパティシエたちは、最高品質の材料を厳選し、それらを絶妙に調和させることで、美味しさと見た目の美しさを実現しています。また、フランスのお菓子は、季節ごとに変わる特別なメニューも魅力の一つです。夏には爽やかなフルーツがたっぷりと使われたデザートが登場し、冬には温かいチョコレートやスパイスの効いたお菓子が人気を集めます。フランスのお菓子は、見た目にも美しく、色鮮やかなフルーツや花を使った装飾が施されており、まるで芸術品のようです。

フランスのお菓子・スイーツおすすめ人気20選

彩り豊かな一口の贅沢「マカロン」

マカロンは、フランス菓子の中でも特に人気の高いスイーツです。サクッとした外側としっとりとした内側の食感が特徴で、ガナッシュやクリームがサンドされています。そのカラフルな見た目は、目でも楽しむことができ、ピスタチオやシトロン、キャラメルなど多彩なフレーバーが揃っています。特に、東京・白金の「ラ・メゾン白金」では、ショコラとマカロンを融合させた「ショコラマカロン」など、リッチな味わいのバリエーションも楽しめます。自分へのご褒美やギフトとしても最適で、その美しい見た目と豊かな風味が贈り物としても喜ばれます。

外はカリッ、中はモチッの絶妙な食感「カヌレ・ド・ボルドー」

カヌレ・ド・ボルドーは、フランスのボルドー地方発祥の伝統的な焼き菓子です。外側はカリッとしたキャラメル状の皮で覆われており、中はモチッとした柔らかい食感が特徴です。この独特の食感は、蜜蝋を使って型に焼き付ける製法によって生まれます。カヌレは、バニラやラム酒の香りが豊かで、シンプルながらも深い味わいが楽しめます。特に、フランスのパティスリーでは、伝統的なレシピを守りつつ、現代風にアレンジされたカヌレも多く見られます。その美味しさと見た目の美しさから、カヌレはギフトとしても人気が高く、日本でも通販で手軽に購入することができます。

チョコとオレンジの爽やかなハーモニー「オランジェット」

オランジェットは、チョコレートとオレンジの絶妙な組み合わせが楽しめるスイーツです。オレンジの爽やかな香りとチョコレートのコクが見事に調和し、華やかな余韻が広がります。特に、ビターチョコレートやホワイトチョコレートを使用したオランジェットは、異なる風味のバリエーションが楽しめます。また、コーンフレークの軽快な食感がアクセントとなる商品もあり、食感の違いも楽しめます。オランジェットは、バレンタインの贈り物や自分へのご褒美としても人気が高く、期間限定の商品も多く見られます。

一口で広がる濃厚なチョコの甘美「フォンダン・オ・ショコラ」

フォンダン・オ・ショコラは、フランスのチョコレートケーキで、その特徴は中心部がとろっとしたクリーム状になっていることです。小麦粉、バター、鶏卵、溶かしたチョコレートを混ぜて焼くだけの簡単なレシピですが、中心部を焼ききらずに作ることで、口の中で溶けるような食感を楽しめます。このケーキの名前は、フランス語で「溶ける」を意味する動詞 “fondre” に由来し、「口溶けの良いもの」という意味を持ちます。また、ガトー・オ・ショコラやモワルー・オ・ショコラといった類似のケーキも存在し、それぞれの食感や焼き加減に微妙な違いがあります。

キャラメルがけのアップルパイの至福「タルト・タタン」

タルト・タタンは、キャラメルでコーティングされたリンゴを使ったフランスの伝統的なアップルパイです。リンゴの酸味とキャラメルの甘さが絶妙に調和し、サクサクのパイ生地とともに楽しめます。静岡県の「フレジュス」では、キャラメルアップルパイが人気で、パイのサクサク感とバターの香ばしい風味、リンゴの酸味と甘味、キャラメリゼの苦味が一体となり、まるでタルト・タタンを食べているかのような味わいが楽しめます。また、クックパッドのレシピでは、キャラメリゼしたリンゴをパイ生地で包んで焼くだけの簡単な方法が紹介されており、自宅でも手軽にタルト・タタン風のキャラメルアップルパイを作ることができます。

フルーツたっぷりの華やかスイーツ「シャルロット・オ・フリュイ」

シャルロット・オ・フリュイは、ビスキュイ生地を器に見立て、その中にバヴァロワを流し込んで固めたフランスの冷製スイーツです。上には季節のフルーツがたっぷりと飾られ、見た目も華やかで、特別な日のデザートとして人気があります。その起源は18世紀に遡り、フランスの隣国であるグレートブリテン王国の王妃シャーロットの帽子に似ていることから名付けられたという説があります。また、ロシアやポーランドの「シャルロートカ」をフランス風にアレンジしたものという説もあり、正確な起源は不明です。シャルロット・オ・フリュイは、サクサクとしたビスキュイ生地とひんやりなめらかなバヴァロワ、そしてフルーツの甘酸っぱさが絶妙に調和したスイーツで、世界中で愛されています。

カスタードとメレンゲの絶妙な層「シブースト」

シブーストは、カスタードクリームとメレンゲを組み合わせたフランスの伝統的なスイーツです。カスタードクリームにメレンゲを加え、ゼラチンで形を保たせたクリームが特徴で、これをタルト生地の上に乗せてキャラメリゼします。このスイーツは、19世紀にパリのパティシエ、ルイ・エルネスト・シブーストによって考案されました。シブーストのクリームは、卵と牛乳の優しい風味と滑らかな食感が生きており、キャラメリゼされた表面のカリッとした食感とのコントラストが絶妙です。また、シブーストはフルーツやリキュールを加えてアレンジすることもでき、季節ごとのバリエーションが楽しめます。

オレンジリキュールが香るクレープの逸品「クレープ・シュゼット」

クレープ・シュゼットは、薄く焼いたクレープをオレンジジュースやすりおろしたオレンジの皮と一緒に煮込み、リキュールを注いでフランベする伝統的なフランス菓子です。このデザートは、バター、オレンジ果汁、リキュールを使って作られ、炎のパフォーマンスが特徴です。リキュールの風味が主体となり、しっとりとしたクレープと甘さを控えたオレンジソースの組み合わせが絶妙な味わいを生み出します。特に、春に旬なオレンジを使用したソースで煮ることで、より一層の美味しさが引き立ちます。クレープ・シュゼットは、フランス料理のレストランで提供される温かいデザートとしても人気があります。

パリッとキャラメル、トロッとクリーム「クレーム・ブリュレ」

クレーム・ブリュレは、フランスの伝統的なデザートで、表面のパリッとしたキャラメルと中のトロッとしたクリームの食感が特徴です。キャラメルのほろ苦さと濃厚なクリームの甘さが絶妙に調和し、一口目からその魅力に引き込まれます。オーブンやバーナーを使わずにフライパンで手軽に作れるレシピもあり、初心者でも挑戦しやすいです。また、キャラメルのパリパリ感を楽しむために、食べる直前にキャラメルを作ってかけると良いでしょう。

爽やかな氷のシャーベット「グラニテ」

グラニテは、フランスの伝統的な氷菓で、果実のピューレやジュースに砂糖や香料を加え、かき混ぜながら凍らせて作ります。アイスクリームやアイスミルクに比べて乳脂肪が少なく、さっぱりとした味わいが特徴です。特に、夏の暑い日にぴったりのデザートで、レモンやオレンジ、ベリーなどのフルーツを使ったバリエーションが豊富です。グラニテは、フルーツの自然な甘さと酸味が活きており、食後の口直しやリフレッシュメントとしても最適です。

アーモンドが香るバターケーキ「フィナンシェ」

フィナンシェは、フランス発祥の焼き菓子で、バターとアーモンドの香りが豊かに広がるのが特徴です。主な材料はバター、卵白、砂糖、アーモンドパウダー、小麦粉で、焦がしバター(ブール・ノワゼット)を使用することで、独特の風味が生まれます。その名前は、金の延べ棒のような形から「金融家」を意味するフランス語に由来しています。フィナンシェは、焼きたての香ばしさとしっとりとした食感が魅力で、プレゼントにも最適です。また、抹茶やココアを加えてアレンジすることも可能で、様々なフレーバーを楽しむことができます。

アルザス地方の伝統的バターケーキ「クグロフ」

クグロフは、フランス東部のアルザス地方でクリスマスに欠かせない伝統的なバターケーキです。帽子のような独特の形をしたクグロフ型にバターを塗り、底にアーモンドを散らしてから、洋酒に漬け込んだレーズンなどのドライフルーツを混ぜた生地を流し込みます。焼き上がったクグロフは粉砂糖をまぶして仕上げ、甘さ控えめのためパンとしても楽しめます。また、ハムやチーズを挟んでクロック・ムッシュとして食べることもあります。クグロフの歴史は古く、東方の三博士が陶器職人の家に泊めてもらったお礼に、帽子の形をした型を作って焼いたという説や、マリー・アントワネットがオーストリアから持ち込んだという説があります。

アーモンドの香ばしさとクリームの調和「ダックワーズ」

ダックワーズは、アーモンドの香ばしさとクリームの調和が楽しめるフランスの伝統的な焼き菓子です。外側はサクサクとしたメレンゲ生地で、中にはバタークリームやガナッシュがサンドされています。アーモンドパウダーを使用することで、豊かな風味と軽い食感が特徴です。特に、クレームダマンド(アーモンドクリーム)を使用したダックワーズは、アーモンドの香りが一層引き立ちます。このスイーツは、見た目の美しさと繊細な味わいから、贈り物としても人気が高く、フランスのパティスリーでは定番の一品です。

ナッツとキャラメルの贅沢なサブレ「フロランタン・サブレ」

フロランタン・サブレは、ナッツとキャラメルの贅沢な組み合わせが楽しめるフランスの焼き菓子です。サブレ生地の上に、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類をキャラメルでコーティングし、オーブンで焼き上げます。キャラメルのほろ苦さとナッツの香ばしさが絶妙に調和し、サクサクとした食感が特徴です。特に、フランスのパティスリーでは、バターの風味豊かなサブレ生地と、カリッとしたキャラメルナッツの層が一体となったフロランタン・サブレが人気です。自宅でも簡単に作れるレシピが多く紹介されており、贈り物としても喜ばれる一品です。

アーモンドクリームが詰まった新年の伝統「ガレット・デ・ロワ」

ガレット・デ・ロワは、フランスで新年を祝う伝統的な焼き菓子です。一般的にはパイ生地の中にアーモンドクリームを詰めて焼き上げますが、地方によってはブリオッシュ生地にドライフルーツやオレンジをトッピングしたものもあります。この菓子には「フェーブ」と呼ばれる小さな陶器の人形が隠されており、切り分けた際にフェーブが入っていた人はその日「王様」や「女王様」として祝われます。ガレット・デ・ロワは、家族や友人と一緒に楽しむことが多く、名店の味を楽しむも良し、自宅で手作りするも良しと、新年の楽しみの一つとなっています。

クリームたっぷりのふわふわシュー「シュー・ア・ラ・クレーム」

シュー・ア・ラ・クレームは、フランスの伝統的なスイーツで、ふわふわのシュー生地にたっぷりのカスタードクリームや生クリームを詰めたものです。シュー生地は軽くてサクサクとした食感が特徴で、クリームの濃厚な甘さと絶妙にマッチします。特に、クッキーシュータイプのものは、外側がザクッとした食感で、クリームとのコントラストが楽しめます。また、季節ごとにフルーツを使ったバリエーションもあり、見た目も華やかでインスタ映えすること間違いなしです。シュー・ア・ラ・クレームは、フランスのパティスリーで定番の一品であり、その美味しさと見た目の美しさから、贈り物としても人気があります。

チョコとカスタードの夢のコラボ「エクレール」

エクレールは、フランスの伝統的なスイーツで、細長いシュー生地にカスタードクリームを詰め、上にチョコレートをかけたものです。シュー生地の軽やかな食感と、濃厚なカスタードクリームの甘さが絶妙に調和し、さらにチョコレートのコクが加わることで、贅沢な味わいが楽しめます。特に、チョコレートの種類やカスタードクリームのフレーバーを変えることで、様々なバリエーションが楽しめるのも魅力です。エクレールは、フランスのパティスリーで定番の一品であり、その美しい見た目と豊かな風味から、贈り物としても人気があります。

プラリネクリームのリングシュー「パリ・ブレスト」

パリ・ブレストは、フランスの伝統的なスイーツで、リング状のシュー生地にプラリネクリームをたっぷりと挟んだものです。このデザートは、パリとブレスト間で行われる自転車レースにちなんで作られ、その形状は自転車の車輪を模しています。シュー生地は軽くてサクサクとした食感が特徴で、プラリネクリームの濃厚な甘さと絶妙にマッチします。プラリネクリームは、キャラメルがけしたアーモンドやヘーゼルナッツをペースト状にしたもので、ナッツの香ばしさとキャラメルの風味がクリームに深いコクを与えます。パリ・ブレストは、その美味しさと見た目の美しさから、フランスのパティスリーで定番の一品となっており、特別な日のデザートとしても人気があります。

フランス菓子の王道、至福の味わい「サントノーレ」

サントノーレは、フランスの伝統的なスイーツで、その名前はパリのサントノーレ通りに由来しています。このケーキは、円盤状のパイ生地を土台にし、周囲にはカラメルを塗ったシュークリームを並べ、中央にはたっぷりのクリームを絞り出して仕上げます。パイ生地のサクサク感とシュークリームのカリッとした食感、そしてクリームの滑らかさが絶妙に調和し、一口ごとに異なる食感と味わいを楽しむことができます。サントノーレは、特別な日やお祝いの席でよく食べられるスイーツで、その華やかな見た目と豊かな風味が多くの人々に愛されています。

ふわふわで甘いマシュマロの贈り物「ギモーヴ」

ギモーヴは、フランス発祥の砂糖菓子で、見た目はマシュマロに似ていますが、全く異なるスイーツです。主な材料はフルーツピュレ、砂糖、ゼラチンの3つで、フルーツピュレと砂糖を煮詰めたものにゼラチンを加え、ミキサーでふわふわに泡立てて冷やし固めます。ギモーヴは、フルーツ本来の濃厚な風味や酸味を楽しむことができ、しっとりとやわらかい食感が特徴です。一方、マシュマロは卵白、シロップ、ゼラチンを使い、メレンゲを作ってから固めるため、弾力があり、砂糖や香料の甘味が強いです。ギモーヴはカラフルでかわいらしい見た目から、ギフトとしても人気があります。

フランスのお菓子・スイーツはどこで買える?

フランスのお菓子・スイーツは、現地のパティスリーやブーランジェリーで購入するのが一般的です。特にパリやリヨンなどの大都市には、世界的に有名なパティスリーが数多く存在し、そこでしか味わえない特別なスイーツを楽しむことができます。また、フランス国内のスーパーマーケットでも、Heudebertのビスコットなど、日常的に楽しめるお菓子が手に入ります。さらに、オンラインショップを利用すれば、日本からでもフランス産のスイーツを取り寄せることが可能です。例えば、東京カヌレやマカロンのアソートセットなどが人気で、ギフトとしても喜ばれます。

フランスのお菓子・スイーツを通販で購入するときは「送料」や「出荷元」をチェック!

海外のお菓子を通販で購入する際には、商品の価格だけでなく送料にも注意が必要であり、注文を確定する前に送料の有無と金額を確認することが大切です。また、異なる販売店から複数の商品を購入するとそれぞれの出荷元から発送されるため送料が複数回かかることがあるため、同一の出荷元からまとめて購入することで送料を節約できます。
 
さらに、楽天や他の通販サイトでは「2000円以上の注文で送料無料」などのキャンペーンを実施している場合があるため、複数の商品を購入する際にはこのようなキャンペーンを活用し、品揃えの豊富な販売店で一括して購入することをおすすめします。また、海外からの商品には関税や輸入税がかかる場合があり、これらの追加費用が発生するかどうかを購入前に確認しておくことも重要です。さらに、他の購入者のレビューを参考にして商品の質や味、梱包状態などについて事前に知ることで、満足のいく買い物ができるでしょう。

フランスのお菓子・スイーツのお気に入りを見つけよう!

以上、フランスのお菓子・スイーツのおすすめ人気20選をご紹介しました。どれもフランスの豊かな歴史と文化が詰まった逸品ばかりです。旅行のお土産としてはもちろん、日常のちょっとした贅沢にもぴったりです。また、日本でも手軽に購入できるものもあるので、ぜひ試してみてください。フランスのスイーツは、食べるだけで幸せな気分にさせてくれる特別な存在です。ぜひ一度、その魅力を堪能してみてください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介