冬の石垣島をおすすめする6つの理由!冬の気候・観光・アクティビティおすすめのホテルなども紹介

冬の石垣島特集!寒い冬、雪や冷たい風に包まれる日本の多くの地域とは対照的に、石垣島は温暖な気候を享受できる楽園です。石垣島は、美しいビーチ、透明な海、豊かな自然が魅力の一つです。しかし、夏だけの目的地だと思っていませんか?実は、冬の石垣島もまた、訪れる価値があります。冬の石垣島では、穏やかな気候の中、リラックスした時間を過ごすことができ、さまざまなアクティビティや観光スポットを楽しむことができます。この記事では、冬の石垣島の魅力を詳しく紹介します。石垣島の基本情報から、冬の気温と服装、おすすめのアクティビティや観光スポット、アクセス方法、そしておすすめのホテルまで、冬の石垣島旅行のすべてをカバーします。冬の石垣島、新しい発見と冒険があなたを待っています!

2023年10月31日更新



石垣島ってどんなところ?

出典:PIXTA
石垣島は沖縄の美しい島の一つで、八重山諸島に属しています。透明度の高い海と雄大な自然が魅力で、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツが楽しめます。また、石垣島は多くの観光スポットもあり、観光地として非常に人気があります。島内には南国特有の美しい花々や、沖縄の伝統的な赤瓦の民家、さとうきび畑が広がり、昔ながらの風景を楽しむことができます。その一方で、石垣島には魅力的なリゾートホテルや大型ショッピングモールもあり、ショッピングや夜のお酒を楽しむこともできます。自然の美しさと都会の便利さを両方楽しむことができるのが、石垣島の大きな魅力の一つです。

冬の石垣島周辺の気温と服装

出典:PIXTA
石垣島の気候は亜熱帯海洋性で、年間平均気温は約24℃。一年を通して温暖で、1月や2月でも10~15℃と、他の地域に比べて温かいです。ただし、冬は北風が強く、体感温度が寒く感じることもあります。ツアーが中止になることもあるため、注意が必要です。3月からは北風が弱まり、半袖で過ごせる日も増えます。石垣島の冬の平均最高気温は20℃以上、最低気温も16℃以上。晴れた日には半袖で過ごせますが、くもりや雨の日は肌寒く感じることも。冬の服装としては、長袖Tシャツにウィンドブレーカーやパーカー、カーディガンなどを持って行くのがおすすめです。12月中旬~2月中旬は最も冬のシーズンで、この時期は北風が強く、半袖の上に何かを羽織るなど、体温調節ができる服装がベストです。

冬に石垣島をおすすめする理由

航空券・ホテル安い

出典:PIXTA
冬の石垣島旅行は、航空券やホテルが安いという大きな魅力があります。夏は石垣島がベストシーズンで観光客で賑わいますが、冬は人出が少なく、静かに島を楽しむことができます。1月中旬以降は航空チケットの価格も下がり、更に石垣島はLCCも運行しており、成田から片道1万円前後で訪れることが可能です。この時期、人気の観光地やお店も空いており、スムーズに観光を楽しむことができます。また、ホテルの予約も取りやすく、リーズナブルな価格で宿泊施設を確保することができます。年末年始は多くの旅行者で混雑しますが、お正月が過ぎると再び静かな石垣島を満喫できます。冬の石垣島は、お得な価格での旅行と、ゆっくりとした時間を楽しむのに最適な時期です。

台風の心配がない

出典:PIXTA
冬の石垣島旅行のもう一つの大きな魅力は、台風の心配がないことです。夏の沖縄では台風の影響で飛行機や船の運行が停止することがありますが、冬はそのような心配がありません。沖縄気象台のデータによれば、2006年から2020年の15年間で、石垣島周辺への冬の台風接近数はゼロです。さらに、1951年から2020年の50年間で見ても、冬の台風接近はたったの1回(2004年12月)しか記録されていません。これにより、冬の石垣島では、台風の影響を気にせず、安心して旅行の計画を立てることができ、存分に旅を楽しむことができます。

冬はより海が綺麗

出典:PIXTA
冬の石垣島をおすすめする理由の一つは、この時期の海が特に美しいことです。冬の海は、海水温が下がることで、海中のプランクトンなどの生物が少なくなり、透明度が高くなります。これにより、海中がいつも以上にはっきりと見渡せ、その美しさをより一層感じることができます。石垣島の海は、日本でもトップクラスの美しさを誇り、その透明度やサンゴ礁の質、熱帯魚の種類は世界的にも有数です。冬でもウェットスーツを着れば、快適に海を楽しむことができます。石垣島の冬の海は、その美しさが際立ち、訪れる価値があります。

マリンスポーツやツアーは冬でもできる

出典:PIXTA
冬の石垣島でも、マリンスポーツやツアーを楽しむことができるのが魅力の一つです。ウェットスーツを着用すれば、冬でも快適に海を楽しむことが可能です。特に冬の海は透明度が高く、珊瑚礁や魚をはっきりと見ることができます。1月の平均海水温は23~25℃で、ウェットスーツを着れば十分に暖かく感じます。石垣島は亜熱帯気候で、年間を通して温暖。冬でも半袖で過ごせる日もあり、シュノーケリングやダイビング、SUPなどのマリンアクティビティを余裕で楽しむことができます。台風の心配もなく、冬の海の美しさと透明度の高さを満喫できます。最も寒い1月でも平均気温は約20度前後。少し肌寒い日でも、ウェットスーツを着ればシュノーケルなどが楽しめ、石垣島の美しい海を存分に堪能できます。

南十字星が見られる

出典:PIXTA
冬の石垣島では、澄んだ夜空の下、美しい南十字星を観賞することができます。この時期、石垣島の空は特に澄んでおり、南十字星が日本で唯一見える場所となります。星空鑑賞ツアーも開催されており、専門のガイドと一緒に、この美しい星座を堪能することができます。また、石垣島は国際ダークスカイ協会によって、星空保護区に認定されています。これにより、天の川や流れ星など、他の星々も鮮明に観察することができます。冬の石垣島の夜空は、星座や天の川、流れ星など、壮大な宇宙の美しさを感じることができ、訪れる価値があります。

繁忙期に比べて観光客が少ない

出典:PIXTA
冬の石垣島は、繁忙期に比べて観光客が格段に少なく、静かに島を楽しむことができます。夏の観光シーズンには多くの人で賑わう観光スポットも、冬季にはゆっくりとした時間を過ごすことができます。これにより、人ごみを気にせず、石垣島の自然や文化を深く堪能することが可能です。また、観光地やレストランでの待ち時間も少なく、スムーズに移動や食事を楽しむことができます。石垣島の美しいビーチや観光スポットで、冬の穏やかな気候と共に、リラックスした時間を過ごすことができるでしょう。


冬の石垣島&離島旅行スケジュールの組み方

先に離島、最後に石垣島の順

冬の石垣島&離島旅行では、離島を先に訪れ、最後に石垣島を楽しむスケジュールがおすすめです。西表島や竹富島、小浜島などへは石垣島から船でアクセスしますが、冬は北風が強く、フェリーが欠航する可能性があります。特に西表島へのフェリーは欠航率が高いため、離島訪問は旅行の初めにスケジュールすると、万が一の欠航時も石垣島での滞在時間を調整して対応できます。また、西表島には上原港と大原港があり、大原港の方が欠航率が低いですが、両港は約35km離れているため、移動時間も考慮に入れて予定を立てると安心です。このように、離島を先に訪れることで、安心して石垣島&離島旅行を楽しむことができます。

屋内で楽しめるスポットも把握しておく

冬の石垣島&離島旅行では、天気が変わりやすいこともあります。そのため、屋内で楽しめるスポットもあらかじめ把握しておくと、急な天候の変化にも柔軟に対応でき、旅の楽しみを損なうことなく、有意義な時間を過ごすことができます。例えば、石垣島には伝統工芸の体験ができる施設や、地元の歴史や文化を深く知ることができる博物館など、屋内で楽しむことができるスポットが多数あります。また、美味しい地元の料理を味わうことができるレストランやカフェも、雨の日の楽しみの一つです。これらの施設を事前にリサーチして、旅行プランに組み込んでおくと、どんな天気でも八重山諸島を満喫できます。

石垣島への行き方・アクセス方法

出典:PIXTA
石垣島へのアクセスは主に飛行機での訪問が一般的です。石垣空港は、日本国内の主要都市(東京、大阪、名古屋、福岡など)からの直行便が運行されており、アクセスは非常に便利です。また、LCC(格安航空会社)も石垣島への路線を持っているため、早めに予約をすれば、リーズナブルな価格で飛行機のチケットを購入することができます。石垣空港から市街地までは車で約30分です。空港からはタクシーやレンタカー、または公共のバスを利用して移動することができます。石垣島内の移動には、レンタカーが最も便利で、島内の多くの観光スポットへ簡単にアクセスすることができます。船を利用して、石垣島周辺の他の島々(例:竹富島、小浜島など)を訪れることも可能です。

冬の石垣島でおすすめのアクティビティ

シュノーケリング・ダイビング

出典:PIXTA
石垣島の冬のアクティビティとして、シュノーケリングやダイビングは外せません。冬でも海の透明度は高く、ウェットスーツを着れば寒さを感じずに美しい海の世界を堪能できます。石垣島周辺の海では、マンタやウミガメといった魅力的な海洋生物に出会うチャンスも豊富です。体験ダイビングツアーやシュノーケリングの半日ツアーも冬季に提供されており、ダイビングのライセンスがない方でも安心して海中の冒険を楽しむことができます。ガイドのサポートのもと、安全に海を楽しむことができます。冬の石垣島で、青く澄んだ海を背景に、鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚とのふれあいをお楽しみください。

マングローブカヌー(カヤック)

出典:PIXTA
石垣島の冬のアクティビティとして「マングローブカヌー」は大変おすすめです。冬の石垣島は北風が強い日がありますが、マングローブエリアでは風の影響を受けにくく、安心してカヌーを楽しむことができます。石垣島の宮良川では、美しいマングローブの森をカヌーで進むツアーが人気です。両脇に広がるヒルギ群や、特有の動植物を観察しながら、静かで穏やかな自然を満喫することができます。カヌーは未経験者でも参加可能で、ガイドが基本的な操作方法を教えてくれます。寒い冬でも、マングローブの中では風を気にせず、心地よいカヌー体験が楽しめます。

マングローブSUPツアー

出典:PIXTA
石垣島での冬のおすすめアクティビティとして、マングローブSUPツアーがあります。このツアーでは、美しいマングローブが茂る宮良川を、スタンドアップパドルボード(SUP)で進みます。冬の清々しい空気の中、SUPで川を進むのは、非常に爽快で心地よい体験です。宮良川の穏やかな流れの上で、周囲の自然をゆっくりと堪能することができます。また、SUPは初心者でも簡単に楽しむことができ、ツアーでは専門のインストラクターが基本的な操作方法を教えてくれます。家族や友人と一緒に、新しい冒険を楽しんでみてはいかがでしょうか。

フィッシングツアー

出典:PIXTA
石垣島での冬のアクティビティとして、フィッシングツアーも大変おすすめです。石垣島周辺の海は、豊富な魚種が生息しており、初心者から上級者まで楽しむことができます。ツアーでは、専門のガイドが釣りの基本を丁寧に指導してくれるので、釣りが初めての方でも安心して参加できます。クルーザーで石垣島の沖合に出て、大物釣りの興奮を体験することができます。釣った魚は、新鮮なまま味わうこともでき、格別の味わいを楽しむことができます

冬の石垣島でおすすめの観光スポット

波ん馬

石垣島にある「波ん馬」は、ビーチでの体験乗馬が楽しめる新しい観光スポットです。離島ターミナルから車で約15分の距離に位置し、現在12頭の和種馬のミックスが飼育されています。これらの馬は、背が低く、太めで愛嬌があり、温厚な性格を持っています。生後6カ月から訓練が始まり、2〜3歳でビーチ引き馬などの軽めのコースでデビューします。初心者でも安心して乗馬を楽しむことができ、スタッフが引いて歩く引き馬コースや、浜辺を駈歩するコースなど、様々な体験が可能です。名蔵湾と西表島の美しい風景を馬の上から眺めながら、忘れられない思い出を作ることができます。

施設名 波ん馬
住所 沖縄県石垣市新川1353-1
営業時間 8:30〜19:00 ※コースによって日時が異なる。詳細はHPで要確認
アクセス 離島ターミナルから車で約15分

※集合場所が牧場ではなくビーチのコースあり
駐車場 無料(ビーチ集合のコースは共用駐車場利用) 
料金 海の見える丘&ジェラート (150分)19,000円

ビーチ引き馬(30分)大人3,500円 小学生以下 3,000円
公式HP https://www.naminma.com

バンナ公園

出典:PIXTA
石垣島の「バンナ公園」は、バンナ岳の地形を活用した広大な森林公園で、標高230mからの絶景が楽しめます。園内には多くの眺望スポットがあり、エメラルドの海を一望できる展望台も存在します。300ヘクタールもの広大な面積を持つこの公園では、セグウェイを利用したツアーが人気です。地元のガイドと一緒に園内を巡りながら、八重山諸島の自然、文化、歴史について学ぶことができます。ツアーでは、珍しい植物の説明を聞いたり、カンムリワシやセマルハコガメなどの貴重な天然記念物に出会うチャンスもあります。また、吊り橋を渡る際には、ダム湖と緑豊かな森を一望でき、スリルと感動を味わうことができます。バンナ公園でのセグウェイツアーは、自然と一体になれる貴重な体験を提供してくれます。

施設名 バンナ公園
住所 石垣市登野城2241-1(バンナ公園北口)
営業時間 9:00〜21:00
アクセス 離島ターミナルから車で約15分
駐車場 無料(バンナ公園北口駐車場)
公式HP http://www.banna7.com/

石垣やいま村

出典:PIXTA
石垣島にある「石垣やいま村」は、国際条約にも登録された名蔵アンパルの隣に位置する日本最南端のテーマパークです。ここでは、古民家を移築して、昔の八重山の風景を再現しています。2020年10月には、名蔵ドライブインという付属施設が完成し、食事や様々な体験が楽しめます。シーサーの色付けや琉装体験など、多様なメニューが揃っています。やいま村では、国の登録有形文化財にも指定されている古民家の内部を自由に見学できます。アンパル塔からの眺望も見逃せません。また、水牛の池やリスザルとのふれあいエリアもあり、動物好きにもおすすめです。自然探勝路を進んで名蔵アンパルを散策することもでき、マングローブの森を縫う木道からは、貴重な風景を間近に感じることができます。

施設名 石垣やいま村
住所 〒907-0021 沖縄県石垣市名蔵967−1
営業時間 9:00〜17:30(最終入村 17:00)
アクセス ■石垣空港より車で20分

■石垣港より車で20分

■路線バス : 元名蔵よりから徒歩で1分 やいま村入口より徒歩で7分 
駐車場 無料(100台)
公式HP https://www.yaimamura.com/

石垣島鍾乳洞

出典:PIXTA
石垣島鍾乳洞は、市街地から車で約10分、日本最南端の島内最大の鍾乳洞です。全長3.2kmのうち、約660mが公開され、年間通して23℃の洞内は、肌寒い日の観光に最適です。竜宮城風のゲートをくぐると、地下宮殿が広がり、石垣島の鍾乳石の成長は3年で約1mm、約20万年かかって今の姿に。洞壁のシャコガイの化石も見られます。進むと「乙姫御殿」や「神々の彫刻の森」など、見どころが次々に現れます。水琴窟の滴る水の音、幻想的なイルミネーション、地底湖、そして「トトロの鍾乳石」など、見逃せないポイントが盛りだくさんです。起伏のある洞内を冒険者気分で探索し、大自然の息吹を堪能してください。

施設名 石垣島鍾乳洞
住所 〒907-0023 沖縄県石垣市石垣1666
営業時間 ■鍾乳洞営業時間

9:00~18:30(最終受付18:00)


■食堂営業時間

11:00~16:00(ラストオーダー15:45)

飲み物のみ18:00まで対応可能


■売店営業時間

9:00~18:00
アクセス 石垣空港から 車(一般道)で約 30分

石垣市街地、石垣港から車で約10分
メニュー・料金 入洞料金

大人1,200円/小人600円


団体料金(15名以上)

大人1,080円/小人540円
駐車場 35台
公式HP https://www.ishigaki-cave.com/

石垣島ガラス工房Ponte(ポンテ)

石垣島ガラス工房Ponteでは、海を眺めながら琉球ガラスの制作体験が楽しめます。静かなエリアに位置し、店内には美しいオリジナル作品が展示されています。4つの体験コースの中で、一番本格的な「琉球吹きガラス体験」では、グラス・小鉢・一輪挿しの中から1つを選び、配色や模様、気泡の有無まで自分の好みでデザインできます。1300度以上の窯でガラスを溶かし、模様をつけ、吹き竿で膨らませる作業は、スタッフの協力のもと、冬の季節がおすすめです。作成したガラス作品は、中1日おいてから引き取り、手に取るたびに楽しい旅の思い出が蘇ります。

施設名 石垣島ガラス工房Ponte
住所 沖縄県石垣市新川1625-35
営業時間 10:00~18:00(最終受付)
アクセス 離島ターミナルから車で約12分
メニュー・料金 琉球吹きガラス体験(15〜30分)3,300円

ジェルキャンドル作成 2,500円

※送料全国一律1,200円(沖縄県内のみ900円)
駐車場 無料
公式HP https://ponte-glass.com/

石垣の塩

石垣島の南西部、名蔵湾沿いに位置する「石垣の塩工房」では、豊かな水とミネラル豊富な海水を使用した塩作りが行われています。この地は300年以上前に八重山諸島で初めて塩作りが始まった場所で、現代の島の塩作りの復活の原点でもあります。島人職人の手作りで、季節によって味が変わる無添加の塩が製造されており、島の自然食材に興味のある方には必見です。また、「石垣の塩作り体験」も提供されており、晴れた日に予約をして、自分で塩作りを体験することもできます。この工房では、自然の恵みを生かした本物の塩の味を楽しむことができます。

施設名 石垣の塩e
住所 沖縄県石垣市新川1145-57
営業時間 工房9:00〜18:00、石垣の塩づくり体験・ 石垣の塩ミネラルエッセンス体験 9:30〜15:00(最終受付)
アクセス 離島ターミナルから車で約18分
メニュー・料金 石垣の塩づくり体験(60分)2,880円

石垣の塩ミネラルエッセンス体験(150分)4,680円

※水着とバスタオルをご持参ください。レンタルあり
駐車場 無料
公式HP https://www.ishigakinoshio.com/

冬の石垣島で泊まってみたいおすすめホテル

星のや竹富島

出典:公式サイト
石垣島からわずか10分、竹富島に位置する「星のや竹富島」は、心温まる伝統と現代の快適さを融合したリゾートです。竹富島の美しい自然と調和する木造平屋造りの客室は、シーサーが見守る屋根と南向きの縁側で、心地良い南風を感じながらのんびりと過ごせます。沖縄特有の食材を使った「琉球ヌーヴェル」で、驚きの味わいを堪能できます。島の静寂な雰囲気の中、白い珊瑚の道を散策し、地元の人々とのふれあいを楽しんだり、夜空に輝く星々を眺めながら、心と体をリフレッシュすることができます。星のや竹富島では、島の伝統的な建築と自然を大切にし、訪れるすべての人に、忘れられない滞在を提供しています。


はいむるぶし

出典:公式サイト
沖縄からさらに南へ400km、小浜島に位置する「はいむるぶし」は、真のリラクゼーションと贅沢を提供するアイランドリゾートです。北半球最大のサンゴ礁に囲まれた瑠璃色の海と、国内最多の84星座が輝く幻想的な夜空が訪れる人々を魅了します。地元の新鮮な食材を使用した自慢の料理と、八重山地方の豊かな伝統、文化、自然を活かした滞在空間が、心身ともに癒しをもたらします。このリゾートでは、ゆったりと流れる島時間の中で、特別なリゾートステイを堪能できます。美しい海とのどかな原風景に囲まれ、西表石垣国立公園内の絶景を楽しみながら、心温まるひとときを「はいむるぶし」で過ごしませんか。ここでは、日常の喧騒から離れ、穏やかな時間と壮大な自然を満喫できます。


星野リゾート西表島ホテル

出典:公式サイト
石垣島から約45分、西表石垣国立公園内に位置する「星野リゾート 西表島ホテル」は、2019年にオープンしたばかりの新しいリゾートホテルです。西表島は、日本最南西端の八重山諸島にあり、90%が美しいジャングルに覆われた亜熱帯の楽園です。この島では、特別天然記念物であるイリオモテヤマネコをはじめ、多くの希少な動植物が生息しており、「日本最後の秘境」とも称されています。星野リゾートでは、西表島の壮大な自然を満喫できるアウトドアアクティビティや、島の独特な文化に触れるツアーを提供しています。マングローブのクルーズや、珍しい生物との出会いなど、ここでしか体験できない感動を味わうことができます。このリゾートで、大自然と一体となり、心からの癒しとリラクゼーションを得ることができます。


フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

出典:公式サイト
透明な海と白い砂浜、西海岸に立つ赤瓦と白壁のコテージが特徴の「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」。ここでは、石垣島の美しい自然と文化、そしてモダンな空間が融合し、訪れる人々を一つに結びつけます。様々なタイプの客室から選ぶことができ、それぞれが石垣島の青い空と海を身近に感じさせてくれます。リゾート内では、石垣島最大級のプールをはじめ、大浴場やスパ、インドアプールなど、天候に関わらず楽しめる施設が充実しています。また、厳選された食材を使用した沖縄料理やサンセットBBQなど、多彩な食体験も提供されており、自然の恵みと文化が織りなす料理を、美しい景色と共に堪能することができます。新しい施設も続々とオープンし、更なる豊かな滞在を約束してくれます。


石垣島からすぐ行けるおすすめの離島

西表島

出典:PIXTA
西表島は、日本の南西部に位置する美しい自然が豊かな島です。面積は約290平方キロメートルで、石垣島からフェリーで約30分の距離にあります。西表島は、国立公園に指定されており、亜熱帯のジャングル、美しいビーチ、マングローブの森、滝など、多様な自然環境が楽しめます。特に、島内に生息する絶滅危惧種のイリオモテヤマネコは、訪れる観光客に大人気です。また、島はダイビングやシュノーケリング、カヤッキングなど、アウトドアアクティビティに最適な場所です。西表島では、自然と一体となりながら、リラックスした時間を過ごすことができます。美しい海と緑豊かな自然が訪れる人々を魅了し続けています。

竹富島

出典:PIXTA
竹富島は、石垣島から約10分のフェリーの距離にある、美しい離島です。面積は約5.42平方キロメートルで、自然の美しさと伝統的な文化が魅力です。島内では、赤瓦の屋根が特徴的な伝統的な沖縄の家々を見ることができ、歴史と文化の深さを感じることができます。竹富島は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がり、シュノーケリングやダイビングのスポットとしても人気があります。また、島内は自動車の乗り入れが制限されており、のんびりとした時間が流れています。観光客は、レンタサイクルを利用して島を散策することが一般的です。竹富島では、美しい自然環境の中でリラックスした時間を過ごすことができ、心身ともにリフレッシュすることができます。

小浜島

出典:PIXTA
小浜島は石垣島から南に約35km、フェリーで約1時間の位置にある美しい離島です。面積は約8平方キロメートルで、周囲を白い砂浜と透明な海が囲んでいます。島はダイビングやシュノーケリングのスポットとして非常に人気があり、色とりどりの魚や珊瑚礁を楽しむことができます。また、小浜島は天然のビーチが豊富で、美しい夕日を見ることもでき、ロマンチックな雰囲気を味わうことができます。
島内には宿泊施設もあり、静かで穏やかな時間を過ごすのに最適です。自然散策も楽しめ、島の内部には緑豊かな森が広がっています。小浜島はその美しい景観とリラックスした雰囲気で、多くの観光客に愛されています。訪れた人々は、日常の喧騒から離れ、自然と一体になる癒しの時間を堪能することができます。

石垣島は冬こそ狙い目!石垣島に行ってみよう!

冬の石垣島は、他の季節とは一味違った魅力が溢れています。冬の温暖な気候は、アウトドアアクティビティや離島探訪に最適です。美しいビーチでのんびりしたり、マングローブの森でカヌーやSUPを楽しんだり、鍾乳洞探検や伝統的な塩作り体験もできます。また、周辺の離島、例えば小浜島では、ダイビングやシュノーケリングで石垣島の美しい海底世界を堪能することができます。
 
石垣島とその周辺の離島は、自然の美しさと共に、地元の文化や伝統も感じることができ、訪れるすべての人にとって魅力的な目的地です。この冬、石垣島で素敵な思い出を作り、心温まる経験をしませんか。石垣島は、あなたを温かく迎え入れ、冬の寒さを忘れさせてくれることでしょう。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード