グランピングとキャンプの違いや選び方、おすすめスポットを徹底比較!どちらを選ぶべき?

アウトドアが大流行の今、グランピングとキャンプはどちらも人気のレジャーですが、実際の違いやどちらを選ぶべきか悩んでいる方も多いでしょう。本記事では、グランピングとキャンプの違いやそれぞれの魅力、選び方のポイント、おすすめスポットや注意点・マナーなどを徹底解説します。これからグランピングやキャンプに挑戦しようと考えている初心者の方から、すでに経験者である方まで、幅広く役立つ情報をお届けします。どちらを選ぶべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

2023年11月02日更新



はじめに

アウトドアが注目を浴びる中、グランピングとキャンプが人気を集めています。都会の喧騒を離れ、自然に囲まれた場所でのびのびと過ごすことが魅力です。グランピングは、快適な設備やサービスが揃ったアウトドアスタイルで、手ぶらで楽しめることが人気の理由。一方、キャンプは自分たちで準備し、自然と一体になりながら過ごすアウトドア体験が魅力です。どちらも異なるアプローチで自然を楽しむため、好みや目的によって選び方が異なります。この記事では、それぞれの魅力や違いを徹底解説し、あなたに合ったアウトドアスタイルを見つけていただくための情報を提供します。

おすすめのグランピング施設の予約はこちらから


そもそもグランピングとは?

グランピングとは?定義と概要

グランピングは、「グラマラス」(豪華な)と「キャンピング」(キャンプ)を組み合わせた言葉で、快適な宿泊施設やサービスが提供されるアウトドア体験のことを指します。テントやコテージなど、個性豊かな宿泊スペースが用意され、ホテル並みの設備やアメニティが楽しめることが特徴です。

グランピングの魅力と特徴を紹介

グランピングの魅力は、手ぶらで豪華なアウトドア体験ができることです。寝具やキッチン設備などが整っており、食材やバーベキューセットの手配も可能です。また、自然を満喫しながらも、プライベート空間が確保された快適な宿泊施設で過ごせるため、アウトドア初心者や家族連れにも人気です。

グランピングの施設とサービスをチェック

グランピング施設には、快適なベッドやエアコン、電源、照明などが用意されています。また、レストランやカフェ、温泉・プール、アクティビティ施設など、充実した施設が揃っていることも多いです。さらに、専門スタッフがサポートし、アクティビティの手配や料理のサービスも提供されることがあります。

グランピングのメリットとデメリットを比較

グランピングのメリットは、手ぶらで快適なアウトドア体験ができることや、初心者でも楽しめる環境が整っていることです。一方、デメリットとしては、料金が高めであることや、予約が取りづらい人気施設があることが挙げられます。また、自分で準備や設営を行わないため、キャンプのような手作り感が薄れることもあります。

キャンプとは?

キャンプとは?定義と概要

キャンプは、自然の中でテントやタープを設営し、アウトドア料理やアクティビティを楽しみながら過ごすアウトドアレジャーです。自分たちで用意した道具を使って、自然と共存しながら過ごすことが特徴で、家族や友人とのコミュニケーションや、自然体験を通じたリフレッシュが求められます。

キャンプの魅力と特徴を紹介

キャンプの魅力は、自分たちで道具や食材を準備し、自然の中で生活することで得られる充実感や達成感です。また、自然と触れ合いながらアウトドアスキルを磨くことができ、家族や友人との絆を深めることができます。自由なスタイルで楽しめるため、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。

キャンプの準備と手順を解説

キャンプの準備では、テントや寝袋、調理器具、食材など、必要な道具や持ち物を揃えることが大切です。また、キャンプ場の予約や、天候・気温に応じた服装の準備も必要です。キャンプ当日は、テント設営や火起こし、調理など、自然の中で過ごすための基本的なスキルが求められます。

キャンプのメリットとデメリットを比較

キャンプのメリットは、自然と触れ合いながらストレス発散やリフレッシュができることや、家族や友人との絆を深める機会が得られることです。一方、デメリットとしては、道具や食材の準備や運搬が大変であることや、天候に左右されやすいことが挙げられます。また、施設によってはプライバシーが確保されにくいこともあります。

おすすめのグランピング施設の予約はこちらから


グランピングとキャンプ、どちらがおすすめ?違いを徹底比較

設備・サービスの違いをチェック

グランピングは、快適な宿泊施設や充実した設備・サービスが提供されるのに対し、キャンプは自分たちで道具や食材を準備し、自力で生活を楽しむスタイルです。グランピングは手軽にアウトドアを楽しめる一方、キャンプは自分たちで準備する手間がかかりますが、より自然に触れ合えます。

価格・コストの違いを検証

グランピングは、充実した設備やサービスが提供されるため、一般的にキャンプよりも費用が高くなります。一方、キャンプは自分たちで道具や食材を準備するため、予算に応じてコストを抑えることができます。ただし、キャンプ道具を揃える初期費用は高くなることがあります。

対象者・目的の違いを考察

グランピングは、手軽にアウトドアを楽しみたい方や、リラックスや癒しを求める方におすすめです。一方、キャンプは、自然体験やアウトドアスキルを磨きたい方、家族や友人とのコミュニケーションを大切にしたい方に向いています。

アクティビティの違いを比較

グランピング施設では、BBQやアウトドアクッキング以外にも、スポーツやアートなどのアクティビティが提供されることがあります。一方、キャンプでは、自分たちで企画・準備したアクティビティを楽しむことができ、自由度が高いですが、手間がかかることもあります。

グランピングとキャンプのさまざまなスタイル

グランピングのスタイル例:テント・コテージ・ドーム

グランピングには様々なスタイルがあります。テント型は本格的なキャンプ体験ができる一方で、快適さも追求されています。コテージ型は一戸建てのようなプライベート空間で過ごせ、自然と調和したデザインが魅力。ドーム型は、独特の形状が特徴で、室内空間が広く開放的です。

キャンプのスタイル例:オートキャンプ・バックパッキング・ファミリーキャンプ

キャンプにもいくつかのスタイルがあります。オートキャンプは、車でアクセスできるキャンプ場で楽しむスタイルで、道具や食材をたくさん持ち込むことができます。バックパッキングは、徒歩で行うキャンプで、最小限の荷物で自然を満喫します。ファミリーキャンプは、家族で楽しむことを重視したスタイルで、子どもも安心して過ごせる環境が整っています。

おすすめのグランピング施設の予約はこちらから


おすすめのグランピング&キャンプスポット紹介

日本国内で人気のグランピング施設をチェック

日本国内には、素晴らしいロケーションや個性的な設備が魅力のグランピング施設がたくさんあります。海や山、森などの自然に囲まれた場所で快適なひとときを過ごしましょう。

日本国内で人気のキャンプ場をチェック

日本には、豊かな自然に恵まれたキャンプ場が数多く存在します。アクセスが良い都市近郊のキャンプ場から、静かで美しい景色が楽しめる山間部のキャンプ場まで、目的や好みに合わせて選ぶことができます。

グランピングとキャンプ、どちらを選ぶ?選び方のポイント

予算と期待のバランスを見極める

グランピングとキャンプの選び方の一つ目のポイントは、予算と期待のバランスです。グランピングは高いコストがかかりますが、快適さやサービスが充実しています。キャンプは低予算で楽しめますが、自分で準備や設営を行う必要があります。

プライバシーの重要度を考慮

プライバシーを重視する場合、グランピングの方が良い選択です。グランピング施設は個別の宿泊スペースが確保されており、他の利用者との距離も離れています。一方、キャンプ場では、他の利用者との距離が近くなることがあります。

アクティビティの希望をリサーチ

アクティビティを楽しみたい場合、グランピング施設やキャンプ場によって提供されるアクティビティが異なります。事前にリサーチして、希望するアクティビティが楽しめる施設を選びましょう。

手間と時間の考慮を忘れずに

グランピングは設営や片付けの手間がほとんどありませんが、キャンプは自分でテント設営や料理などを行う必要があります。手間や時間を考慮して、自分に合った選択をしましょう。

持ち物チェックリストで忘れ物なし!

グランピングに必要な持ち物リスト

グランピングに必要な持ち物は、着替え、タオル、歯ブラシ、スリッパなどの基本的なアメニティ類です。また、虫除けや日焼け止め、帽子などの防虫・日焼け対策も忘れずに。

キャンプに必要な持ち物リスト

キャンプに必要な持ち物は、テント、寝袋、マット、クッカー、食器、椅子、テーブル、ランタンなどのキャンプ用具が必要です。さらに、着替え、タオル、歯ブラシ、スリッパ、食材、調味料、火起こし用具、ゴミ袋などの生活用品も必要です。また、虫除けや日焼け止め、帽子、レインウェアなどの防虫・日焼け対策や天候対策も忘れずに。

グランピング・キャンプでの注意点とマナーをマスター

天候・安全対策を押さえる

グランピング・キャンプでは、天候や安全対策が重要です。雨天時の対策や気温変化に備えた服装、万が一の事態に備えた救急用品を持参しましょう。また、火の取り扱いや野生動物に注意することも大切です。

エコロジー・環境保護の意識を高める

自然を楽しむグランピング・キャンプでは、環境保護を意識することが重要です。ゴミは持ち帰り、火を使った後は火種をしっかり消すなど、自然に配慮した行動を心掛けましょう。

近隣住民・他の利用者への配慮を忘れずに

グランピング・キャンプでは、近隣住民や他の利用者への配慮も大切です。音楽や大声での会話、車の出入りなどで迷惑をかけないようにしましょう。また、施設やキャンプ場のルールを守ることも重要です。

おすすめのグランピング施設の予約はこちらから


さいごに

本記事では、グランピングとキャンプの違いや魅力、選び方のポイントなどを紹介しました。グランピングは快適さを求める方に、キャンプは自然体験や手作り感を楽しみたい方におすすめです。自分の好みや目的に合った選択をし、素敵なアウトドア体験を楽しみましょう。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード