日本のクレイジーな食べ物ランキング10選!外国人も驚く海外で頻繁に取り上げられるものを紹介

和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録され、その独特な美しさと健康効果から世界中で人気を集めています。しかし、和食の中には、他の国ではなかなか見かけない、あるいは奇妙とされる食材や料理が多く含まれています。これらは、日本の豊かな食文化の一部であり、海外の人々にとっては驚きと興味を引く存在です。今回は、そんな日本のクレイジーな食べ物ランキングをお届けします。中には日本人でもあまり食べないものや、初めて聞くような驚きの食材もありますので、お楽しみに!

2024年05月31日更新


日本人だけが食べているものは意外に多い

日本の食文化は、多様で独特な食材や料理が豊富にあります。特に、日本人だけが食べているとされる食べ物が意外に多いことに驚かれるかもしれません。例えば、納豆はその独特の香りと粘りから他国では受け入れられにくい食品の一つです。また、イカの塩辛やイナゴの佃煮といった発酵食品や昆虫食も、日本特有の食文化の一例です。フグや白子などの高級食材も、日本では一般的に楽しまれていますが、その調理には高度な技術と知識が必要です。
 
さらに、地蜂せんべいやマグロの目玉など、見た目にインパクトがある食材も日本の食卓を彩ります。これらの食べ物は、日本の地域ごとの歴史や環境に根ざして発展してきました。それぞれが、栄養価の高さや健康への良さを兼ね備えており、現代でも多くの人々に親しまれています。日本の食文化は、地域ごとの特色と深い歴史に支えられたユニークな存在です。世界中の人々が驚くような食材が日常的に並ぶ日本の食卓は、その豊かさと独自性を象徴しています。

日本のクレイジーな食べ物ランキング10選

イカの踊り食い

日本のクレイジーな食べ物のひとつに「イカの踊り食い」があります。これは、函館の朝市で有名な「活いか踊り丼」にも見られる食べ方です。イカの踊り食いは、食べる直前に新鮮なイカに醤油をかけると、塩分の刺激でイカが動き出すというものです。海外では、生きたままのイカが踊っていると勘違いされることもありますが、実際にはイカはすでに捌かれており、動いているのは醤油の塩分によるものです。この独特な食文化は、日本の食材の新鮮さと調理法のユニークさを象徴しています。

桜肉・馬刺し

桜肉とは馬肉のことで、薄く切った馬肉を生で食べる日本料理です。この食べ方は全国的に見られるものではなく、熊本県や長野県など特定の地域で楽しまれています。「馬刺し」は世界的に見ても非常に珍しい調理法であり、動物の肉を生で食べる文化はまだ広く受け入れられていません。桜肉は英語で「Cherry Blossom Meat」とも訳され、その名前からはおしゃれな印象を受けます。

納豆

納豆は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本独特の発酵食品です。この食べ物は、そのぬめりと独特な香りから、海外の人々には受け入れがたいことが多いです。しかし、好きな人にとってはやみつきになる味わいです。日本国内でも納豆が苦手な人は多く、特に関西地方ではかつてあまり食べられていなかったという歴史があります。見た目や香りに反して、栄養価が高く健康に良いとされる納豆は、日本の食文化のユニークさを象徴する一品です。

イナゴの佃煮

イナゴはバッタの仲間であり、醤油、砂糖、水飴などで味付けして煮た料理です。カリッとした食感が美味しいとされ、特に長野県などの山間部で多く食されています。この地域では海産物が少ないため、昔からタンパク源としてイナゴが重宝されてきました。見た目に抵抗を感じる人もいますが、栄養価が高く健康にも良いとされています。

白子

白子とは魚の精巣で、特に鱈や河豚の白子が有名です。クリーミーな食感と濃厚な味わいが特徴で、鍋物や天ぷら、焼き物などで楽しまれます。白子は見た目や名前から敬遠されることが多いですが、一度食べるとその美味しさに虜になる人も多いです。日本では冬の味覚として親しまれ、高級料理としても扱われることがあります。白子は栄養価も高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、健康にも良いとされています。

イカの塩辛

イカの内臓を塩漬けにし、発酵させて作るこの料理は、独特の風味と濃厚な味わいが特徴です。日本では一般的な酒の肴として親しまれており、その強烈な塩味と香りが酒の味を引き立てます。見た目や香りに抵抗を感じる人も多いですが、イカの旨味が凝縮された味わいは、一度好きになるとやみつきになる魅力があります。日本の食文化の中でも特にユニークで、海外では珍しいとされるイカの塩辛は、日本の発酵食品の多様性を象徴しています。

フグ

フグは強力な毒を持つ魚として知られており、その毒は適切に処理しないと命に関わる危険があります。それにもかかわらず、日本ではフグ料理が高級食材として愛されています。特に冬に旬を迎えるフグは、刺身、鍋、唐揚げなど様々な料理で楽しまれます。フグの調理は専門の資格を持つ料理人のみが許可されていますが、そのリスクを冒してでも食べる価値があるとされる美味しさです。

地蜂せんべい

地蜂せんべいは、地蜂(ジバチ)と呼ばれる蜂を丸ごと使用したせんべいです。特に長野県や岐阜県などの山間部で作られており、地元の特産品として親しまれています。このせんべいは見た目が衝撃的で、多くの人にとって一口食べる勇気が必要です。しかし、香ばしい風味とカリッとした食感が特徴で、意外にも美味しいと評判です。

マグロの目玉

マグロの目玉は、その巨大なサイズと独特な見た目から、多くの人に驚かれる一品です。特に寿司屋や魚市場で見かけることが多く、煮付けや焼き物として食べられます。コラーゲンが豊富で、ぷるぷるとした食感が特徴で、美容にも良いとされています。味は淡白で、醤油や生姜で味付けすると美味しくいただけます。この大胆な食材を楽しむことは、日本の食文化の冒険心と創造力を感じさせます。マグロの目玉は、その見た目に反して、意外と美味しいと評判の食べ物です。

ザザムシ

ザザムシとは、水生昆虫の幼虫のことで、特に長野県や岐阜県などで珍味として親しまれています。この昆虫は川底の石の下に生息しており、捕まえたザザムシは佃煮や甘露煮にして食べられます。栄養価が高く、たんぱく質が豊富であるため、昔から貴重な食材とされてきました。その見た目に抵抗を感じる人も多いですが、香ばしい味わいとカリカリした食感が特徴です。

まとめ

この記事では、日本のクレイジーな食べ物をいくつか紹介しました。イカの踊り食いや桜肉(馬刺し)、納豆、イナゴの佃煮、白子、イカの塩辛、フグ、地蜂せんべい、マグロの目玉、そしてザザムシなど、独特な食文化が存在します。これらの食べ物は見た目や香り、調理法が他国では考えられないものばかりですが、それぞれが日本の豊かな食文化を反映しています。日本の食文化は、地域ごとの特色や歴史に根ざしており、栄養価の高さや健康への良さも評価されています。挑戦的なグルメ体験を通じて、日本の食文化の多様性と独自性を再発見できるでしょう。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
セドナの魅力とおすすめ観光スポット10選!実際に子連れで行って紹介
南ドイツであなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット!ロマンチック街道や中世の街並みなども

おすすめ記事

大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
マレーシア旅行のお土産おすすめランキング9選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介
イギリスのお菓子・スイーツおすすめ人気12選!お土産や日本で買えるものなども紹介
スラムダンクの踏切の場所は?江ノ電・鎌倉高校前の踏切を紹介

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介

キーワード