オーストラリア旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説

オーストラリア旅行は、美しい自然や豊かな文化を楽しめる魅力的な旅行先です。しかし、旅行費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では、3泊4日や4泊5日といった宿泊日数ごとに予算を詳しく解説します。また、オーストラリア旅行の費用を抑えるために知っておきたい、安い時期についても紹介します。計画を立てる際の参考にして、オーストラリアの魅力を存分に味わえる旅をお楽しみください。

2024年06月27日更新


オーストラリア旅行のベストシーズンは?いつが安い?

オーストラリア旅行のベストシーズンは、春の9月から11月と秋の3月から5月です。この時期は気候が穏やかで過ごしやすく、国際線の価格も夏季より安くなります。 特に6月と10月は旅行会社のツアー価格が最も安くなる時期で、お得に旅行できるチャンスです。 一方、12月から2月の夏はオーストラリアの学校休暇シーズンにあたり、ホテル代や航空券の価格が高騰します。 予算を抑えたい方は、6月から8月の冬季も狙い目です。この時期は観光客が少なく、フライトや宿泊施設の料金が比較的リーズナブルになります。

オーストラリア旅行費用の目安は3泊4日で約15万円、4泊5日で約17万円

オーストラリア旅行費用の一覧表。3泊4日~5泊6日まで一覧でチェック

項目 3泊4日 4泊5日 5泊6日
往復航空券 ¥100,000 ¥100,000 ¥100,000
宿泊代 ¥24,000 ¥32,000 ¥40,000
食費代 ¥18,000 ¥24,000 ¥30,000
Wi-Fi・通信費 ¥3,500 ¥3,500 ¥3,500
お土産代 ¥10,000 ¥15,000 ¥20,000
合計 ¥155,500 ¥174,500 ¥193,500

オーストラリア旅行費用の内訳と各費用の目安

オーストラリア旅行の航空券代

オーストラリア行きの航空券の価格は時期によって変動しますが、年間平均で往復約10万円程度です。 最も安い時期は6月で約8万円、最も高い時期は12月で約13万円となっています。 日本からオーストラリアへの直行便は、成田空港からシドニー・ブリスベン・メルボルンの3都市に就航しています。 羽田空港からはシドニー線のみで、主にサマーダイヤの季節運航となります。 格安航空券を探すなら8月が狙い目で、この時期のオーストラリア行きの最安値は往復約5万円台から予約できることもあります。

オーストラリア旅行の宿泊費

オーストラリア旅行の宿泊費は、ホテルのランクや場所により大きく異なります。スタンダードクラスのホテルは1泊約8,000円から、スーペリアクラスは約10,000円から、デラックスクラスは約20,000円から、ラグジュアリークラスは約25,000円からとなっています。 予算を抑えたい場合は、ドミトリーやゲストハウスを利用するのもおすすめで、相部屋なら1泊1人2,000〜2,500円程度で宿泊できます。 シドニーやメルボルンなどの大都市では1泊1万円から3万円程度が目安ですが、地方都市や田舎ではもう少し安価なホテルも見つかります。 宿泊費用は旅行計画の大きな部分を占めるので、早めに予約して割引を受けたり、シーズンや曜日による価格変動を把握して自分の予算に合ったホテルを選ぶことが大切です。

オーストラリア旅行の食費

オーストラリア旅行の食費の目安は、1日あたり約6,000円から1万円程度です。 オーストラリアでは外食費が日本の1.5倍から2倍ほど高くなりますが、新鮮なシーフードやオージービーフなど豊富な食材を堪能できます。 カジュアルなレストランの1食は2,000円から3,000円、高級レストランでは4,000円から6,000円が相場です。 人気のオーストラリア料理としては、フィッシュアンドチップスが5.5AUドル(約650円)から、オージービーフステーキが25AUドル(約2,270円)からとなっています。 旅行中の食費を抑えたい場合は、スーパーで食材を購入して自炊するのも一案です。

オーストラリア旅行の交通費

オーストラリア旅行の交通費は、1日あたり1,000円から1,500円が目安となります。 オーストラリアには車、バス、電車、フェリー、モノレールなど多様な公共交通機関があり、特にシドニーは電車、バス、フェリー、ライトレールが発達しているので、市内から郊外へのアクセスも便利です。 シドニーのバス料金は、市内中心部の移動で約3.5AUD(約350円)、空港からシティまでは約6AUD(約600円)程度です。 また、シドニーの主要観光スポットの入場料は、オペラハウス内部見学ツアーが30AUD(約3,000円)、シドニータワーが23.20AUD(約2,320円)、シドニー水族館が46AUD(約4,600円)、タロンガ動物園が45.90AUD(約4,590円)となっています。

オーストラリア旅行のお土産費用

オーストラリア旅行のお土産費用の目安は、1泊あたり5,000円から3万円程度です。 定番のお土産にはティムタムのチョコレートやヘーグズのチョコレート、カンガルージャーキー、マカダミアナッツ、T2の紅茶、オパールアクセサリー、革製品、コアラグッズなどがあります。 お土産選びは旅の楽しみの一つですが、予算内で自分自身や大切な人を喜ばせるお土産を見つけることが大切です。 日本への持ち込みが制限されている物品もあるので注意が必要です。

オーストラリア旅行のWi-Fi・通信費用

オーストラリア旅行のWi-Fi・通信費用は、1週間の旅行で約3,500円から5,000円程度が目安です。 レンタルWi-Fiルーターを利用すれば、1日あたり650円から使えるプランもあり、複数人で同時に利用できるのでおすすめです。 海外用SIMカードやeSIMも選択肢の一つで、利用料金が比較的安価なメリットがあります。 ただし、Wi-Fiルーターは充電が必要で持ち運びが必要な点、SIMカードはスマートフォンに装着する手間がある点など、それぞれ特徴があるので自分の旅行スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

オーストラリア旅行の海外保険費用

オーストラリア旅行の海外保険費用は、旅行日数や補償内容によって異なりますが、1週間の旅行で約3,000円から6,000円程度が目安です。 オーストラリアの医療費は日本以上に高額なので、十分な補償額の海外旅行保険に加入することが重要です。 治療費用は1,000万円から2,000万円、疾病死亡は500万円から3,000万円、賠償責任は1億円程度の補償がおすすめです。 クレジットカード付帯の海外旅行保険では補償内容が不十分なケースもあるため、保険会社の海外旅行保険プランを比較検討するのが賢明です。

オーストラリア旅行の観光・アクティビティ費用

オーストラリア旅行の観光・アクティビティ費用は、1日あたり約3,000円から5,000円程度が目安となります。 人気の観光スポットの入場料は、1スポットあたり約0円から5,000円程度です。 例えば、シドニーのオペラハウス公式日本語ツアーは33ドル(約3,465円)、タロンガ動物園の入園料は46ドル(約4,830円)、ハーバー・ブリッジのブリッジクライムは298ドル(約31,290円)からとなっています。 一方で、街歩きやビーチ、公園など、無料で楽しめる観光スポットも多数あります。 アクティビティ費用は、スキューバダイビングやサーフィンのレッスンが約1万円から、ヨットクルーズが約2万円からとなっています。 観光やアクティビティの内容や地域により費用は大きく異なるので、事前に情報を集めて予算に合わせたプランを立てることが大切です。

オーストラリアの物価とキャッシュレス状況は?現金はどれくらい必要?

オーストラリアの物価は日本と比べてやや高めから高い傾向にありますが、キャッシュレス決済が非常に普及しているため、現金をほとんど使わずに旅行することができます。 飲食店、コンビニ、スーパー、ショッピングモールなど、ほとんどの場所でクレジットカードでの支払いが可能で、特にキャッシュレス対応店舗ではクレジットカードのタッチ決済だけで全ての決済ができます。 筆者が2泊3日のケアンズ旅行をした際にも、一度も現金を利用せず、全てクレジットカードのキャッシュレス決済で完結できました。 オーストラリアはキャッシュレス大国で、日本よりもキャッシュレス決済が進んでおり、ちょっとした買い物でも現金を使わないのが普通です。 したがって、オーストラリア旅行では特に現金を両替する必要はなく、クレジットカードで十分に対応できるので、事前に大量の現金を持ち歩く必要はありません。

オーストラリアツアー費用の目安は?格安で行くならパッケージツアーがお得

オーストラリアのパッケージツアーの費用は、行く場所や時期によって大きく異なりますが、4泊5日、5泊6日ともに10万円から50万円程度が相場です。 パッケージツアーは航空券や宿泊、都市間の移動などが込みの料金なので便利ですが、時期によっては値段が大きく変動します。
 
一方、航空券とホテルを別々に手配する場合、LCCを利用した往復航空券は6万円から26万円程度、ホテル代は1泊あたり8,000円から25,000円程度が目安となります。 これらを合わせると、個人手配の方がトータルの費用を抑えられる可能性もあります。
 
ただし、パッケージツアーには現地ツアーや食事、ガイドなどが含まれているメリットがあります。 初めてのオーストラリア旅行で、計画や手配に不安がある方にはパッケージツアーがおすすめです。 旅行会社のツアー価格が最も安くなるのは6月と10月なので、この時期を狙うのがお得です。

旅行費用を賢く節約してオーストラリア旅行に行こう!

オーストラリア旅行の費用は宿泊日数や訪れる時期によって大きく変わりますが、事前にしっかりと計画を立てることで、予算内で素晴らしい体験ができるでしょう。安い時期を狙うことで、宿泊費や航空券代を大幅に節約できます。魅力あふれるオーストラリアでの冒険を思い切り楽しむために、この記事を参考にして理想の旅行プランを作成してください。安全で楽しい旅をお祈りしています。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介