マレーシア旅行のベストシーズンはいつ?気候・気温やおすすめの服装などを紹介

マレーシアは年間を通じて温暖な気候に恵まれ、美しい自然や豊かな文化を楽しむことができる人気の観光地です。しかし、旅行を計画する際には、気候や気温を考慮することが大切です。本記事では、マレーシア旅行のベストシーズンについて詳しく解説し、各シーズンの特徴やおすすめの服装についてもご紹介します。これからマレーシアへの旅行を検討している方にとって、最適な時期と準備を知る手助けとなる情報を提供しますので、ぜひ参考にしてください。

2024年06月25日更新


マレーシアの気候とベストシーズン

マレーシアは年間を通して高温多湿な熱帯気候ですが、一般的に11月から2月頃までが雨季、3月から7月頃が乾季とされています。しかし、雨季でも一日中雨が降り続くことは稀で、短時間のスコールが多いため、実質的には一年中旅行に適しています。クアラルンプールやペナン島では12月から3月が乾季で観光に最適ですが、キャメロンハイランドのような高原リゾートは年中涼しく過ごしやすいです。ただし、マレー半島東海岸では11月から2月のモンスーン時期は注意が必要です。

マレーシアの年間平均気温と降水量

マレーシアの年間平均気温は約27℃で、一年を通して安定しています。クアラルンプールの月別平均気温は26.7℃から28.0℃の間で推移し、最も暑い月は5月です。降水量は地域や季節によって変動しますが、クアラルンプールでは年間を通して雨が多く、特に11月が最も多雨で平均333.5mmの降水量があります。一方、6月は最も降水量が少なく、平均139.7mmです。マレーシアでは短時間の強い雨(スコール)が特徴的で、一日中雨が降り続くことは稀です。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 239
2月 27 174
3月 28 226
4月 28 210
5月 28 186
6月 28 132
7月 28 148
8月 28 160
9月 28 201
10月 28 279
11月 28 297
12月 27 269

マレーシアの都市別のベストシーズン

マレーシア・クアラルンプールの気候とベストシーズン

クアラルンプールは年間を通して高温多湿な気候で、平均気温は26.7℃から28.0℃の間で推移します。季節は乾季(3月〜10月)と雨季(11月〜2月)に分かれますが、その区分は曖昧で、どちらの季節でもスコールと呼ばれる短時間の強い雨が降ります。雨季でも一日中雨が降り続くことは稀なため、実質的には一年中旅行に適しています。ただし、最も降水量が多い11月(平均333.5mm)を避け、比較的乾燥している6月(平均139.7mm)を含む乾季の方が観光には適しているでしょう。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 239
2月 27 174
3月 28 226
4月 28 210
5月 28 186
6月 28 132
7月 28 148
8月 28 160
9月 28 201
10月 28 279
11月 28 297
12月 27 269

マレーシア・コタキナバルの気候とベストシーズン

コタキナバルは年間を通して熱帯性気候で、昼間の気温は30℃-35℃の間を推移します。ベストシーズンは乾季の1月から3月で、この時期は降水量が少なく海の透明度も高くなります。年間降水量は約2,000mmから3,000mmで、特に11月から1月にかけてモンスーンシーズンの影響で大雨が多くなります。ただし、雨季でも一日中雨が降り続くことは稀で、観光は可能です。コタキナバルの気候は変わりやすく、地元の人々は天気予報よりも雲の動きを見て天候を判断する傾向があります。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26 233
2月 27 184
3月 27 160
4月 28 146
5月 28 178
6月 28 222
7月 28 263
8月 28 292
9月 28 331
10月 28 320
11月 27 301
12月 27 294

マレーシア・ランカウイの気候とベストシーズン

ランカウイ島は熱帯性気候で、年間を通して高温多湿です。乾季は11月から3月で、この時期は降水量が少なく、晴れた日が多いため観光に最適です。特に12月から3月は海の透明度が高く、美しいビーチを楽しむことができます。一方、雨季は4月から10月で、降水量が増えますが、一日中雨が降り続くことは稀です。雨季には植物が生き生きとし、ジャングルツアーに適しています。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 70
2月 28 60
3月 28 100
4月 28 170
5月 28 220
6月 28 190
7月 28 200
8月 28 210
9月 28 260
10月 28 320
11月 27 360
12月 27 260

マレーシア・ジョホールバルの気候とベストシーズン

ジョホールバルはマレー半島最南端に位置し、年間を通して高温多湿な熱帯性気候です。平均気温は約27℃で、乾季は3月から9月、雨季は10月から2月にかけて続きます。乾季は降水量が少なく、観光やアウトドアアクティビティに最適な時期です。特に4月から7月はベストシーズンとされ、多くの観光客が訪れます。雨季でも短時間のスコールが多く、一日中雨が降り続くことは稀です。ジョホールバルはシンガポールに近く、アクセスも良いため、年間を通して訪れる価値があります。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 163
2月 28 146
3月 28 178
4月 28 200
5月 28 178
6月 27 127
7月 27 120
8月 27 132
9月 27 159
10月 27 215
11月 27 236
12月 27 235

マレーシア・ジョージタウンの気候とベストシーズン

ジョージタウンはペナン島に位置し、年間を通して高温多湿な熱帯性気候です。乾季は12月から3月で、この時期は降水量が少なく、観光に最適です。特に12月から1月は晴天が続き、美しい街並みや歴史的建造物を楽しむのに適しています。一方、雨季は4月から11月で、降水量が増えますが、一日中雨が降り続くことは稀です。雨季には短時間のスコールが多く、観光に大きな支障はありません。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 114
2月 27 84
3月 28 131
4月 28 178
5月 28 216
6月 28 223
7月 27 206
8月 27 249
9月 27 295
10月 27 365
11月 27 315
12月 27 192

マレーシアの目的別のベストシーズン

マレーシアで観光を楽しむなら12月から3月

マレーシアで観光を楽しむベストシーズンは、一般的に乾季の12月から3月です。この時期は降水量が少なく、晴天が続くため、ビーチリゾートやアウトドアアクティビティに最適です。特にランカウイ島やペナン島では、海の透明度が高く、美しいビーチを楽しむことができます。一方、雨季でも一日中雨が降り続くことは稀で、短時間のスコールが多いため、観光に大きな支障はありません。また、クアラルンプールやジョホールバルなどの都市部では、年間を通して観光が可能で、特に乾季の4月から7月がベストシーズンとされています。

マレーシアでショッピングを楽しむなら1月

マレーシアでショッピングを楽しむベストシーズンは、一般的に年末や旧正月の時期です。この時期には多くのショッピングモールで大規模なセールが行われ、特にお得に買い物ができます。また、マレーシアのショッピングモールは季節ごとのデコレーションが魅力的で、訪れるだけでも楽しめます。クアラルンプールのブキッビンタンやペトロナスツインタワーの麓にあるスリアKLCCなど、主要なショッピングエリアでは多様なブランドが揃っており、観光客に人気です。

マレーシアでビーチリゾートを楽しむらベストシーズン

マレーシアでビーチリゾートを楽しむベストシーズンは、一般的に乾季の12月から3月です。この時期は降水量が少なく、海の透明度が高いため、美しいビーチを満喫するのに最適です。特にランカウイ島やペナン島では、晴天が続き、観光客にとって理想的な環境が整っています。一方、雨季の4月から11月でも一日中雨が降り続くことは稀で、短時間のスコールが多いため、観光に大きな支障はありません。ボルネオ島のコタキナバルも乾季の1月から3月がベストシーズンで、透明度の高い海を楽しむことができます。

マレーシアの季節別のおすすめの服装

マレーシアの季節別のおすすめの服装は、年間を通して高温多湿な気候に対応するため、通気性の高いカジュアルウェアが基本です。乾季(12月〜3月)にはTシャツや短パン、サンダルなどの軽装が適しています。雨季(4月〜11月)でも同様の服装で問題ありませんが、突然のスコールに備えて薄手のレインジャケットや折りたたみ傘を持参すると便利です。また、冷房の効いた室内や高原地帯では薄手の長袖を用意しておくと快適に過ごせます。イスラム教徒が多い地域では、女性は肌の露出を控えた服装が望ましく、男性も襟付きのシャツを持参すると良いでしょう。

マレーシア旅行で避けるべき時期

マレーシア旅行で避けるべき時期は、イスラム教徒の最大のイベントであるハリヤラ前の1ヶ月間です。この期間は多くの人々が準備に忙しく、観光施設や交通機関が混雑することが多いため、旅行者にとっては不便な時期となります。また、マレー半島東海岸では11月から2月にかけてモンスーンシーズンがあり、大雨や強風が頻発するため、この時期の旅行は避けた方が良いでしょう。

マレーシア旅行が安く行けるお得な時期は?

マレーシア旅行が安く行けるお得な時期は、1月から3月と10月から11月です。この時期は観光客が少なく、航空券やホテルの料金が比較的安くなります。特に1月は年末年始の休暇が終わり、旅行費用が下がりやすい時期です。また、3月には「マレーシア・スーパーセール」が開催され、ショッピングもお得に楽しめます。一方、春節の時期(1月下旬〜2月上旬)は中華圏からの観光客が増え、料金が高くなることがあるため注意が必要です。

マレーシアのベストシーズンに開催されるイベント

マレーシアのベストシーズンである乾季(12月から3月)には、多くの魅力的なイベントが開催されます。1月にはヒンドゥー教の重要な祭りであるタイプーサムがバトゥ洞窟で行われ、色鮮やかなパレードや儀式が見られます。2月には春節(旧正月)があり、ライオンダンスや花火などの華やかなイベントが各地で開催されます。3月にはラマダンが始まり、ラマダンビュッフェなどの特別な食事イベントが楽しめます。また、12月から3月の乾季は、ペナン島でのドリアン祭りやクチンのキャット・フェスティバルなど、地域特有のイベントも多く、観光客にとって最適な時期です。

マレーシア旅行の計画するときのポイント

マレーシア旅行を計画する際には、いくつかの重要なポイントを押さえておくと良いでしょう。まず、旅行のベストシーズンは乾季の12月から3月で、この時期は降水量が少なく観光に最適です。また、マレーシアはイスラム教徒が多いため、ハリヤラ前の1ヶ月間は避けるのが賢明です。この期間は多くの人々が準備に忙しく、観光施設や交通機関が混雑することが多いためです。さらに、マレーシアでは公共交通機関でのマスク着用が強く推奨されているため、マスクを持参すると安心です。旅行費用を抑えたい場合は、1月から3月と10月から11月が比較的安く、航空券やホテルの料金が下がる傾向にあります。最後に、マレーシアではデジタルアライバルカード(MDAC)の登録が義務付けられているため、出発前に必ず登録を済ませておきましょう。

マレーシアのベストシーズンに旅行に行こう!

マレーシア旅行は、その多様な気候と豊かな自然環境を楽しむことができる素晴らしい体験です。ベストシーズンを選ぶことで、より快適に旅行を楽しむことができます。乾季の穏やかな天候や雨季の独特な魅力を知り、適切な服装を準備して、最高の旅を計画しましょう。本記事が、皆さんのマレーシア旅行の計画に役立ち、素晴らしい思い出を作る一助となれば幸いです。安全で楽しい旅をお祈りしています。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介