シンガポールの雨季はいつ?気候の特徴やおすすめの服装なども紹介

シンガポールは、一年中高温多湿な熱帯気候が特徴ですが、特に雨季には雨が多くなります。シンガポールの雨季は一般的に11月から3月にかけて続き、この期間中は突然の激しいスコールが頻繁に発生します。旅行者にとっては、この時期でも観光を楽しむための準備が重要です。この記事では、シンガポールの雨季の特徴や気候に合わせたおすすめの服装について詳しく紹介します。シンガポール 雨季の時期に旅行を計画している方にとって、役立つ情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

2024年06月25日更新


シンガポールの気候の特徴

シンガポールは赤道直下に位置し、熱帯雨林気候に属しています。年間を通して高温多湿で、平均気温は27〜28℃前後、最高気温は31〜32℃前後、最低気温は23〜25℃前後と、昼夜の寒暖差が小さいのが特徴です。 湿度は常に高く、1年中蒸し暑い気候が続きます。 また、シンガポールでは雨季と乾季に分かれており、雨季は10月から3月、乾季は4月から9月とされています。 ただし、乾季でも突然のスコールが多く見られるのがシンガポールの気候の特徴と言えます。

シンガポールの雨季はいつ?

シンガポールの雨季は10月から3月頃までで、特に11月から1月にかけての降水量が多くなります。 一方、4月から9月頃までは比較的雨が少ない乾季とされていますが、ゲリラ豪雨のようなにわか雨はこの時期にも頻繁に見られます。 したがって、シンガポールを旅行する際は、雨季・乾季を問わず折りたたみ傘などの雨具を準備しておくことをおすすめします。

シンガポールの雨季の特徴

シンガポールの雨季の特徴①頻繁にスコールが発生する

シンガポールの雨季の大きな特徴は、頻繁にスコールが発生することです。 スコールとは、熱帯地方で突然発生する激しい雷雨のことを指します。シンガポールでは雨季の間、ほぼ毎日のようにスコールに見舞われます。 スコールは短時間で非常に強い雨が降りますが、1〜2時間ほどで雨があがるのも特徴です。 そのため、シンガポールでは雨季であっても折りたたみ傘などの雨具を常に携帯しておくことが重要です。

シンガポールの雨季の特徴②湿度が高く蒸し暑い

シンガポールの雨季のもう一つの特徴は、湿度が非常に高く蒸し暑いことです。 雨季は乾季と比べて気温自体はやや低めですが、湿度は80%以上と常に高い状態が続きます。 そのため、気温は30℃前後でも体感温度ははるかに高く感じられ、外出時には汗だくになることも珍しくありません。
 
このような蒸し暑さ対策として、雨季のシンガポール旅行では吸湿速乾性に優れた素材の服装がおすすめです。 薄手の長袖シャツやブラウスに、汗を素早く発散してくれるハイテク素材のアンダーウェアを合わせるのが快適です。屋内施設ではエアコンが強めに効いていることが多いため、羽織るものも忘れずに用意しましょう。

シンガポールの雨季の特徴③気温変動がある

シンガポールの雨季のもう一つの特徴は、日中と夜間の気温差が大きくなることです。 雨季は乾季と比べると全体的に気温が下がる傾向にありますが、日中は30℃前後まで上昇することもあります。 一方で、夜間から早朝にかけては気温が25℃前後まで下がることも珍しくありません。
 
このような気温の変動に対応するためには、上着など温度調節のしやすい服装を準備しておくことが大切です。 屋外では日差しを遮るための帽子やサングラスも効果的でしょう。 また、冷房の効いた室内と屋外を行き来する際には、体温調節が難しくなることもあるため、こまめな水分補給を心がけることも重要です。

シンガポールの雨季に適した服装は?

シンガポールの雨季に適した服装は、高い湿度と気温変動に対応できるものがおすすめです。具体的には、吸湿速乾性に優れた薄手の長袖シャツやブラウスに、汗を素早く発散してくれるハイテク素材のアンダーウェアを合わせるのが快適でしょう。
 
また、屋内ではエアコンが強めに効いていることが多いため、羽織るものを持参するのも良いでしょう。 急な雨に備えて、折りたたみ傘などの雨具も常に携帯しておくことが重要です。
日中の日差しを遮るための帽子やサングラスも効果的です。 屋外と冷房の効いた室内を行き来する際には、体温調節が難しくなることもあるため、こまめな水分補給を心がけましょう。

シンガポールの雨季にあると便利な持ち物

シンガポールの雨季に旅行する際は、急な雨に備えて折りたたみ傘やレインコートを常に携帯しておくことが重要です。 最近は日傘兼用の軽量な折りたたみ傘も多いので、1本用意しておくと便利でしょう。
 
また、高湿度対策として、ハンドタオルやウェットティッシュなどの衛生用品もあると良いでしょう。 汗をかいた際に、サッと拭くことができます。 さらに、水分補給用の水筒も忘れずに持参しましょう。
その他、スーツケースには圧縮袋を数枚入れておくと、お土産などで荷物が増えた際に便利です。 旅行中の急な雨や蒸し暑さに備えて、これらの持ち物を準備しておくことで、快適にシンガポールの雨季を楽しむことができるでしょう。

シンガポールの雨季の過ごし方

シンガポールの雨季は、スコールによる突然の雨に見舞われることが多いため、屋内で過ごすのがおすすめです。 大型ショッピングモールやホテル、レストランなどは快適な冷房が完備されているので、のんびりと買い物や食事を楽しむのに最適です。
 
また、雨でも楽しめる屋内アクティビティとして、美術館や博物館巡りもおすすめです。 シンガポール国立博物館やアートサイエンス・ミュージアムなど、見応えのある施設が多数あります。
屋外観光をする際は、天気予報をこまめにチェックし、晴れ間を狙って外出するのが賢明です。 折りたたみ傘は必ず持参し、急な雨に備えましょう。
 
移動の際は、できるだけ地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用すると、雨に濡れずに済みます。 タクシーを利用する場合は、スマートフォンのアプリで配車すると便利です。
 
雨季のシンガポールを快適に過ごすためには、しっかりとした雨対策と、天候に合わせた柔軟な予定調整が肝心です。屋内での楽しみ方を工夫しつつ、晴れ間を逃さず観光も満喫しましょう。

シンガポールの雨季の注意点

シンガポールの雨季の注意点としては、まず雷雨による被害があります。 スコールの際は、屋外での行動は控え、安全な屋内に避難することが重要です。 特に、ゴルフ場やビーチなどの開けた場所にいる場合は、落雷の危険性が高まるため、すぐに避難しましょう。
 
また、雨季は蚊が多く発生する時期でもあるため、デング熱などの感染症にも注意が必要です。 外出時には、虫除けスプレーを使用し、肌の露出を控えめにすることで、蚊に刺されるリスクを減らすことができます。
 
さらに、雨季のシンガポールでは路面が滑りやすくなるため、歩行時や運転時には十分な注意が必要です。 特に、横断歩道や階段、エスカレーターなどでは、足元に気をつけて転倒に注意しましょう。
 
シンガポールを雨季に旅行する際は、これらの注意点を踏まえ、安全に気をつけながら行動することが大切です。 天候に合わせて柔軟に予定を調整し、屋内での過ごし方を工夫することで、雨季でも快適にシンガポールを満喫できるでしょう。

シンガポールの気候・ベストシーズンは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


シンガポールは年間を通して高温多湿な熱帯性気候ですが、雨季と乾季に分けられます。雨季は10月から3月、乾季は4月から9月とされています。
 
一般的に、シンガポール旅行のベストシーズンは乾季の3月から10月頃と言われています。 この時期は比較的雨が少なく、過ごしやすい気候が続きます。 特に6月から7月にかけては、シンガポール最大のバーゲンセール「グレート・シンガポール・セール(GSS)」が開催され、ショッピング目的の旅行に最適です。
 
ただし、シンガポールは雨季であっても1年中旅行に適しているとも言われています。 雨季は乾季よりも若干気温が下がるため、暑さが苦手な人にはむしろおすすめです。 また、雨季のホテル料金は割安になる傾向があるため、費用を抑えたい人にもメリットがあります。
 
結論として、シンガポールは1年を通して旅行に適した気候であり、目的や好みに合わせてベストシーズンを選ぶことができます。 乾季のさわやかな気候を楽しむも良し、雨季の割安な旅行を狙うも良し。シンガポールの魅力を存分に味わえる時期を見つけてください。
平均降水量 (mm) 平均気温 (℃)
1月 238.3 26.5
2月 112.8 27.0
3月 170.3 27.5
4月 166.2 27.6
5月 171.2 27.7
6月 134.5 27.5
7月 158.6 27.4
8月 169.7 27.4
9月 185.4 27.3
10月 191.5 27.2
11月 255.3 26.9
12月 287.4 26.5

シンガポール旅行で避けるべき時期

Beautiful architecture building exterior cityscape in Singapore city skyline with white cloud on blue sky


シンガポールは一年中旅行に適していますが、いくつか避けたほうが良い時期があります。
まず、5月から10月頃にかけてヘイズと呼ばれる大気汚染が発生することがあります。 ヘイズはインドネシアなどの森林火災の煙が風に乗ってシンガポールまで運ばれてくる現象で、視界が悪くなったり健康被害が出ることもあるため注意が必要です。
 
また、旧正月(春節)やナショナルデーなどの連休中は、中国系シンガポール人の帰省ラッシュでホテル料金が高騰し、人出が多くなります。 レストランの予約も取りにくくなるため、これらの時期の旅行は避けたほうが賢明かもしれません。
 
さらに、F1シンガポールグランプリが開催される9月中旬は、市内のホテル料金が跳ね上がり、混雑も予想されます。 レースに興味がない場合は、この時期を外して旅行計画を立てることをおすすめします。
ただし、これらはあくまで一般論であり、ヘイズの発生状況や連休の時期は年によって変動します。旅行の計画段階で、現地の最新情報をしっかりとチェックすることが大切です。

シンガポールの年間平均気温と降水量

シンガポールの年間平均気温は27℃前後で、最高気温の平均は31℃、最低気温の平均は24℃です。 一年を通して気温の変動が小さく、常夏の気候が続きます。
 
一方、降水量は年間を通して多く、平均年間降水量は約2,400mmに達します。 月別の降水量を見ると、11月から1月にかけては240mm以上の多雨となる一方、2月は最も雨が少なく平均110mmです。
 
シンガポールの降水日数は年間平均178日で、そのうち167日は大雨を伴う雷雨となります。 1月から3月、10月から12月の雨季には、月平均15日以上の降雨日があります。
 
東京と比較すると、シンガポールの年間降水量は約2倍、降水日数は約1.5倍と、かなり雨が多いことがわかります。 一方、平均気温は東京より10℃以上高く、最高気温・最低気温ともに年間を通して高い水準で推移します。

シンガポールのベストシーズンを選んで旅行に出かけよう!

シンガポールの雨季について、その特徴やおすすめの服装をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。雨季のシンガポールは、美しい緑と活気ある街並みが一層引き立ち、特別な魅力を持っています。急なスコールに備えた準備をしっかりと行い、快適な旅行を楽しんでください。雨季でも楽しめる観光スポットやアクティビティもたくさんありますので、ぜひシンガポールの多彩な魅力を満喫してください。旅の計画に役立つ情報を提供できたことを願いつつ、素晴らしい旅をお祈りします。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介