フィリピンの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介

フィリピンはその美しいビーチや温暖な気候で多くの観光客を魅了していますが、物価はどうなのでしょうか?特に日本と比べた場合、その違いが気になるところです。本記事では、フィリピンの物価事情を徹底解説します。食料品、交通費、日用品など、具体的な価格を紹介し、さらに賢く節約するための方法もお伝えします。フィリピンへの旅行や滞在を計画している方々にとって、実際の生活コストを知ることは非常に有益です。この記事を参考に、フィリピンの魅力を最大限に楽しむためのヒントを見つけてください。

2024年06月29日更新


フィリピンの物価は日本と比べて安い!

フィリピンの物価は、日本と比べて全般的に安いです。例えば、食費は日本の約1/3で済み、外食も現地のローカルレストランを利用すれば非常に安価です。生活用品の価格も日本より低く、シャンプーや歯磨き粉などの日用品はほぼ同じか少し安い程度です。交通費も大幅に安く、タクシーの初乗り料金は約40ペソ(約100円)で、日本の約1/4の価格です。さらに、娯楽費も安く、映画鑑賞やマッサージなどのサービスは日本の1/3から1/5の価格で楽しめます。このように、フィリピンでは日本と比べて多くの生活費が抑えられるため、節約しながら生活することが可能です。

フィリピンの物価は都市によっても異なる

フィリピンの物価は都市によって大きく異なります。マニラやセブのような大都市では物価が高く、特に家賃や外食費が高額になる傾向があります。例えば、マニラの家賃は月額11万〜18万円と高めですが、地方都市では7万〜14万円と比較的安価です。一方、ダバオなどの地方都市では生活費全般が低く抑えられ、食費や交通費も大幅に安くなります。また、日用品の価格も都市によって差があり、シャンプーや歯ブラシなどは大都市でやや高めに設定されていますが、地方では安価に購入できます。このように、フィリピンでの生活費は居住地によって大きく変動するため、移住や長期滞在を検討する際には、目的地の物価を事前に調査することが重要です。

日本とフィリピンの物価を実際の商品で価格比較

日本とフィリピンの物価比較表

項目 商品 フィリピン 日本
日用品 ペットボトルの水 約40円 約100円
シャンプー(1リットル) 約420円 約800円
洗剤 約200円 約500円
トイレットペーパー 約560円 約200円
ティッシュペーパー(一箱) 約168円 約150円
生鮮食品 パン 約84円 約150円
卵(12個) 約168円 約200円
牛乳(1リットル) 約196円 約180円
肉(1キログラム) 約420円 約1000円
スターバックス ホットコーヒー(グランデ) 約236円 約400円
フラペチーノ(グランデ) 約352円 約600円
キャラメルマキアート(グランデ) 約300円 約500円
カフェラテ(グランデ) 約300円 約450円
マクドナルド ハンバーガー 約70円 約170円
コーラ 約50円 約100円
ビッグマック 約321円 約450円
チキンマックナゲット5ピース 約150円 約250円
マックフライポテト 約100円 約150円

日本とフィリピンの日用品の価格比較

日本とフィリピンの日用品の価格を比較すると、フィリピンの方が全般的に安価です。例えば、シャンプーや歯磨き粉はフィリピンで150ペソ(約420円)程度で、日本とほぼ同じ価格ですが、トイレットペーパーは200ペソ(約560円)で少し高めです。一方、フィリピンでは生理用品が60ペソ(約168円)と日本よりも安価に購入できます。また、ドライヤーは750ペソ(約2100円)で、日本と同程度の価格です。このように、フィリピンでは日用品の価格が日本と比べて安いものもあれば、同程度のものもあり、全体的に生活費を抑えることが可能です。

日本とフィリピンの生鮮食品(パン・卵・牛乳・水・肉など)の価格比較

日本とフィリピンの生鮮食品の価格を比較すると、フィリピンの方が全般的に安価です。例えば、パンはフィリピンで約30ペソ(約84円)で購入でき、日本の約半分の価格です。卵1ダースはフィリピンで約60ペソ(約168円)で、日本よりも安価です。牛乳1リットルはフィリピンで約70ペソ(約196円)で、日本とほぼ同じ価格帯です。水はフィリピンで非常に安価で、19リットルのガロンが約340ペソ(約952円)で購入できます。肉類もフィリピンでは安価で、鶏肉1キログラムは約150ペソ(約420円)、豚肉は約200ペソ(約560円)で購入可能です。このように、フィリピンでは生鮮食品の価格が日本と比べて大幅に安く、生活費を抑えることができます。

日本とフィリピンのマクドナルドの価格比較

日本とフィリピンのマクドナルドの価格を比較すると、フィリピンの方が全般的に安価です。例えば、マクドナルドのバリューセットは日本で約800円ですが、フィリピンでは約680円で購入できます。また、ビッグマックの価格もフィリピンでは約321円、日本では約390円とフィリピンの方が安いです。このように、フィリピンのマクドナルドでは、日本よりもリーズナブルな価格で食事を楽しむことができます。

日本とフィリピンのスターバックスの価格比較

日本とフィリピンのスターバックスの価格を比較すると、フィリピンの方が全般的に安価です。例えば、フィリピンのスターバックスでのコーヒーの価格は約110ペソ(約236円)で、日本の290円と比べて安いです。また、フラペチーノはフィリピンで約165ペソ(約352円)で、日本の440円よりもリーズナブルです。このように、フィリピンのスターバックスでは、日本よりもお手頃な価格でドリンクを楽しむことができます。

日本とフィリピンのランチの価格比較

日本とフィリピンのランチの価格を比較すると、フィリピンの方が全般的に安価です。例えば、日本の一般的なランチセットは約1,000円ですが、フィリピンではローカルレストランでのランチが約100ペソ(約220円)から楽しめます。また、フィリピンのファストフード店では、ハンバーガーセットが約150ペソ(約330円)で、日本の約半分の価格です。このように、フィリピンではリーズナブルな価格でランチを楽しむことができ、日本と比べて大幅に節約することが可能です。

フィリピンでショッピングを楽しむ方法・節約術は?

フィリピンでショッピングを楽しむためには、地元のマーケットやバザールを訪れることが一つの方法です。これらの場所では、新鮮な食材や手工芸品、衣類などが手頃な価格で購入できます。また、フィリピンのショッピングモールでは、セール期間中に大幅な割引が行われることが多く、特にクリスマスや新年の時期は狙い目です。さらに、オンラインショッピングも普及しており、LazadaやShopeeといったプラットフォームを利用することで、手軽に商品を比較し、安価に購入することができます。節約術としては、クーポンやプロモーションコードを活用すること、そして現地の通貨で支払うことで為替手数料を抑えることが効果的です。

フィリピンの物価は日本より安い!賢く節約してフィリピン旅行を満喫しよう

フィリピンの物価事情について詳しく解説しましたが、いかがでしたか?日本と比べてリーズナブルな面が多く、特に食料品や日用品などの日常生活におけるコストが大幅に抑えられることがわかりました。知識を持って上手に節約することで、フィリピンでの滞在をさらに充実させることができます。旅行や長期滞在を考えている方々は、この記事を参考にして賢く計画を立ててください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介