ハワイの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介

ハワイは日本人にとって人気の高い旅行先ですが、その物価事情は気になるポイントです。日本と比べて高いのか、安いのか、旅行者にとっては重要な情報です。本記事では、ハワイの実際の物価や日本との比較を通じて、その経済状況を徹底解説します。さらに、旅行者が知っておくべき節約術や、お得に楽しむ方法も紹介します。これからハワイ旅行を計画している方、またはハワイの生活費を知りたい方にとって、必見の内容となっています。

2024年06月28日更新



ハワイの物価は日本と比べて高い!

ハワイの物価は全般的に日本より高い傾向にありますが、品目によって差があります。食品や日用品では、水500mlのボトル24本入りが約1,038円、アボカド1個が約325円、牛乳約2Lが約623円と、日本より高めです。一方、マクドナルドのソーセージエッグマフィン単品は約965円と日本の3倍以上の価格です。ただし、アメリカブランドの化粧品やアパレルは日本より安い場合があります。また、近年のインフレと円安の影響で、ハワイの物価は上昇傾向にあり、日本人観光客にとってはさらに高く感じられる状況となっています。

ハワイの物価が高い理由

ハワイの物価が高い主な理由は、島嶼地域特有の輸送コスト、観光地としての需要、限られた土地、そして労働力不足にあります。高額な送料が日用品の価格に反映され、観光需要と土地不足が住宅費を押し上げています。また、新型コロナウイルスのパンデミックによるサプライチェーンの混乱、ロシアのウクライナ侵攻の影響、そして人件費の高騰も物価上昇の要因となっています。これらの要因が重なり、ハワイの物価上昇率は日本の約3倍に達しており、2022年8月の消費者物価指数は前年同月比8.3%上昇しました。このような状況下で、ハワイは住居費、光熱費、食費、交通費、医療費、日用品など、生活のあらゆる面で高コストとなっています。

日本とハワイの物価を実際の商品で価格比較

日本とハワイの物価比較表

項目 商品 ハワイ 日本
日用品 ペットボトルの水 $1.00 ¥100
シャンプー(1リットル) $6.00 ¥600
洗剤 $4.00 ¥400
トイレットペーパー $5.00 ¥500
ティッシュペーパー(一箱) $2.00 ¥200
生鮮食品 パン $3.00 ¥300
卵(12個) $4.00 ¥200
牛乳(1リットル) $3.50 ¥180
肉(1kg) $10.00 ¥1000
スターバックス ホットコーヒー(グランデ) $3.50 ¥400
フラぺチーノ(グランデ) $5.75 ¥590
キャラメルマキアート(グランデ) $4.95 ¥520
カフェラテ(グランデ) $4.25 ¥450
マクドナルド ハンバーガー $1.29 ¥130
コーラ $1.00 ¥100
ビッグマック $5.00 ¥390
チキンマックナゲット5ピース $2.50 ¥200
マックフライポテト $2.00 ¥150

日本とハワイの日用品の価格比較

ハワイの日用品価格は、多くの場合日本より高めですが、品目によって差があります。例えば、水500mlのボトル24本入りは約1,038円で、日本より割高です。一方、アメリカブランドの化粧品やアパレルは日本より安い傾向にあります。スーパーマーケットでの価格比較では、アボカド1個が約325円、ハワイ産トマト6個入りが約682円、牛乳約2Lが約623円となっています。これらの価格は、ハワイの輸送コストや観光地としての需要を反映しています。ただし、コストコやセール品、ファーマーズマーケットを利用することで、より安価に購入できる可能性があります。近年のインフレと円安の影響で、全体的な物価上昇傾向にあることにも注意が必要です。

日本とハワイの生鮮食品(パン・卵・牛乳・水・肉など)の価格比較

ハワイの生鮮食品の価格は、日本と比較して全般的に高めですが、品目によって差があります。例えば、食パン(約20オンス)はウォルマートで4.24ドル(約594円)と最も安価で、ドンキホーテでは5.99ドル(約839円)と最も高価です。牛乳(約2L)は4.79ドル(約623円)で、日本より高めです。卵は、アメリカ本土産の18個入りが6.99ドル(約908円)、ハワイ産の12個入りが7.99ドル(約1,038円)となっています。水(500mlのボトル24本入り)は7.99ドル(約1,038円)で、日本より割高です。ただし、アメリカブランドの商品やプライベートブランド(ターゲットのGood&Gather、ウォルマートのGreat Valueなど)を選ぶことで、より安価に購入できる場合があります。また、コストコやセール品、ファーマーズマーケットを利用することで、さらにお得に買い物ができる可能性があります。

日本とハワイのマクドナルドの価格比較

ハワイのマクドナルドの価格は、日本と比較して全般的に高めです。代表的な商品であるビッグマックは、ハワイでは単品で5.49ドル(約770円)で販売されており、日本の価格と比べると割高となっています。その他の商品も同様の傾向が見られ、例えばハンバーガーハッピーセットは4.79ドル(約670円)、ナゲット(4個)ハッピーセットは4.99ドル(約700円)となっています。また、マッククリスピーの単品は5.29ドル(約740円)、セットは8.79ドル(約1,230円)で提供されています。これらの価格差は、ハワイの物価全般の高さや、輸送コスト、人件費などの要因が影響していると考えられます。ただし、ハワイの一般的なレストランと比較すると、マクドナルドは依然としてリーズナブルな選択肢となっています。

日本とハワイのスターバックスの価格比較

ハワイのスターバックスの価格は、日本と比較して全般的に高めです。例えば、ハワイでのトールサイズのラテは約5ドル(約650円)程度で、日本での価格よりも高くなっています。また、ハワイ限定のタンブラーやマグカップなどのグッズも人気が高く、エコバッグは16.95ドル(約2,200円)から、タンブラーは22.95ドル(約3,000円)程度で販売されています。これらのハワイ限定アイテムは日本でも購入可能ですが、並行輸入品や個人出品の場合が多く、現地価格の2〜3倍程度の価格で取引されていることがあります。ハワイでのスターバックス製品は、観光地としての需要や輸送コストなどの要因により、日本よりも高価格となる傾向があります。

日本とハワイのランチの価格比較

ハワイのランチ価格は日本と比較して全般的に高めですが、リーズナブルな選択肢も存在します。ワイキキ周辺では、$15前後で食べられるランチスポットが多数あります。例えば、サトウ シーフード (SATO SEAFOOD)では、人気メニューの「マカダミア炙りサーモン」が$16.95で提供されています。一方、プレートランチは比較的お手頃な価格で、ボリューム満点のメニューを楽しめます。ただし、高級レストランやリゾートホテルでのランチは日本よりも高額になる傾向があります。また、近年のインフレや人件費の上昇により、オプショナルツアーや交通費を含むサービス全般の価格も上昇しています。チップの慣習も考慮する必要があり、現在は18~20パーセントが一般的となっています。


ハワイ旅行費用の内訳と各費用の目安

ハワイ旅行の航空券代

ハワイ行きの航空券代は、時期や航空会社によって大きく変動します。通常シーズンでは往復7万円台から、繁忙期では20万円以上になることもあります。格安航空会社を利用すれば、片道3万円台から見つかる場合もあります。航空券の価格を抑えるコツとしては、オフシーズンの利用、早期予約、LCC(格安航空会社)の活用などが挙げられます。また、航空会社のセールやキャンペーンを利用することで、さらにお得に購入できる可能性があります。ただし、近年の物価上昇や為替変動の影響により、全体的な価格帯が上昇傾向にあることに注意が必要です。

ハワイ旅行の宿泊費

ハワイの宿泊費は、ホテルのグレードや立地によって大きく異なります。一般的に、5つ星ホテルでは1泊約7万円から、2つ星ホテルでは1泊約2万円からが相場とされています。2名1室利用の場合、リーズナブルな1つ星ホテルで1名あたり約15,000円から、ビーチフロントの4つ星リゾートホテル「シェラトン・ワイキキ」では約41,000円からとなっています。ただし、これらの料金は宿泊時期によって大きく変動します。また、海の眺望や部屋の広さ、朝食の有無などの条件によっても価格が変わるため、予算と希望条件を考慮してホテルを選ぶことが重要です。

ハワイ旅行の食費

ハワイ旅行の食費は、一般的に1人1日あたり7,000円〜10,000円程度が目安となります。具体的には、朝食が1,000円〜1,500円、昼食が1,500円〜2,000円、夕食が5,000円前後(アルコール別)と想定されています。ただし、高級レストランでの食事やアルコールを含めると、さらに高額になる可能性があります。また、ハワイではチップの習慣があり、通常15〜20%程度を支払う必要があることも考慮しましょう。節約したい場合は、スーパーマーケットやフードコートの利用、ハッピーアワーの活用などが効果的です。近年の物価上昇により、2019年と比較して朝食(ビュッフェスタイル)が33ドルから43ドルに値上がりするなど、全体的に食費が上昇傾向にあることにも注意が必要です。

ハワイ旅行の交通費

ハワイ旅行の交通費は、主にレンタカー、公共交通機関、タクシーなどの選択肢があります。レンタカーの料金は近年大幅に上昇しており、2019年と比較して1週間の料金が361ドルから625ドルに値上がりしています。一方、公共交通機関であるTHE BUSの料金は1回3ドル(1Dayパスは7.5ドル)と比較的リーズナブルです。タクシーやライドシェアサービスも利用可能ですが、料金は距離や時間帯によって変動します。交通費を抑えたい場合は、THE BUSやトロリーなどの公共交通機関を活用することで、大幅に節約できる可能性があります。ただし、移動の利便性や観光プランによっては、レンタカーが効率的な選択肢となる場合もあるため、滞在期間や予定に応じて最適な交通手段を選ぶことが重要です。

ハワイ旅行のお土産費用

ハワイ旅行のお土産費用の目安は、一人あたり5,000円~20,000円程度です。人気のお土産には、マカダミアナッツ、ホノルルクッキー、コナコーヒーなどがあります。ハワイの物価高と円安の影響で、お土産代も上昇傾向にあるため、予算を立てる際は最新の物価をチェックすることをおすすめします。節約したい場合は、スーパーマーケットやファーマーズマーケットでの購入が効果的です。また、アラモアナ・ショッピングセンターやロイヤル・ハワイアン・センターなどのショッピングモールでは、ハワイ限定コスメや洋服、ハワイアン雑貨など様々な商品が購入できます。予算を立てる際は、購入したいものをリストアップし、あらかじめ予算を決めておくと計画が立てやすくなります。

ハワイ旅行のWi-Fi・通信費用

ハワイ旅行でのWi-Fi・通信費用は、レンタルWi-Fiを利用する場合、1日あたり約970円~2,970円程度が一般的です。例えば、グローバルWiFiの4G無制限プランでは1日2,170円、5G無制限プランでは1日2,970円となっています。より安価なオプションとしては、1日300MBで970円のプランも提供されています。一方、アロハデータのように1日472円(300MB)から利用できるサービスもあり、予算に応じて選択が可能です。
 
ハワイ滞在中は、ホテルやカフェなどでフリーWi-Fiを利用できる場所もありますが、セキュリティや接続の安定性を考慮すると、レンタルWi-Fiの利用が推奨されます。特に、ワイキキ以外の地域を観光する際には、安定した通信環境を確保するためにレンタルWi-Fiが有用です。また、複数人で旅行する場合は、1台のWi-Fi機器を共有することで、個別にSIMカードを準備するよりも経済的になる可能性があります。

ハワイ旅行の海外保険費用

ハワイ旅行の海外旅行保険費用は、旅行期間や補償内容によって異なりますが、一般的に数千円から数万円程度が相場です。例えば、6日間の個人旅行の場合、最も安価なプランで約2,140円から、より充実した補償内容のプランで約6,000円程度となっています。家族2人での6日間の旅行では、約5,430円から約10,000円程度の範囲で選択できます。
 
ハワイ州は、旅行者に対して医療費補償が10万ドル以上の海外旅行保険への加入を推奨しています。これは、ハワイを含むアメリカには国民健康保険制度がなく、医療費が全額自己負担となる可能性が高いためです。実際に、ハワイでの医療費は非常に高額で、簡単な診察でも数百ドル、入院や手術になると数千ドル以上かかることもあります。
 
海外旅行保険に加入することで、高額な医療費や予期せぬ事故のリスクから身を守ることができます。保険料は決して安くはありませんが、万が一の際の高額な医療費や緊急帰国費用などを考えると、必要不可欠な費用と言えるでしょう。

ハワイでショッピングを楽しむ方法・節約術は?

ハワイでショッピングを楽しみながら節約する方法はいくつかあります。まず、アラモアナ・ショッピングセンターやワイケレ・プレミアム・アウトレットなどの大型商業施設を利用すると、様々なブランドや商品を一度に比較検討できます。特に、アメリカブランドの化粧品やアパレルは日本より安い場合があるため、お得に購入できる可能性があります。
 
また、ハワイ限定のエコバッグやトートバッグは人気のお土産アイテムですが、店舗によって価格が異なります。例えば、ホールフーズマーケットのエコバッグは$1.99から、ディーン&デルーカのトートバッグは$15からと比較的リーズナブルな価格で購入できます。
 
節約術としては、スーパーマーケットやファーマーズマーケットを活用することで、お土産や日用品をより安く購入できます。また、セール時期を狙ったり、クーポンを利用したりすることで、さらにお得にショッピングを楽しむことができます。ただし、近年の物価上昇傾向を考慮し、予算を立てる際は最新の価格情報をチェックすることが重要です。

ハワイの物価は日本より高い!賢く節約してハワイ旅行を満喫しよう

ハワイの物価事情を詳しく見てきましたが、いかがでしたでしょうか。日本と比べて高いものもあれば、安いものもあり、一概に言えない部分も多いですが、旅行者にとっては節約術を活用することで、より充実した滞在が可能です。ハワイは美しいビーチや豊かな自然、美味しい食べ物が揃っている魅力的な場所です。この記事を参考に、賢くお金を使いながら、素晴らしいハワイ旅行を楽しんでください。皆様の旅行が楽しく、思い出深いものになることを心より願っています。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介