インドネシアであなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット

東西約5,000kmに延び、多彩な文化と伝統に彩られ、旅の楽しさが尽きない国「インドネシア」。リゾートアイランドとして世界各国から観光客の集まるバリ島、近年発展の著しいジャワ島。ボロブドゥール遺跡やプランバナン寺院、また近年世界遺産にも登録されたバリ島のスバックの景観を代表とするライステラスなど、インドネシアを旅する楽しみは尽きません。そこで今回は、そんなインドネシはのおすすめの観光スポットをご紹介します。

2023年02月20日更新




#1 最後の楽園「バリ島」

美しい自然と文化が融合する楽園「バリ島」。美しいビーチでゆったり過ごす、可愛いバリ雑貨のお買い物を楽しむ、スパで癒される、緑に囲まれた田舎へ出かける、パワースポットとして知られるヒンズー教の寺院や遺跡を見学するなど、神々の島と呼ばれる「バリ島」には年齢や性別を問わず楽しめる、様々な魅力があります。

#2 世界最古で世界最大級の仏教遺跡「ボロブドゥール寺院遺跡群」

ジャカルタから北西へ約40キロのところに位置する世界最古で世界最大級の仏教遺跡「ボロブドゥール寺院遺跡群」。ジャングルの中にそびえ立つその姿は、圧巻の迫力があります。
ピラミッド状に建設された寺院は仏教の曼荼羅を表現していると言われていて、壁面を飾る美しいレリーフや多くの仏像を有するその内部は、まさに“聖域”と呼ぶにふさわしい、静謐で神秘的な空気に満たされています。


 #3 インドネシア共和国の首都「ジャカルタ」

インドネシアの政治、経済、文化の中心地、首都「ジャカルタ」。「ココナッツの街」としても知られるジャカルタは、5世紀には小さな漁村でしたが、現在は国際的で多文化の大都市に発展しています。インドネシア全土から多様な民族背景を持つ1,000万人以上の人々が住む大都市で、 日中は通勤者でにぎわい、夕方になるとより一層の活気にあふれます。


#4 恐竜のような巨大生物コモドオオトカゲが棲む島「コモド国立公園」

コモド島、パダル島、リンチャ島の3島と周辺領域からなる国立公園「コモド国立公園」。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが生息していることから、多くのツアー客がこのコモド国立公園を訪れます。島周辺の透明度の高い海には、多様な海洋生物が生息しており、ダイビングスポットとしても有名です。


#5 第2のバリ島として人気急上昇中「ロンボク島」

バリ島の東約50km、白妙の美しいビーチが数多く存在する楽園「ロンボク島」。ロンボク島は、第2のバリ島として人気が高まってきており、緑豊かな自然が残る美しい島です。澄んだ青い海が美しくサーフィンスポットとしても有名なスンギギビーチや、インドネシアで3番目の高さが誇るリンジャニ山など美しい自然が見どころになっています。

#6 神秘的な青い炎を吐き出す火山「イジェン火山」

インドネシア、ジャワ島東部にある火山「イジェン火山」。イジェン火山は、硫黄ガスが燃焼する際に発生する光が青い炎のように見え、今までに見たことのない驚きの光景を作り出しています。
またイジェン山火口湖のカワ・イジェンは、『緑のクレーター』という意味があり、大量の硫黄ガスが溶け込み塩酸濃度が高いため、美しく輝くコバルトブルーを作り出しています。


#7 世界最大のカルデラ湖「トバ湖」

インドネシアのスマトラ島北部にある、世界最大のカルデラ湖「トバ湖」。この巨大なクレーター湖の中心には、シンガポールと同じくらいの大きさの島があります。湖の広さは1,145平方キロメートル以上、水深は450メートルもあり、トバ湖は湖というよりもまるで海のようです。これは東南アジアで最大の湖であり、世界で最も深い湖のひとつです。


#8 バリ島を代表する風景「テガララン」

バリ島でも随一の美しさを誇るライステラスがある村「テガララン」。テガラランは、バリ島の中心にある緑と田園が美しいウブドから約15kmの場所にあります。テガラランのライステラスは、美しいカーブを描きながら何層にも重なっているのが特徴で、規模はそれほど大きくありませんが、一枚の絵画のような芸術的な景色を誇っています

#9 インドネシアの軽井沢「バンドン」

インドネシアの軽井沢と呼ばれ、ジャカルタ、スラバヤに次ぐ第3の都市である「バンドン」。バンドンは高原地帯にあるため1年中涼しく、気候も穏やかなため、軽井沢のような避暑地としても有名です。ジャカルタから3時間ほどで行くことができるため、週末にはジャカルタでの暑さや渋滞の疲れを癒そうと、多くの人がバンドンを訪れます。


#10 世界でも最も生態系が豊富な「ラジャ・アンパット」

パプアのバード・ヘッド半島の北西端、インドネシア列島の最東部に位置する、「4人の王」を意味する島「ラジャ・アンパット」。ラジャ・アンパットの海域には、世界で見れる魚類の10分の1の約1500種が生息し、サンゴに関しては世界で見れる4分の3が生息しています。その生物の豊富さと多様性からラジャアンパットは奇跡の海と呼ばれ、世界中のダイバー、そして魚類学者や研究者たちを魅了しています。


       

人気記事

ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
オーストラリア・メルボルンのおすすめめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
ノルウェーの美味しい料理12選!ノルウェー人はどんなものを食べてる?
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
デンマークの美味しい料理10選!デンマーク人はどんなものを食べてる?
キューバの美味しい料理20選!キューバ人はどんなものを食べてる?

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由

キーワード