ドイツの空港を徹底解説!定番のフランクフルト・ミュンヘンの空港やアクセス方法や行き方なども紹介

ドイツはヨーロッパの交通の要所として、多くの空港を擁しています。国際線・国内線共に幅広いネットワークを持つ空港が点在し、ビジネスや観光で訪れる多くの旅行者を迎え入れています。この記事では、フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンをはじめとする主要な空港を中心に、それぞれの特徴やアクセス情報を詳しく紹介します。ドイツの空港を理解することで、よりスムーズで快適な旅行計画が立てられるようになるでしょう。

2024年06月26日更新


ドイツには39の空港がある!

ドイツには39の空港があり、その中でも特に有名な空港としてフランクフルト国際空港、ミュンヘン空港、デュッセルドルフ空港が挙げられます。フランクフルト国際空港はドイツ最大の空港で、300以上の国際線が発着し、ヨーロッパの主要なハブ空港として機能しています。ミュンヘン空港はフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港とも呼ばれ、国内外の多くの都市と結ばれています。デュッセルドルフ空港は、デュッセルドルフ市内中心部からのアクセスが良く、国内外の旅行者に利用されています。その他にも、ベルリン、ケルン・ボン、ハンブルク、シュトゥットガルトなどの空港があり、それぞれが地域の交通の要所として重要な役割を果たしています。

ドイツで定番の空港3選

フランクフルト国際空港

フランクフルト国際空港は、ドイツ最大かつ世界有数のハブ空港として知られ、100社以上の航空会社が乗り入れています。市内中心部から約12kmの距離に位置し、アクセスも非常に便利です。空港から市内への移動手段としては、タクシー、鉄道、バスの3つがあり、タクシーは約20~30分で40~50ユーロ、鉄道はSバーンを利用して15~25分で到着します。空港内には多くのレストランやカフェがあり、特にタイ料理のTHONG THAIやドイツのデリ&レストランMEYERが人気です。また、ショッピングエリアも充実しており、テグートというスーパーではドイツの特産品を手頃な価格で購入できます。空港直結のホテルも複数あり、シェラトン・フランクフルト・エアポートやヒルトン・フランクフルト・エアポートが便利です。

ミュンヘン国際空港

ミュンヘン国際空港(フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港)は、ドイツ第2のハブ空港として知られ、ルフトハンザ航空と全日空(ANA)の直行便が日本から運航されています。空港はミュンヘン中心部から約30km北東に位置し、アクセス方法としてはエアポートバス、Sバーン、タクシーが利用可能です。ターミナル1と2は離れており、異なるアライアンスの航空会社を利用する場合は、入国手続き後に荷物を受け取り、ターミナル間を移動する必要があります。空港内には免税店やブランドショップ、レストランが充実しており、特にビアハウスやヴィトラ社のラウンジが人気です。また、空港自体が観光名所としても評価されており、イギリスの調査会社から「欧州一の空港」に選ばれたこともあります。

デュッセルドルフ空港

デュッセルドルフ空港は、ドイツ国内で3番目の規模を誇る主要空港で、67の航空会社が乗り入れ、ヨーロッパ内を中心に131の地域へ就航しています。空港は3つのターミナルがあり、スカイトレインというモノレールでターミナル間を移動することができます。市内中心部へのアクセスも良好で、タクシーで約15分、料金は28ユーロ程度です。空港内には多くのラウンジがあり、有料で利用できるものや航空会社のステータスが必要なものがあります。特に、ルフトハンザのラウンジはスターアライアンス加盟航空会社の利用者も条件を満たせば利用可能です。また、空港内には免税店やレストランも充実しており、旅行者にとって便利な施設が揃っています。

ドイツで国際線が発着する主要な空港4選

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

ベルリン・ブランデンブルク国際空港(BER)は、2020年に開港した新しい空港で、ドイツ国内外の134都市に就航しています。ベルリン中央駅から空港までは電車で約35分とアクセスが良好です。空港内には多くのラウンジや免税店があり、旅行者にとって快適な環境が整っています。また、空港から市内への移動手段としては、電車、バス、タクシーが利用可能で、特に電車は便利で時間も正確です。ベルリン・ブランデンブルク国際空港は、観光やビジネスでベルリンを訪れる際に非常に便利な空港です。

ハンブルク国際空港

ハンブルク国際空港は、1911年に開港したドイツで最も古い空港の一つで、年間利用者数は約1,600万人にのぼります。空港は市内中心部から約12kmの距離にあり、アクセスが非常に便利です。市内への移動手段としては、地下鉄、タクシー、バスが利用可能です。特に地下鉄SバーンS1系統は空港直結で、中央駅まで約25分で到着します。タクシーも同様に約20~25分で市内に到着し、料金は約25ユーロです。バスは乗り換えが必要で、移動時間が1時間弱かかるため、あまりおすすめできません。空港内には多くの施設があり、旅行者にとって快適な環境が整っています。

シュトゥットガルト国際空港

シュトゥットガルト国際空港は、バーデン=ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルト市街地から南へ約13kmの位置にあり、TUIフライやジャーマンウィングスのハブ空港として機能しています。日本からの直行便はなく、アムステルダムやロンドン経由での乗り継ぎが一般的です。空港から市内への移動は、鉄道Sバーンが便利で、約30分でシュトゥットガルト中央駅に到着します。空港は郊外の丘の上に位置し、離着陸時には美しい風景が楽しめます。また、隣接する見本市会場では毎年ハイテク機械製造や手工業の見本市が開催され、多くの人々で賑わいます。

ケルン・ボン空港

ケルン・ボン空港は、ケルン市内から約15kmの距離に位置し、24時間運営されている国際空港です。市内へのアクセスは非常に便利で、鉄道を利用すればケルン中央駅まで約15分で到着します。鉄道の料金は約3ユーロで、アプリから購入すると2.7ユーロとなります。タクシーを利用する場合、所要時間は15~30分で、料金は約40ユーロです。空港内にはスーパーマーケットや薬局があり、旅行者にとって便利な施設が揃っています。また、ケルン・ボン空港はフランクフルト空港やデュッセルドルフ空港と比べると規模は小さいものの、ヨーロッパの多くの都市へアクセスできるため、旅行者にとって魅力的な選択肢となっています。

ドイツで国内線が発着する主要な空港3選

ハノーファー空港

ハノーファー空港は、ドイツ北部の主要な交通ハブとして機能し、欧州の主要ハブ空港への多くの直行便と頻繁な接続便を提供しています。空港はハノーファー中央駅からSバーンで約20分の距離にあり、鉄道でのアクセスが便利です。また、24時間稼働しているため、時間を気にせず利用できるのも魅力の一つです。空港内には3つの旅客ターミナルがあり、14,000台の駐車スペースが完備されています。さらに、世界最大級の国際産業技術見本市「ハノーバー・メッセ」が開催される期間中は、ホテルが満室になることが多いため、早めの予約が推奨されます。

ライプツィヒ/ハレ空港

ライプツィヒ・ハレ空港は、ドイツのザクセン州とザクセン=アンハルト州の境界に位置し、1927年に開港しました。特に貨物空輸の分野で国際的に重要な役割を果たしており、ドイツ国内ではフランクフルト空港に次ぐ規模を誇ります。空港内には免税店やレストランが充実しており、バリアフリー対応も整っています。日本からの直行便はなく、ミュンヘンやチューリッヒ経由でアクセスするのが一般的です。空港の展望テラスは24時間開放されており、飛行機の離着陸を楽しむことができます。また、空港周辺には多くの観光スポットや自然があり、旅行者にとって魅力的な場所です。

ニュルンベルク空港

ニュルンベルク空港は、ドイツ南部のバイエルン州に位置し、年間約400万人の利用者を誇る国際空港です。市内中心部から約5kmの距離にあり、アクセスが非常に便利です。空港から市内への移動手段としては、地下鉄U2号線が最も一般的で、約12分で市内中心部に到着します。また、タクシーやバスも利用可能で、タクシーは約15分、料金は約20ユーロです。空港周辺には多くの観光スポットがあり、旅行者にとって魅力的な場所です。空港内にはレストランやカフェ、免税店が充実しており、快適な滞在が可能です。さらに、空港周辺には手頃な価格のホテルも多く、旅行者にとって便利な宿泊施設が揃っています。

ドイツの空港を活用してドイツ旅行を楽しもう!

ドイツの空港は、効率的な交通網と充実した施設により、旅行者に快適な旅を提供します。主要都市に位置する国際線・国内線の空港は、観光やビジネスにおいて重要な役割を果たしています。空港の選び方や利用方法を理解することで、旅の計画がよりスムーズになり、滞在中の時間を最大限に活用することができます。ドイツを訪れる際は、ここで紹介した情報を参考にし、素晴らしい旅をお楽しみください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介