グアムの雨季はいつ?気候の特徴やおすすめの服装なども紹介

グアムは年間を通じて温暖な気候が魅力の人気リゾート地ですが、旅行を計画する上で重要なのが雨季の情報です。特に雨季の時期や気候の特徴を知っておくことで、より快適で充実した旅行が楽しめます。この記事ではグアムの雨季をテーマに、雨季の時期やその特徴、旅行者におすすめの服装、そして雨季でも楽しめる観光スポットやアクティビティについて詳しく紹介します。グアム旅行を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

2024年06月25日更新


グアムの気候の特徴

グアムは海洋性亜熱帯気候に属し、年間を通して温暖な気候が続きます。年間平均気温は約28℃で、最高気温は約32℃、最低気温は約21℃と安定しています。 乾季(12月~5月)と雨季(6月~11月)の2つの季節に分かれ、雨季には年間降水量の約3分の2が集中します。 湿度は平均で約70%と高めですが、東からの風が心地よく吹きます。

グアムの雨季はいつ?

グアムの雨季は6月から10月までの期間です。 この時期は年間降水量の約3分の2が集中し、スコールと呼ばれる突発的な豪雨が発生しやすくなります。 特に8月と9月は最も雨が多い月となります。 一方、雨季に入りたての6月と終わりかけの11月は比較的雨が少ない傾向にあります。

グアムの雨季の特徴

グアムの雨季の特徴①雨の頻度が増加する

グアムの雨季には、スコールと呼ばれる突発的な豪雨が頻発します。 スコールは15分程度の短時間で収まりますが、その後すぐに晴れ間が現れるのが特徴です。 雨季の6月から10月は年間降水量の約3分の2が集中し、特に8月と9月は最も雨が多くなります。 一方、雨季の始まりと終わりの時期である6月と11月は比較的雨が少ない傾向にあります。

グアムの雨季の特徴②湿度が高い

グアムの雨季は湿度が高くなる時期でもあります。平均湿度は約70%と年間を通して高めですが、雨季に入ると更に湿度が上がります。 高湿度のため、汗が蒸発しにくくなり、ジメジメした暑さを感じやすくなります。 こまめな水分補給や涼しい場所での休憩が必要となります。 また、湿気が多いと雲ができやすくなるため、スコールが発生しやすい環境となります。

グアムの雨季の特徴③台風の影響を受けやすい

グアムの雨季は7月から10月が台風シーズンとも重なり、台風の影響を受けやすくなります。 特に9月から10月は大型の台風が発生しやすい時期です。 台風の接近に伴い、強風や大雨に見舞われる可能性があるため、外出を控え安全な場所で待機する必要があります。 また、台風の通過経路次第では、航空機の運航に影響が出る場合もあります。

グアムの雨季に適した服装は?

グアムの雨季でも基本的には夏服で問題ありません。ただし、スコールの際に備えて軽量の雨具を持参するのがおすすめです。 また、湿度が高いため通気性の良い素材を選び、汗を素早く吸収するタンクトップやTシャツなどが適しています。 1日の気温差にも対応できるよう、薄手のパーカーやカーディガンを持参するのも良いでしょう。 日差しが強いため、サングラスや帽子なども必需品です。

グアムの雨季にあると便利な持ち物

グアムの雨季には、スコールと呼ばれる突発的な豪雨が発生しやすくなります。そのため、軽量の折りたたみ傘や薄手のレインコートなどの雨具を持参するのがおすすめです。 また、雨に濡れた際の着替えとして、速乾性に優れたドライTシャツやタンクトップなども便利でしょう。 湿度が高いため、汗をかいた際の交換用の下着を多めに用意するのも良いかもしれません。 その他、濡れた靴を入れるビニール袋や、濡れた衣類を仮置きできるエコバッグなども役立つでしょう。

グアムの雨季の過ごし方

グアムの雨季でも、スコールの合間を狙えば十分にアウトドアを楽しむことができます。 雨が降っている間は、ショッピングモールやレストラン、屋内の水族館などで時間を過ごすのがおすすめです。 また、スコールの後には大きな虹が現れることも。虹狩りをするのも雨季ならではの楽しみ方です。 雨季は観光客が少なく、宿泊料金も比較的リーズナブルになるため、上手に過ごせば思いがけない魅力を発見できるかもしれません。

グアムの雨季の注意点

グアムの雨季には、スコールや台風による影響に注意が必要です。スコールは突発的な豪雨を伴うため、外出時は携帯用の雨具を持参しましょう。 また、7月から10月は台風シーズンでもあり、台風の接近に伴い大雨や強風に見舞われる可能性があります。 その際は外出を控え、ホテルなどの安全な場所で待機することが賢明です。 さらに、台風の影響で航空機の運航に支障が出る場合もあり、旅程への影響にも注意が必要です。

グアムの気候・ベストシーズンは?

グアムのベストシーズンは乾季の11月から5月で、特に1月から4月が最も過ごしやすい時期となります。 この時期は雨が少なく、スコールや台風の心配もほとんどありません。 気温は年間を通して変わりませんが、湿度が低く爽やかな気候が続くため、マリンスポーツやアウトドアアクティビティを思う存分楽しめます。 また、5月中旬から6月は旅行代金が比較的リーズナブルで、まだ雨季に入りたての雨の少ない過ごしやすい時期でもあります。

グアム旅行で避けるべき時期

グアムの雨季である6月から11月は、スコールや台風の影響を受けやすい時期となるため、旅行を避けるのが賢明です。 特に8月と9月は最も雨が多く、大型の台風が発生しやすいため注意が必要です。 また、年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどの長期休暇シーズンは、航空券やホテル代が高騰する傾向にあります。 費用を抑えたい場合は、こうした時期を避けるのがおすすめとなります。

グアムの年間平均気温と降水量

グアムの年間平均気温は約28℃で、最高気温は約32℃、最低気温は約21℃と安定した温暖な気候が続きます。 一方、年間降水量は約2,500mmで、このうち約3分の2が雨季(6月~11月)に集中します。 特に8月と9月は最も雨が多く、年間で最も降水量が多くなります。
平均気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 26.7 100
2月 26.8 90
3月 27.4 80
4月 27.7 100
5月 28.1 120
6月 27.8 140
7月 27.6 150
8月 27.6 160
9月 27.5 180
10月 27.5 200
11月 27.1 220
12月 26.7 110

グアムのベストシーズンを選んで旅行に出かけよう!

以上、グアムの雨季に関する情報をお届けしました。雨季の時期や気候の特徴を理解し、適切な準備をすることで、グアム旅行がより快適で楽しいものになります。天候に応じた服装やアクティビティの選択、雨の日でも楽しめる観光スポットを押さえておけば、どんな天候でもグアムの魅力を最大限に楽しむことができるでしょう。グアムは一年を通じて魅力がいっぱいの場所ですので、雨季も恐れず、ぜひ訪れてみてください。素晴らしい旅の思い出がたくさんできることをお祈りしています。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介