ハワイ旅行に必要な費用はいくら?基本的な目安や旅費を節約する方法も紹介

ハワイは、その美しいビーチ、豊かな文化、そして多彩なアクティビティで知られる人気の観光地です。この記事では、ハワイ旅行の費用について詳しく紹介します。飛行機代から宿泊費、食事代や観光名所の入場料まで、さまざまな費用を考慮に入れて計画を立てるための参考にしてください。ハワイ旅行を夢見ている方や、具体的な計画を立てている方にとって、有益な情報を提供します。さあ、一緒にハワイの魅力を探りながら、旅行費用を見積もってみましょう!

2024年06月12日更新



ハワイ旅行費用の目安

3泊5日のハワイ旅行費用、合計いくらかかる?

3泊5日のハワイ旅行の場合、2人で合計約44万円以上の費用がかかります。内訳は、航空券代金が1人あたり約11万円、ホテル代が約4.5万円、空港からホテルまでの交通費が約2万円で、これらを合わせると1人あたり約17.5万円、2人で約35万円になります。 これに加えて、海外旅行保険料が1人あたり約1,800円、Wi-Fiレンタル代が約4,400円、ハワイ滞在中の食事代が1人3万円程度かかるため、2人合計で約44万円以上の旅行費用を見込む必要があります。 さらに、オプショナルツアー代、お土産代、買い物代、現地での交通費なども別途必要になります。

4泊6日のハワイ旅行費用、合計いくらかかる?

4泊6日のハワイ旅行の費用は、1人あたり約20万円から30万円、2人で合計40万円から60万円ほどかかります。 内訳は、飛行機代が1人7万円、ホテル代が4万円、食事代が5万円、交通費が2万円(レンタカーの場合)、オプショナルツアー代が3万円、お土産代が1万円などです。 家族4人で行く場合、総額で約80万円の費用がかかると見積もられています。 ただし、これらはあくまで目安であり、旅行の時期やホテルのグレード、アクティビティ内容などによって大きく変動します。 旅行会社のパックツアーを利用するか個人手配するかでも費用に差が出るでしょう。

5泊7日のハワイ旅行費用、合計いくらかかる?

5泊7日のハワイ旅行の費用は、1人あたり約23万円から35万円が一般的で、2人で行く場合は合計45万円から70万円程度かかります。 内訳は、飛行機代が1人7万円、ホテル代が5万円、食事代が6万円、交通費が3万円(レンタカーの場合)、オプショナルツアー代が4万円、お土産代が1万円などです。 ただし、これらの金額はあくまで目安であり、旅行の目的や過ごし方によって大きく変動します。 ホテルと航空券がセットになったツアーを利用すれば、ホテルのグレードにより異なりますが、2名で1室利用の場合、13万円から20万円程度で手配できます。

ハワイ旅行のベストシーズン、安い時期、物価は?

ハワイ旅行のベストシーズンは?

ハワイ旅行のベストシーズンは、目的や予算によって異なります。一般的に、4月から9月の乾季が観光に最適な時期とされています。この時期は雨が少なく、穏やかで過ごしやすい気候が続くため、ビーチでのんびり過ごしたり、アクティビティを満喫するのに適しています。
 
一方、10月から3月の雨季は、航空券やホテルの料金が比較的安くなるため、リーズナブルに旅行を楽しみたい人にはおすすめです。 ただし、クリスマスシーズンや年末年始は旅行のピークシーズンで、宿泊施設の料金が高騰します。
 
ハワイを訪れる際は、目的に合わせてベストシーズンを選ぶことが大切です。たとえば、サーフィン初心者や中級者は波が穏やかな乾季、ホエールウォッチングは12月から5月、ショッピングは7月の独立記念日セールの時期がおすすめです。 旅行時期を工夫することで、満足度の高いハワイ旅行が実現できるでしょう。

ハワイ旅行の安い時期は?

ハワイ旅行が一番安い時期は、5月中旬から7月初旬です。ゴールデンウィーク明けは需要が落ち着き、航空券やホテルの料金が大幅に下がるため、この時期にハワイ旅行を計画するとお得に楽しめます。
 
また、1月中旬から3月中旬、9月から12月初旬も、春休みや夏休み、年末年始などの大型連休を外した時期なので比較的安くなります。 特に連休の直前・直後の日程を選ぶと、かなりリーズナブルな価格でハワイ旅行ができるでしょう。
 
さらに、出発曜日にも注目です。金曜日から日曜日の週末に出発すると需要が高まり値上がりしやすいので、月曜日から水曜日に出発し平日に帰国するのがおすすめです。
たとえば5月中旬の水曜日に出発して翌週月曜日に帰国するスケジュールなら、一年で最も安い時期にハワイ旅行を満喫できます。 オフシーズンに平日利用を心がければ、かなりお得に旅行できるはずです。

ハワイ旅行の物価は?

ハワイの物価は日本と比べると高めで、円安の影響もあり旅行者の負担は大きくなっています。ハワイでの食事代は1食あたり2,000円以上、コーヒー1杯でも1,000円ほどかかるのが一般的です。 レストランでの食事には別途チップとして15~20%程度の料金が上乗せされます。
 
現地での交通費やショッピング代は日本の2倍程度を見込んでおくのがよいでしょう。 たとえばファーストフードのハンバーガーは約2,700円、ミネラルウォーター1本は約300円します。
 
食費を抑えたい場合は、スーパーやファーマーズマーケットを活用するのがおすすめです。 外食が多くなると1日1万円以上の食費がかかってしまうこともあるため、旅行前に最新の物価をチェックし、予算に余裕を持たせておくことが大切です。

ハワイ旅行費用の内訳と各費用の目安

ハワイ旅行の航空券代の目安

ハワイ旅行の航空券代は、時期や航空会社によって大きく変動します。ローシーズンのエコノミークラスの往復航空券の目安は、1人あたり6万円から14万円程度です。 ただし、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などのハイシーズンになると、航空券だけで1人30万円以上になることもあります。
 
航空券の費用を抑えるには、航空券とホテルがセットになったパックツアーを選ぶのがおすすめです。 旅行会社が発売しているツアーなら、個人で手配するより安くなる可能性があります。 また、格安航空会社(LCC)を利用することで、さらに費用を節約できます。ただし、LCCでは預け荷物や機内食が有料になるなど、サービス面で制限があることに注意が必要です。

ハワイ旅行のホテル代の目安

ハワイ旅行のホテル代は、ホテルのグレードや立地、旅行時期によって大きく異なります。一般的なホテルの料金の目安は以下の通りです。
 
・3泊の場合: 約9万円~15.6万円
・4泊の場合: 約12万円~
・5泊の場合: 約15万円~18万円
 
これらの金額は2名1室利用の場合の合計金額です。家族4人で宿泊する場合は、1泊あたり3万円以上のホテルを選ぶと15万円以上かかります。
 
ハワイの人気リゾートホテルは、1泊2万円以上することも珍しくありません。 一方で、コンドミニアムタイプの宿泊施設なら、1泊1万円以下で泊まれる場合もあります。
 
ホテル代を節約したい場合は、ホテルの立地にこだわらない、朝食付きのプランを選ばない、オフシーズンに旅行するなどの工夫が有効です。 また、ホテルと航空券がセットになったパックツアーを利用すると、ホテル単体で予約するよりお得になることが多いです。

ハワイ旅行の食事代の目安

ハワイ旅行の食事代は、1人1日あたり1万円から1.5万円程度が目安です。 ハワイの物価は日本よりも高く、レストランでの食事は1食あたり2,000円以上かかるのが一般的です。 朝食は1,500円、ランチは2,000円、ディナーは6,000円程度の予算を見積もっておくとよいでしょう。
 
また、ハワイではチップの習慣があるため、レストランの料金の15~20%をチップとして支払う必要があります。 アルコール飲料を注文する場合はさらに費用がかさみます。
 
食費を節約したい場合は、コンビニエンスストアやスーパーマーケットのデリコーナー、フードコートを活用するのがおすすめです。 テイクアウトなら、チップも不要で安く食事ができます。 ホテルに自炊設備がある場合は、食材を買って料理するのも経済的です。

ハワイ旅行のお土産代の目安

ハワイ旅行のお土産代は、何を買うか、どれだけの人に買うかなどによって大きく異なります。一般的な目安としては、1人あたり1万円から5万円程度が相場です。
 
人気のお土産としては、パンケーキミックス、ハワイアンホースト(チョコレート)、スターバックスのハワイ限定グッズ、オーガニックコーヒーなどがあります。 これらのお土産は1つあたり1,000円から3,000円程度で購入できます。
 
お土産代を節約したい場合は、ABCストアなどのドラッグストアでお菓子やコスメを購入するのがおすすめです。 また、ワイキキ周辺のスーパーマーケットでは、日本でも人気のマカデミアナッツチョコレートやクッキーが手頃な価格で売られています。
 
ハワイ旅行前に、お土産リストを作成して予算を決めておくと、現地で買いすぎを防げます。 お土産選びも旅の楽しみの一つですが、食費や体験にお金をかけることで、より充実したハワイ旅行になるでしょう。

ハワイ旅行のSIM・レンタルWi-Fi料金の目安

ハワイ旅行では、現地でインターネットに接続できるようにSIMカードやレンタルWi-Fiを利用するのが便利です。料金の目安は以下の通りです。
 
レンタルWi-Fiの場合、1日あたり200円から700円程度が相場です。 容量無制限のプランだと1日あたり600円から1,400円ほどかかります。 5日間のレンタルなら、容量制限ありのプランで約1,000円から2,200円、容量無制限のプランで約3,000円から3,400円が目安となります。
 
一方、SIMカードは1日あたり200円から400円程度で利用できます。 1GBから3GB程度のデータ通信量が付いたプランが一般的です。 ただし、SIMカードの場合は端末の対応状況を事前に確認する必要があります。
Wi-Fiルーターをレンタルするか、SIMカードを購入するかは、利用者数や利用期間、通信速度などを考慮して選ぶとよいでしょう。 家族旅行でスマホやタブレットを複数台持ち込む場合は、容量無制限のWi-Fiルーターがおすすめです。 1人旅や出張などの短期滞在ならSIMカードでも十分でしょう。

ハワイ旅行のESTA代の目安

ハワイ旅行には、ESTA(電子渡航認証システム)の申請が必要です。ESTAの申請料は1人あたり14ドル(約1,500円)で、有効期限は2年間です。 クレジットカードでオンライン申請でき、承認までは通常72時間以内ですが、渡航の72時間前までに申請を済ませておくのがおすすめです。
 
ESTAの申請が承認されると、ハワイへの渡航が可能になります。ただし、ESTAはビザとは異なるため、渡航目的や滞在日数に制限があります。 観光目的の渡航で90日以内の滞在であれば、ESTAで入国できます。
 
ESTAの申請は、パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上あることが条件です。 また、過去にアメリカビザの申請が拒否されたことがある場合は、ESTAの申請が承認されない可能性があるため注意が必要です。

ハワイ旅行の海外旅行保険代の目安

ハワイ旅行の海外旅行保険料は、旅行日数や年齢、補償内容によって異なりますが、一般的な目安は以下の通りです。
 
3泊5日の旅行の場合、1人あたりの保険料は1,740円程度が相場です。 4泊6日なら2,140円前後、5泊7日の旅行では2,500円から3,000円ほどかかります。 家族旅行の場合、子どもの分も含めて家族全員分の保険に加入する必要があります。たとえば3人家族で5日間の旅行なら、合計で4,460円ほどの保険料となります。
 
ハワイ州では、新型コロナウイルスを含む病気やケガに備えて、医療費補償が10万ドル以上の海外旅行保険への加入が推奨されています。 高額な医療費に備えるためにも、十分な補償内容の保険プランを選ぶことが大切です。
 
海外旅行保険の補償内容は、ケガや病気の治療費、携行品の盗難や損害、航空機遅延などが一般的ですが、オプションで補償を追加することもできます。 家族旅行なら、子どもの予期せぬケガに備えて、十分な補償額の保険に加入しておくと安心です。

ハワイ旅行費用を節約するコツ

ハワイ旅行の費用を節約するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。まず、航空券と宿泊がセットになったパックツアーを利用すると、個別に手配するよりもお得になる場合があります。 また、旅行の時期を選ぶことも大切で、オフシーズンである1月中旬から3月中旬や5月中旬から7月初旬に旅行すると、航空券やホテルの料金が安くなります。 現地での移動手段としては、タクシーよりもUberやライドシェアサービスを利用することで交通費を抑えることができます。 食費を節約するためには、レストランでの食事を控え、スーパーやファーマーズマーケットで食材を購入して自炊するのがおすすめです。 さらに、観光地の入場料が無料の場所を訪れることで、エンターテインメント費用を削減できます。 これらの節約術を活用することで、ハワイ旅行をより経済的に楽しむことができるでしょう。

ハワイ旅行の費用を確認して旅行の計画を立てよう

ハワイ旅行の費用について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?この記事を参考にして、しっかりと予算を組み、素晴らしいハワイの旅を計画してください。飛行機代から宿泊費、食事代、そして現地でのアクティビティまで、細かい部分まで確認し、安心して旅行を楽しんでいただければ幸いです。皆様のハワイ旅行が素晴らしい思い出となりますように、心からお祈りしています。それでは、素晴らしい旅をお楽しみください!

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
セドナの魅力とおすすめ観光スポット10選!実際に子連れで行って紹介
南ドイツであなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット!ロマンチック街道や中世の街並みなども

おすすめ記事

大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
マレーシア旅行のお土産おすすめランキング9選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介
イギリスのお菓子・スイーツおすすめ人気12選!お土産や日本で買えるものなども紹介
スラムダンクの踏切の場所は?江ノ電・鎌倉高校前の踏切を紹介

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介

キーワード