奄美大島のおすすめ観光スポット15選!定番から穴場まで厳選して紹介

奄美大島は、豊かな自然と独特の文化が魅力の観光地です。美しいビーチ、神秘的な森、多様な野生動物など、訪れる人々を飽きさせない多彩なスポットが点在しています。奄美大島では、心癒される絶景やアクティビティが楽しめるだけでなく、歴史や伝統文化にも触れることができます。本記事では、奄美大島を訪れる際にぜひ立ち寄ってほしい、おすすめの観光スポットを厳選してご紹介します。自然の美しさと人々の温かさに触れながら、奄美大島の魅力を存分に感じてください。

2024年06月11日更新



奄美大島ってどんな島?

奄美大島は鹿児島県に属する奄美群島の中心的な島で、九州南方海上、鹿児島市と沖縄本島のほぼ中間に位置しています。面積は712.35平方キロメートルで、奄美群島最大の島です。 気候は海洋性亜熱帯気候で温暖多雨。年間平均気温は約20℃、年降水量は約3,000mmと日本有数の多雨地帯となっています。
 
奄美大島の文化は本土と沖縄両方の影響を受けつつも独自性が強く、島唄や黒糖焼酎、大島紬など個性的な文化が特徴です。 言語的には奄美語が話され、琉球語の一部とみなされています。 2017年には奄美群島国立公園に指定され、2021年7月には世界自然遺産にも登録されるなど、手つかずの自然が残る神秘の島として世界的に注目を集めています。

奄美大島のアクセス方法・行き方

奄美大島へのアクセス方法は、飛行機かフェリーの2つがあります。飛行機は鹿児島空港から奄美空港まで約1時間で、JALとスカイマークが1日9便運航しています。 JALの料金は早期予約で片道9,900円から、スカイマークは6,300円からとなっています。
 
一方、フェリーは鹿児島新港から名瀬港まで約11時間かかりますが、料金は安く設定されています。 フェリーは天候に左右されやすいものの、のんびりと船旅を楽しみたい方におすすめです。
 
島内の移動手段は、路線バスやレンタカー、タクシーなどがあります。バスは本数が少なく複雑ですが、集落を走るバスからの景色を楽しむのもよいでしょう。 目的地が決まっている場合はタクシーの利用がおすすめです。

奄美大島の気候・ベストシーズンは?

奄美大島は亜熱帯性気候に属し、年間を通して温暖な気候が特徴です。年平均気温は約21℃で、最も寒い1月から2月でも平均気温は15℃前後と比較的温かいです。
 
夏は6月中旬から7月にかけて梅雨に入り、蒸し暑い日が続きます。8月は最高気温が34℃前後まで上がり、台風シーズンでもあるので注意が必要です。
 
秋から冬にかけては比較的過ごしやすい気候が続きますが、12月から2月は平均気温が16℃前後まで下がり、最低気温は10℃を下回ることもあるので防寒対策が必要です。
 
奄美大島の観光のベストシーズンは、3月から5月の春と10月から11月の秋が特におすすめです。 春は気温が徐々に上昇し、海開きが始まる時期。秋は夏の暑さが和らぎ、海水浴やマリンスポーツを楽しむのに最適な時期です。 ただし梅雨や台風の時期は天候が不安定になるので、旅行の計画は慎重に立てる必要があります。

奄美大島のおすすめ観光スポット15選

美しい海と白い砂浜が魅力の「倉崎海岸」

奄美大島の龍郷町にある倉崎海岸は、白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く透明度の高い海が魅力的なビーチです。 まるで水族館のような美しい海の色は、訪れた人を魅了してやみません。 海岸にはトイレやシャワーの設備はありませんが、近くのダイビング施設で利用可能です。 人混みを避けてのんびりと過ごしたい方におすすめの穴場スポットです。

自然と触れ合える「黒潮の森 マングローブパーク」

奄美大島の住用町にある「黒潮の森 マングローブパーク」は、マングローブ原生林とリュウキュウアユの生態を間近で観察できる自然体験型の公園施設です。 園内ではマングローブ探検カヌーツアーが人気で、ガイドの案内でマングローブ林をカヌーで探検しながら、亜熱帯の大自然を肌で感じることができます。 料金は60分コースが大人3,300円、90分コースが4,400円となっています。 施設内にはレストランもあり、マングローブを眺めながらのんびりと食事を楽しむこともできます。 アクセスは奄美空港から車で約70分、奄美市名瀬から約30分の場所にあります。

神秘的な森、自然探訪の「金作原」

奄美大島の住用町にある金作原は、手つかずの自然が残る神秘的な森として知られています。 巨大なヒカゲヘゴの木々や固有種の動植物が生息する原生林は、まるでジュラシックパークのような圧倒的な存在感を放っています。
 
森の中を流れる川の清流や、木々の間から差し込む光が作り出す神秘的な雰囲気は、訪れる人を魅了してやみません。
金作原を散策するには、認定を受けたエコツアーガイドの同行が必要です。 ガイドの案内で約2時間のミニハイキングを楽しみながら、亜熱帯の原生林の生態系について学ぶことができます。 森の中では、アマミノクロウサギやルリカケスなどの希少な野生動物に出会えるチャンスもあります。
 
2021年7月に世界自然遺産に登録された金作原は、今後さらに注目が集まることが予想されます。 大自然の神秘を体感できる貴重な場所として、自然保護と両立した持続可能な観光の取り組みが期待されています。 奄美空港から車で約1時間の場所にあり、事前予約が必要です。

リラックスしたひとときを過ごせる「奄美市大浜海浜公園」

奄美市名瀬にある大浜海浜公園は、サンゴ礁と透き通る海、白い砂浜が美しい人気の海浜公園です。 遊歩道や展望台も整備されており、のんびりと散策を楽しめます。 発達したサンゴ礁はシュノーケリングやダイビングに最適で、「日本の渚百選」や「快水浴場百選」にも選ばれています。 隣接する小浜キャンプ場ではバーベキューも楽しめ、家族連れにおすすめのスポットです。 アクセスは奄美空港から車で約30分の場所にあります。

透明度抜群の海を楽しむ「土盛海岸」

奄美大島の笠利町にある土盛海岸は、透明度抜群のエメラルドグリーンの海が魅力的なビーチです。 白い砂浜と海のコントラストが美しく、「ブルーエンジェル」の愛称で親しまれています。
 
リーフに囲まれた穏やかな海は、シュノーケリングに最適です。 遠浅で砂地が広がっているので、海水浴にもおすすめ。 ただし、離岸流が発生しやすいので注意が必要です。
 
奄美空港から車で約10分とアクセスしやすいため、観光客にも地元の人にも人気のスポットとなっています。 トイレやシャワーの設備も整っているので、1日中ゆっくりと海を楽しむことができます。

雄大な自然が広がる「ホノホシ海岸」

奄美大島の南端、瀬戸内町にあるホノホシ海岸は、太平洋に面した荒々しい海岸です。 砂浜ではなく、波に削られて丸くなった玉石が敷き詰められた独特の景観が特徴です。 波が押し寄せるたびに玉石がガラガラと音を立て、他の海岸にはない雰囲気を醸し出しています。
 
穏やかな海岸が多い奄美大島の中で、ホノホシ海岸は荒波と岩場が織りなす雄大な自然の景観を楽しめるスポットです。 強い土地のパワーを感じられるとして、パワースポットとしても人気があります。 2021年のドラマ『天国と地獄』のロケ地としても度々登場し、さらに注目を集めています。
 
ホノホシ海岸へは奄美空港から車で約2時間、名瀬港から約1時間20分の場所にあります。 駐車場とトイレが完備されており、駐車場から舗装された小道を進むと、ホノホシ海岸の全景を眺められます。 ただし、言い伝えにより玉石の持ち帰りは控えましょう。

伝統と文化を体験できる「大島紬村」

奄美大島を代表する伝統工芸品「大島紬」の製造工程を見学し、体験できる施設が大島紬村です。 奄美空港から車で約20分の場所にあり、約1万5千坪の敷地内には本場奄美大島紬生産工場をはじめ、亜熱帯植物等を楽しめる庭園が広がっています。
 
大島紬村では、大島紬にかかせない泥染めや機織り、着付けなどの体験プログラムが人気です。 奄美大島の豊かな自然の泥田で、ハンカチやTシャツなどを使った泥染め体験ができるのは大島紬村ならではの魅力です。
 
また、最高級の本場大島紬や、紬村オリジナルの大島紬のお土産品も多数取り揃えています。 大島紬のマフラーなどは、旅の記念にぴったりのアイテムです。
 
入場料は大人550円、子供220円で、営業時間は9時から17時まで。 年末年始(12/31、1/1)は休館日となっています。 奄美大島の伝統と文化に触れられる貴重な体験として、観光客に人気のスポットです。
4

絶景を一望できる「油井岳展望台」

油井岳展望台は、奄美大島の瀬戸内町にある人気の絶景スポットです。 標高483mの高い位置にあり、大島海峡を一望できる絶景が広がっています。 リアス式海岸の加計呂麻島や、晴れた日には遠く徳之島まで見渡すことができます。
 
展望台からは、エメラルドグリーンに輝く海の色や、行き交う船の航跡、緑豊かな山々の景色を楽しめます。 特に夕暮れ時の美しい夕焼けは必見です。 奄美十景にも選ばれた絶景は、訪れる人を魅了してやみません。
 
油井岳展望台へは、奄美空港から車で約1時間10分の場所にあります。 展望台の駐車場から歩いてすぐの場所にあり、アクセスも良好です。 帰りは暗くなるので、懐中電灯などの準備があると安心です。 奄美大島屈指の絶景スポットとして、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

自然が作り出した奇跡の形「ハートロック」

奄美大島の住用町にある「ハートロック」は、自然の営みによって偶然にも心臓の形に削られた奇岩です。 海岸沿いの岩場に佇むハート型の岩は、まるで自然が生み出した芸術作品のようです。
 
干潮時には岩の近くまで行くことができ、間近でその神秘的な造形美を鑑賞できます。 特に夕暮れ時にはオレンジ色に輝く夕日を背景に、シルエットとなったハートロックが浮かび上がる幻想的な光景が広がります。
 
ハートロックは恋人の聖地としても知られ、「永遠の愛」を象徴するパワースポットとして人気を集めています。 訪れたカップルが愛を誓い合う姿もよく見られます。
 
アクセスは、奄美空港から車で約1時間30分の場所にあります。 駐車場から5分ほど歩いた海岸沿いの岩場にハートロックがあります。 干潮時の時間帯をチェックして訪れるのがおすすめです。 自然が生み出した奇跡の絶景を、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

家族で楽しめる「アヤマル岬観光公園」

あやまる岬観光公園は、奄美大島の北部、大和村にある人気の観光スポットです。 広大な敷地内には、天然のプールや100円で乗れるサイクル列車、足でこぐサイクルボートなど、家族で一日中楽しめるアクティビティが充実しています。
 
特に人気なのが、岩場に囲まれた天然のプール。 深さ30~50cmと小さな子供でも安心して遊べる深さで、シュノーケルで魚を観察するのにもぴったりです。 サイクル列車は、線路の上を漕いで進む4人乗りの自転車で、海沿いのレールを走りながら景色を楽しめます。
 
公園内にはレストランやショップ、シャワー施設も完備されており、海水浴やバーベキューを一日中満喫できます。 園内マップを見ると、広い敷地内にはさまざまな施設が点在しているのがわかります。
 
あやまる岬一帯は「奄美十景」にも選ばれた絶景スポットで、公園内には展望台もあります。 サンゴ礁の海を一望できる絶景は、訪れる人を魅了してやみません。 アクセスは名瀬から車で約1時間30分。 大自然を満喫しながら、家族で楽しい思い出を作れるおすすめスポットです。

癒しの滝「マテリヤの滝」

奄美大島の龍郷町にある「マテリヤの滝」は、亜熱帯の森に囲まれた癒しのスポットです。 落差約8mの滝は、岩肌を伝って優雅に流れ落ち、神秘的な雰囲気を醸し出しています。
 
滝つぼは深さ2~3mほどで、エメラルドグリーンに輝く美しい水をたたえています。 夏場は滝壺で泳ぐこともでき、天然のジャグジーのようにリフレッシュできると人気です。 滝の周りには木々が生い茂り、せせらぎの音と小鳥のさえずりが心地よく響きます。
マテリヤの滝は龍郷町の集落はずれにひっそりと佇んでおり、観光地化されていないため静かな時間を過ごせます。 滝までは未舗装の山道を15分ほど歩くため、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。
 
奄美空港から車で約1時間30分の場所にあり、看板を目印に進むと到着します。 自然のパワーを感じながら、心身ともにリフレッシュできる癒しの滝として人気を集めています。

奄美の文化と歴史を学ぶ「鹿児島県奄美パーク」

奄美大島の笠利町にある「鹿児島県奄美パーク」は、奄美の自然や文化、歴史を学べる体験型の施設です。 園内には、奄美の自然や人々の暮らしを紹介する「奄美の郷」と、奄美を愛した画家・田中一村の美術館からなっています。
 
「奄美の郷」では、奄美の海や山、マングローブ原生林などの自然を大型スクリーンで上映し、島の成り立ちについて学ぶことができます。 また、島唄や踊り、泥染めなどの伝統文化を体験できるプログラムも人気です。
 
一方、「田中一村記念美術館」では、奄美の自然美に魅了された画家・田中一村の代表作を鑑賞できます。 一村が描いた奄美の海や森、花々は色彩豊かで、独特の画風で知られています。 美術館では一村の人生についても紹介されており、奄美の自然と深く結びついた画家の魂を感じることができます。
 
施設内にはレストランやミュージアムショップも併設されており、奄美の特産品などのお土産品も購入できます。 入場料は大人510円、小中学生250円です。
鹿児島県奄美パークは、奄美空港から車で約5分とアクセスも良好です。 奄美の自然と文化、歴史について楽しみながら学べる施設として、観光客にも地元の人にも親しまれています。

海の生き物たちと触れ合う「奄美海洋展示館」

奄美大島の大浜海浜公園内にある「奄美海洋展示館」は、奄美の海と人々の暮らしの深い関わりを学べる体験型の施設です。 館内では、奄美の海中地形を再現した大水槽で、ウミガメやサメ、熱帯魚など約200種類の魚たちが泳ぐ姿を間近で観察できます。
 
また、人々の暮らしに身近な魚介類を展示した水槽や、サンゴの生態を紹介するコーナーもあり、奄美の海の多様性を学ぶことができます。 16面マルチビジョンのシアターでは、迫力ある映像で奄美の海中世界を体感できます。
 
館内では、サンゴや貝殻を使ったクラフト体験も人気です。 オリジナルのストラップやキーホルダー作りを通して、奄美の海の素材の美しさを実感できます。
 
2階には海を望むレストランも併設されており、イルカショーを見ながらの食事も楽しめます。 奄美の海を五感で感じられる体験型水族館として、子供から大人まで楽しめる施設です。
 
アクセスは奄美空港から車で約40分。入館料は大人1,500円、小中学生750円です。 奄美の美しい海と生き物たちの魅力を存分に味わえる、おすすめの観光スポットです。

壮大な自然が広がる「住用マングローブ林」

奄美大島の南部に位置する住用町には、太平洋に面した住用湾の河口に雄大なマングローブ原生林が広がっています。 この原生林は国立公園の特別保護区に指定されており、手つかずの大自然を体感できる貴重なスポットです。
 
住用のマングローブ林は、主にメヒルギとオヒルギの木々で構成され、サキシマスオウノキやシマシラキも混生しています。 潮の満ち引きで姿を変える神秘的な景観は、まるで時が止まったかのような不思議な雰囲気を醸し出します。
 
マングローブ林は、リュウキュウアユなどの稚魚や甲殻類の幼生の成育場所としても重要な役割を果たしています。 ミナミトビハゼをはじめ多様な生き物が生息する、生命力に満ちた場所でもあります。
 
住用のマングローブ林を探索するには、カヌーがおすすめです。 ガイドの案内でマングローブ林をゆっくりと進みながら、亜熱帯の大自然を肌で感じることができます。 マングローブの根元に広がる干潟では、カニやトビハゼなどの生き物を間近で観察できるのも魅力です。
アクセスは奄美空港から車で約1時間30分。 大自然の神秘と生命力を体感できる、奄美大島屈指の絶景スポットとして人気を集めています。

奄美大島に行ってみよう!

奄美大島の魅力を感じることができる観光スポットを紹介してきましたが、いかがでしたか?豊かな自然、美しい風景、そして独特の文化に触れることで、心に残る素晴らしい旅の思い出ができることでしょう。奄美大島は四季折々の魅力があり、訪れるたびに新たな発見が待っています。ぜひ、今回ご紹介したスポットを参考にして、奄美大島の魅力を存分に楽しんでください。皆さまの旅が素晴らしいものになりますように、心からお祈りしています。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
セドナの魅力とおすすめ観光スポット10選!実際に子連れで行って紹介
南ドイツであなたが訪れるべき10のおすすめ観光スポット!ロマンチック街道や中世の街並みなども

おすすめ記事

大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
マレーシア旅行のお土産おすすめランキング9選!定番人気のお菓子や食べ物、コスメ・雑貨など紹介
イギリスのお菓子・スイーツおすすめ人気12選!お土産や日本で買えるものなども紹介
スラムダンクの踏切の場所は?江ノ電・鎌倉高校前の踏切を紹介

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介

キーワード