アメリカキャンピングカー旅で実際に宿泊したおすすめRVパーク6選!費用や予約方法なども解説

アメリカの壮大なグランドサークルを家族4人でキャンピングカー旅行するのは、忘れられない冒険です。この記事では、私たちが実際に宿泊したRVパークを紹介します。自然の美しさに囲まれ、快適な設備が整ったこれらのパークは、旅の素晴らしい拠点となりました。家族での絆を深める、特別な体験を皆さんにも共有したいと思います。

2024年04月28日更新


RVパークとは?

RVパークは、キャンピングカー旅行者が全国どこでも快適に過ごせるよう設計された専用施設です。アメリカには15,000箇所以上のRVパークがあり、国立公園や海岸沿い、テーマパーク近くなど、様々な場所に位置しています。これらのパークは、プールやインターネット接続など、驚くほど充実した設備を備えており、日本のオートキャンプ場と似たコンセプトでありながら、規模と設備の面で一段と進化した形態をしています。キャンピングカー文化が根付くアメリカでは、旅の自由度を格段に高める存在です。

実際に宿泊したアメリカのRVパーク6選

ここからは私たちが実際にアメリカのグランドサークルをキャンピングカーで旅したときに宿泊したRVパークをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ザイオン・リバー・リゾートRVパーク&キャンプグランド@ザイオン国立公園


ラスベガスから約3時間ほどで到着するザイオン国立公園の近くにある「ザイオン・リバー・リゾートRVパーク&キャンプグランド(Zion River Resort RV Park & Campground)」。ザイオン国立公園を訪れるならここのRV パークがおすすめです。ザイオン国立公園からわずか数分という絶好の立地で、国内の息をのむような自然保護区へ簡単にアクセスできます。このリゾートは、ブライスキャニオン国立公園、グランドキャニオン北部、シーダーブレイクス国立記念物など、日帰り旅行の理想的な基地となります。さらに、家族向けの計画されたアクティビティ、クラブハウス、プール、そして子供たちが楽しめる遊び場など、ユニークなリゾート体験も提供しています。予約は英語ですがHPから可能です。
トラベルガイド
shin_skywalker
今回紹介したRVパークの中では一番綺麗で設備も整っていました。ザイオン国立公園からも近いのでここを起点に観光するのがおすすめです。

アンテロープ・ポイントRVパーク&マリーナ@ページ


アンテロープ・ポイント RV キャンプガウンド(Antelope Point RV Park & Marina)は、アンテロープキャニオンのハイキングエリアからわずか3マイル未満、カヤック、釣り、ボートに最適なレイクパウエルのすぐそばに位置しています。100のスルーサイトを有するRVキャンプ場は、広々として清潔で、タワーブッテや周囲の砂岩の崖の息をのむような景観を楽しめます。ナバホキャニオン、ガンサイトキャニオン、パドレベイへはボートで20-30分とアクセスが良好。さらに、北アリゾナで最も暗い空の下、壮大な日の出と日の入り、タワーブッテの素晴らしい景色を堪能できます。豪華なマリーナではボートレンタル、湖ツアー、釣り遠征、湖畔レストラン&バー、24時間カートシャトルサービスも提供しています。
アンテロープやホースシューベンドの観光拠点としておすすめのRVパークです。
トラベルガイド
shin_skywalker
何もない荒野にポツンとあるRVパークです。管理棟やコインランドリー等などはなく、予約した番号の場所に勝手に駐車して過ごす感じです。周りも荒野のため、水や食料は多めに持参していくことをおすすめします。

ザ・ビュー・キャンプグランド@モニュメントバレー


ザ・ビュー・キャンプグランド(The View Campground)では、モニュメントバレーの新しい楽しみ方を提案します。RVサイトから野生のキャンプサイトまで、どの場所からもモニュメントバレーの独自の景観を楽しむことができます。RVサイトは、この地域で最も美しい夕日を望める場所として知られていますが、すべて乾燥地でフックアップはありません。一方、野生のキャンプサイトは、世界中のどのキャンプサイトからも比べられる息をのむような景色を提供し、崖の端に位置しています。全てのキャンパーが利用可能な完全なトイレとシャワー施設があります。ビューホテルも有名ですが、キャンピングカーならキャンプサイトもおすすめです。
トラベルガイド
shin_skywalker
目の前にモニュメントバレーが広がるRVパークです。眺めは素晴らしいですが、電気や水道等がなく、駐車だけして過ごすタイプのRVパークなので、前日に準備していくことをおすすめします。綺麗な共同シャワー・トイレなどはあります。

トレイラー・ビレッジRVパーク@グランドキャニオン


トレイラー・ビレッジRVパーク(Trailer Village RV Park)は、グランドキャニオン国立公園内唯一のRVパークとして、究極のRV旅行体験を提供しています。グランドキャニオンのサウスリムに非常に近い立地で、全てのサイトにフルフックアップ設備を完備し、最大50フィート長の車両に対応した舗装されたプルスルーサイトを誇ります。四季を通じて営業しており、この自然の驚異へのアクセスを年中無休で楽しむことができます。また、グランドキャニオンのサウスエントランスのすぐ内側に位置し、探索への門戸を広げています。グランドキャニオンに来るなら絶対にここがおすすめです。オンシーズンはすぐに予約がいっぱいになるので早めに予約しておくのが◎。
トラベルガイド
shin_skywalker
グランドキャニオンの国立公園の中にあるRVパークで展望台からも近いです。道も舗装されていてサイト自体はとても綺麗です。キャンプサイトの方にコインランドリーもあります。

ランチョ・セドナRVパーク@セドナ


ランチョ・セドナ RV パーク(Rancho Sedona RV Park)は、セドナの心地よい静寂に包まれた究極のRVパークです。圧巻のシカモアとコットンウッドの木々によって完全に陰が作られ、美しいオーククリークの隣に位置し、町の中心部にあります。ギャラリーやショップ、レストランへは徒歩圏内。公園から直接、山岳自転車、ハイキング、年間を通してのトラウト釣りを楽しむことができます。夏はクリークでの泳ぎも楽しむことができます。セドナのRVパークはここしかないので、早めに予約することをおすすめします。
トラベルガイド
shin_skywalker
セドナの中心部から少し離れた場所にあるRVパーク。森に囲まれていてサイト自体も綺麗、コインランドリーも完備なので安心です。キャンピングカーでセドナの街中を走るのは大きすぎて難しいので、ここを起点に徒歩かuberなどを利用してまわると良いです。

フォンテーンオブユーススパRVパーク@サルベーションマウンテン


フォンテーンオブユーススパRVパーク(Fountain of Youth Spa RV Resort)は、1966年から家族経営で運営されているリゾート&スパで、サルベーションマウンテンから車で20分くらいのところにあります。。美しいチョコレートマウンテンズの近く、広大な砂漠の風景に囲まれ、無数のハイキングやバイキングトレイルに恵まれています。とにかくここのRVパークは広いです。そして温かいスパもあるので1日中楽しめます。


RVパークに泊まりながらアメリカを旅してみよう!

グランドサークルの旅は、家族で共有する貴重な時間となりました。私たちが宿泊したRVパークは、快適さと自然の美しさを提供してくれ、旅をより豊かなものにしました。この経験を通じて、家族の絆がさらに深まり、忘れがたい思い出がたくさんできました。皆さんもこの壮大な旅路を体験し、家族との絆を深めてみてはいかがでしょうか。

       

人気記事

ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
オーストラリア・メルボルンのおすすめめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
ノルウェーの美味しい料理12選!ノルウェー人はどんなものを食べてる?
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
デンマークの美味しい料理10選!デンマーク人はどんなものを食べてる?
キューバの美味しい料理20選!キューバ人はどんなものを食べてる?

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由

キーワード