オランダのお菓子・スイーツおすすめ人気9選!お土産や日本で買えるものなども紹介

オランダは風車やチューリップだけでなく、美味しいお菓子やスイーツも魅力的な国です。旅行のお土産や日本でも手に入る人気のオランダ菓子を紹介するこの記事では、定番から珍しいものまで幅広く取り上げます。オランダの伝統的な味覚を楽しむことで、旅行気分を味わえるだけでなく、家族や友人へのお土産としても喜ばれること間違いなしです。さあ、オランダの美味しいスイーツの世界に一緒に飛び込んでみましょう!これから紹介する10選を参考に、あなたのお気に入りを見つけてください。

2024年07月09日更新


オランダのお菓子・スイーツの特徴は?

オランダのお菓子・スイーツは、豊かな風味と伝統的な製法が特徴です。多くのオランダのスイーツは、バターやクリーム、フルーツを贅沢に使用し、甘さと風味のバランスが絶妙です。例えば、アップルタルトは角切りのりんごがたっぷり入った、タルトのような食感が特徴的です。また、パンネクックは薄い生地で作られた大きなパンケーキで、甘いトッピングだけでなく、ハムやチーズなどの塩味のトッピングも楽しめる多様性があります。オランダのスイーツは、日常的に楽しまれるだけでなく、誕生日や特別な記念日、季節のイベントなど様々な機会で重要な役割を果たしており、オランダの食文化に深く根付いています。

オランダのお菓子・スイーツの魅力は?

オランダのお菓子・スイーツの魅力は、その多様性と伝統的な製法にあります。ストロープワッフルのようなサクサクとした食感と甘いシロップの組み合わせ、フラーイのような華やかで手作り感のある伝統的なパイ、そしてトンプースのようなクリーミーでパイ生地とのコントラストが楽しめるスイーツなど、様々な味わいが楽しめます。また、オランダのスイーツは季節やイベントに合わせて変化し、例えば冬にはオリボーレンという揚げドーナツのようなお菓子が登場します。さらに、アップルタルトのように、生クリームを添えて食べるオランダ独自の楽しみ方も魅力の一つです。これらのお菓子は、オランダの食文化を反映しており、旅行者に新たな味覚体験を提供します。

オランダのお菓子・スイーツおすすめ人気9選

オランダを代表する伝統的な味覚「ストロープワッフル」

ストロープワッフルは、オランダを代表する伝統的なお菓子として広く知られています。薄い2枚のワッフル生地の間にキャラメルシロップを挟んだこのスイーツは、サクサクとした食感と甘い香りが特徴です。出来立てのストロープワッフルは特に美味で、温かくて柔らかく、シロップやシナモンの香りが格別です。このお菓子は、コーヒーや紅茶のお供として最適で、カップの上に乗せて蒸気で温めると、中のシロップが溶けて更に美味しくなります。ストロープワッフルは、オランダ国内だけでなく、海外でも人気が高まっており、日本のコストコでも購入できるほど知名度が上がっています。オランダを訪れた際には、ぜひ現地で焼きたてのストロープワッフルを味わってみることをおすすめします。

薄くて大きなオランダ風パンケーキ「パンネクック」

パンネクック(Pannenkoek)は、オランダの伝統的な薄焼きパンケーキで、直径30cmほどの大きさがあり、クレープとホットケーキの中間のような食感が特徴です。生地はもちもちとしており、ナイフとフォークを使って食べるのが一般的です。パンネクックの魅力は、その多様なトッピングにあります。甘いものではバニラアイス、チョコレートソース、フルーツなどが人気で、塩味のものではハムやチーズ、野菜なども楽しめます。オランダでは朝食やランチ、軽食として親しまれており、観光客にも人気のある庶民的な料理です。パンネクックは自宅でも簡単に作ることができ、小麦粉、卵、牛乳、塩を混ぜて薄く焼くだけで、アレンジの幅が広いのも魅力の一つです。

ふわふわで小さなパンケーキ「ポファチェス」

ポファチェス(Poffertjes)は、オランダの伝統的なスイーツで、一口サイズの小さなパンケーキです。小麦粉とそば粉を1:1の割合で混ぜた生地に、イースト菌を加えて発酵させることで、通常のパンケーキよりも軽い食感を実現しています。たこ焼きに似た丸い形をしており、専用の調理器具で焼かれます。一般的には、バターと粉砂糖をかけて食べますが、ホイップクリームやフルーツを添えることもあります。ポファチェスは、オランダの屋台やイベントでよく見かける人気のスイーツで、特にクリスマスマーケットなどでは定番の出店となっています。できたてのふわふわした食感が最高に美味しいとされ、オランダを訪れた際には是非とも試してみる価値があります。

甘酸っぱいリンゴの香りが広がる「アップルタルト」

アップルタルトは、オランダの伝統的なスイーツの一つで、豊かな香りと味わいが特徴です。薄切りのリンゴを発酵バターを使った香り豊かなパイ生地の上に並べ、シナモンで風味付けして焼き上げられます。このデザートからは、アップルタルトの芳醇な香り、花梨、蜜蝋ワックス、シナモンの香りが漂い、食欲をそそります。オランダのアップルタルトは、通常生クリームを添えて提供され、温かいうちに食べるのが一般的です。また、一部の地域では、ブルーチーズを添えて味の複雑さを増す独特な楽しみ方も存在します。

新年を祝う揚げ菓子「オリボーレン」

オリボーレン(Oliebollen)は、オランダの伝統的な冬のお菓子で、特に大晦日と新年のお祝いに欠かせない揚げ菓子です。直訳すると「油の玉」を意味し、イーストを加えたパン生地を油で揚げて作られます。外はサクッとして中はもっちりとした食感が特徴で、通常は粉砂糖をたっぷりとかけて食べます。11月頃から街中に現れる屋台で販売され、プレーンタイプやレーズン入り、リンゴ入りなど様々な種類があります。オリボーレンはドーナツの起源とも言われており、オランダ人にとっては年末年始の風物詩となっています。

クリームたっぷりのデザート「トンプース」

トンプース(Tompouce)は、オランダを代表する人気のスイーツの一つです。サクサクとしたパイ生地の間に、たっぷりのカスタードクリームを挟み、上面にはピンク色のアイシングがかけられた華やかな外観が特徴です。このデザートは、ミルフィーユに似ていますが、クリームの層が厚く、より豊かな味わいを楽しめます。トンプースは、特別な日やイベント時に食べられることが多く、オランダ国王の誕生日である「キングスデー」には、ピンクのアイシングがオランダの国色であるオレンジ色に変わります。食べ方が難しいことでも知られており、オランダ人でさえ綺麗に食べるのに苦心するほどですが、その独特な食感と甘さ控えめな味わいは、多くの人々に愛されています。

甘くてクリーミーな「フラーイ」

フラーイ(Vlaai)は、オランダ南部のリンブルフ州を代表する伝統的なフルーツパイです。直径約30cmの大きな円形で、薄いパイ生地の上にフルーツやカスタードクリームなどの具材を載せて焼き上げます。一般的な具材には、チェリー、アプリコット、プラム、リンゴなどのフルーツや、カスタードクリーム、ライスプディングなどがあります。フラーイの特徴は、サクサクとした生地とジューシーな果物の組み合わせにあり、甘さと酸味のバランスが絶妙です。オランダでは、誕生日や特別な行事の際によく食べられ、家族や友人と分け合って楽しむ文化があります。フラーイは、オランダの食文化を象徴するスイーツの一つとして、地元の人々だけでなく観光客にも人気があります。

チョコレートでコーティングされたシュークリーム「ボッシュボール」

ボッシュ・ボール(オランダ語: Bossche bol)は、オランダ北ブラバント州デン・ボッシュ発祥の名物スイーツです。直径12cm、高さ5cmほどの大きめのシュークリームをチョコレートでコーティングした球体状の菓子で、テニスボールを一回り大きくしたような形状が特徴です。20世紀初めに考案され、1920年頃に現在の形として定着しました。中には生クリームのホイップクリームがたっぷり詰められており、外側のチョコレートコーティングは程よい苦みと甘さのバランスが取れています。このユニークな組み合わせにより、ボッシュ・ボールは地元デン・ボッシュだけでなく、オランダ全土で人気を集める魅力的なスイーツとなっています。

甘くて独特の味わい「ドロップ」

ドロップ(Drop)は、オランダを代表する独特なお菓子で、リコリスを主原料とした黒い色をした甘いグミのような菓子です。オランダ人にとっては日常的なお菓子ですが、外国人にとっては珍しい味わいとして知られています。ドロップは、その特異な風味から漢方薬の味に例えられることもありますが、甘さと独特の塩味とのバランスが、健康志向の人々にも評価されています。
オランダのスーパーマーケットでは、硬さや形状の違いにより様々な種類のドロップが並んでおり、オランダ人の間で広く愛されています。また、ドロップは旅行者がお土産やギフトとして購入することも多く、オランダの風味を感じるユニークなお菓子として人気があります。その独特の味は、好みが分かれる傾向にありますが、オランダの食文化を体験する上で欠かせない一品と言えるでしょう。

オランダのお菓子・スイーツはどこで買える?

オランダのお菓子・スイーツは、現地の様々な場所で購入することができます。スーパーマーケットでは、ドロップ(リコリス)などの一般的なお菓子が豊富に並んでいます。また、街中の屋台やマーケットでは、季節限定のスイーツを見つけることができます。例えば、11月頃から大晦日にかけては、オリボーレンを販売する屋台が登場します。
観光客向けには、アムステルダムなどの主要都市にある土産物店やお菓子専門店で、ストロープワッフルやその他のオランダ伝統菓子を購入できます。特に、地域特産のスイーツを探すなら、その発祥地を訪れるのがおすすめです。例えば、ボッシュ・ボールはデン・ボッシュで、フラーイはリンブルフ州で本場の味を楽しむことができます。
日本国内でも、一部のオランダのお菓子を入手することが可能です。輸入食品店や大型スーパー、オンラインショップなどで、ストロープワッフルやドロップといった人気商品を見つけることができます。

オランダのお菓子・スイーツを通販で購入するときは「送料」や「出荷元」をチェック!

海外のお菓子を通販で購入する際には、商品の価格だけでなく送料にも注意が必要であり、注文を確定する前に送料の有無と金額を確認することが大切です。また、異なる販売店から複数の商品を購入するとそれぞれの出荷元から発送されるため送料が複数回かかることがあるため、同一の出荷元からまとめて購入することで送料を節約できます。
 
さらに、楽天や他の通販サイトでは「2000円以上の注文で送料無料」などのキャンペーンを実施している場合があるため、複数の商品を購入する際にはこのようなキャンペーンを活用し、品揃えの豊富な販売店で一括して購入することをおすすめします。また、海外からの商品には関税や輸入税がかかる場合があり、これらの追加費用が発生するかどうかを購入前に確認しておくことも重要です。さらに、他の購入者のレビューを参考にして商品の質や味、梱包状態などについて事前に知ることで、満足のいく買い物ができるでしょう。

オランダのお菓子・スイーツのお気に入りを見つけよう!

オランダのお菓子・スイーツは、その独特な風味と伝統的な製法により、世界中の食通を魅了し続けています。ストロープワッフルの甘美な香り、パンネクックの多様性、ポファチェスのふわふわ食感など、それぞれが独自の魅力を持っています。これらのスイーツは、オランダの文化や歴史を反映しており、旅行者に新たな味覚体験を提供します。オランダを訪れる際は、ぜひ地元のカフェや屋台で本場の味を楽しんでみてください。また、日本でも一部のオランダのお菓子が入手可能なので、旅の思い出を味わい直すこともできるでしょう。オランダのスイーツを通じて、この国の豊かな食文化を堪能してみてはいかがでしょうか。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介