ベトナムの雨季はいつ?気候の特徴やおすすめの服装なども紹介

ベトナムはその豊かな文化と美しい自然景観で多くの観光客を魅了していますが、気候も旅行計画に大きな影響を与えます。特に雨季は旅行者にとって知っておくべき重要な情報です。本記事では、ベトナムの雨季がいつなのか、その気候の特徴、そして雨季に旅行する際のおすすめの服装について詳しく紹介します。雨季のベトナムを最大限に楽しむためのポイントを押さえ、快適で思い出深い旅をお楽しみください。

2024年06月25日更新


ベトナムの気候の特徴

ベトナムは南北に細長い地形のため、地域ごとに気候が大きく異なります。北部は亜熱帯性気候で四季があり、冬は寒く、夏は非常に暑くなります。中部は熱帯モンスーン気候で、8月から1月にかけて降雨量が多く、特に8月から11月は台風シーズンです。南部は年間を通して高温で、雨季は5月から10月、乾季は11月から4月に分かれます。このように、ベトナムの気候は地域ごとに多様であり、旅行の際には訪れる地域の気候に合わせた準備が必要です。

ベトナムの雨季はいつ?

ベトナムの雨季は地域によって異なります。北部では5月から10月、中部では9月から12月、南部では5月から11月が雨季にあたります。この期間中は高温多湿でスコールが頻繁に発生し、旅行の際には雨具の準備が欠かせません。

ベトナムの雨季の特徴

ベトナムの雨季の特徴①道が冠水する

ベトナムの雨季には、特に南部のホーチミン市で道路の冠水が頻繁に発生します。雨季の大雨により、道路が川のように冠水し、バイクの故障が多発することもあります。このため、雨季には合羽や折り畳み傘などの雨具が必須であり、冠水した道路を避けるための事前の情報収集が重要です。

ベトナムの雨季の特徴②タクシーや配車アプリの車が捕まらなくなる

ベトナムの雨季には、特に雨の日や連休などの特別な日にはタクシーや配車アプリの車が捕まりにくくなることが多いです。このため、移動手段としては事前に配車アプリをインストールし、複数のアプリを利用することが推奨されます。例えば、GrabやGojekなどの配車アプリを併用することで、車両が見つかる可能性が高まります。また、バイクの配車も選択肢として考慮することで、渋滞時でもスムーズに移動できる利点があります。

ベトナムの雨季の特徴③傘ではなくカッパのほうが重宝する

ベトナムの雨季には、突然のスコールが頻繁に発生するため、傘よりもカッパの方が実用的です。特に午後に激しい雨が降ることが多く、傘では対応しきれないことが多いため、カッパを持ち歩くことが推奨されます。カッパは両手が自由になるため、移動中やバイクに乗る際にも便利です。また、雨季のベトナムでは道路が冠水することが多く、カッパを着用することで濡れるリスクを減らすことができます。

ベトナムの雨季に適した服装は?

ベトナムの雨季に適した服装は、軽量で速乾性のある素材の衣類が最適です。特に、通気性の良いTシャツやショートパンツが推奨されます。また、突然のスコールに備えて、折り畳み傘やカッパを常に携帯することが重要です。足元は防水性のあるサンダルや靴を選ぶと良いでしょう。さらに、雨季の高湿度に対応するため、吸湿性の高いインナーや速乾性のある下着も役立ちます。

ベトナムの雨季にあると便利な持ち物

ベトナムの雨季に旅行する際には、いくつかの便利な持ち物を準備しておくと快適に過ごせます。まず、折りたたみ傘やレインコートは必須アイテムです。特にレインコートは両手が自由になるため、移動中やバイクに乗る際に便利です。また、携帯消毒液やウェットティッシュも持ち歩くと衛生面で安心です。さらに、ハンディファンは高温多湿な気候での快適さを保つために役立ちます。虫よけスプレーも忘れずに持参しましょう。ベトナムの雨季には蚊が多く、虫刺され対策が必要です。最後に、日焼け止めも重要です。雨季でも紫外線は強いため、肌を守るために普段使い慣れたものを持っていくと良いでしょう。

ベトナムの雨季の交通事情

ベトナムの雨季には、交通事情が一層悪化します。特にハノイやホーチミンでは、道路の冠水や激しい渋滞が頻繁に発生し、移動が困難になることが多いです。雨の日には、2kmの距離を移動するのに1時間以上かかることもあります。また、歩道が屋台で占拠されることも多く、交通秩序が乱れる原因となっています。このため、雨季には事前に交通情報を確認し、余裕を持った移動計画を立てることが重要です。

ベトナムの雨季の過ごし方

ベトナムの雨季にはいくつかの注意点があります。まず、道路の冠水が頻繁に発生するため、移動には十分な注意が必要です。特にバイクの故障が多発するため、雨具の準備は必須です。また、雨の日にはタクシーや配車アプリの車が捕まりにくくなることが多いため、事前に複数の配車アプリをインストールしておくと便利です。さらに、突然のスコールに備えて、傘よりもカッパを持ち歩くことが推奨されます。カッパは両手が自由になるため、移動中やバイクに乗る際にも便利です。最後に、雨季でも紫外線が強いため、日焼け止めを忘れずに持参することが重要です。

ベトナムの雨季の注意点

ベトナムの雨季には、いくつかの注意点があります。まず、道路の冠水が頻繁に発生するため、移動には十分な注意が必要です。特にバイクの故障が多発するため、雨具の準備は必須です。また、雨の日にはタクシーや配車アプリの車が捕まりにくくなることが多いため、事前に複数の配車アプリをインストールしておくと便利です。さらに、突然のスコールに備えて、傘よりもカッパを持ち歩くことが推奨されます。カッパは両手が自由になるため、移動中やバイクに乗る際にも便利です。最後に、雨季でも紫外線が強いため、日焼け止めを忘れずに持参することが重要です。

ベトナムの都市別の気候・ベストシーズンは?

ホーチミン観光の気候・ベストシーズンは?

ホーチミン市の観光に最適な時期は、乾季の12月から4月です。この期間は気温が30℃前後で湿度も低く、快適に観光を楽しむことができます。特に12月から3月は雨が少なく、街歩きや観光名所の散策に最適です。一方、雨季の5月から11月はスコールが頻繁に発生し、道路の冠水や交通渋滞が多くなるため、観光には不向きな時期とされています。乾季には、ベンタイン市場やドンコイ通りなどの観光スポットを訪れるのがおすすめです。
平均最高気温 (°C) 平均最低気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 32 22 14
2月 33 23 4
3月 34 24 13
4月 34 25 50
5月 33 25 218
6月 32 24 311
7月 32 24 294
8月 32 24 269
9月 31 24 327
10月 31 23 265
11月 31 23 116
12月 31 22 56

ハノイ観光の気候・ベストシーズンは?

ハノイ観光のベストシーズンは、乾季の11月から2月です。この時期は気温が20℃前後で湿度も低く、快適に観光を楽しむことができます。特に11月から12月は降水量が少なく、気候も安定しているため、街歩きや観光名所の散策に最適です。一方、5月から10月の雨季は高温多湿で、特に6月から8月は気温が30℃を超え、降雨量もピークを迎えるため、観光には不向きな時期とされています。乾季には、ハノイ大教会やホアンキエム湖周辺の旧市街などの観光スポットを訪れるのがおすすめです。
平均最高気温 (°C) 平均最低気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 19 13 18
2月 20 14 26
3月 23 17 38
4月 27 20 81
5月 31 24 192
6月 32 26 240
7月 32 26 280
8月 31 26 318
9月 30 24 265
10月 28 22 96
11月 24 18 43
12月 21 15 20

フエ観光の気候・ベストシーズンは?

フエ観光のベストシーズンは、気温が低く雨が少ない2月から4月と9月です。乾季の2月から8月は非常に暑く、特に6月から8月は気温が38℃から40℃に達することもあります。一方、雨季の9月から1月は降雨量が多く、特に10月から12月は一日中雨が降り続くことが多いです。このため、観光には乾季の初めや終わりが最適です。特に2月から4月は気温が比較的穏やかで、観光に適した時期とされています。
平均最高気温 (°C) 平均最低気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 23 17 158
2月 24 18 100
3月 27 20 70
4月 29 22 51
5月 31 24 86
6月 33 25 94
7月 34 25 100
8月 34 25 128
9月 31 24 350
10月 28 22 700
11月 25 20 545
12月 23 18 295

ニャチャン観光の気候・ベストシーズンは?

ニャチャン観光のベストシーズンは乾季の4月から9月です。この時期は降水量が少なく、気温もそれほど高くならないため、快適に過ごせます。特に5月から7月は海の透明度が高く、シュノーケリングやジェットスキーなどのマリンアクティビティを楽しむのに最適です。一方、9月から2月は雨季で、特に10月から11月は台風の影響で大雨が降ることが多く、観光には不向きです。
平均最高気温 (°C) 平均最低気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 27 21 41
2月 28 21 24
3月 29 23 30
4月 30 24 40
5月 31 25 54
6月 32 26 51
7月 32 26 60
8月 32 26 76
9月 31 25 150
10月 29 24 280
11月 27 23 320
12月 27 22 140

ホイアン観光の気候・ベストシーズンは?

ホイアン観光のベストシーズンは乾季の3月から8月です。この期間は降水量が少なく、晴天が続くため観光に最適です。特に2月から4月は気温が比較的穏やかで、観光に適した時期とされています。一方、9月から1月は雨季で、特に10月から12月は一日中雨が降り続くことが多く、観光には不向きです。乾季には日中の気温が35℃に達することもあるため、日焼け止めや帽子、サングラスなどの暑さ対策が必要です。
平均最高気温 (°C) 平均最低気温 (°C) 降水量 (mm)
1月 24 19 96
2月 25 20 32
3月 27 22 24
4月 29 24 29
5月 31 25 51
6月 32 26 52
7月 33 26 78
8月 33 26 113
9月 31 25 275
10月 28 23 530
11月 26 22 432
12月 24 20 215

ベトナム旅行で避けるべき時期

ベトナム旅行を避けるべき時期として、まず6月から8月の蒸し暑い季節が挙げられます。この時期は湿度が高く、気温も上昇するため、外出が厳しくなります。また、ベトナムの新年である「テト」や重要な宗教的なお祭りの期間中は観光地が混雑し、宿泊施設の予約が取りづらくなるため避けた方が良いでしょう。さらに、日本のゴールデンウィークや年末年始も多くの日本人旅行者が訪れるため、観光地や人気レストランが混雑し、ホテルや航空券の予約も高騰します。静かな旅行を希望する場合はこれらの時期を避けるのが賢明です。

ベトナムの年間平均気温と降水量

ベトナムの年間平均気温と降水量は地域によって大きく異なります。北部のハノイでは、年間平均気温が約22℃で、冬季は17℃前後、夏季は30℃を超えることもあります。中部のダナンやフエでは、年間平均気温が24℃から27℃で、夏季は30℃以上、冬季は20℃以上を保ちます。南部のホーチミンは年間を通じて高温多湿で、平均気温は28℃程度です。降水量も地域ごとに異なり、南部は年間を通して多くの降水を受け、北部は季節による降水の変動が大きいです。例えば、ハノイの降水量は1月の18mmから7月の293mmまで変動し、ホーチミンでは1月の13mmから9月の320mmまで増加します。中部のダナンやフエでは、特に10月に降水量がピークに達し、それぞれ570mmと669mmに達します。

ベトナムのベストシーズンを選んで旅行に出かけよう!

ベトナムの雨季とベストシーズンについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?雨季ならではの魅力もたくさんあり、乾季にはない特別な体験ができることも多いです。旅行の計画を立てる際には、季節ごとの特徴を理解し、自分の旅行スタイルに合った時期を選ぶことが大切です。どの季節に訪れても、ベトナムの美しい風景と温かい人々が皆さんを歓迎してくれることでしょう。ぜひ、次回の旅行の参考にしてください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介