1月の石垣島旅行の気温・服装・天気・おすすめのアクティビティなどを解説!海で泳げるの?

新年を迎えると、多くの人々は冬の寒さから逃れるための旅行先を探し始めます。その中でも、石垣島は1月の冬でも温暖な気候と美しい海で人々の心を捉えます。しかし、1月の石垣島はどのような天気が待っているのか、泳げるのか、どんな服装が適しているのかなど、多くの疑問が浮かぶことでしょう。この記事では、1月の石垣島旅行に関するあらゆる情報を徹底的に解説します。気温や降水量、おすすめの観光スポットやアクティビティ、さらには旅行費用の目安まで。冬の石垣島旅行の計画を立てる際の参考にしてください。

2023年10月31日更新



1月の石垣島の天気・天候・服装

1月の石垣島の気温

出典:PIXTA
石垣島は沖縄県に属する南国の島で、1月でも比較的温暖な気候が楽しめます。1月の平均気温は約18℃〜24℃となっており、本州や北海道と比べればかなり暖かいです。昼間は日差しが強く感じることもありますが、夕方から夜にかけては少し肌寒く感じることがあるため、薄手のアウターや長袖のシャツが必要です。また、寒暖の差があるので体調管理にも気を付けたいところ。しかし、真冬の厳しい寒さから逃れたい方にとっては、石垣島の1月は非常に魅力的な時期と言えるでしょう。この時期は海水浴を楽しむには少し肌寒いかもしれませんが、観光やアウトドア活動には最適な気候となっています。

1月の石垣島の降水量

出典:PIXTA
1月の石垣島の降水量は、年間を通じて比較的乾燥している時期に当たります。石垣島は総じて湿度が高い地域ですが、1月は乾燥する日が多いため、快適に観光活動を楽しむことができます。具体的な数値としては、1月の平均降水量は約50〜80mm程度となっています。もちろん、天気は変わりやすいため、旅行の際は事前に天気予報をチェックすることをおすすめします。また、石垣島の冬の雨は比較的短時間で通り過ぎることが多いので、突然の雨にも柔軟に対応できるよう、折りたたみ傘の携帯も考えておくと良いでしょう。

1月の石垣島の日照時間

出典:PIXTA
1月の石垣島は、日照時間が比較的長いことで知られています。この時期、石垣島の日照時間は一日平均約6時間から7時間程度となります。冬季ではあるものの、石垣島の位置により緯度が低く、日差しの強さを感じることができる日も少なくありません。晴れた日には、青く透き通った海と空のコントラストが美しく、観光や写真撮影には絶好の条件となります。

もちろん、天候には変動がありますので、石垣島訪問の際には最新の天気予報を確認し、日差し対策として帽子やサングラスの準備も忘れずに行いましょう。石垣島の1月の日照は、冬の日本の他の地域と比較しても長く、その明るさと温かさが、多くの観光客を魅了しています。

1月の石垣島の服装

出典:PIXTA
1月の石垣島は比較的温暖ですが、昼夜の気温差に備えることが大切。昼間は長袖Tシャツや薄手のセーターが適しており、日差しの強い日には半袖にカーディガンや薄手のジャケットをオーバーするとよい。夜や早朝は、薄手のダウンジャケットや中綿の入ったアウターが推奨。風を防ぐアウターや、雨具の準備も必要。足元は歩きやすいスニーカーや、海辺ではサンダルがおすすめ。石垣島の1月は寒暖の差に注意し、適切な服装で快適に過ごしましょう。

1月の石垣島は泳げる?

出典:PIXTA
1月の石垣島の気温は温暖で、晴れた日は日差しも心地よいものの、海水の温度はやや低めです。このため、泳ぐには少し肌寒く感じるかもしれません。しかし、防寒対策としてウェットスーツを着用することでスノーケリングやダイビングは楽しむことが可能です。石垣島の海は冬でも透明度が高く、多彩な魚や珊瑚を観察することができます。ただし、泳ぐ際は体調や天候をよく確認し、安全第一で楽しむことが大切です。短時間の海中活動や、ビーチでのくつろぎを中心に、石垣島の冬の海を堪能しましょう。

石垣島のお正月の過ごし方は?

出典:PIXTA
石垣島でのお正月は、伝統的な沖縄の風情を感じながらのんびりとした時を過ごすことができます。多くの住民が正月飾りや門松で家を飾り、島中が新年を迎える準備で賑わいます。1月1日の早朝、多くの地元の人々とともに初日の出を見るために海岸に集まり、新しい年の幸せを祈願します。また、伝統的な行事として「ハーリー」という小舟のレースや「カチャーシー踊り」が各地で催され、参加することで地元の文化を体験することができます。さらに、伝統料理を味わうことも欠かせません。石垣牛や「ムーチー」などのお正月の特別な料理を楽しむことができます。石垣島でのお正月は、伝統と自然の美しさを満喫する特別な時期です。

1月の石垣島の混雑状況

出典:PIXTA
1月の石垣島は、比較的穏やかな観光シーズンとなります。夏のピーク観光シーズンとは異なり、大きな混雑は少ないため、のんびりと島を楽しむことができます。しかし、お正月の期間は地元の住民や他の沖縄諸島、本州からの観光客で多少の混雑が予想されます。特に初日の出を見るスポットや伝統的なイベントが行われる場所は人出が増えることがあります。また、1月中旬の「石垣島マラソン」の際も、参加ランナーやその応援で一時的な混雑が見られます。宿泊施設やレンタカーに関しては、大きな混雑は少ないものの、特定のイベントや祭りの時期を除き、事前の予約をおすすめします。全体として、1月の石垣島は穏やかに観光を楽しむことができる月です。

1月の石垣島旅行費用の目安・相場

出典:PIXTA
1月の石垣島の旅行費用は、シーズンや日程、滞在スタイルによって大きく変わることがありますが、目安としての相場を以下に示します。

航空券:2万円〜5万円程度

本州からの往復航空券は、早期予約やLCCを利用すると2万円〜5万円程度。ピーク時や直前予約ではそれ以上になることも。

宿泊:1泊5000円〜20000円以上

ビジネスホテルやゲストハウスでは1泊5,000円〜8,000円。リゾートホテルや高級旅館では1泊20,000円以上。

食事:2000円〜4000円

1日の食事費は、地元の食堂やカフェを利用すれば2,000円〜4,000円程度。高級レストランや観光地の飲食店ではそれ以上。

移動・アクティビティは個人差あり

移動・アクティビティ、レンタカーや観光施設の入場料、アクティビティによっては1日あたり5,000円〜10,000円程度。

以上を基に、1人あたりの3日間の旅行で約30,000円〜70,000円程度が目安となるでしょう。但し、具体的な費用は予約時の状況や選択するオプションによって変動しますので、事前の計画と予算設定が大切です。

1月の石垣島のおすすめ観光スポット5選

1月の石垣島のおすすめ観光スポット①波ん馬

出典:PIXTA
石垣島のおすすめ観光スポット「波ん馬」は、ユーグレナ石垣港離島ターミナルから車で約15分の場所に位置します。ここでは12頭の和種馬のミックスが飼育されており、それぞれが愛嬌たっぷりの個性を持つ姿で訪れる人々を魅了しています。初心者でも安心して乗馬を楽しめるのが特徴で、馬との深い触れ合いを求めるならば「海の見える丘&ジェラート」コースがおすすめです。これは秋から春にかけての限定150分のロングプランで、馬上からの石垣島の自然や風景を堪能できます。コースのハイライトは、小高い丘の上でのジェラートタイム。馬上からの絶景を背景に、美味しいジェラートを楽しむ時間は、石垣島の魅力を十分に感じることができる瞬間です。

施設名 波ん馬
住所 沖縄県石垣市新川1353-1
営業時間 8:30〜19:00 ※コースによって日時が異なる。詳細はHPで要確認
アクセス 離島ターミナルから車で約15分

※集合場所が牧場ではなくビーチのコースあり
駐車場 無料(ビーチ集合のコースは共用駐車場利用) 
料金 海の見える丘&ジェラート (150分)19,000円

ビーチ引き馬(30分)大人3,500円 小学生以下 3,000円
公式HP https://www.naminma.com

1月の石垣島のおすすめ観光スポット②バンナ公園(「セグウェイツアー in 石垣島 バンナの森」)

出典:PIXTA
「バンナ公園」は、石垣島の中心部に位置する広大な自然公園で、1月の石垣島観光においても外せないスポットの一つです。公園の最大の魅力は、展望台からの絶景。ここからは、石垣島の市街地や青く広がる海、そして遠くの離島を一望することができ、特に夕日の美しさは訪れる者の心を捉えます。公園内には散策路も整備されており、 subtropical natureの植物や小動物を観察しながら、のんびりとした時間を過ごすことができます。また、アクティビティ好きの人には、パラグライダーやマウンテンバイクでの冒険もおすすめ。さまざまな顔を持つ「バンナ公園」は、家族やカップル、友人同士での訪問にもピッタリのスポットです。自然と絶景を楽しみたい方は、1月の石垣島旅行時にぜひ訪れてみてください。

施設名 バンナ公園
住所 石垣市登野城2241-1(バンナ公園北口)
営業時間 9:00〜21:00
アクセス 離島ターミナルから車で約15分
駐車場 無料(バンナ公園北口駐車場)
公式HP http://www.banna7.com/

1月の石垣島のおすすめ観光スポット③石垣やいま村

出典:PIXTA

「石垣やいま村」は、石垣島の伝統や文化を体感できる観光スポットとして、多くの旅行者に愛されています。1月の石垣島訪問時にも、その魅力を存分に感じることができます。やいま村では、昔ながらの石垣島の生活や風習を再現したエリアが広がり、古い家屋や職人の工房を巡りながら、島の歴史や文化を深く知ることができます。また、伝統的な踊りや音楽のパフォーマンスも定期的に行われており、石垣島の心温まる音楽や踊りに触れることができます。お土産ショップでは、石垣島独特の工芸品や伝統的な品々を手に入れることができ、旅の記念にぴったりです。石垣やいま村は、石垣島の魅力を凝縮した場所として、訪れる者に深い感動と癒しを提供してくれます。

施設名 石垣やいま村
住所 〒907-0021 沖縄県石垣市名蔵967−1
営業時間 9:00〜17:30(最終入村 17:00)
アクセス ■石垣空港より車で20分

■石垣港より車で20分

■路線バス : 元名蔵よりから徒歩で1分 やいま村入口より徒歩で7分 
駐車場 無料(100台)
公式HP https://www.yaimamura.com/

1月の石垣島のおすすめ観光スポット④石垣島鍾乳洞

出典:PIXTA

石垣島の中でも特に魅力的な観光スポット「石垣島鍾乳洞」は、数万年の歳月をかけて形成された自然の驚異として多くの観光客を引きつけています。この鍾乳洞は、石垣島の地下深くに広がる複雑な洞窟システムの一部であり、中には幻想的な石筍や滴り落ちる水滴が創り出す音が響き渡る。1月の石垣島は昼間の気温が比較的温暖ですが、鍾乳洞内は年間を通じて一定の温度を保っているため、訪れた際の服装には注意が必要です。洞窟内は照明が施され、神秘的な雰囲気を更に高めています。ガイドツアーもあり、洞窟の歴史や形成についての詳しい説明を受けることができます。自然の美しさと歴史の深さを感じられる「石垣島鍾乳洞」は、石垣島訪問の際には絶対に外せないスポットと言えるでしょう。

施設名 石垣島鍾乳洞
住所 〒907-0023 沖縄県石垣市石垣1666
営業時間 ■鍾乳洞営業時間

9:00~18:30(最終受付18:00)


■食堂営業時間

11:00~16:00(ラストオーダー15:45)

飲み物のみ18:00まで対応可能


■売店営業時間

9:00~18:00
アクセス 石垣空港から 車(一般道)で約 30分

石垣市街地、石垣港から車で約10分
メニュー・料金 入洞料金

大人1,200円/小人600円


団体料金(15名以上)

大人1,080円/小人540円
駐車場 35台
公式HP https://www.ishigaki-cave.com/

1月の石垣島のおすすめ観光スポット⑤石垣島ガラス工房Ponte(ポンテ)

出典:PIXTA

「石垣島ガラス工房Ponte」は、石垣島の絶景の美ら海を背景にした、スタイリッシュなガラス工房です。街の喧騒から離れた静かな場所にあり、店内にはオリジナルの繊細なガラス作品が並んでおり、訪れる者の創造性を刺激します。「琉球吹きガラス体験」は、工房の体験メニューの中でも特に本格的で、好みのデザインや色で、世界に一つだけのガラスアイテムを制作できます。この体験では、1300度以上に加熱された窯を前に、スタッフと協力しながら一連の工程を経てガラスを成形していきます。冬の涼しい気候の中での制作がおすすめ。完成した作品は、中1日かけて冷却され、後日受け取ることができます。このユニークな体験を通じて作られた作品は、石垣島での素敵な思い出とともに、日常の中での特別な存在となるでしょう。

施設名 石垣島ガラス工房Ponte
住所 沖縄県石垣市新川1625-35
営業時間 10:00~18:00(最終受付)
アクセス 離島ターミナルから車で約12分
メニュー・料金 琉球吹きガラス体験(15〜30分)3,300円

ジェルキャンドル作成 2,500円

※送料全国一律1,200円(沖縄県内のみ900円)
駐車場 無料
公式HP https://ponte-glass.com/

1月の石垣島のおすすめアクティビティ5選

1月の石垣島のおすすめアクティビティ①サンセットカヌー

出典:アクテビティジャパン
1月の石垣島で特におすすめのアクティビティが「サンセットカヌー」です。冬の石垣島の夕焼けは、空と海が美しいグラデーションを描き出し、その景色をカヌーの上から楽しむのは格別の体験となります。穏やかな海をゆっくりと進むカヌーからは、石垣島の自然や生態系を間近に感じることができ、さらに夕暮れ時の静寂と美しさが心を打ちます。サンセットカヌーは、初心者でも安心して参加することができ、経験豊富なガイドが同行するので、カヌーの操作方法や海の知識を学べます。太陽が地平線に沈む瞬間、その美しさと感動を直接肌で感じることができるこのアクティビティは、石垣島での思い出作りにぴったりです。寒い冬の日常から離れ、石垣島の暖かな夕日とともに特別な時間を過ごすことをおすすめします。


1月の石垣島のおすすめアクティビティ②川平湾SUP

出典:アクテビティジャパン
1月の石垣島での注目アクティビティとして「川平湾SUP(スタンドアップパドルボード)」が挙げられます。川平湾は、その美しいエメラルドグリーンの海と豊かな自然に囲まれた場所として知られ、SUPを通じてその魅力を体感することができます。冬の穏やかな気候のもと、SUPに乗って湾内をゆっくりと進むことで、海底のサンゴや魚たちをクリアな海水越しに観察することができます。SUPは安定性が高く、初心者でも気軽に楽しむことができるのが魅力。川平湾の静かな海面を滑る感覚は、まるで水上を散歩しているかのような爽快感があります。経験者のインストラクターが同行してくれるので、安心してアクティビティを楽しめます。石垣島の美しい自然と海をSUPで間近に感じることができる「川平湾SUP」は、訪れた際の絶対に体験したいアクティビティの一つです。


1月の石垣島のおすすめアクティビティ③幻の島シュノーケリング

出典:アクテビティジャパン
1月の石垣島で絶対に体験すべきアクティビティの一つが「幻の島シュノーケリング」です。幻の島は、潮の満ち引きによって姿を現したり隠れたりする、石垣島周辺に浮かぶ小さな砂の島。この名前の通り、その姿は一時的で、まさに幻想的な風景を楽しむことができます。シュノーケリングでは、この美しい砂浜から透明度の高い海中を探検。サンゴ礁や熱帯魚、時にはウミガメに出会うことも。1月の冬季は水温が少し低めですが、シュノーケリング用のウェットスーツを着用すれば十分に楽しむことができます。幻の島の周りは比較的浅く、水中の生態系を安全に観察できるので、家族や友人と一緒に訪れることをおすすめします。絶景と海中の魅力を同時に体験できる「幻の島シュノーケリング」は、石垣島旅行のハイライトとなること間違いなしです。


1月の石垣島のおすすめアクティビティ④宮良川カヌーツアー

出典:アクテビティジャパン
1月の石垣島での絶対に体験したいアクティビティの一つが「宮良川カヌーツアー」です。冬の温暖な気候の中、宮良川の静かな流れをカヌーで進むことで、石垣島の自然の美しさを間近に感じることができます。この川は、マングローブの生い茂るエリアや透き通った水面が特徴で、様々な生態系と触れ合うことができます。カヌーツアーには、経験豊富なガイドが同行し、石垣島の自然や歴史、マングローブの生態についての詳しい説明を受けられます。特に、1月の穏やかな日差しと涼しい風を感じながらのカヌー体験は格別。宮良川の美しい風景と心地よい水の流れに身を委ねることで、日常の喧騒から解放される癒しの時間を得ることができます。自然愛好者やファミリーに特におすすめの「宮良川カヌーツアー」は、石垣島の魅力を十分に感じられるアクティビティです。


1月の石垣島のおすすめアクティビティ⑤ジャングル&星空ナイトツアー

出典:アクテビティジャパン
1月の石垣島での魅力的なアクティビティとして「ジャングル&星空ナイトツアー」が注目されます。このツアーは、石垣島の夜の自然を深く探る体験となります。まず、ジャングルの中をガイドの案内で歩きながら、石垣島特有の夜の生態系や植物について学ぶことができます。夜のジャングルは神秘的で、聞き慣れない動物の声や蛍の光が体験を一層特別なものにしてくれます。

ツアーのクライマックスは、石垣島の澄み切った空の下、星空観察です。都会の明かりが少ない石垣島は、星が非常によく見える場所として知られています。特に1月の冬の星空は、透明感があり、多くの星々が輝いています。プロのガイドが星座や天体について詳しく説明してくれるので、宇宙の神秘を感じることができます。この「ジャングル&星空ナイトツアー」は、石垣島の夜の魅力を存分に体感することができるおすすめのアクティビティです。


1月の石垣島は結構狙い目!石垣島旅行に出かけよう!

石垣島は1月でもその魅力を存分に楽しむことができる絶好の観光地です。冬の温暖な気候のもと、青く輝く海、緑豊かな自然、そして深い伝統や文化が訪れる人々を待っています。鍾乳洞やガラス工房での体験、伝統的なやいま村の散策など、四季折々の美しさと石垣島独特の文化を感じることができます。1月の穏やかな日差しの中で、ゆったりと時間を過ごしながら、石垣島の風情を味わうことは、日常の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。石垣島での旅は、心の中に残る特別な思い出となること間違いなし。新しい一年の始まりに、石垣島の魅力を存分に体感し、心身ともにリフレッシュする旅をぜひ計画してみてください。石垣島は、あなたを温かく迎え入れてくれることでしょう。

       

人気記事

ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
オーストラリア・メルボルンのおすすめめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
ノルウェーの美味しい料理12選!ノルウェー人はどんなものを食べてる?
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
デンマークの美味しい料理10選!デンマーク人はどんなものを食べてる?
キューバの美味しい料理20選!キューバ人はどんなものを食べてる?

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由

キーワード