波照間島旅行完全ガイド!おすすめ観光スポット、ホテル・宿情報、アクセス方法などを徹底解説!

波照間島観光を徹底解説!波照間島、沖縄県の南端に位置するこの小さな島は、美しい自然と豊かな文化が息づく楽園です。真っ青な海、白い砂浜、そして伝統的な生活様式が今もなお色濃く残るこの地は、訪れる者すぐに魅了されます。都会の喧騒から離れ、時がゆっくりと流れる波照間島での滞在は、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。この記事では、波照間島の魅力を徹底的にガイドします。観光スポットからグルメ、宿泊施設まで、島での最高の経験をするための情報をお届けします。

2023年11月02日更新


波照間島はどんな島

波照間島の魅力

「波照間ブルー」とよばれる、青々とした美しい海

波照間島の海は、「波照間ブルー」と称されるほどの絶景を誇ります。この名前の通り、透明度が高く、深い青からエメラルドグリーンまでのグラデーションが広がる海は、まるで宝石のような輝きを放っています。太陽の光が海面を照らすと、キラキラとした輝きが目の前に広がり、まるで異世界に迷い込んだかのような感覚になります。シュノーケリングやダイビングをすると、その美しさはさらに際立ち、色とりどりの魚たちや珊瑚礁が織りなすアンダーウォーターワールドを楽しむことができます。この「波照間ブルー」は、自然の美しさと力を感じることができる、波照間島の最大の魅力の一つです。

南十字星の観測も!夜空に輝く、満天の星

波照間島の夜空は、光害の少ない環境のため、星空観測の絶好のスポットとして知られています。特に、南の空に輝く「南十字星」は、日本の本土ではなかなか見ることができない貴重な星座です。夜が更けると、無数の星たちが天の川を形成し、その中にしっかりと南十字星が輝いています。この星空は、都会の喧騒から離れ、自然と一体となった静寂な時間を過ごすことができる、波照間島ならではの魅力です。また、星空ツアーやプラネタリウムでの解説など、星に関するアクティビティも充実しており、初心者から上級者まで楽しむことができます。満天の星々に囲まれながら、宇宙の壮大さや自然の美しさを感じることができるのは、波照間島の特別な体験の一つです。

都会の喧騒から離れた、ゆっくりとした島時間が流れる

波照間島は、都会の喧騒や日常の忙しさから離れ、時がゆっくりと流れる場所として多くの人々に愛されています。この島に足を踏み入れると、まるで時間がゆったりとしたリズムで動き始めるかのような感覚に包まれます。車の音やビルの影はなく、代わりに波の音や風のささやき、鳥たちのさえずりが耳に届きます。日常の忙しさやストレスから解放され、心身ともにリラックスすることができるのは、この「島時間」の魔法のような力です。地元の人々の暖かさや、のんびりとした生活リズムも、訪れる者を癒してくれます。都会の生活とは一線を画す、このゆったりとした時間の流れは、波照間島の大きな魅力の一つ。一度この時間の中に身を置くと、日常の喧騒や忙しさがどれほど遠く感じられるか、その心地よさを実感することができるでしょう。

波照間島への行き方

波照間島へのアクセス方法

飛行機でのアクセス
沖縄県の那覇空港から、波照間空港への直行便が毎日運行されています。飛行時間は約1時間です。利用できる航空会社は、RAC(琉球エアーコミューター)などがあります。
フェリーでのアクセス
石垣島から波照間島へは、フェリーでの移動が可能です。所要時間は約4時間。石垣港から波照間港までのフェリーが定期的に運行されています。 

船酔いする人は注意!船の揺れは結構激しい

波照間島へのアクセス方法の一つとしてフェリーを利用する方が多いですが、船酔いしやすい人は特に注意が必要です。波照間島への航路は、特に悪天候時や季節によっては、船の揺れが結構激しくなることがあります。この激しい揺れは、船酔いしやすい人にとっては非常に不快なものとなり得ます。
 
船酔いの予防として、出発前に船酔い止めの薬を服用する、船内での位置を選ぶ(例えば、中央部や後部が比較的揺れにくい)、船の進行方向を正面に見るなどの方法があります。また、空腹や過食も船酔いを引き起こしやすくするため、適度な食事をとることも大切です。

欠航になる可能性が高い

波照間島へのアクセスには飛行機やフェリーを利用することが一般的ですが、特に冬季や悪天候の際には「欠航」のリスクが高まります。波照間島は沖縄県の南端に位置するため、台風の影響を受けやすく、強風や高波により、安全上の理由から運行が中止されることがしばしばあります。
 
特にフェリーは、海上の状況に大きく左右されるため、悪天候時には欠航の確率が高くなります。飛行機も強風や視界の悪化により、離着陸が困難と判断される場合、欠航や遅延が発生することが考えられます。
旅行を計画する際は、天気予報や運行情報を事前にチェックし、余裕を持ったスケジュールを組むことをおすすめします。また、欠航や遅延の際の対応策として、宿泊先の予約変更や滞在日数の延長などの準備も考慮しておくと安心です。

波照間島内での交通・移動手段

波照間島は面積が小さいため、島内の移動は比較的シンプルです。以下に主な移動手段をまとめます。
 
自転車
島内の観光地や宿泊施設では、自転車のレンタルサービスが提供されています。平坦な道が多いため、自転車での移動は非常に便利です。

徒歩
島の大きさが小さいため、主要な観光スポットや施設は徒歩でもアクセス可能です。歩きながら島の自然や風景を楽しむことができます。

レンタカー
一部の宿泊施設やレンタルショップで、小型のレンタカーやスクーターの貸し出しサービスがあります。島内を効率的に回りたい場合に便利です。

公共交通
波照間島にはバスのような公共交通は存在しません。そのため、移動は上記の方法を中心に行うこととなります。
 
島内移動の際は、道路の狭さや地元の生活様式を尊重し、安全運転やマナーを守ることが大切です。

波照間島のおすすめ観光スポット

ハテルマブルーの絶景ビーチ「ニシ浜」

「ニシ浜」は、波照間島の西側に位置する美しい白砂のビーチで、島の代表的な観光スポットの一つとして知られています。透明度が高く、エメラルドブルーに輝く海は、シュノーケリングや海水浴に最適です。また、サンゴ礁に囲まれたこのビーチは、多彩な魚たちとの出会いも期待できます。
 
ニシ浜の海岸線は、細かい白砂が広がり、その美しさから「波照間ブルー」とも称される美しい海とのコントラストが絶景です。夕方には、夕日が海に沈む姿も楽しむことができ、多くの観光客やカメラマンがその瞬間を待ち望みます。
アクセスも良好で、島の中心部から徒歩や自転車で簡単に訪れることができます。訪問の際は、自然環境を守るためのマナーを守り、美しい景色を楽しみながら、リラックスした時間を過ごしてください。

琉球石灰岩を積み上げた遠見台「コート盛」

コート盛は、琉球石灰岩を使用して作られた遠見台で、琉球王朝時代に建設された歴史的な場所です。この遠見台は、海上の動きや通行する船を監視するための要所として利用されていたと言われています。高さ4メートルのコート盛は、標高約60メートルの地点に位置しており、ここからは波照間島の風景を一望することができます。
 
さらに、晴れた日には遠く西表島も視認することが可能です。波照間港から集落に向かう途中の道沿いにあり、アクセスも良好です。この遠見台は、竹富町によって文化財として指定されており、島の歴史や文化を感じることができるスポットとなっています。

波照間島のシンボル「波照間島灯台」

「波照間島灯台」は、波照間島の南端に位置する灯台で、島の象徴的なランドマークの一つとして知られています。この灯台は、船舶の安全な航行を支えるために建てられ、夜の海を照らし続けています。
灯台の周辺は、絶景のパノラマが広がっており、青く澄んだ海や遠くの島々を一望することができます。特に、日の出や日の入りの時間帯は、美しい景色が広がり、多くの観光客やカメラマンがその瞬間を楽しみます。
 
また、灯台へのアクセスは徒歩や自転車での訪問がおすすめ。途中、波照間島の自然や風景を感じながら、灯台までの道のりを楽しむことができます。灯台の周辺は自然が豊かで、様々な動植物を観察することも可能です。波照間島を訪れた際には、この灯台を訪れ、壮大な景色と静寂を楽しむことをおすすめします。

満天の星空が観れる「波照間島星空観測タワー」

波照間島の「星空観測タワー」は、星空観測や天体写真撮影のための施設として設けられています。波照間島は光害が少なく、夜空が非常に澄んでいるため、星空の美しさが際立つ場所として知られています。この観測タワーは、その美しい星空をより高い位置から、障害物なく鑑賞することを目的としています。
 
タワーからは、天の川や流れ星、さらには遠くの惑星や星団を観測することができ、天体愛好家や観光客から非常に人気があります。また、特定の季節や日には、天体観測のイベントやワークショップも開催されることがあり、専門家の解説を聞きながら星空を楽しむことができます。

日本最南端の碑・高那崎

波照間島にある「日本最南端の碑」は、日本の最南端を示すランドマークとして設置されています。波照間島は沖縄県の南端に位置し、日本の有人島の中で最も南にあるため、この碑が建てられました。碑は、シンプルながらも堂々としたデザインで、その存在感は訪れる人々を引きつけます。
 
碑の周辺は、美しい海や自然に囲まれており、碑自体が観光スポットとしてだけでなく、その周囲の景色も楽しむことができます。多くの観光客が、この碑の前で記念撮影を行い、日本の最南端を訪れた証としての写真を残します。

ニシ浜に続く穴場のビーチ「ぺー浜」

「ぺー浜」は、波照間島の北部に位置する美しい白砂のビーチで、島の中でも特に人気の観光スポットとして知られています。透明度の高いエメラルドグリーンの海と、細かくて柔らかい白砂が広がるこのビーチは、まるで天国のような景色を楽しむことができます。
 
シュノーケリングや海水浴に最適なぺー浜は、色とりどりの熱帯魚や美しいサンゴ礁を間近で観察することができます。また、静かで穏やかな波のため、家族連れや子供たちにも安心して楽しむことができる場所です。
ぺー浜の周辺には、休憩所やシャワー施設も整備されており、一日中リラックスして過ごすことができます

波照間島のホテル・宿などの宿泊情報

全室オーシャンビューの超人気宿「ペンション最南端」

「ペンション最南端」は、波照間島の美しいビーチ「ニシ浜」のすぐ前に位置する宿泊施設です。こちらのペンションは、全室から瑠璃色の海が一望できるオーシャンビューを誇ります。清潔でピカピカの部屋で、ゆったりとした時間を過ごしながら、窓から広がる絶景を楽しむことができます。さらに、コイン式のランドリーも完備しているため、海水浴の後の洗濯も手軽に行えます。

夕食時には、ペンションの窓から海の向こうに沈む夕陽を眺めることができ、ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。そして、夜には、星空の下で、波照間島の伝統的なお酒「泡盛」を味わうことができます。波照間島の自然と文化を満喫したい方に、この「ペンション最南端」はおすすめの宿泊施設です。

施設名 ペンション最南端
住所 〒907-1751 沖縄県八重山郡竹富町字波照間886-1
電話 0980-85-8686
アクセス 波照間港から車3分 送迎有
料金 1泊2日11000〜145000円
公式HP http://pensionsainantan.wixsite.com/hateruma

島内唯一のホテル「ホテルオーシャンズ」

「ホテルオーシャンズ」は、波照間島内で唯一のホテルとして存在しています。こちらのホテルは、全室が個室となっており、清潔感あふれる室内は、綺麗な宿を求める方に特におすすめです。洋室は11室、和室は3室と、ゲストの好みやニーズに合わせて選べる部屋が用意されています。また、全室にはバス、トイレ、クーラー、テレビ、冷蔵庫が完備されており、アメニティも充実しているため、快適な滞在が約束されます。
 
さらに、ホテル内には無線LANの提供や、共同のコインランドリーもあり、長期滞在の方にも便利です。また、観光や移動のためのレンタカー、レンタバイク、レンタサイクルのサービスもあり、宿泊者には特別な割引が適用されるので、島内の観光をより楽しむことができます。

施設名 ペンション最南端
住所 〒907-1751 沖縄県竹富町波照間78-2
電話 0980-85-8787
アクセス 石垣港離島ターミナルより高速船約60分
波照間港より車で5分(送迎有)
料金 1泊1名大人7000 / 子供3850円
公式HP https://www.instagram.com/hoteloceans/?igshid=YmMyMTA2M2Y%3D

ファミリーにおすすめの「ハウス美波」

「ハウス美波」は、波照間島にある宿泊施設で、全室が個室でキッチン付きとなっており、Wi-Fiも無料で利用できます。特に、星空撮影会が開催されており、初心者向けにカメラ機材の用意や撮影方法の説明があり、訪問者は自らの手で美しい星の写真を撮影する体験ができます。また、電動自転車やレンタカーのサービスも提供されており、島内の移動が便利です。
 
この宿泊施設は、グループや家族に特におすすめで、プライベートを重視したコテージタイプのお部屋があります。ロフト付きの部屋も選べるので、さまざまなニーズに応えることができます。

施設名 ハウス美波
住所 〒907-1751沖縄県八重山郡竹富町字波照間3138
電話 090-8437-3132
アクセス 石垣港離島ターミナルより高速船約60分
波照間港より車で5分(送迎有)
料金 1泊2名大人4500〜 / 子供3500円
公式HP https://minami85.sakura.ne.jp/

波照間島でのおすすめアクティビティ

ダイビング

波照間島でのダイビングは、多くのダイバーや観光客にとって絶対に体験すべきアクティビティの一つです。島の周りに広がる透明度の高い海は、「波照間ブルー」と称され、美しいサンゴ礁や豊富な海洋生物が生息しています。初心者から上級者まで、様々なスキルレベルのダイバーが楽しめるスポットが点在しており、専門のダイビングショップも多数存在しています。
 
ダイビングを通じて、鮮やかな色彩の熱帯魚や珍しい生物、そして広大なサンゴの海を目の当たりにすることができます。特に、波照間島の海は未開発のエリアも多く、自然のままの海底の風景を堪能することができます。ダイビングを経験することで、波照間島の魅力をより深く感じることができるでしょう。

シュノーケリング

ニシ浜でのシュノーケリングは、波照間島を訪れる観光客にとって絶対に体験すべきアクティビティの一つです。ニシ浜は、その美しい白砂と透明度の高いエメラルドブルーの海で知られ、シュノーケリングに最適な環境が整っています。
 
水中に潜ると、色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁の美しい風景が広がっており、まるで自然のアクアリウムの中を泳いでいるかのような感覚を味わうことができます。特に、ニシ浜の海域は生態系が豊かで、シュノーケリングをしながらさまざまな海洋生物との出会いを楽しむことができます。
シュノーケリングを通じて、波照間島の自然の美しさや海の生態系を間近で感じることができるため、家族や友人との思い出作りにも最適です。ニシ浜でのシュノーケリングは、波照間島の魅力を最大限に感じることができるアクティビティと言えるでしょう。

星空鑑賞

波照間島での「星空鑑賞」は、都会の喧騒から離れた自然豊かな環境での特別な体験として多くの観光客におすすめされています。島は光害が非常に少ないため、夜になると天の川や数多くの星々が鮮明に見えるのが特徴です。
 
特に、新月の頃や冬の季節は、星の輝きが一段と強く、星座をはじめとする天体の観測が格段に楽しめます。また、波照間島では、星空ガイドによるツアーや星空撮影会など、星空をより深く知るためのアクティビティも提供されています。
夜の静寂の中、満天の星空の下での時間は、日常の忙しさを忘れさせ、心を落ち着かせる効果があります。波照間島を訪れた際には、この壮大な星空をぜひ体験して、宇宙の美しさと神秘を感じてみてください。

波照間島のお土産

泡盛「泡波」

波照間島のお土産として人気のある「泡盛泡波(あわなみ)」は、島の特産品であり、泡照間の自然や風土を感じることができる逸品です。島の豊かな水と糖蜜を使用し、伝統的な製法で丁寧に作られています。泡盛泡波は、まろやかで風味豊かな味わいが特徴で、飲みやすい一杯が楽しめます。波照間島を訪れた際には、その土地ならではの美味しさを味わい、思い出に残るお土産としてもおすすめです。

黒蜜

波照間島のお土産として人気のある「黒蜜」は、島の自然の恵みを活かした美味しい逸品です。黒蜜は、沖縄産の黒糖をベースにした甘さとコクのあるシロップで、氷やパンケーキ、ヨーグルトなどにかけて楽しむことができます。島の伝統的な製法や素材を使用し、手作りされた黒蜜は、豊かな風味と深い味わいがあり、波照間島の味を楽しむことができます。黒蜜は、ご自宅での食事やお茶うけとしてもぴったりで、波照間の思い出を味わいながら楽しむことができます。

波照間島のQ&A

波照間島へ行くには、日帰りと宿泊どちらが良い?

波照間島への旅行方法ですが、日帰りと宿泊の両方にそれぞれメリットとデメリットがあります。
 
【日帰り】
メリット:限られた時間で島の魅力を体験可能。宿泊費が不要で予算を抑えられる。
デメリット:ゆっくりと島を楽しむ余裕がない。天候や交通の影響を受けやすい。

【宿泊】
メリット:ゆっくり島の雰囲気を味わえる。夜景や地元の文化も楽しめる。
デメリット:宿泊費や食事代がかかる。滞在中の天候に左右される可能性あり。
 
どちらを選ぶかは、訪れる目的や予算、スケジュールによります。短い時間で効率的に観光するなら日帰り、ゆっくり島を楽しむなら宿泊がおすすめです。

波照間島で星空が観れるベストシーズンは?

波照間島で星空を観るベストシーズンは、基本的には秋から冬にかけてです。特に乾季の時期がおすすめです。乾季は10月から翌年の4月までの間で、雨が少なく晴れ間が多い時期となります。この時期は雲が少なく、空がクリアな状態が続くため、星空を観察するのに適しています。

夏の時期は多少の雲や湿度があることがあり、星空が見える確率が低くなることがあります。そのため、秋から冬にかけての乾季が星空観察にとって最適な時期とされています。ただし、天候は予測が難しいこともあるため、旅行前に天気予報を確認することをおすすめします。

波照間島でフェリーが欠航して帰れない場合はどうすればよい?

波照間島でフェリーが欠航して帰れない場合の対処法は以下の通りです。
 
宿泊の手配: 事前に宿泊施設を予約しておくことが重要です。フェリーが欠航する可能性を考慮し、宿泊先を確保しましょう。

情報収集: 観光案内所や宿泊施設のスタッフに連絡し、最新の運航情報や代替手段について確認してください。

運航会社と連絡: フェリー会社に連絡を取り、欠航の理由や次の運航予定について確認してください。

航空便の検討: 飛行機を利用することで、島からの移動が可能かもしれません。空港でのチケット予約や手配を検討しましょう。

状況の把握: 次の運航までの日数や天候などを考慮して、適切な判断をしましょう。
 
連絡先の確保: 家族や友人に状況を伝え、安全を確保するための連絡先を共有しましょう。

フェリー欠航は予測できないこともありますが、冷静な判断と適切な対処が重要です。現地の人々や関係機関に相談し、安全に対処しましょう。

波照間島でシュノーケルのレンタルはできる?

波照間島では、多くの場所でシュノーケルのレンタルが可能です。島は美しい海の景色と豊かな海洋生物が魅力であり、シュノーケリングは人気のアクティビティの一つです。
通常、ホテルや宿泊施設近くのビーチや観光スポットで、シュノーケルセット(マスク、シュノーケル、フィン)のレンタルサービスが提供されています。
レンタル料金やセット内容は場所や提供業者によって異なることがありますので、事前に調査しておくことをおすすめします。また、シュノーケリングの際には安全に気を付けるため、海の状態や天候、安全ルールにも留意するようにしましょう。

波照間島へ行ってみよう!

波照間島の魅力は、透明な海、美しい自然、そして地元の温かな人々が織りなす絶え間ない感動です。豊かな海洋生物とのシュノーケリング、星空の美しさ、ローカルフードの味わい。ここでの時間は、心に残る貴重な体験となるでしょう。訪れる人々には、その美しい景色と心温まる人々の笑顔が、旅の思い出として永遠に刻まれることでしょう。波照間島での素晴らしい時を過ごし、その魅力に触れることを楽しんでください。

       

人気記事

南フランスであなたが訪れるべきおすすめのスポット10選!プロヴァンス・コートダジュールなど美しすぎる風景
イタリアであなたが見るべき10のおすすめ絶景スポット!息を飲むような絶景の宝庫
白馬マウンテンハーバーの魅力に迫る!ゴンドラ料金や行き方・営業時間などを紹介
ジブリ映画のモデル&舞台になった世界のおすすめ観光スポット・絶景12選
石垣島でクワガタ狩りに挑戦!採集できる時期や時間帯・おすすめツアーなども紹介
一生に一度は訪れたいヨーロッパにある絶景18選!あまり知られていない秘境を厳選して紹介
沖縄にあるおすすめエアビー物件4選!環境建築賞も受賞した自然と融合した「SHINMINKA Villa GUSHIKEN」も紹介
奇跡の絶景といわれる広大な塩の大地「ウユニ塩湖」徹底ガイド
アルプスが織りなす絶景が広がる国スイスであなたが訪れるべき10の絶景
PICAさがみ湖を実際に行って徹底解説!都心から車で約60分で手ぶらでキャンプ&BBQが楽しめる

おすすめ記事

日本のマチュピチュと呼ばれている秘境7選!世界遺産の絶景が国内でも見れる
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット8選!定番から名所までご紹介
韓国・ソウルのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで紹介
オーストリア・ウィーンのおすすめ観光スポット10選!定番から穴場スポットまで紹介

トラベルガイド記事

本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介
実際に行ってきた!アメリカをキャンピングカーで旅するべき5つの理由
アメリカキャンピングカーレンタルを徹底比較!車種・料金・費用なども解説

キーワード