ニュージーランド旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊5日・5泊7日など宿泊日数ごとに予算を解説

ニュージーランドは、その美しい自然と豊かな文化で多くの旅行者を魅了しています。しかし、旅行の費用がどれくらいかかるのか気になる方も多いでしょう。本記事では、ニュージーランド旅行の費用について、3泊4日や5泊7日などの宿泊日数ごとに詳しく解説します。また、旅行費用を抑えるための安い時期やコツについてもご紹介します。これからニュージーランド旅行を計画している方は、ぜひ参考にしてみてください。旅行の予算を把握し、充実した旅を楽しむためのヒントをお届けします。

2024年06月25日更新


ニュージーランド旅行のベストシーズンは?いつが安い?

ニュージーランド旅行のベストシーズンは、12月から2月の夏季が観光に最適です。この時期は気候が安定し、日照時間も長いため観光を存分に楽しめます。 一方、花を楽しむなら9月から11月の春がおすすめで、各地でフラワーフェスティバルが開催されます。
 
旅行費用を抑えたい場合は、5月から9月のオフシーズンを狙うのがポイントです。特に6月から8月の冬は観光客が少なく、航空券や宿泊施設の料金が格安になることが多いです。 ただし、ニュージーランドの冬は日本ほど寒くないため、寒さが苦手な方でも過ごしやすいでしょう。
 
ニュージーランド行きの往復航空券の料金相場は約12万円ですが、最も安い月は6月で平均より約3万円安くなります。逆に最も高い月は4月で、平均より約2万円高くなる傾向にあります。 旅行時期が近づくほど料金が高騰するため、3〜4ヶ月前までに航空券とホテルの予約を完了するのがおすすめです。

ニュージーランド旅行費用の目安は3泊5日で約22万円、5泊7日で約28万円

ニュージーランド旅行費用の一覧表。3泊5日~5泊7日まで一覧でチェック

項目 3泊5日 4泊6日 5泊7日
往復航空券代 ¥120,000 ¥120,000 ¥120,000
宿泊代 ¥60,000 ¥80,000 ¥100,000
食費代 ¥30,000 ¥40,000 ¥50,000
Wi-Fi・通信費 ¥5,000 ¥6,000 ¥7,000
お土産代 ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000
合計 ¥225,000 ¥256,000 ¥287,000

ニュージーランド旅行費用の内訳と各費用の目安

ニュージーランド旅行の航空券代

ニュージーランド旅行の航空券代は、出発地や旅行時期によって大きく異なります。日本からニュージーランドへの直行便は、成田・羽田・関西国際空港からオークランド行きが運航しています。 往復航空券の相場は約12万円ですが、6月が最も安く平均より約3万円安い9万5千円程度、4月が最も高く平均より約2万円高い14万5千円程度です。 過去72時間のデータでは、日本発ニュージーランド行きの最安値は片道4万6千円、往復7万5千円でした。 航空券代を安く抑えるには、3〜4ヶ月前までに予約を完了することがポイントです。 ニュージーランド航空以外にも、オーストラリアや香港、シンガポール経由の便があり、直行便より安い場合もあります。

ニュージーランド旅行の宿泊費

ニュージーランド旅行のホテル代の相場は、オークランドの4つ星ホテルで1泊あたり約2万円、5つ星ホテルで3.5万円前後からとなっています。 人気リゾート地のクイーンズタウンはやや割高で、4万円以上のホテルも多数あります。
 
ニュージーランド最大の都市オークランドは、観光客が多いためホテル代が比較的高めです。特にシティセンター周辺のホテルは1泊1万円以上が相場です。 一方、南島の中心都市クライストチャーチは、オークランドに比べてホテル代が安めで、シティセンター周辺で1泊7,000円から1万円程度が目安です。
 
ニュージーランドには多様なホテルがあるので、予算に応じて選ぶことができます。北島の温泉地ロトルアのシティセンター周辺ホテルは比較的安く、1泊5,000円から1万円程度です。 首都ウェリントンのシティセンター周辺は1泊1万円以上が相場ですが、オークランドよりは安めです。

ニュージーランド旅行の食費

ニュージーランド旅行の食費の目安は、1日あたり約1万円程度です。 ニュージーランドは日本に比べて物価が高いため、外食費用はかなり高めです。 レストランでのランチは1,400円前後から、ディナーは3,600円前後からとなっています。 一方で、スーパーで手に入る食材は日本より安い場合もあるので、自炊することで食費を節約できます。 カフェ文化が根強いニュージーランドでは、カフェでコーヒーやスイーツを楽しむのも旅行の醍醐味ですが、410円前後とやや高めです。 旅行中に外食が多くなりそうな場合は、食費の予算を多めに見積もっておくのがおすすめです。

ニュージーランド旅行の交通費

ニュージーランド旅行の交通費の目安は、1日あたり5,000円から1万円程度です。 オークランドなどの都市部では公共交通機関が発達しているため、電車やバスでの移動に不自由はありません。 しかし、郊外の観光地へ行く場合はレンタカーが便利で、その際はさらに予算を多めに見積もる必要があります。 オークランドの電車は距離に応じた運賃制で、市内中心部の移動は片道200円程度です。 バスは路線によって運賃が異なりますが、市内の移動は片道300円から400円程度が目安です。 タクシーは初乗り料金が500円程度と高めですが、深夜や荷物が多い場合には利用を検討しましょう。

ニュージーランド旅行のお土産費用

ニュージーランド旅行のお土産費用の目安は、1日あたり5,000円程度です。 ニュージーランドは物価が高めなので、お土産選びにもそれなりの予算が必要となります。 人気のお土産としては、マヌカハニーやキウイフルーツ製品、ワインなどがあります。 お土産店では、ニュージーランドらしいデザインのTシャツやマグカップ、ぬいぐるみなども販売されています。 旅行中は、お土産選びを楽しみつつ、予算内で賢く購入するのがおすすめです。

ニュージーランド旅行のWi-Fi・通信費用

ニュージーランド旅行のWi-Fi・通信費用の目安は、1日あたり500円から1,000円程度です。 ニュージーランドでは、ホテルや観光施設、カフェなどで無料Wi-Fiが利用できる場所が多いですが、通信速度が遅かったり混雑していたりすることもあります。 快適にインターネットを利用したい場合は、現地のSIMカードを購入するか、海外用のポケットWi-Fiをレンタルするのがおすすめです。 海外用Wi-Fiのレンタル料金は、1日あたり150円から900円程度で、プランによってデータ容量や通信速度が異なります。 旅行日数が長い場合や大容量のデータ通信を行う場合は、無制限プランがお得になることが多いです。

ニュージーランド旅行の海外保険費用

ニュージーランド旅行の海外保険費用は、1週間の旅行で5,000円から1万円程度が目安です。 ニュージーランドの医療費は日本以上に高額なので、万が一に備えて海外旅行保険への加入が必須です。 保険料は旅行期間や補償内容によって異なりますが、医療費の補償を手厚くすると保険料も高くなる傾向にあります。 海外旅行保険の主な補償内容は、病気やケガの治療費、盗難や紛失の損害、航空機の遅延などです。 クレジットカード付帯の海外旅行保険は補償内容が十分でない場合があるため、別途保険に加入することをおすすめします。

ニュージーランド旅行のその他必要品

ニュージーランド旅行のその他の必要品としては、パスポートやNZeTA(電子渡航認証)などの渡航書類の準備が欠かせません。日本国籍の方は観光目的で最大3ヶ月までビザなしで滞在できますが、2019年10月以降はNZeTAの取得が必須です。申請には最大72時間かかるため、早めの手続きが必要です。
 
また、ニュージーランドの気候は変わりやすいため、上着やレインウェアなどの防寒・雨具も必須アイテムです。 日差しが強いので、日焼け止めや帽子、サングラスも忘れずに。 歯ブラシやコンタクトレンズなどの日用品、常備薬も事前にチェックしておきましょう。 長時間のフライトに備えて、ネックピローやアイマスク、耳栓などの快適グッズもあると便利です。 海外旅行に不可欠な変換プラグやモバイルバッテリーも忘れずに準備しましょう。

ニュージーランドの物価とキャッシュレス状況は?現金はどれくらい必要?

ニュージーランドでは都市部を中心にキャッシュレス化が進んでおり、多くの店やサービスでクレジットカードによる決済に対応しています。 クレジットカードは利便性と安全面で優れているため、ニュージーランド旅行の主要な決済手段としておすすめです。
 
一方で、カード決済に対応していない店もまだ存在するため、現金も補助的に用意しておくことが賢明です。 急なシステムトラブルなどでクレジットカードが使えなくなるリスクもあるためです。
 
ニュージーランドの物価は全体的に日本より高めで、外食や買い物にはそれなりの出費が必要です。 レストランでのランチは1人あたり750円から1,500円程度、ディナーは1,500円から3,000円程度が相場です。 マクドナルドのビッグマックは約450円、カフェの朝食は750円から1,500円程度です。
 
ニュージーランドの物価の高さは、日本でも売られている共通の商品で比較するとよくわかります。 例えば、コカ・コーラ500mlペットボトルは日本の130円に対してニュージーランドでは約290円、ビールのキリン一番搾り350ml缶は同じく約420円と、軒並み2倍以上の価格となっています。
 
キャッシュレス決済が普及しているとはいえ、ニュージーランドではまだ現金払いが主流であり、現金の持ち歩きは必要不可欠です。 旅行中はクレジットカードと現金をバランス良く使い分けることで、ロスなく効率的に決済することができるでしょう。

ニュージーランドツアー費用の目安は?格安で行くならパッケージツアーがお得

ニュージーランド旅行を格安で行くなら、航空券とホテルがセットになったパッケージツアーがおすすめです。ツアー代金の相場は、5泊7日で20万円台前半からとなっています。 年末年始や夏休みのピーク時、ホテルグレードが高いツアーは最大60万円台に上ることもあります。 一方、最安値のツアーなら3泊5日で23万9,000円程度から予約できます。 7日間以上の日程なら、様々な観光スポットを巡れるのでより充実した旅行になるでしょう。 ツアー代金には航空券やホテル代の他、現地での観光や交通費、食事代なども含まれるため、個別に手配するよりもお得になります。

旅行費用を賢く節約してニュージーランド旅行に行こう!

ニュージーランド旅行の費用は、旅行の期間や滞在する地域、利用する交通手段によって異なりますが、計画的に予算を立てることで、より充実した旅行を楽しむことができます。特に、安い時期やコスト削減のコツを活用することで、費用を抑えながらも素晴らしい体験が得られるでしょう。ニュージーランドの大自然や文化を存分に楽しむために、本記事の情報を参考にし、あなたにぴったりの旅行プランを立ててみてください。素敵な旅をお楽しみください。

キーワード

       

人気記事

トルコの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
香港の物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
グアムの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
インドネシアのお菓子・スイーツおすすめ人気13選!お土産や日本で買えるものなども紹介
フィリピン旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
モロッコの代表的な料理12選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
トルコ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?3泊4日・4泊5日など宿泊日数ごとに予算を解説
スイスの物価事情を徹底解説!日本より高い?安い?実際の物価や節約術なども紹介
ブラジルのお菓子・スイーツおすすめ人気20選!お土産や日本で買えるものなども紹介
ポーランドの代表的な料理14選!定番料理・伝統料理からスイーツまで

おすすめ記事

ハワイの代表的な料理15選!定番料理・伝統料理からスイーツまで
オランダ旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
シンガポール旅行の費用はどれくらい?安い時期は?2泊3日・3泊4日など宿泊日数ごとに予算を解説
大阪のおすすめAirbnb(エアビー)15選!ホテルより安く、おしゃれ&カップル向けや大人数向けなども
富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク

トラベルガイド記事

富士すばるランドを徹底解説!河口湖周辺の子連れ観光におすすめの穴場テーマパーク
ウェルキャンプ西丹沢を徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
本栖湖SUMIKACAMPFIELDを徹底解説!料金・アクセス方法・口コミ情報まで紹介
ふもとっぱらキャンプ場を徹底解説!予約方法・料金・チェックインのコツから温泉情報まで紹介
ラスベガスのおすすめホテル8選!高級ホテルから子連れ・ファミリー向けまで実際に泊まって紹介